シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp) 貴方は耐えられるか?ハードSM・無修正動画&大量画像
無料
エロ
動画

    シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp)

     
     

    貴方は耐えられるか?ハードSM・無修正動画&大量画像

    1. 21:36:40
    DXライブ:チャットレディー




    (19-1)貴方は耐えられるか?
    ハードコアSM、官能物語(義父に犯される若妻)  

     

    !!!ちょっと過激ですが!!!! 
    無修正動画(3本)付き、大量官能静止画像・下段より 













     
    素人投稿 ギャラリー(毎日更新)
     

       

       


    DTI、Hey動画:お手頃、単品購入用デジタル配信

    「リアル東京アマチャー」




    Hey動画♪
    入退会不要!見たい動画だけ買えば良し♪
    有名AV各社・大量ジャンル・大量作品♪
    勝手に選んで安価で買える♪
    全作品・長編サンプル動画付き♪
     









     

    無料動画・サンプル見放題 

    アクセス後=最上段(目次バー)〜
    「人気動画ランキング」クリックで、直選択閲覧可能。
    さらに、「このサイトの使い方」クリックでより詳しく分ります。
    (下記は現在配信中のほんの一例・「温泉乱交」のスチル画像です。
     
     


       

     

    ハイビジョン開始!DXLIVE!


    【安全】当サイトに掲載中の全てのAV動画スポンサーサイトは
    業界最大手DTIサービス社の管理下で運営されています。

    ▼有料サイト等をご利用の際は、サンプル等を確認して入会するのがコツです。 ご利用の際もカードご利用明細は業界最大手DTIサービス社名等で決済されるので決済後も安心です。(詳細は各サイトの入会案内にて) 初心者の方は下記の「管理人レポート」等が参考になると思います。 *掲載サイトは全て各社の審査をクリアした安全なサイトで管理人も確認済みです。

    優良サイト紹介

    無修正初心者の方に一番のお勧めは「 カリビアンコム」のように古くからある老舗サイトです。ジャンルも豊富で高画質!金額以上の満足感を得られると思います。特定の好みがある方は、 下のリンクからお好みのサイトを見つけてください。必ずお気に入りのサイトが見つかるはずです。それぞれ無料サンプル等用意されていますので参考にしてください。


    下記のサイトは管理人にて安全確認済みの優良サイトです。悪質なリンク等は一切ございません。利用前には念のため必ずご自身にて入退会方法や契約期間、 金額等充分ご確認してから利用されることをお勧めします。一日あたりわずか100円程度、一本当たり数円?数十円で毎日新しい無修正動画やマニアック 動画が楽しめます!安全確認と契約内容確認ができたら思いっきり楽しみましょう! 【安心して楽しめる動画系優良サイト一覧】
    カリビアンコム 
    無修正動画最大手  迷ったらココ!
    安全確実!
    カリビアンコム
    プレミアム

    ペイパービュー方式
    ■一本道

    超高画質大画面 
    高画質ならココ!
    ハイビジョン 配信有り!
    ■米国性動画通信
    アメリカンポルノ
    大御所サイト 
    洋物ならココ!
    ■アキバ本舗
    人気AV女優から
    素人まで
    ■アクアリウムTV
    AV女優から
    マニアック系まで
    ■天然むすめ

    高画質大画面
    素人無修正 動画
    ■エッチな4610
    高画質大画面 素人無修正 動画専門サイト
    ■エッチな0930
    高画質大画面 熟女人妻 無修正動画
    ■パコパコママ
     オリジナル熟女に こだわった 専門サイト
    ■JPNANPA.COM
    ナンパハメ撮り
    無修正動画サイト
    ■マニアックマックス1 
    マニアック系
    専門無修正 動画サイト
    ■奥様は痴女
    M気のある男性に
    絶大な人気を誇る
    熟女系新サイト
    ■くり〜むれもん
    美少女・制服
    コスプレ等 マニア系
    ■X-Gallery
    アニメ・お宝
    ・素人等々 多ジャンル
    ■URAMOVIE.COM
    素人系更新多い
    ■エロイカ
    動画本数が
    豊富な無修正
    動画サイト
    ■H:G:M:O
    有名女優ものから
    インディーズまで
    ■JGIRL PARADISE
    低価格素人画像など
    ■極楽天
    ジャンル多彩な
    高画質無修正動画
    ■エロアニメTV
    高画質無修正
    アニメ動画
    ■エロックスジャパン
    アニメ他全ジャンル
    巨大総合
    アダルトサイト
    ■ネットコミック
    オリジナル成人向け
    コミック
    ■のぞきサムライ
    盗撮・ハメ撮り
    ・投稿無修正動画
    ■素娘コム
    素人生撮り画像と
    無修正動画
    ■ガールズ21プラス
    素人娘の完全
    オリジナル画像
    ■投稿大魔王
    赤外線カメラを
    使った盗撮サイト
    ■日本人のおしっこEX
    素人娘のおしっこ
    シーンを高画質で
    ■ドラムカン
    マニア系複合サイ
    ■文庫ドラムカン 
    ドラムカンの中の
    人気番組をチョイス
    ■このメス豚がぁぁぁ!
    SM、異物挿入、
    浣腸、 スカトロ、等々
    鬼畜系 マニアックサイ
    ■ムービーガールズ
    可愛い系から
    綺麗系まで
    ■カリフォルニ.COM
    新星無修正
    動画サイト
    ■JPEアンコール
    高画質ムービー
    &写真集
    ■Asian Ange l
    オリジナル動画直
    撮り下ろし
    ■ジャパビューティー 
    新星無修正
    動画サイト
    ■エロスプラネット
    独占入手日本未公開 無修正動画
    ■中出し1000人切り
    生ハメ中出しリアル
    素人専門サイト
    ■素人党
    20種類近い素人
    動画カテゴリー有り
    ■カリビアンコム陵辱
    陵辱系無修正専用
    以下、カリビアンコム専用、各ジャンルページです









     





      


     


     


    素人裸新聞
     


    エロのデパ地下
     




    ハメ撮りコレクション人妻コレクションコスプレコレクション盗撮映像
    トイレ盗撮カーセックス盗撮女子風呂盗撮
    着替え盗撮
    プライベート盗撮素人投稿ハメ撮り


