シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp) 母を犯す親父様
無料
エロ
動画

    シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp)

     
    Click 20 フェチメニュー
    http://click.dtiserv2.com/Click20/1-7-56630


    Click 21 素人の狩人
    http://click.dtiserv2.com/Click21/1-7-56630


    Click 22 素人動画コレクション  
    http://click.dtiserv2.com/Click22/1-7-56630


    Click 23 フェティッシュプラネット
    http://click.dtiserv2.com/Click23/1-7-56630


    Click 24 ライブメニュー
    http://click.dtiserv2.com/Click24/1-7-56630


    Click 36 うず潮
    http://click.dtiserv2.com/Click36/1-7-56630


    Click 37 H-Information TV
    http://click.dtiserv2.com/Click37/1-7-56630


    Click 39 潮吹き  
    http://click.dtiserv2.com/Click39/1-7-56630


    Click 41 素人動画コレクション 
    http://click.dtiserv2.com/Click41/1-7-56630


    Click 42 盗撮写真アップローダー (何でも投稿)
    http://click.dtiserv2.com/Click42/1-7-56630


    Click 43 エロックスガールズ
    http://click.dtiserv2.com/Click43/1-7-56630 


    Click 44 ゲイ作品 「俺色バカンス」
    http://click.dtiserv2.com/Click44/1-7-56630


    Click 50 ゲイ作品ページ
    http://click.dtiserv2.com/Click50/1-7-56630


    Click 800 新着ムービーページ
    http://click.dtiserv2.com/Click800/1-7-56630


    http://click.dtiserv2.com/Click6/1-320-56630


    Click 7 20代 人妻リストページ
    http://click.dtiserv2.com/Click7/1-320-56630


    Click 8 30代 人妻リストページ
    http://click.dtiserv2.com/Click8/1-320-56630


    Click 9 40代 人妻リストページ
    http://click.dtiserv2.com/Click9/1-320-56630


    Click 10 50代 人妻リストページ
    http://click.dtiserv2.com/Click10/1-320-56630


    Click 11 「流出」作品一覧ページ
    http://click.dtiserv2.com/Click11/1-320-56630


    Click 12 「緊縛」作品一覧ページ
    http://click.dtiserv2.com/Click12/1-320-56630


    Click 13 「妊婦」作品一覧ページ
    http://click.dtiserv2.com/Click13/1-320-56630


    Click 14 「美脚」作品一覧ページ
    http://click.dtiserv2.com/Click14/1-320-56630


    Click 15 「オナニー」作品一覧ページ
    http://click.dtiserv2.com/Click15/1-320-56630


    Click 16 「パイパン」作品一覧ページ
    http://click.dtiserv2.com/Click16/1-320-56630

     

     

    Click 21 無料サンプル一覧ページ
    http://click.dtiserv2.com/Click21/1-320-56630


    Click 22 企画特設ページ
    http://click.dtiserv2.com/Click22/1-320-56630


    Click 23 過去の人気企画一覧
    http://click.dtiserv2.com/Click23/1-320-56630


    Click 24 有名女優似の人妻・熟女
    http://click.dtiserv2.com/Click24/1-320-56630


    Click 25 露出温泉不倫旅行
    http://click.dtiserv2.com/Click25/1-320-56630


    Click 26 人妻投稿映像
    http://click.dtiserv2.com/Click26/1-320-56630


    Click 27 萌えあがる若妻たち
    http://click.dtiserv2.com/Click27/1-320-56630


    Click 28 ガチンコどっきり
    http://click.dtiserv2.com/Click28/1-320-56630


    Click 29 団地妻
    http://click.dtiserv2.com/Click29/1-320-56630


    Click 30 主婦を口説く
    http://click.dtiserv2.com/Click30/1-320-56630


    Click 800 新着ムービーページ
    http://click.dtiserv2.com/Click800/1-320-56630






























     

     

     

    | サンプル動画一覧  | アダルトサイト比較ナビ  | ライブチャット比較ナビ | ADULT COLLECTION |
     

    母を犯す親父様

    1. 22:39:54

    母を犯す親父様







    輪姦物語〜ユメノトビラ〜
    犯したい男と犯されたい女!
    快楽のおもむくままに!
    乱交Sex・輪姦Sex!



    京舞妓、吉乃ちゃん!

    (舞妓はんのオ股も!
    サンプル確認で!)
     









    カウントダウンアダルト 熟女・人妻ランキング



    (毎日更新)


    みんなのオナニー!「時には屋外で」 )

    亭主持ち2児の母親、34歳人妻さんを寝取ってしましました。
    今や私のSex奴隷と化し彼女も満足です。
    時には屋外でも楽しむようになったこの頃です。
    この日は夕闇迫る人気の無い小川の側の公園で
    ズボンを脱いで先ずは彼女の口中へ矛先を咥えさせました。
    屋台で飲んだ大ジョッキのビールで私の膀胱は小便が溜まりにたまっていました。
    彼女の口中へそのままブシャーと放ちました。いつもの様に彼女は初めの内は
    ゴクゴクと飲んでいましたが、さすが塩辛さと臭い男臭でたまらないのでしょう。
    苦痛の余りしかめ顔になりながら唇から地面へと私の小便はビシャビシャと
    音をたてて流れ落ちていました。

    彼女の口を便器代わりにした後は、そのまま生尺八!
    彼女が首を動かす度に股間を締めるブリーフが褌よろしく
    肛門を擦り、いつになく大量の男汁を彼女に飲ませました。 
    Sex奴隷として相互に愛し合う男女が互いに飲尿する事。
    これも極普通の事ではありますが!
    門外漢の御仁には目くじらものかも知れませんね?
      