    職権乱用盗撮コスチューム系
     隠し撮り
    検索結果「潮吹き」検索結果「レズ」検索結果 「フェラ」検索結果 「乱交」
    検索結果「陵辱」潮吹き 
    人気動画ランキング
    中出し
     人気動画ランキング
    巨乳 
    人気動画ランキング
    初裏
     人気動画ランキング
    ロリ系 
    人気動画ランキング
    カリのり人気女優 
    人気動画ランキング
    オリジナル
    ハイビジョン動画
    中出しパイパン人妻CLUB
    米国性動画通信路地裏SMクラブ素人メニューSMメニュー
    外人メニューフェチメニュー素人の狩人 うず潮
    素人動画コレクション盗撮写真
    アップローダー
    ゲイ 潮吹き
    制服・コスプレナース&女医女教師近親相姦
    人妻・熟女ブルセラ生姦生撮りレイプ・SM・陵辱SM・調教
    偽装レイプアナル口内発射パイパン
    放 尿野外・露出人妻・熟女サンプルムービー
    中出しSMアナル巨 乳
    口内発射アナル20代 人妻リスト30代 人妻リスト
    40代 人妻リスト50代 人妻リスト熟女ハメ撮り
    アナルSM/調教フェティッシュハメ撮り
    野外・露出3Pムービー一覧巨乳
    美人ナースのお戯れゆうかの聖水遊戯クラスメイトの果汁恭子の制服おもらし
    美人OLの放尿研修被虐への願望堕天使達の憂鬱倒錯遊戯
    紀之国屋投稿
    ぎゃらり〜
    聖隷の詩円熟の性月山街撮り
    写真館
    制服射精趣味の変態鬢のほつれ乱交 調教 露出
    熟女 人妻素人図鑑盗撮 街撮り 投稿妊婦
    韓流ナンパスカトロ顔射・口内
    乱交人妻中出しM男
    動画一覧ページ円熟の性堕天使達の憂鬱制服射精



    画像クリックで「他では観れないエロ厳選」へ飛びます。






















     



































     




































     














































     





     









     





     





     





    きょうこ 歪んだ構図 ?
     



    ここは大きな邸宅が建ち並ぶ閑静な住宅街。
    風香る5月、ある月曜日の午前中のことだった。
    きょうこ(29歳)は夫の光治(32歳)を仕事に送り出した後、
    ベランダで洗濯ものを干していたが、突然、1本の電話がけたたましく鳴り響いた。
    きょうこは洗濯物を干す手を止めて、応接間に急ぎ足で向った。

    「はい、小山田ですが。・・・・・あ、俊介さん・・・。ええ・・・
    はい・・・ええ・・・そうです・・・。
    でも・・・もう・・・電話をしないで・・・。
    あなたとは、もうこれ以上は・・・。
    だって、私はもう結婚しているのよ。すでに夫がいる身なのよ。
    あなただってそれぐらい解かっているでしょう?
    だからもう私には・・・・・・ええ、はい・・・・・・
    お願い、私をこれ以上困らせないで・・・・・・」
    きょうこは目頭を押さえ、涙声を震わせていた。
    色白で繊細な顔、細身の身体がこんな時は余計に痛々しく思わせる。
    きょうこは言葉を続けた。

    「はい・・・はい・・・ええ・・・分かりました。
    1時ですね。はい、それじゃ参ります。」
    きょうこは受話器を置いた後、
    そのまま電話台の前で立ち尽くしていた。
    誰が見ても判るほど、表情は険しい。
    何かを思い詰めたように、ある一点をぼう然と見つめていた。


    ちょうどその頃、応接間のドアの陰できょうこの様子を伺う1人の初老の男がいた。
    小山田光治の父、芳雄(67歳)であった。
    彼は小山田コーポレーションという貿易会社を設立し
    順調に業績を伸ばし、以来、代表取締役の座を譲らなかった。

    しかし3年前、大病を患ってからというもの、
    事業に関してはめっきり気弱になってしまい、
    まだ若い光治に社長の座を譲り、自らは会長に就任してしまった。
    会長とは言っても名ばかりで、実体的にはたまに助言を
    する程度にとどめ、経営には口を出さなくなってしまった。
    芳雄は病気を患う前、持ち前の商才と勘の良さから多くの成功を収め
    、一代で企業の地盤を築くほどの傑物であったが、

    一方、私生活では異常なほどの好色家で
    、妻も生前は相当悩まされたようである。
    そんな芳雄も勇退後はさすがに寄る年波には勝てず
    、色恋沙汰からは縁遠くはなってはいたが、長男光治に嫁いで来たきょう
    この美貌に対し、相当な興味を示していた。
    そうはいっても長男の嫁でもあり、さすがの芳雄も手を出すことはなかった。
     



    きょうこ 歪んだ構図 ?

    半世紀以上も前のことになるが、芳雄の初恋の女性が何ときょうこに
    似ているらしく、芳雄は友人にとんでもないことを漏らしていたことがある。
    「今度、長男が嫁をもらったんだが、それが何と、私の初恋に女に
    瓜ふたつなんだよ。私は久しぶりに胸がときめいてね。がっはっは〜。
    青春が再び蘇ったような気分だよ。」

    ドアの陰できょうこの電話の様子に聞き耳を立てていた芳雄は、
    眉をひそめてつぶやいた。
    「あの電話の様子だとまたもや例の男だな…。むむむ、何と言う嫁だろう。
    この小山田家に嫁いで来てまだ2年と言うのに、もう男など作りおって。
    くう〜、もう許せん。」

    きょうこは電話を切った後、ベランダに向い、洗濯物を再び干し始めた。
    ちょうどきょうこ自身のピンク色のビキニショーツを干そうとした時、
    芳雄が真後ろから現れ呟いた。
    「きょうこ、今日は良い天気だね。これなら洗濯物もすぐに乾くだろう。」
    「あ、お父様、今日は碁を打ちにお友達の所には行かれないのですか?」
    「ああ、今日は行かないよ。友達は今日は旅行に出掛けて留守なんだ。」
    「じゃあ、家でのんびりとなさるといいですね。」
    「うん、そうだな。ところで、きょうこ、今干しておるそのパンツ
    、何とまあ小さいことだ。そんなのを穿いておるのか?」

    「まあ、お父様、そんな恥ずかしいことを言わないでください…。」
    「そんなに小さければ、アソコに食込んでしまうのではないのか?」
    「もう…お父様ったら…」
    きょうこは頬を真っ赤に染め、芳雄から顔を背けた。
    「わっはっは〜、恥ずかしいか?それしきりで照れるとはまだ初心だな。
    わっはっは〜!」

    *****

    12時前頃、きょうこは昼食の準備を整え、芳雄に外出を告げた。
    「お父様、すみませんがお友達とちょっと食事に行ってきます。
    お父様のお昼ご飯はテーブルの上に布巾を掛けていますから、
    いつでもお召し上がりくださいね。」

    「うんうん、判った。ゆっくりと遊んでおいで。
    私のことは気にしなくていいから。」
    「ありがとうございます。じゃあ。」

    芳雄はきょうこの化粧が、今日はいつになく濃いような気がした。
    (ふっふっふ…、女狐め。今にその正体を暴いてやるから楽しみにしておれ。)

    きょうこが玄関を出た後、ひとつの影が後を追い掛けた。
    きょうこに近づくでなく、また離れるでなく、常に一定間隔で尾行する男がいた。


        
    きょうこ 歪んだ構図 ?