    アブノーマル画像
    直リンク  
     


    人妻不倫パラダイス
     


    ウーマン-インサイド
    熟女・人妻
     


     
     




    素人投稿 ギャラリー

    巨大チンポ




    管理人お薦め
    無修正(生)動画サイト

    【安全】当サイトに掲載中の全てのAV動画スポンサーサイトは 業界最大手DTIサービス社の管理下で運営されています。

    ▼有料サイト等をご利用の際は、サンプル等を確認して入会するのがコツです。 ご利用の際もカードご利用明細は業界最大手DTIサービス社名等で決済されるので決済後も安心です。(詳細は各サイトの入会案内にて) 初心者の方は下記の「管理人レポート」等が参考になると思います。 *掲載サイトは全て各社の審査をクリアした安全なサイトで管理人も確認済みです。


    愛奴人妻(みんなのオナニー)リンク=素人投稿サイト

    男は己の男汁を無理やり開かされた女の口に発射させると、
    「飲めい!「ウームいい気持ちじゃわい。
    よーし、次は小便じゃ。」等と言いながら女の頭をグイッと自分の下腹に強く引き、
    さらに女の喉深くまで自分の矛先を差し込むなり、
    天井を向いて、「うー。」となぞと うめいていました。 
     
     まもなく女の口からはビシャビシャと水がこぼれおちて来ました。
    その水こそ男の小便の女が飲みきれずに口から溢れ出たものです。辺りには男の
    小便のクサイ匂いが立ちこめました。女はそれでも「クイッ、クイッ」っと音を立
    てながら、その臭い男の小便を飲んでいました。かなり長いこと男の小便が続きま
    したが、最後になると、「なめい。」なぞと唸り今度は女に自分の物を
    ピチャピチャと舐めさせるのです。  



    >巨大チンポ・生ハメ画像収集所
     
    フランスはシャンパーニュ
    ワイナリー経営者として
    仕事と官能を両立して暮らしている
     
    幼くして父を亡くした娘19歳、Jecligne、
    妻子ある、53歳男Bernarに、己のファザゴンを抱く。
    巨大な男根の虜に成りつつ!
    顔を覆う男の其れに安堵を覚え
    口にくわえスペルマを飲まされる事で彼との同一感を得
    ついには彼の子を宿す事となる。
    以後彼の正妻ともレズ関係を持ちつつ!
     

     


     (相互リンク・みんなのオナニー)  
    芳子は人妻・女房である。
    しかも亭主はと言えば、自分が社長である自社の社員でもあるのだ。
    そんな事は社長である富蔵は百も承知の事ではある。
    富蔵自身芳子を己の生涯のSex奴隷とすること、また芳子自身彼女の人生に
    とってこの上無い喜びともなってしまっていた事。
    すでに社長たる富蔵は部下の女房をものにして2ケ月は経つ。
    今日も昼下がりのホテルの一室で、SF同士互いに、ねんごろなプレイはあった。
    しかし今日は日頃と少し違ってはいた。来るべき時を来させたともいえる。
    富蔵は芳子に自分の子を孕ませるのを最早やぶさかではなかった。
    デイープキッス最中の互いの縫瀬、終に富蔵のスペルマは
    芳子の体内に大量に放出されるのだった。
    そして翌日、富蔵との手はず通り、芳子は亭主に言い寄り
    亭主のスペルマも大量に受けていた。
             

     

    (アダルトサイト比較ナビ!)

    !!!性奴と化す人妻さん!!!!
    縛られる事もなく男の顔面騎乗を受け肛門舐め擦りをしています。
    初めはさすが抵抗してましたが、男の腕が頭を抑え込み
    尻で体重をかけられれると、抵抗は止みました。
    それどころか、かえって自分から男の肛門に舌を延ばし
    シュパシュパッと小気味良い舐め擦り音を
    男の肛門に響かせていました。
     

    無料動画・サンプル



    **********************************************************************************************

    「母を犯す親父様」


     「ふーむ女ゴに見まごう身体じゃな。」
    親父様は高校2年、16歳の私の裸体をしげしげと見るなり
    そのようにつぶやくと、「もう安心しろ。お前も母さんもワシの物じゃ。
    もう心配はいらん。高校の学費もこれからお前が大学へいくのも
    なにも心配はいらん。妾とはいえ母さんはワシの女房じゃ。そして
    お前はワシの息子じゃからのう。フーム。」

     そう言うと親父様は裸体の私をグイッと抱き寄せるのでした。
    私の顔はそのまま親父様の巨大な口の中に入ってしまい、ベロベロと
    大きな親父様の舌が私の顔中を這い回りました。もう私の顔は親父様の
    吐き出す唾液で汚され、私の口は物凄い力で親父様の口の中へ吸い込まれたり
    もしました。そしてその後はなんと巨大な親父様の尻の下に敷かれたと思うと
    私の身体は和式トイレの便器の様にされ顔はその臀部で圧回しされたりしました。
    唾液で汚れた私の顔が親父様の巨大な二つの尻でもてあそばれ、時に肛門の中に
    私の口や鼻を埋め唇を肛門で締め付けたりもされました。
    実に臭い男臭がムンムンと私の鼻を責めてもいました。

    しばらく私の顔や頭を自分の口や臀部でもてあそんだ後
    側にいる母の太股を開かせるのでした。そして
    私の首をを掴んだままを母に挿入するのです。

     何たる事、親父様はその挿入箇所に私の顔を容赦なくグイグと押し付け
    母の其処と親父様の逸物を私に舐め擦りさせるのでした親父様は私の顔を逸物から離してグイッと上に持ち上げると
    自分の下腹の陰毛の生え茂る不潔な黒い茂みの中に私の
    顔を押し付けました。そして改めてグイッとばかりに母の中へ
    突き刺して行くのですフーム下から舐めるのじゃ。」親父様はそう言うと私の身体を
    股の後ろに回して今度は下から母との挿入箇所の舐め擦りを
    強要しました

    60に近い歳の親父とはいえ元々巨漢男の上、若い頃から今を
    続けている格闘技で鍛え抜かれた身体でその太股の筋肉はまるで
    鉄のような固さで私の胸をグイグイと締め上げ、私の顔は否応なく
    母と親父様の交接している正にその箇所に圧っしつけられました。
    その上でのピストン運動なのです。私の顔はもうベチャベチャに汚され
    ました。「吸え舐めろ!」と時折、親父様は私に命令しました。
    私をこんな屈辱的態様に置きながら母と親父様は、むしろそれを楽しむ
    かの様にしゃべりながらです。
    「フーム美代子、どうじゃ!」
    「アア、イイイー、イイわあ!
    「ウーム、いいぞ、良く絞まる。ワシの子種をタップり出すからな。
    ワシの子を孕ませてやるぞ。」
    「アアアー嬉しい。お願いします〜イイイイイ〜!」
    そして時折私は舌や吸い込みに疲れて舐め擦りの間があくと
    「ほれっ!ちゃんと吸え!」なぞといいながら親父様はその丸太の様な
    太股で私の身体をグイグイと締め上げ私の口を自分の逸物に圧するのでした。
    母の其処、自分が生まれ出た実に其処に親父様の巨大な肉棒がグイッグイッと
    間断なく抜き射しされていましたが、その接合するその箇所に私の口や鼻も
    グイグイと親父様の両足で圧っしられました。