    そしてきょうこが俊介と忍び会う現場を押さえ、更にレストランで食事する間も
    じっと待機し、最後にラブホテルに入る寸前をシャッターに収めたのであった。

    ちょうどその頃、芳雄はきょうこの干した洗濯物に鼻を近づけていた。
    「本当にきょうこは、小さなパンツを穿いておるな。
    こんなもので腹が冷えないのだろうか。

    どれどれ、どんな匂いやら…。」芳雄は鼻孔を広げ、スッと息を吸い込んだ。
    「う〜ん、何か石鹸の匂いばかりで面白くもないわ
    。染みまできれいに落としてしまっているし。」
    そういいながら、パンティを裏返し、クロッチ部分を擦りながら唇をつけた。
    「おお、おお、この辺りにきょうこの大事な場所が当たってるのだな。ぐふふ…」
    芳雄のそのような変態地味た行動は、今に始まった訳ではなかった。
    古い話になるが、過去の愛人にもその奇怪な性癖を疎まれ、
    逃げられた経験もあった。

    すでに乾いていたきょうこのパンティであったが、
    芳雄のせいで再び唾液に塗(まみ)れてしまった。

    *****

    それから数日後、芳雄は喫茶店の隅の席で眼孔の鋭い男性と向い合っていた。
    「調査の結果は以上でございます。誠に残念ですが、きょうこ様は間違いなく
    浮気をしておられます。
    その証拠の写真がこれでございます。」
    調査員と思われる男性は芳雄に1枚の写真も渡した。
    芳雄は老眼鏡の奥から、目をしばたかせ写真に見入った。
    そこには男女が寄り添って、今にもホテルに入るという瞬間が写し出されていた。
    「うん…、これは確かにきょうこだ。後姿だが間違いないよ。
    何と腕まで組みおって…、忌々しい…。」
    芳雄は写真に向って、吐き捨ているように呟いた。

    「では、私はこれにて失礼させていただきます。」
    「ああ、ご苦労だったね。」
    調査員らしき男は芳雄に一礼をし、喫茶店を出て行った。
    1人残った芳雄はすぐにレジーに向う様子もなく、そのまま座り込んでいた。
    煙草に火を点けて、大きく吸い込んだ。
    (すう…)
    「きょうこのヤツ…、まさかとは思っていたが、やはり浮気をしておったか…、
    くそ〜…私や光治を裏切りおって…、思い知らせてやる…」

    その後、きょうこの行動を監視するために、興信所の尾行は続けられた。
    きょうこは、週に一度ぐらいのペースではあったが、
    俊介と密会を重ねていることが明らかになっていた。 

    きょうこ 歪んだ構図 ?

    また、それらの証拠となる写真及び記録なども克明に、
    芳雄の元に届けられた。しかし芳雄は沈黙を続けた。
    まるでライオンが獲物を確実に仕留めるため、草の陰で潜むように。
    日常生活はごく平温に過ぎ去って行くかのように思われた。

    そんな事など露ほども知らない光治は、事業意欲に燃え、
    その才分をいかんなく発揮していた。
    ところがバブル期に事業拡張したことが、現在も多少の負担となっていた。
    西日本進出を果たしはしたものの、広島営業所の業績だけが
    どうも思わしくなかった。
    光治は広島に飛び、てこ入れを行なう事を決断したのだった。

    「それじゃ、きょうこ、3日間ほどの間、広島に出張して来るので
    、留守を頼むね。お父さんのことよろしくね。」
    「今度の仕事は大変だけど、気をつけて行って来てくださいね。
    お父様のことは心配なさらないように。ちゃんと面倒を見ますから。」
    「うん、頼んだよ。もし、何かあったら営業所でもいいし、
    携帯でもいいので電話をくれたらいいから。」
    「はい、判りました。」
    「あ、それと、広島で浮気なんかしないからね。」
    「まあ、あなたったら。そんなこと先にいうと、かえって心配になりますわ。」
    「はっはっは〜、たまにはヤキモチぐらい嫉かせようと思ってね。」
    「はい、今、こんがりと焼き上がりました。」
    「はっはっは〜、それじゃ行って来るからね。」
    「あなた、気をつけて。」

    光治は表通りでタクシーをひろって、一路、空港に向った。

    玄関先で光治を見送るきょうこの様子を、ドアの影から伺っていた
    芳雄がタイミングを見て、きょうこに声を掛けた。
    「おお、光治はもう出掛けたか。」
    「あ、お父様、光治さんは今し方お出かけになりました。」
    「そうか、そうか。それはご苦労なことだね。」
    「本当に大変なお仕事のようですわ。」
    「まあ、アイツならきっとやり遂げるだろう。ところで、きょうこ、
    3日間、光治がいなければ寂しいだろう?」
    「まあ、嫌ですわ。お父様…」
    「やっぱりアンタらは若いから、毎晩、アレやっとるんだろう?」
    「そんなこと…」
    きょうこは頬を真っ赤に染めて俯いてしまった。
    「一晩でもしなけりゃ、まだ若いし、身体が火照って火照って
    困るんじゃないの?」

    「お父様!……、もうお止しになって……」
    きょうこは目をキッと吊り上げて、芳雄を睨んだ。 

    きょうこ 歪んだ構図 ?


    芳雄はきょうこの拒絶の態度にも臆することなく言葉を続けた。
    「それとも何かい?他に男でもいて特に困らないとか…?」

    「お父様、もう止めてください!いくら何でもそんなこと言わないでください!」
    「ほう…、えらく強気な態度だね?それじゃちょっと聞くけどね、
    この写真は何だね?」

    芳雄はきょうこに、例の興信所が捉えた決定的瞬間の一枚を見せた。

    「えっ!?それは……」

    すると、きょうこは見る見るうちに青ざめ、ただただ驚嘆するばかりであった。
    「これは後姿だけど、間違いなくきょうこだね?何なら他にもまだあるよ。」
    芳雄はそういってポケットから数枚の写真をきょうこに見せた。
    前面から撮ったものは一枚もなかったが、
    横顔が覗き、明らかにきょうこと判るものもあった。
    きょうこは言葉を失い、その場にぼう然と立ち尽くしてしまった。
    (まさか…まさか…)

    芳雄が勝ち誇ったようにニヤリと笑いきょうこに言った。
    「きょうこ…、見事に光治や私を欺いてくれたね?
    この家や親戚の者には良い嫁ぶりを見せておきながら、
    裏ではこんなふしだらなことをしておったとは…。
    ああ、私はあんたを見損なったよ。」

    ここまで証拠を並べられると、きょうことしてはもうぐの音も出ない。
    謝るより他になかった。「申し訳ありません…」

    きょうこはうな垂れ、声を震わせて謝罪した。
    「謝ってもらってもねえ…、一度失った信頼って簡単には
    回復できるものじゃないよ。」「はい…すみません…」

    「何なら、あんたのご両親に、この写真を見せようか?」
    「そんなっ!、それだけは許してください!
    もう二度と家に戻れなくなってしまいます!」
    「そんなこと私の知った事か。ありのままをあんたの
    ご両親にお伝えするしかないようだね。」

    「お父様!何とか今回だけは許していただけないでしょうか。
    あの男性とはもう会いません。光治さんんと仲良くやって行きます。
    だから、だから許してください…」

    きょうこは、芳雄の洋服の袖をひっぱり、懸命に許しを乞うた。
    厳格な両親にばれてしまうと、きっと絶縁されてしまうだろう。
    もちろん光治とも離婚しなければならなくなるだろう。
    俊介の事は忘れがたいが、ここは諦めるより他にないようだ。
    きょうこは、芳雄に必死に嘆願した。
    頬にはすでに幾筋もの涙が伝ってた。



    近距離交際人妻サーチ24HCheckメール★J@P@NFree Mail
    人妻艶護会SEXSITE[セクサイト]人妻ホテルデート待ち会わせ掲示板

     
    きょうこ 歪んだ構図 ?

    そんなきょうこの姿を芳雄は哀れむどころか、
    勝ち誇ったような表情を浮かべながらゆっくりと語った。
    「ふふふ、許して欲しいのか?」
    「はい、お父様…」
    「もうあの男とは会わないな?」
    「は、はい…もう会いません…」
    「よし、そうまで言うのなら今回に限り許してやろう。」
    「お父様、ありがとうございます!」
    きょうこの表情がにわかに曇りから晴に変わった。

    「ただし…」
    「え?ただし?」
    「うん、ただし、ひとつだけ条件がある。」
    「条件とおっしゃいますと…?」
    「きょうこ、お前の身体全体を舐めさせてもらう。
    もちろん恥ずかしい場所も全部だ。」
    「えええ〜〜っ!?そんなあ〜…、そんなこと嫌です〜!」
    「いや、強要はしないよ。その代り、先程言ったとおり、
    洗いざらいお前の両親に事の次第を話すことにする。いいんだね?」

    「……」

    きょうこは眉をひそめ、苦悩の表情を浮かべてる。

    長い沈黙の時間が過ぎた。
    ようやく、きょうこは意を決したのか、小声で告げた。
    「お父様…解りました。お父様のおっしゃるとおりにしてください。
    その代わり、光治さんや父母には絶対に言わないで…」

    きょうこはそれだけを言うと、その場に泣き崩れてしまった。
    芳雄は泣きじゃくるきょうこの頭を撫でてやりながら静かに語った。

    「よく決心した。約束は守る。光治にもお前のご両親にも一切口外しない。
    さあ、それでは早速、私の部屋においで。」
    「え?すぐに…ですか…?」
    「そう、すぐにだ。」
    「あのう…せめてその前にお風呂に入らせてください。」
    「その必要は無い。」
    「でも…」
    「いいのだ、そのままで。風呂に入るとお前の女の生々しい香りが流れてしまう。」
    「……判りました……」

    芳雄は廊下に出て、ゆっくりと自室に向った。
    きょうこも芳雄の後を無言で続いた。
    まるで女性の死刑囚が刑場に向う時のように顔が蒼白く見える。

    芳雄の部屋は廊下の一番奥にある。
    およそ、20畳ほどの和室である。
    芳雄は静かに襖を開けた。僅かに香の香りがした。
    右奥には床の間があり、虎の絵の掛け軸が飾ってある。
    左奥には立派な仏壇があるようだ。
    そして…部屋の中央にはひとり用としては贅沢な大きな布団が敷かれていた。
    きょうこは布団を見た瞬間、脚に錘(おもり)が付いたように止まってしまった。
    芳雄はきょうこに無言の指図をした。 




    きょうこ 歪んだ構図 ?

    僅かに首を振り、(入れ)という合図である。
    きょうこは逆らうこともできず、部屋の中に進んだ。

    「きょうこ、では早速脱いでもらおうか。」
    「……」
    「何をしておるのだ。そんな入口で突っ立って。もっと部屋の奥に入りなさい。」
    「はい…」
    布団の敷いていある横まで誘導されたきょうこは、
    ゆっくりと衣服を脱ぎ始めた。
    緊張感のせいか、それともまもなく義父に素肌を晒す羞恥心からか、
    身体が小刻みに震えているように見えた。
    「そんなに怖がらなくてもいい。取って食おうと言う訳じゃないんだから。」
    きょうこは思った。

    (別に食べられる訳じゃなくても、この人の前で裸になることが、
    既に食されるのと同じではないか…)と。

    きょうこがその日、身に着けていたファッションは
    、白いブラウスと紺色のラップ風スカートだった。
    あくまで良家の若奥様らしく、気品とシンプルさに包まれている。
    きょうこはためらい勝ちに、ブラウスのボタンをひとつひとつ丁寧に外した。
    やがて色白な細い肩先と淡いベージュ色のストラップがチラリと見えた。
    ゾクッとするほどの色香が芳雄の部屋に漂い始めた。
    白いブラウスを脱ぎ去ったきょうこは、観念したかのように、
    続いてスカートの腰の辺りに手をやった。
    淡いベージュ色のキャミソールの下には、同色のブラジャーが映ってる。
    スカートがゆっくりと畳に落ちた。
    芳雄はゴクリと唾を飲み込む。
    視線はあくまできょうこに注がれ、首を微動だにしない。

    艶めかしい衣擦れ(きぬずれ)の音とともに、
    キャミソールがサラサラときょうこの肌から離れた時、

    芳雄の声がした。

    「ふっふっふ、さすがに素晴らしい肌をしているね。
    その後は私が脱がせてあげるよ。」
    芳雄の言葉に反発するようにきょうこは言った

    「いいえ、自分で脱ぎますから。」

    いくら、浮気のお仕置きだと言っても、義父に脱がされることは嫌だった。
    それならば、まだ自分の手で脱ぐ方がましだ。
    しかしきょうこのそんなささやかな願いも、
    芳雄の次の言葉ですべて無意味となった。

    「いや、私が脱がせる。それとも何かい?私に触られるのが
    どうしても嫌だと言うのかい?」

    「いいえ…分りました…」

    「ふふふ…、さあ、それじゃこちらの布団に来なさい。」

    きょうこはゆっくりと布団に乗った。
    どのような綿を使用しているのか知らないが、
    フワフワでまるで雲の上に乗ったような感じだ。 

    きょうこ 歪んだ構図 ?