     母からすれば自分の子供である私を自分の汚い其処へあてがわれているのです。
    私にしてみれば自分をこの様にせしめる親父様に強い屈辱感を感じてはいました。
    所が親父様は、「フー良い気持ちじゃじょ、美代子、またまた良くしまるのう。
    雅夫はこのまま苦しませながら雅夫の弟か妹を孕ませてやろうのう。のう、雅夫」
    なぞと言いながら太股でまた私の身体を締め付けさらに顔を自分と母の接合部へ
    さらに強く当てるのです。
     そして「アアイイワー!たくさん下さい。私の中に。」母が答えているのです。
    「フームいい女ゴじゃ。実に綺麗じゃ。柔らかい肉じゃ。美代子の肉はホレッ。」
    親父様の口からはベチャベチャと母の顔を舐め擦りしている音を響かせながら、
    さらにグチョグチョと私の顔に母と親父様の混じった愛液を垂らしていましたが、
    腰の動きがさらに一層速くなり、「ウウウウウウウ〜。」っと唸り声を上げたかと
    思うと、グイッ、グイッ、グイッっと3度、4度、私の顔面を強くおしつけながら
    親父様は母の体内に放出するのでした。

     「ああ、やっとおわった。これで自由になれる。」などと思っていると、事態は
    むしろ逆でした。「フーム美代子、出したぞ、良い気分じゃ。」なぞと云うと母も
    「私もとっても。」などと答えていましたが、その瞬間、私の顔に物凄い圧迫感を
    感じました。

     親父様は母に挿入したまま、ベチャベチャと男女の混じり液やスペルマを母の
    其処から私の口や鼻に垂れ流しんがら、そのまま親父様の下半身の体重を私の
    顔にかけてくるのでした。「ウウウウ〜、潰される、クク苦しい。」思わず私は
    呻きましたが、親父様は力を緩めるどころか返って私の顔に体重をかけ、
    「フーム、美代子は綺麗じゃ。」なぞといいながら母の顔を舐め擦りしていました。

     私の肛門を貫くだけではなく私を屈辱せしめんと、私の身体に大量の糞をや尿をkake私を苦しめる。これが母の前の夫の子である私への行為だったのかもしれません。
    私は耐えました。物凄い不潔感と息苦しさと、母との交接部から滴る、ヌルヌルする不快な液は私の顔をさらにグチャグチャにしていましたが、ふと
    顔面を押し付ける不快感が無くなったと思うと、親父様はガバッと母の体から
    上体を起こしました。

     しかし次はもっと酷いものでした。親父様は長い其れを母に入れたまま
    でしたが、母の体を抱き上げてなんと私の口の真上に、その接合部をあてがい
    「さあ、ぬくぞ、こぼさぬように全部のむのじゃぞ。」なぞと私に言うと
    わたしの口元へヌルッと生暖かく強い精臭を放つ逸物を滑らせるのでした。
    ヌルヌル〜っと母と親父様の其処から私の口へ流れてきました。そう、
    さっき母の体内に出した親父さまのスペルマがです。私は鼻がもうこれ以上
    グシャグシャになるのは余計いやな事もあり努めて口で受け止めました。
    それでも私の頬や首筋にヌメリが付いて行くのはどうしようもありません。
    親父様はそれを知ってか知らずか、母を抱きかかえながら、「フームいいのう、
    美代子、実にいい女じゃ。フーム、ワシの子を孕むが良いぞ。下のものは
    雅夫に綺麗に舐め取らせてやれば良い。」などといいながら、巨大な尻を
    ワナワナと私の胸にこすり柔らかくなったとはい言え太く生臭い男の
    逸物を私の顎の辺りに押し付けて、さらに母の其処をグイグイと私の口に
    押し当ててくるのでした。

     こんな屈辱が許されて良いのか。そんな事を思うまでもありません。
    さらにこの後、風呂場での親父様の排泄を受ける屈辱が待っていました。  

    「素人ハメ撮り動画集」

    米国発、素人にこだわった無修正動画集
    :この文字クリックで!



    **************************************************************


    「シニア男のアダルトな夜」


    大量画像、官能小説、大人の出会い。



      自分が母の中に放出した男汁を私に舐めとらせながら、親父様は
    いいきなものです。さらに「美代子、お前は実に綺麗じゃ。」なぞと
    ネチネチと呻きながら、また母の顔を舐め擦る音を発していました。

     この後、通常の人々には思いもよらないような私への親父様からの
    卑しめがまっていました。

     「ウウッ、どうれ美代子、今日もお前に入れたぞ、さっ風呂へ行くか。
    下腹もたまったようじゃ。」などと云うと、グッと私の顔から巨大な
    臀部が浮き上がりました。っと案の定、「ブーブブブブー。」っと
    私の顔に目掛けてのガズ抜きなのです。慣れているのは言え、これは
    やはり私にとってもかなりきつい屈辱であり、また事実、物凄い臭いで
    頭がフラフラになる思いでもありました。

     でも返って親父様は気分を高め母の顔を舐めながら引きずる様にして
    風呂場に向かうのでした。もちろん私もすぐ後を追って風呂場のトイレに
    行くのです。トイレと云うのも親父様は常々「屈辱の極み」という
    私の体への排泄物垂らしがなされる、風呂場に設置したトイレで
    便器に横たわると親父様が上に設えた椅子に座り、私の胸辺りに
    排泄物を垂らすのです。

     この日も例に違えず、いわば決まったように私が便器に横たわると
    母を抱いたまま椅子に座るのでした。さすが親父様が椅子に座ると
    下から見上げる親父様の臀部の大きさが一層不気味に見えました。 




    間もなくその黒い肉の谷間から、私を苦しめる排泄物が私の体を
    目掛けて排泄されてくるのです。っと思った内に親父様は母の体を
    グイッと一際強く抱きしめたようで母は「アアアア〜」なぞと
    もらしてましたが、その母の声に合わせるかのように、「ブリッブー」
    っと肛門から屁をしたかと思うと、ブリブリッっと巨大な排泄物が
    私の胸から喉辺りを目掛けて落ちてきました。