    「さあ、ここに座りなさい。」
    きょうこは、腰を降ろし正座をした。
    背筋がピンと伸び、実に姿勢が良い。

    「さて、それじゃブラジャーを脱がしてあげようね。ふっふっふ…」

    芳雄は今にもよだれの零れそうな淫靡な笑みを浮かべ、
    きょうこのホックを外した。
    ブラジャーがパラリと落ちそうになった時、
    きょうこは思わず両手で胸を覆い隠そうとした。
    芳雄の胸はきょうこの背中にピッタリとくっつけて耳元で囁いた。

    「ここまで来て、隠したって無駄だよ。さあ、腕を除けて。」

    芳雄はきょうこの両手をゆっくりと下に降ろすように誘導した。
    きょうこは観念して、腕を除けると、見事な形のふたつの膨らみが現れた

    「きょうこ…きれいな胸をしているね。さて、どんな感触かな?ふっふっふ…」

    芳雄の指が乳房に触れた時、きょうこはおぞましさで鳥肌が立った。
    だが、もう既に遅く、形の良い乳房は芳雄の淫猥な指で揉みしだかれていた。

    「いいね〜、いいね〜、とても良い感触だね〜。
    そりゃあ、この胸なら光治と言わず他の男も触れたくなるさ。」
    「お父様、名前は出さないでください…」
    「ふふ、これは悪かった。」

    芳雄は形ばかりの謝罪をし、きょうこの首筋に舌を這わせた。

    「お父様ぁ…いやぁ…」

    すでに人妻となり充分に開発されている肉体は、
    僅かな愛撫であっても敏感に反応した。
    後の髪の毛を上げて、後れ毛の辺りまで隈なく
    愛撫を施す芳雄の舌さばきは堂に入っていた。
    首筋の辺りから耳たぶまで丁寧に舌が這いまわった。

    「あぁ…いやぁ…」

    首筋への愛撫中であっても乳房を揉む手は休めない。
    両手でしっかりと掴み、乳首を指でこね回していた。

    「お父様ったらぁ…」

    這いまわる部分が次第に下方に移動していた。
    背中をペチェペチャと舐め始めたのだ。
    これにはきょうこも堪らず、身体をよじって避けようと試みた。
    だが、老練な手さばきはそれを許さなかった。
    しっかりと乳房を握っているため、芳雄から離れられなかった。
    芳雄は腰を屈め、背中の下の方に舌を這わせた。

    「はぁ…いやぁ…」

    同時に、乳房へ愛撫していた手は次第に腹部に移行した。
    細い腹や腰を撫で回す手は、ねっとりと蛭(ひる)が
    這うようで実に嫌らしいものであった。

    腹を撫でる手がついにパンティに触れた。
    「!」
    きょうこの身体は一瞬硬直し、拒絶反応を示した。


    きょうこ 歪んだ構図 ?

    「ダメェ…、お父様、許して…、やっぱりできないわ、
    こんなことしちゃいけないわ…」
    芳雄から逃れようと身体をよじり始めた。

    「今更何を言ってるんだね。甘えているんじゃないか?」

    芳雄は67歳とは思えない力で、嫌がるきょうこを押さえつけ、
    パンティに手を掛けた。
    芳雄の手を払い除けようと、芳雄の手首を掴んだが抵抗もそこまでだった

    「どうしても嫌だと言うんだね?それなら残念だが
    、今からご両親に電話をするよ。
    きょうこは光治以外の男と嫌らしいことをしていると、全部打明けるよ。いいね?」
    「そんなぁ…、それだけは許してください…」

    きょうこは一旦掴んだ芳雄の手首をパラリと振り解いた。

    「ふふふ、それでいい。私に抵抗をするとどうなるか判ったね?」
    「は…はい…」
    「それならよろしい。」

    抵抗を諦めたきょうこは、肩を落とし、
    虚ろな眼差しで褥(しとね)を見つめていた

    「ふふふ、大人しくなったね。それでいい。

    芳雄はそういいながら、パンティの上からではあったが、
    こんもりと小高い恥丘の辺りを皺のある指で撫で始めた。
    下着の上からとは言え、敏感な蕾の近くだ。
    きょうこは不快感に苛まれ、眉をひそめた。
    盛り上がった場所を何度か旋回した指は次第に下の方に降りて行く。

    (ググ…)
    白い木綿地を指が押す。
    指が布地にめり込む。

    「ああっ…そこは…」
    「ふふふ、この辺りは押すとどうして凹むのかな?」
    「そんなこと…」

    きょうこは、芳雄から顔を背け、頬を染めている。

    「どうして凹むのか言わなければ、もっと強く押すよ。ふふふ…」
    (グググッ!)

    芳雄の指は、更に布地に食込む。

    「あああ…お父様、やめてください…いいます…いいますからやめて…」
    「では、この奥に何があるのかな?」
    「あ…恥ずかしい…女の大事な場所があります…
    だから…だから凹むんです…」
    「ほう、そうなんだ。ここには女の大事な場所なんだ。
    で、ここをどうして欲しいのかね?」
    「何もして欲しくありません…」
    「ふふふ、それはつれない返事だね。
    じゃあこうしてあげよう。」

    芳雄は布地の上からだったが、コリコリとした木の実を指でギュッと摘んだ。
    「はあっ!痛い!お父様、やめてください!つねらないで…」
    「痛いのか?じゃあ、どうして欲しいのかいいなさい。」
    「いや…」
    「じゃあ、もっとつねってあげるよ。」 

    きょうこ 歪んだ構図 ?

    「やめて、お願いですから。いいます、いいます……」
    「ふふふ」
    「そこを擦って…」
    「よしよし、よく言った。では望みどおり擦ってあげるよ。」

    芳雄の指はつねった場所の下の凹んだ場所を、縦に擦り始めた。

    「あ、ああぁ…お父様ぁ…いけないですぅ…」
    「ふふふ、とてもいい感触だね。」

    擦っているうちに布地が食込み、きょうこの凹んだ
    美肉の形状があらわになって行った。
    それはまるで縦に走った一本道のように見えた。
    擦られているうちに、きょうこの拒絶する心とは反対に、
    肉体は敏感に反応を示していた。
    ジワジワと泉の奥から湧きいずる熱い液体。
    その水嵩は次第に増し、芳雄の指にも
    はっきりと判るほどになっていた

    「あぁ、あぁ、あああぁ…いけないわ…
    でも…あぁ…やめて…はぁ…」

    喘ぎ始めたきょうこは、瞳を閉じ、押し寄せてくる
    官能の波と必死に戦っているようにも思えた。
    せめて心の貞節だけでも守るたいと願っていたのだろうか。

    そんな健気なきょうこの想いとは裏腹に、
    パンティはびっしょりと濡れ
    、淫靡な染みがはっきりと浮き出ていた。
    芳雄はきょうこの濡れたパンティを脱がさないまま、
    布団に押し倒し、自らもその上に乗った。
    そしてきょうこに見舞ったのは、怒涛のような
    粘着性のある愛撫の嵐であった。

    最初は、耳、首筋、肩先、鎖骨辺りを舐めまわした。
    それだけでものた打ち回るきょうこに更に、波状攻撃は続いた。
    指先、脇腹、腹部にも愛撫は及び、乳房や乳首は執拗に責めまくった。
    外から中央部寄せて行く愛撫のセオリ…その老獪な芳雄の責めに、
    きょうこは息絶え絶えになるほど、泣き喚いた。
    そしてクロッチの上から唇を押し付けた時、
    きょうこは異常なほどに敏感に反応した。
    背中を反らせ、シーツをむしり、膝の筋が立つほどに痙攣を始めた。
    (ベチョベチョベチョ)
    芳雄の嫌らしい舌は執拗にきょうこの股間を責め苛んだ。
    (グチョグチョグチョ)
    きょうこの愛らしい割れ目が、びちょびちょに
    濡れてしまったパンティにクッキリと映ってる。

    そしてついに最後の布切れがゆっくりと、ずり降ろされた。
    ねっとりとした愛液がクロッチの内側に付着し、
    まるで納豆のように糸を引いていた。
    「ふふふ、きょうこ、もうここがグチョグチョになっているじゃないか。」
    「いやぁ…そんな恥ずかしい事を言わないで…」



    きょうこ 歪んだ構図 ?

    「それにしても、色素も薄くきれいなピンク色のオマ*コだね。
    ぐっふっふ…。
    これは男の食欲をそそるよ。よく開発されて感度もいい割りには、
    ビラビラがまだ小さいじゃないか。まるで少女のようだよ。
    ふっふっふ…。さて、お味の方はどうかな?」
    芳雄はそういって、きょうこの股間に顔を埋めた。

    (ジュル…)
    (ビクリッ!)

    きょうこはまたしても、敏感に反応し、
    芳雄の顔を手で払い除けようともがいた。
    「いやっ、いやっ、いやっ、お義父様、吸わないで!」
    しかし芳雄はきょうこの開いた太股を
    、閉じないように両手で左右に割り押さえつけた。
    芳雄はわざと嫌らしい音を立てて、きょうこの秘め貝の合わせ目に
    唇をピッタリと合わせ、すごい吸引力で吸いまくった。

    (ジュルジュルジュル、ジュルジュルジュル…)

    「ひやあ〜!お義父様、許して…お願い…
    もう止してください、もう止して…」
    「ふふふ、なかなか良い味をしているね。
    こんな美味いものを飲むと
    10年ほど寿命が延びそうだ。ぐふふふ〜。」

    さらに愛らしい花びらを舌でかき分け、
    その中央に位置する花芯に舌を挿し込んだ。

    (フンガフンガフンガ!)

    芳雄は何を言っているのやら判らない声を出して
    、貪欲にきょうこを吸い漁った。

    「いいやいやいや!お義父様、やめてください!
    私、おかしくなっちゃいますぅ〜」
    「なればいい、なればいい。今夜一晩は私に抱かれて
    喘ぎまくればいいのだ。ふっふっふ。」
    「もう許してください、お義父様…」
    「ふん、何をいまさら。ここをこんなにビチョビチョに
    濡らしおってよく言うね。
    さあ、それじゃぼちぼちとお返しをしてもらおうか?」
    「お返しって…!?」

    「何を呆けたことを言ってるんだ。おしゃぶりだよ、おしゃぶり。
    お前のその可愛い口でしっかりと頬張るんだよ。それ含んで。」

    芳雄は半ば強制的に横になっているきょうこを立て膝にさせ、
    自分はその前に仁王立ちしたのであった。
    きょうこの前にそそり立つそれは、
    およそ67歳の男性のものとは思えないほど、
    元気でしかも艶やかなものであった。
    ただ附近に密植したものだけは、僅かに白いものが混じっていた。
    顔を背けるきょうこの頭をむりやり
    自分の方に向けさせた芳雄は早く含むようにと命じた。
    泣く泣くきょうこは、大きなモノを口に含んだ。

    「もっと舌を使って。」
    「はい…」
        


    きょうこ 歪んだ構図 ?

    (ピチョピチョピチョ…)
    きょうこの唾液でテカテカに光った巨大なものは、
    なおも硬さを増して行った。

    「ふふふ…、きょうこよ、いつも光治にこのようにしておるのか?
    上手いものだよ。」「そんなことおっしゃらないで…」

    「ふふふ…、さて、それじゃあご馳走をいただくとするか…。」
    「え…?お義父様!確か私の身体中にキスをするだけ…と
    最初におっしゃっていたじゃないですか。もうこれ以上は許してください!」
    「何を子供みたいなことを言ってるんだ。
    私に身体の隅々までしゃぶられた上、
    おつゆを嫌というほど溢れさせているくせに、
    それはないだろう?女がアソコをしゃぶらせると言うことは、
    全てを捧げます…という意味じゃないのか?
    さあ、もうここまで来れば観念して私の膝にまたがりなさい。」
    「そんなぁ…」

    中腰のままぼう然とするきょうこに芳雄は布団の中央に
    自らあぐらをかいて、その上に腰を降ろすように指示をした。
    だが容易に座らないきょうこの腰を抱え、強引に自分の方にたぐり寄せた。

    よろけたきょうこは芳雄の肩に手を付き支えようとしたが
    、割れ目の真下には凶器のような肉棒がそそり立っていた。
    なおも力を入れきょうこの腰を押さえつける芳雄。
    それは67歳を感じさせないパワーだ。
    きょうこはついに膝を崩し、柔肉を貫かれてしまった。

    「あああああ〜っ!」

    芳雄も必死である。きょうこの背中と尻を力一杯抱きかかえ、
    腰を激しく動かした。

    「それそれそれ、どうだ?私の肉棒に貫かれた感触は。
    光治よりも良いだろう?がっはっはっは〜!」
    「お義父様っ!許して〜、いやあ〜!」

    (グッチョグッチョグッチョ…)
    いやらしい粘着音がふたりの接合部から聞こえて来る。

    「うう、きょうこの穴はかなり狭い。
    まだ子供を産んでないからだろうがそれにしても窮屈だ。
    ぐっふっふっふ…、さて、もっと奥に押し込むぞ。」
    「ああ、ダメ、ダメ、もうよしてぇ〜…」

    うしろに反り返り激しく首を振るきょうこの背中を
    しっかりと抱きかかえて、高速回転で突きまくる芳雄。
    その滑らかな動きはまるで意気盛んな青年のようにも見える。

    ただ同じ座位で責めるにしても
    、若い男のそれとは明らかに違う点があった。
    きょうこ 歪んだ構図 ?