    Hな0930奥様

     物凄い悪臭です。「ウウウウウっ耐えられない。」そんな思いの
    私でしたが、親父様はさらにネチネチと太く重い排泄物を私の
    胸にドスッドスッっと落としながら、「フームいい気分じゃ。」
    なぞと呻いて母の顔を執拗にシュパッシュパと舐め続けているのです。
    そして「雅夫、小便じゃぞ。」なぞと言ったその時、太く長い親父様の
    逸物が母の股間の下から私の胸を向いていましたが、ブシャー
    っと発射されました。「ウウウウウ、汚い、臭い。」そんな思いで
    何とか顔には当たらぬよう便器の前の枕に頭を当てる私でした。
    ネバネバする排泄物と便器を覆うその臭い、さらに熱く感じるほどの
    肌を刺すような小便!それらが私の胸から下にかけてグショグシヨと
    汚しながら便器に溜まっていくのです。さすが排泄物の粘りは
    勢いよく放たれる親父様の放尿でも私の胸から全部流れ落ちることで
    ありません。ネバネバと私の肌にえばり付くように、ただ迸る尿が
    その周囲を勢いよく流れ落ちるのです。



    これまでも幾度となくなされてきた1種の親父様の
    Sesプレイとは言え、やはり排泄物の臭いは強烈で、
    しばし耐えられない思いになるのも事実でした。
    やはり
     屈辱の極みとは実にそうなのかもしれません。

     とはいえ私は親父様からこの様に虐待されるのが、むしろ好きでした。
    後に私の家内となる親父様の娘を私の妻にするから?
    それとは全く別に私は純粋に親父様からこの様な屈辱を受けるのがすきでした。

    「自分の身体を親父様に捧げる。」
    いつ頃からか私は、そんな虐待の喜悦を知る自分になっていたのも確かで
    中途半端に「雅男、許せよ、苦しかったかい?」
    なぞと一種の優しい声をかけられるとかえって私は
    本来の気分を害して、白々しくなるのでした。

     この後さらに親父様の逸物は私の顔の真上で母の其処を貫きさらに気分を
    高めるのです。私の体を自分の糞尿で、あえて汚しまくってです。

     十分に排泄し終わった辺りで親父様は私に肛門を拭かせます。
    便器の横に備え付けてあるノズルを取って私は下から親父様の
    肛門にお湯を掛けながら手で洗うのです。
    巨大な親父様の臀部で、その谷間の肛門は深くまた私の指はスルッと
    入ってしまう大きさで、最後には必ず私の口を当て舌で舐め吸い取る
    のが常でした。

     ベタベタと粘着しながら私の首から胸へそして下半身へ強い臭いを発散させる
    親父さまの糞を、情けなくも私は下目に見ながら両手を便器について顔を起こし
    洗ったとは言えまだ臭いの残る親父様の肛門を舐め取るのです。

    「ウウウ〜ん、もっとベロを入れろ、ちゃんと吸い取るのじゃ。」
    親父様の言う事に逆らうことなぞできません。さらに舌を入れ強く吸い
    続けていると、時に親父様の腹中で消化し切れなかった骨片なぞが
    ギュッと私の口の中に入って来る事もありました。

     親父様は歯を強くする為と良く好んで骨付きの肉を喰します。
    骨付き肉の塊をバリバリと噛み砕いて食する有様はそれ自体
    官能的でもあるのですが、そのまま生き飲みにされた骨も
    頻繁で、それは必ずと言って良いほど腹中で消化し切れず
    小さな骨片として糞に混じって排泄されるのです。

     親父様の腹中を通った骨は臭みと共に、苦く辛いような咽返る
    刺激を私の喉に与えました。そんな時、思わず「ウウウウ〜。」なぞと私は呻き
    ながら便器に吐き出すのです。
    そして又吸い続けると私の唇は、ギューッとばかりに肛門で絞めつけられたりも
    しました。「フーム男の吸い取りは女よりよい。何せ吸引力がつよいからのう。」
    なぞといいながら母の顔をベチャベチャとまた舐め回しているのです。

     「ようし、いいじゃろう。」親父様が声をかけるのです。そしてほぼ同時に
    ブシャーっと私が入っている便器の中に大量の湯がながされて来るのです。
    親父様は水洗トイレのペダルを踏む要領で便器に湯を流してくれるのです。
    私は先ず胸に付いた排泄物をナバネバするのも厭わず洗うのですが
    そのままでは付着する便を綺麗になぞはできませんし、勿論
    強い臭気が取れる訳もありません。

     親父様が母と共に浴槽に入って湯浴みをしてる間、私は便器の中で
    湯を使い潜在を溶かして洗わなければなりません。そんな私を知り目に
    親父様は広い浴槽の中で母を抱き、またしも気分を高めているのです。
    今日も多分、親父様は母の見てる前で、私をバックから貫く積もり
    なのでしょう。

     こんな母を抱きながらその息子を便器に置いて糞まみれにするなぞ、
    もしかして、ただのお話と思う人も多いかもしれません。
    でなければ、私より2歳年下の親父様の娘と私が結婚したのだから
    自分の妻の父親だから、私はその言わば、屈辱的な行為を受け入れていたとか、
    思われてしまうかもしれません。

     しかしこれらは本当の事でもあり、意外とこの様な官能世界を
    知っている人達も多いとも思いますが、私も私の母も妻もまた
    親父様も大いに堪能する官能の世界であったのです。
    ただし知る者達も多分、多言があまりないので
    通常は知られず終いになっている、それが現実かもしれません。

     親父様は、私が体を洗ってる間、母と湯浴みをして男女の行為を
    堪能してますが、私が体を洗い終わって、浴槽に入ると、決まって
    私を後ろから捕まえバック挿入をするのです。その時は母の顔を
    私の其処へグイグイと押し付けながらでした。行為の後で私から
    引き抜く親父様の逸物からも私のナヌスからも親父様の男汁が
    母の顔をグシャグシャに汚しましたが、これも母は勿論、私に
    とっても実に心地よい親父様の行為でした
      
     

     親父様からの屈辱と言えば、実はこの時もそうです。
    つまり母との湯浴み後に私をバック刺しするのですが、
    その前に、私が歯を磨き、嗽薬で充分口内を綺麗にしたか否かを
    確かめるのです。自分の糞尿で私の体をよごしておきながら、
    執拗に私の口内な体の清潔さを確かめる。この行為自体、屈辱
    であるのは当然ですが、そんなあとで決まって、「ウーん、女ゴ
    に見まごう子じゃや。」なぞと言いながら私の頭を鷲づかみにして
    顔中に生唾を吐きヌメラせながら舐め回すのです。その執拗さにも
    私は耐えなければなりませんでした。そしてその後の母の顔を
    自分の股間に押し付けながらの残虐とも言える私へのバック挿入
    なのです。