    尻を抱きかかえる両手が、きょうこの花弁周辺の皮膚を左右にひっぱり、
    花弁が閉じないように拡張しながら押し込む…というような
    淫猥な責め方は老獪さを感じさせるに余りあった。
    逃げるに逃げれない姿のまま、下から激しい攻撃を受けたきょうこは、
    気持ちとは裏腹にその卓越した技巧に、
    身体は官能の渦に巻き込まれようとしていた。

    「ふぁあ〜、お、お義父様、もう許してぇ…」
    溢れた甘美な滴りは芳雄のモノを濡らすばかりか、

    さらに褥(しとね)にまで達しようとしていた。

    芳雄は突きまくることに、多少の疲れを感じたのか、
    自分が寝転びきょうこをその上に乗らせた。きょうこがさほど
    腰を使わないと見ると、芳雄は早速催促をした。

    「きょうこ、もっと腰を使って…」

    きょうこは芳雄の言葉に逆らえないと見たようで、腰を上下に律動させた。
    (グッチョ、グッチョ、グッチョ…)

    「あぁ…お義父様…」
    「おおお…すごい締付けだ…くうっ…これはたまらん…」
    「あぁ…、もう許してぇ…」
    (グッチョ、グッチョ、グッチョ…)

    「きょうこ、お前は本当に良い道具を持っているね。光治がうらやましいよ。
    ふっふっふ…、名残惜しいが私は年甲斐もなく
    もう爆発しそうになって来た。では仕上げと行こうか。」

    芳雄はそういいながら、きょうこを仰向けに寝かせつけたので
    、一見、正常位で果てるのかと思わせた。
    だが、芳雄の取った行動は全く違った。



    きょうこをいったん開脚させたあと、驚いたことに脚を
    あぐらの形に組ませたのだった。

    ロープなどの小道具を一切使わずにSMムードを満喫できる幻の体位…

    これを「女郎座禅突き(にょろうざぜんづき)」という。

    この体位の基本形は、女性が仰向けになってあぐらをかくことから始まる。
    クロスした足の状態が、男性に“縛り”を連想させ、
    女性を蹂躙するという欲求を満足させる一方、
    女性にとっても性器が露出するため、羞恥心が強い性的刺激になる。

    そして下半身の不自由さが、さらに性感を高めることになるのだ。
    また、この体位は男性が体重を女性の組んだ足に
    乗せたり緩めたりすることによって
    、膣壁に与える刺激が自由に変えられるという
    利点があることも忘れてはならない。

    「お義父様、な、何をするんですか!?」
    きょうこは初めて経験する体位に戸惑いを隠せない。

    最新サンプル無料動画(直リンク一覧)




    アダルト相互リンクサイト

     鬼  畜
    淫乱・熟女人妻
    団地妻
     エロじいの館
    エロ動画
    コレクターブログ
    熟裸々TV人妻
    熟女動画専門
    画像掲示板
    コレクション
    人妻熟女動画
    秘宝館
    週刊!働くおば
    チャンネル
    アナルワールド
    アナル無修正動画
    動画モーニング
    無修正
    熟女不倫物語
    乱交.COM
    裏サークル.NET
    さくっとエロ劇場
    あなたとイキたい!
    隷嬢寫眞館>
    パンストRoom
    尻フェチ倶楽部
    エロ画像まみれ?
    しろうと娘
    画像掲示板
    コレクション
    熟女観音
    いけない人妻
    人妻新聞
    アダルト検索
    googlu
    画像掲示板NAVI>

    おばちゃん大集合

    四十路FUCKER

    素人裸新聞
    顔面騎乗マニア
    妻ハメ動画
    変態エロマニア
       

     



     


    きょうこ 歪んだ構図 ?

    きょうこは組まされたあぐらを解こうと試みたが
    、芳雄がきょうこの組んだ脚を腹で圧迫しているため容易に解けない。
    きょうこは不安に慄いた。

    「ふふふ、驚いたかね?この体位はね、
    おまえのように逃げたがる女には持って来いなんだよ。
    というのもね、脚があぐらにされているから簡単には解けないんだ。
    まあ、縄の使わないSMってとこかな?ふふふ…。
    おしゃべりはこの辺にして、さあ、それじゃ入れさせてもらうよ。ぐふふ…」

    あぐらに組んで寝転ぶと、女陰は当然露出する。
    きょうこの薄い陰毛の陰にびっしりと縦に走った一本道…、
    開脚姿勢のため、一本道は広がり、そこから小陰唇がちょろりと
    顔を覗かせている。芳雄はその中心部にいきり立ったモノをズブリと突き立てた。

    (ズズズッ!)

    「あああ〜〜〜!お義父様、ああ、いけない!」
    芳雄はさらに腰を入れる。

    (グジュグジュグジュ…) 


    きょうこはあぐら姿勢で突き立てられて、両脚に圧迫を加えられているため、
    脚を閉じることができない。
    芳雄の太くて硬いモノは、きょうこの淫裂を自由自在に翻弄する。
    芳雄の責めは単純なものではなく、角度を変え挿入を繰返し、
    時折、捻りやこね回し等も加える。
    先程まで抵抗を示していたきょうこではあったが、
    ここに来て初めて、従順な態度を見せ始めていた。
    顔が紅潮し、額や首筋には汗さえ浮かべ始め、
    まるで甘美な快楽の沼に溺れることを期待するかのような
    表情に変わりつつあった。

    「あぁ…お義父様ぁ…す、すごい…あぁ、もうだめ…あぁあぁ…」

    芳雄もすでに淫猥な言葉を発する余裕もなく、
    ただひたすらに獣の本能を剥き出しにして、きょうこに挑んでいた。

    芳雄はきょうこの脚を左右に揺すったり、前後に動かしたりして、
    膣壁に圧迫を加え続けた。こうすることによって、
    膣壁は歪み快感が一層増し、
    足首の性感帯のツボも自然と刺激されることを知っていたのだ。

    「あっ、ダメッ!お義父様、ダメッ!私、もうダメッ!」
    「ふっふっふ、イキそうなんだね?遠慮なくイケばいいんだよ。」

    芳雄は自分よりも40歳以上も若い女に絶頂を味合わせることに大いに
    満足をしていた。そのせいか、口元はよだれが零れそうなくらいに
    締りのない嫌らしい笑みを浮かべていた。 


    きょうこ 歪んだ構図 ?

    きょうこはあごを上げ、シーツを引き毟り、
    口からはうめきとも取れそうな喘ぎ声を発し、昇りつめようとしていた。
    「ああああああ〜っ!はああっ〜〜!ああああああ〜〜っ!」
    芳雄の方もすでに限界に近づいていたため、腰の動きが慌しくなっていた。
    そして最後の腰の押し込みとともに、ついに果ててしまった。
    白濁色のドロリとした液体はきょうこの体内に放出されてしまった。

    「あ…お義父様っ!まさか中に…!?」

    きょうこは不安そうに芳雄に尋ねた。
    芳雄は事も無げにさらりと答えた

    「ふっふっふ、心配しなくていいよ。
    もしも赤ちゃんができたって
    、光治の子供として育てればいい。
    どちらにしたって私の血を引いているんだから。」

    「そんなぁ……」  「ふっふっふ…」

    芳雄はそれ以上は答えず、ティッシュの箱からペーパーを
    2〜3枚取出し、きょうこの股間に宛がった。

    「いえ、自分でやります。」

    芳雄が拭こうとしたことをきょうこは拒んだ。
    「ふっふっふ…、夜はまだまだ長い。
    今のはほんのイントロだよ。本番はこれからだ。ふっふっふ…」

    何と言う底知れないスタミナだろうか。
    67歳にもなって、今しがた、息子の嫁を抱いて果てたと言うのに
    、もう次のラウンドのことまで口にする。
    きょうこは目の前が真っ暗になっていた。 