     そして終わった後では私の肛門から引き抜く其れからは当然
    親父様のスペルマが滴ってますが、その滴りで母の顔を汚して
    自分は満足げに舌舐め擦りをしているのです。

     屁の後の排泄に続いての放尿ですが、大抵は放尿しながら
    母の顔を舐め始めるのですが、これも実にエロチックではあります。
    私の首筋から下へ向けての放尿ですが下腹部の蠢きによっては
    私の顔にひっかかるのも我慢せざる得ません。そんな私への屈辱を
    与えつつ、親父様は私の母親の顔をベチャベチャと私にあえて聞こえ
    よがしに舐めまわすのですが、母は母で「ウッ、ウ〜ン嬉しい。」
    なぞと唸るように言っているのも常なのです。

     執拗な母の顔への舐め擦りと共に親父様の巨大な尻が蠢くと
    それまで私の顔に向けて尿を引っ掛けていた矛先を、そのまま
    母の其処へグイッとばかりに差込み、さらに母の体を強く抱きしめる
    です。これは親父様のいわば得意技で自分の下腹部に母の体を強く
    抱き絞めながらさらに肛門からはブスブスと排泄物を垂らすのです。

     屁の後の排泄に続いての放尿ですが、大抵は放尿しながら
    母の顔を舐め始めるのですが、これも実にエロチックではあります。
    私の首筋から下へ向けての放尿ですが下腹部の蠢きによっては
    私の顔にひっかかるのも我慢せざる得ません。そんな私への屈辱を
    与えつつ、親父様は私の母親の顔をベチャベチャと私にあえて聞こえ
    よがしに舐めまわすのですが、母は母で「ウッ、ウ〜ン嬉しい。」
    なぞと唸るように言っているのも常なのです。

     執拗な母の顔への舐め擦りと共に親父様の巨大な尻が蠢くと
    それまで私の顔に向けて尿を引っ掛けていた矛先を、そのまま
    母の其処へグイッとばかりに差込み、さらに母の体を強く抱きしめる
    です。これは親父様のいわば得意技で自分の下腹部に母の体を強く
    抱き絞めながらさらに肛門からはブスブスと排泄物を垂らすのです。



     
     そして其れに続く私への後始末の強制と母とと湯浴み愛撫。
    あえて私を無視しつつ母の女体を楽しむ親父様。私はそんな
    行為に返って嬉しさを覚えました。それは後に親父さまの娘を
    私の妻として向かえる、その事とはほとんど無関係でした。
    少なくとも私には親父様の行為そのものが良かったのであり、
    親父様が自分の娘を私に嫁がせる。その様な心情とは無縁な
    私でした。


    Hな0930奥様(内容)


    72歳の爺さんが34歳、3人の子持ちの人妻さんを 
    寝取ってしまいました。
    しかし元気ですね〜!
     

      便層にうずくまる私の身体に母を抱きながら糞尿をかけ母との
    Sexを楽しみ、さらに自分の排泄した糞尿を掃除させ自分は
    浴槽で母と戯れる。はたまた母との行為中に股間に挟んで
    私に其処を舐め吸いさせる。行為の後の汚れ物を私に始末させ
    手洗いで洗濯させる。一連の私への親父様からの屈辱行為は
    通常は在りえないと思われかねません。しかし事実は事実で
    またそれを嬉しさに還元する母・親父様・また私でもありました。

     親父様は私が母と他の男の間に生まれた子だからとか、
    自分の娘を嫁がせる婿だからとか、その様な不純な気持ちも
    あったかもしれません。しかしやはり元来は、言わば男色官能家でも
    あったようで、必ず私のバック責めを強要しました。
    これは返って不純さがなく私にしても純粋に満足できました。

     風呂上りの食事は通常と変わりはないと思います。
    母が準備した夕食をとりながら、私の大学の事とか、いずれ
    親父様の会社を継ぐことでもあろうか、会社の仕事の事
    さらに自分の娘の可愛さ等も話題にはなりました。

     ただ、やはり親父様が家に来るのは自分の
    sex欲と食欲を満たすためとの事は変わりはなく、普通の
    男の2人分以上もの料理を母はいつも準備してましたが、
    この日も実に豪快にムシャムシャとそれらを平らげ巨大な
    腹をなぜて「フーム食ったぞ満腹じゃ。」巨大な腹を
    下から支えなぜ回しながらしゃべる、これを口癖の様に
    して夕食を終えるのでした。

     夕食後はこれもほとんど決まってるように、母が後片付けを
    するあいだ、酒の回った体でグイッと私の体を自分の股間に引き
    着け、私に自分の其れを舐め擦り尺八を強要するのでした。
    グッと来る男臭いと壁挟みのような私の了顔への圧力、さらに
    又を開けば頭をグイッと上から押さえ込まれ身動きすらできない
    協力な力に私は耐えなければなりませんでした。ほろ酔いでもあり
    若干の危険も感じましたが、いつも窒息とか骨折り等はありません
    でした。その片は親父様も意を払っていたようです。ただそうは
    いっても、しつこく丸で物扱いに私の頭部を転がし自分の股間から
    さらには肛門へまた太股での締め付けと、親父様のその勢いとは
    無関係に私の頭部をもてあそびました。

       ----------------------------親父様アルバム---------------------------------

     土曜の午後、親父様が来て泊まって行くと母から聞かされ、
    いつもの様に事の次第が分かった私は2時頃には帰宅して
    リビングでテレビを見ていました。

     家の前で乗用車のタイヤのきしむ音がし間もなく
    ドアのバタンと閉まる音がすると、すぐ玄関のベルがなりました。
    母が急いで作務衣の紐を締めながら玄関に行きドアを開けると
    親父様が、いつもの巨大な体で入ってくるのでした。

     「母がお帰りなさいませ。お待ちしていました。」なぞと
    いいながら親父様の鞄を持ち親父様を従えるようにして、
    リビングに入ってくるのでした。でもいつもの事ですが
    親父様を従えるとは良く言ったものでその実母の体はすでに
    親父様に飲み込まれるような格好なのです。と言うのも母の
    頭が親父様の胸の辺りまでしかなく、ありありと親父様の巨漢
    ぶりが分かりそれ自体なぜかエロチックでもありました。

     親父様はリビングに入るなり「さっ祝い酒じゃ、いっぱいくれ。」
    と母に催促し母はすぐいつもの様に茶碗酒を用意すると、「んっ、
    やはり勝負じゃな。我が社は勝ったぞ、大きい獲物がとれた。まあ、
    いずれ雅雄にも捕り方はしこんでやろう。」なぞ言うながら、
    ゴクリゴクリと茶碗酒を呑みながら、側で脱いだ衣服をたたむ母に
    大きなスーツやズボン、そして下着を渡しフンドシ1本で脂ぎった
    巨大な腹や筋肉の盛り上がる太股をあらわにいするのでした。

     「フーム、1本抜く。」なぞ言うなり、すでに顔を胸にすりつけていた
    母をギュウイッと抱きしめると母の顔を上にきにしガブリとばかりに
    口に咥えるのです。ただこれはいつもの事で特にこの日だからた
    と言うことではなかったのですが、母の顔を分厚い唇を広げて吐きだすと
    「綱と口枷、それと瓶じゃ。」と言うのです。私は覚悟はしてました。
    私の口を開いたまま動けなくする口枷と母と私を縛るロープ、それに
    私か母の口に逸物を入れた後の放尿の瓶なのです。

     案の定、庭を横に見るリビングに続く10畳の和室に母を
    連れ込み既に親父様との為に2枚縦敷に敷いてある布団に母は引きずられ、
    床の間を頭にして、作務衣の下半身を引き下ろされた母は既に白い足から
    太股を露わにされていました。

     親父様の筋肉の盛り上がる腹や幅広い太股はビカビカと脂ぎった光を
    放ち巨大な裸体で母に襲いかかる勢いでした。まもなく母の手は後ろ手に
    されロープで縛られ、布団に転がされると。巨大な男の股が母を挟み込み
    フンドシを母の顔に付けると2度、3度kぐいぐいと母の頭を押さえ込み
    己の股間に母の顔を押しつけるのでした。

     っとそれもつかの間、すっくと立った親父様は「雅雄、ここに座れ。」
    っと庭に続く柱の元へ私を据えるとそのまま私の腕も後ろ手にされロープを
    掛けるのです。もう柱に縛られ身動きできなくなった私に今度は
    「ほれ口を開けろ。」と命令します。もう事となりは充分分かってましたので
    おとなしく命令通り口を開くと、「ほれはめるのじゃ。」っと呻くように言いながら
    私の口に口枷をはめ後ろを柱に縛るのです。私の顔は否応なく母の体を真っ正面に
    みる位置にされました。っと私の顔の真っ正面に仁王立ちする親父様が迫って
    来ました。さっき母の顔を押しつけたフンドシが私の顔をふさぐのです。
    ウウウウウ臭い苦しい。一瞬私も呻きましたが、一向に構うことないように
    私の顔の前でフンドシの紐が解かれグワッと弓なりになる親父様の男の
    逸物が私の眼前に現れ、汗や尿的、精液で汚れているとすぐ分かるムンムンする
    男臭が私の鼻を刺激しました。

     ウウウウウ、臭い。思わず私は口を閉じようとしましたが既に口枷がはめられて
    いるのです。覚悟はできていると言え、やはり一種の恐怖感で私は「ウウウウウウウ
    ウエエエエ〜。」なぞと呻いてしまいましたが、それが返って親父様を高ぶらせた
    ようで益々太くギロギロに聳える親父様の逸物が何の遠慮もなく私の口に入り込み
    一気に喉の奥を突き刺すのでした。「ううううう、苦しい、息ができない。」私は
    やはり恐怖感に襲われもしましたが、親父様はそんな恐怖でもがく私を返って楽しむ
    様に「ウッハッハッハ、苦しいか。ならばベロを使え。」

     私はいつもの様に親父様の物を咥えたまま舌を回しました。
    すると親父様の体がグワッと横になり口からずぼっと抜けましたが、側に置いて
    あった屎尿便をとるのでした。今度は私の口に代わってし尿便の口に太い
    逸物の先をいれるのです。もう私の顔は親父様のフグリ玉の脇に押しつけられて
    いました。耳元でブシャーっと言う親父様お放尿の音が聞こえましたが私は口を
    ムシャムシャと生える親父様のフグリの側面に押しつけられ、ゆっくり呼吸しな
    がらその音を聞いていました。「んん、ウーム、ホレっ舐めろ。」親父様は
    放尿が終わると必ず矛先を舐めさせるのです。口の中へ否応なくヌルっと太い物
    がまた入ってきました。塩辛い、苦い様な尿独特の味がしてむせりましたが、
    私はいつもこんな時は舐め吸い飲み込むまでやらされました。

     「フーム」と呻きながらし尿便を横に擱くと、これからが親父様の「一本抜き」の
    本番でした。母を犯す所を子供である私に見せつける。これも親父様の謂わば
    マニアチックな性戯の一つだったのです。息子の見てる前で母親を犯す。この母子
    ともに屈辱的な行為に母も私も確かに卑しめと強い屈辱を覚えてはいました。

    母は私が親父様に虐げられている所はあえて観ないように
    向こう向きになっていました。
    背中を丸め浴衣に包まれてまるで色鮮やかな手まりの様にも思えました。
    母の着物姿や浴衣は親父さまの気分を高めるもので母も十分それを知っての事
    あえて、親父様の好みの薄い紫色と草色にピンクがかった下地の浴衣でした。

     親父様は、私を離れると、その屈強な男体で手まりを跨ぎ、「ウウウウ」っと
    猛獣のように唸りながら色鮮やかな手まりの布を荒々しく剥ぎ取るのです。
    母はそれに応えるように「んん〜ん。」なぞと既に淫声如くの呻きを発するのでした。

     親父様の荒々しい剥ぎ取りで見る見る内に白くムッチリとした
    女体が露になるのです。
    と思うともうグロテスクな親父様の巨大な太ももは母の白い二本の足を
    挟み込み あっと云う間もなく巌のような黒々とした、これまたグロテスクな
    男の臀部や馬の様な 腹と分厚い胸が剥ぎ取られた布の中に、
    かい間見える母の女体となって行きました。

     「本当に官能的とはこんな事も言うだろうなあ。」
    なぞと私は自分の母親がやられる事を
    じっと見ながら思ってもいました。親父様は母の肩の辺りを覆う浴衣の布もグイッと剥ぎ取り そのまま母の肩を抱きすくめていました。

     私を下敷きにしない場合は、いつもの事とはいえ、太くながい親父様の逸物は
    母の足を開かずとも太ももの間に沈めグロテスクな
    巨体が動く度に母の最も感じる箇所と
    膣内を刺激しているのです。こんなままで親父様は母の顔の上、
    1尺辺り上から母の顔を見下ろしながら臀部を蠢かせていましたが、
    やがて半開きの分厚い唇から唾液がヌラヌラと
    母の顔に垂れて行きました。

     母はやはり自分の顔に垂れる男の唾液に
    不潔感を覚えるは確かな様で、唾液が向こう向きの
    頬に垂れるや否や「イイイイイイ〜。」なぞと呻きながら顔を私の方に向けました。
    目は開いていましたが空ろでした。すると
    親父様は、滴る口からの唾液を止めようともせず
    母の右の頬に垂らすのです。母は再び
    「イイイイイイウウウウウ〜。」なぞと呻きんがらまた
    向こうを向きましたが、すかさず親父様の
    口は母の顔を追いかけ唾液を垂らし続けるのです。
    時に母は下を向くとさらに親父様はそれを
    追い母の顔をのがしません。そして終に親父様の
    腕は母の肩から離れ頭を押さえ込んでしまいました。

     もはや母の顔は親父様の顔の真下に固定され
    身じろぎも出来なくされて行くのでした。
    親父様の口からの唾液は留まる事がなく
    真上を向いて「ウウウウウウウ〜。」っと呻き
    抵抗する母の顔を知り目にあえて顔の真
    上からさらに大量の唾液を母の目に鼻に口に頬にと、
    もう所構わず垂らし続けるのです。

     そして終には親父様の口が母の顔に
    降りて来たかと思うや、長い舌がグイグイと唇から
    這い出し、母の顔を舐め摺るのです。
    時にバックリと巨大な口が開きヌラヌラと唾液を
    吐きながら母の顎は口の中へと咥えられ、
    さらに頬に左右から幾度も這うように舐め摺られ
    耳から目へさらには、口も鼻もスッポリと
    親父様の口の中へ納められたりもしながらです。

     その間にも親父様のグロテスクな臀部は
    上下にゆっくりうごめいて巨大な体を丸めている
    せいか特に腹はもう馬の腹の様に巨大に
    膨らみ母の体を圧しながらです。しかし太く長い
    親父様の逸物は母の其処を高めるのに
    大いに役立つ、それが臀部の蠢きでもありました。

     「ハハッハ〜、イイイイイ〜。」母は親父様の
    口の中で唾液に埋め困れながらも淫声を
    発し、分厚い親父様の唇から響きこぼれていました。

     ことさら私は我に返ったように、今は亡き父
    の事を思い起こしていました。私を連れ立て
    父と母は良く遊園地へ行きました。そんなとき
    私の遊ぶ様子を二人で談笑しながら眺めている
    そんな光景です。いま父が、この様子を見たら
    どう思うか。私は戸惑いました。怒り狂って、
    わが妻の体をもてあそぶ親父様に向かい
    掛かるだろうか。いや違う。多分、父もきっと母が
    この様に他の男になされているのを観ても
    嬉しいのではないか、それは自分がそうで在るよう
    に。なぞとも思えて仕方ありませんでした。

     親父様の腰の動きが小刻みになり母の
    顔を舐め摺る巨大な口から長い舌が一際伸びた
    と思うとそのまま母の顔を縦に舐め摺りながら
    母の額から頭へすべり同時の頭も胸も
    上半身全部が母の顔を覆うように上に伸び
    ふしっくれ立った両腕が筋骨をむき出しにした
    したまま両側になげだされました。顔は前方
    を向いたままで腰の蠢きがさらにはやまり
    「ウウウウウウ〜。ウッウットッ〜。」なぞと
    呻きながら終に母の中へ出すのでした。 




     

      そんな時、必ずと言って良いほど母は親父様の分厚い胸の下に顔を埋められながらも
    「ウハッウハッウハッ、イイイイー。」なぞと最早遠慮も無くなった淫声を横向きの顔
    から響き渡らすのです。親父様は良く母の体を知って母を絶頂へ導く技を心得てると言うべきか、
    はたまた、巨大な逸物の根が母の最も感じる2箇所を同時に責めるからか、実際は両方共
    だったようで、それは私が股間に顔を埋めてなされる際も同じようでした。

     やはり親父様の射精と母の絶頂は同時になされていました。親父様のグロテスクで
    汚らしい巨大な尻がグイッ、グイッ、グイッといつもの様に3度ほど母を突く。
    そして、ゆっくりと太い太股が私の顔の両側に聳えるとサッと周りが明るくなった。

     親父様の馬の尻の様に巨大で汚らしい臀部が上に上がる。
    続いて、これまた馬の腹の様な巨大な腹が黒々とした汚らしい分泌液混じりの陰毛の
    彼方に膨らんでいる。実に恐ろしいまでにグロテスクで官能境へ飲み込むな腹でもあるのだ。

    「ペチャクチャペチャクチャ〜、ジュルジュル〜。」親父様は背を屈めて腹を突き出し、
    母の頭を掴んで再び己の口での母の顔にカブリ付いて口の中で母の顔をを舐め擦る音が響く。

    「アッウウウウー、イイイワア〜!」母の声が親父様の分厚い唇のなかから、
    うめき声になって響く。

     私の顔の上にはまだ母の其処に先が入ったまま1尺ほどは引き抜かれた親父様の逸物が
    未だに血管を浮かべてヌルヌルとスペルマを垂らしながら在るのだ。
    「ウ〜苦しい臭い、汚い。」私はそんな感情と共に、「いいんだ。これで、親父様も
    母も自分も一番いいんだ。」などと改めて、思っていた。

     親父様が、「フーム雅夫、舐め取るのじゃ!」なぞと言いながら母の腰を持ち上げ、
    自分も巨大丸太の様な両方の太股をガバッと開きながら腰を上げる。巨大な男根が母
    の其処から引き抜かれる。堰を切った様にドロドロと私が生まれ出た、母の其処から
    親父様が母の体内に出したスペルマがヌルヌルと流れ垂れる。私は何時もの様に大き
    く口を開け、脇に垂らさぬよう、ベロベロシュパットシュパっと舐め取る。

     「臭い!生臭い!飲んでも喉につかえ口の中がネバネバする。でもいいんだ、これが
    一番いいんだ!」私は自らの脳裏に叩き込みながら母の其処から滴った親父様のスペルマ
    を舐めては飲み、飲んでは舐め取った。母の其処や親父様の股間に密生する陰毛には
    とりわけベタベタに付着していたが、それもで着るだけ舌で舐めとった。親父様の太い
    肉棒に付着するのも勿論!もし私が舐めとりを怠れば、明日まで私の顔はグチャグチャ、
    ヌルヌルする中でさらに臭い精臭に責められ、たまらなく苦しいからでもあった。

     やがて、親父様の身体がズズズ〜と横に傾く。今や柔らかくなったとは言え相変わらず
    太く長い親父様の肉棒。それが私の顔面に着けられたまま、私の顔の上に斜めに傾く親父
    様の股間。すると母は、「マサちゃん、苦しくなかった。?」っと聞く。これはいつも、
    そうなのだが、耐えられないほどになればべつだが、いつも通りなら、「うううん
    大丈夫だよ。」と応える。母は起き上がって、私の身体の上にかぶさる布団を上に引き
    親父様と母の分をかぶせる。母が布団の中に入ると、親父様は母の身体をグイッと横に
    引き私の顔の上に逸物を置きながら、母の柔らかい太股と親父様のゴワゴワする太股で
    私の顔を挟む。私は親父様の逸物が顔面にあるとはいえ、布団に隙間を母が作って呼吸
    は充分できた。ただ、親父様は時折、その巨大な太股で母の太股を締め付ける。そんな時
    私の顔は母と親父様の下腹に押し付けられ、密生する陰毛と太い親父様の肉棒の隙間で
    息をする事になり、少しは息苦しさは増したが、しかし、なぜか、深い安心感がまし、
    私の眠りが邪魔される事はなく、そのまま親父様と母の陰毛の中で息をしながら朝を迎える。そんな日課でもあった。

    **********************************************************************************
    (入浴〜二人の娘との結婚))






     今日は便器で糞塗れにされたのではないので私は自分の身体を洗うのも通常通りで
    ことさら時間は要さなかった。母も何時もの様に親父様の身体を洗っている。特に
    親父様の身体にソープが塗りつけられると親父様の方から母を抱いて互いにソープの
    擦りあいであらっている。そして互いにシャワーを浴びせると親父様は私を呼ぶ。

     
      これもいつも通りなのだが、親父様は母と向かい合って仁王立ちになって
    私の体を母と親父様の間に置いて座らせる。私の頭にシャワーがかけられ、
    続いてシャンプーがふりかけられる。

     「ウーム」っと唸り声をあげながら、親父様は私の頭をみずからの肛門に当てがい
    さらに私の顔を上に向くよう押さえ込み私の顔で肛門を擦る。屈辱と云えば、
    これも親父様の私に対する屈辱で、自分の性欲を高めているのだ。続いて私の
    頭は親父様の手で母の股間に当てられ、同様に顔を受けに向けられて今度は母の
    其処を顔で擦り洗いをさせられる。ただ、母は親父様の様に股間や肛門を私の顔で
    擦られながらの、股締めはしない。これが親父様はグイグイと股で私の頭をしめ
    着ける。この間も親父様は母の顔をベチャベチャと舐め擦りしているのだ。

     しばらく両者の股間を洗わされると、頭からブシャーっとシャワーがかけられ、
    「ホレッ、湯にはいるぞ。」なぞといいながら親父様は母を連れ立って
    浴槽に入り、母を片腕で抱きしめながらゆったりと湯につかる。

    「雅夫、来い。」親父様が言う。いつもの事ゆえ何も驚きはしない。
    側へ行くと右腕がグイッと伸び私の頭は親父様の顔に引きつけられる。
    そしてそのままガブリッと親父様の巨大な口が私の顔を咥え込む。
    左腕には母の身体を抱き寄せ、母に己の首筋や胸を舐めさせながら、
    さらに母には自分の逸物を握らせながらなのだ。

     ゲブッっと、親父様は生臭いゲップを私の顔に吐きながら、
    私を右腕につかんだまま私の体を横に引き下げた。
    ちょっと何時もと違うなあ〜!いつもならこのまた母に刺して其処を
    私に舐め擦りさせるのだが。」っと思っていると。

     「なあ、雅夫、他でもない、ワシの娘の玲奈と春菜のことじゃがな。
    もう雅夫も前から気付いてるかも知れんが、二人とも雅夫を好きだとのことじゃ。」
    私は一瞬、何を?と思ったが、その時は「あっ、はあ!」なぞと応えていると。
    「話は手っ取り早く話したほうが良い。」なぞと言うなり。



    http://click.dtiserv2.com/Click/1-7-56630

    Click 2 メインページ
    http://click.dtiserv2.com/Click2/1-7-56630


    Click 3 J-GIRLS-Collection
    http://click.dtiserv2.com/Click3/1-7-56630


    Click 5 アニメフリーク
    http://click.dtiserv2.com/Click5/1-7-56630



    Click 6 人妻CLUB
    http://click.dtiserv2.com/Click6/1-7-56630


    Click 7 米国性動画通信
    http://click.dtiserv2.com/Click7/1-7-56630


    Click 8 アニメメニュー(アニメフリーク)
    http://click.dtiserv2.com/Click8/1-7-56630



    Click 9 路地裏SMクラブ
    http://click.dtiserv2.com/Click9/1-7-56630



    Click 10 アニメメニュー(オリジナルアニメ)

    http://click.dtiserv2.com/Click10/1-7-56630


    Click 11 アニメメニュー(アダルトアニメX)
    http://click.dtiserv2.com/Click11/1-7-56630


    Click 13 素人メニュー
    http://click.dtiserv2.com/Click13/1-7-56630


    Click 14 人妻メニュー
    http://click.dtiserv2.com/Click14/1-7-56630


    Click 17 SMメニュー
    http://click.dtiserv2.com/Click17/1-7-56630


    Click 18 外人メニュー
    http://click.dtiserv2.com/Click18/1-7-56630


    Click 19 アニメメニュー
    http://click.dtiserv2.com/Click19/1-7-56630
     

         
     
    「母を犯す親父様」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    (女性器・陰核生動画)熟女人妻シリーズ (2015/10/19)
    濃厚ガチハメスペシャル! (2013/09/10)
    痴漢電車 被害者10名 徹底レイプ (2012/09/11)
     
       
     
     
     

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     
     
     
     

    DTIブログって?

    1.  
     
     
    口いっぱいに頬張りバキュームフェラ
    口いっぱいに頬張りバキュームフェラ
    ホームへ
    ホーム
    極太男根バキュウ−ムフェラチオ
    極太男根バキュウ−ムフェラチオ

    copyright © 2006
    Powered By DTIブログ
    allrights reserved


    エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

    - calender -
    07 | 2017/08 | 09
    Su Mo Tu We Th Fr Sa
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    - entries -
    - comments -
    - track_backs -
    - archive -
    - category -
    - links -
    - search -
    close