    きょうこ 歪んだ構図
     ??(最終回)


    その後、きょうこは夫の光治から求められるままに肌を重ねていたが、
    燃焼しきれない自分にどこか寂しさを感じていた。
    手短かな前戯と単調で淡白なセックス。
    その癖、「良かったかい?」と終わった後、
    何度も尋ねる夫にうんざりしていた。
    それでも「ええ、すごく良かったわ」と、夫への心遣いだけは忘れなかった。
    いや、そんな仮面を冠ることで、自分の本心を隠していたかったのかも知れない。
    夫の留守中、芳雄はきょうこを、俊介との不始末を理由に責め続けた。

    そんな悲痛な生活が2ヵ月も続くと、きょうこは身も心もやつれてしまい、
    とうとう寝込んでしまった。
    寝込んで弱っているきょうこであっても、芳雄の魔の手は容赦なく伸びて来た。
    きょうこは堪りかねて、ついに俊介に電話を掛け一部始終を話した。

    これにはさすがの俊介も大いに驚き、ひとつの決断をきょうこに勧めた。
    それは離婚であった。

    俊介はコーヒーカップを静かに置いて、真剣な眼差しで語った。

    「きょうこ、僕ともう一度やり直そうよ。
    法律上、すぐに結婚と言う訳には行かないけど。
    君が今、幸せならば僕はもう何も言わない。
    でも全く逆じゃないか。君はこれ以上、小山田家にいるとボロボロになってしまう。
    もう離婚をするしかないよ。光治さんが渋れば、その時は仕方がない。
    お義父さんの淫行を一部始終話せば良い。
    裁判になっても君は必ず勝てる。1日も早く別れるべきだ。」

    俊介のその熱い言葉にきょうはついに意を決した。
    光治に離婚を申し出たのだった。
    しかし、事情を知らない光治は驚くと同時に離婚を拒んだ。
    それもそうだろう。光治には大きな問題が見当たらないのだから。
    そこで、きょうこは仕方なく義父芳雄の今までの素行をすべて語った。
    光治は大いに驚嘆し、義父をなじった。

    芳雄は当然「きょうこさんが同意してくれたからしたんだよ。
    無理にじゃないよ。」と自己弁護した。
    だが光治とすれば、妻きょうこが芳雄に同意して
    淫らなことをしていた…とは信じられなかった。

    光治はきょうこに対して父親の悪行を土下座して詫び、
    義父とは別居するからもう一度やり直してくれと願い出た。
    しかし、きょうこはそれを拒んだ。

    「たとえお義父様と別居しても、私の脅えは消えません。
    心の傷も…。もうあなたとはやり直しなんてできない…。
    やっぱり別れましょう…。」

    かたくなに拒むきょうこに、光治はもう説得は無理と判断し、
    悲痛な表情離婚届に印鑑をついたのだった。

    きょうこは晴れて離婚が成立し、自由の身となった。
    しかし、事情を知る実家に帰る気にもなれず、一人暮らしの道を選んだ。
    そして、俊介と逢う瀬を重ねることとなった。

    それから3ヵ月後、雨がしとしと降る夕暮れのことだった。
    きょうこの住むマンションの灯りを、道路に立ちそっと見上げる人影があった。
    その人影は傘の陰からチラリと横顔を覗かせた時、僅かに白髪混じりのように思われた。
    人影はマンションのエントランスホールに歩を進めた。
    マンション1階の共用玄関にはオートロックが設置されている。
    人影はオートロック横のインターホンのボタンをプッシュし語り掛けた。

    「こんにちわ、地元町内会役員の**といいます。
    町内会加入の件でお話したいことがありますので、表を開けていただけますか?」
    「え?町内会の役員さん?はい、分かりました。ちょっとお待ちくださいね。」

    それから数秒後、カチャリという機械音と同時に、
    共用玄関の扉が開いた。


    きょうこは「町内会の何かの連絡なのだろう。」
    そんな軽い気持ちで待っていると、間もなく
    マンション玄関のチャイムが鳴った。

    そしてドアを開けたきょうこは「アッ!」と驚いてしまった。
    エントランスの前の人影に白いものが見えた。
    芳雄だった。「あらっ!義父様。どうぞ中へ。」きょこは
    思わず芳雄を部屋へ入るよう言ってしまっていた。

    「フームきょうこ、ちょっとな。」
    「お義父さま、何でこまります。」
    口でそう言いながら芳雄を部屋へ通してしまった自分にも
    驚いていた。

    「きょうこ、会いたかったぞ。」

     








    普通系のOL・主婦からキャバ嬢系迄、
    プロフ充実!無料ギャラリー限定公開中〜
     


    (続く)  

    ハメ撮りコレクション人妻コレクションコスプレコレクション盗撮映像
    トイレ盗撮カーセックス盗撮女子風呂盗撮
    着替え盗撮
    プライベート盗撮素人投稿ハメ撮り
    職権乱用盗撮コスチューム系
     隠し撮り
    検索結果「潮吹き」検索結果「レズ」検索結果 「フェラ」検索結果 「乱交」
    検索結果「陵辱」潮吹き 
    人気動画ランキング
    中出し
     人気動画ランキング
    巨乳 
    人気動画ランキング
    初裏
     人気動画ランキング
    ロリ系 
    人気動画ランキング
    カリのり人気女優 
    人気動画ランキング
    オリジナル
    ハイビジョン動画
    中出しパイパン人妻CLUB
    米国性動画通信路地裏SMクラブ素人メニューSMメニュー
    外人メニューフェチメニュー素人の狩人 うず潮
    素人動画コレクション盗撮写真
    アップローダー
    ゲイ 潮吹き
    制服・コスプレナース&女医女教師近親相姦
    人妻・熟女ブルセラ生姦生撮りレイプ・SM・陵辱SM・調教
    偽装レイプアナル口内発射パイパン
    放 尿野外・露出人妻・熟女サンプルムービー
    中出しSMアナル巨 乳
    口内発射アナル20代 人妻リスト30代 人妻リスト
    40代 人妻リスト50代 人妻リスト熟女ハメ撮り
    アナルSM/調教フェティッシュハメ撮り
    野外・露出3Pムービー一覧巨乳
    美人ナースのお戯れゆうかの聖水遊戯クラスメイトの果汁恭子の制服おもらし
    美人OLの放尿研修被虐への願望堕天使達の憂鬱倒錯遊戯
    紀之国屋投稿
    ぎゃらり〜
    聖隷の詩円熟の性月山街撮り
    写真館
    制服射精趣味の変態鬢のほつれ乱交 調教 露出
    熟女 人妻素人図鑑盗撮 街撮り 投稿妊婦
    韓流ナンパスカトロ顔射・口内
    乱交人妻中出しM男
    動画一覧ページ円熟の性堕天使達の憂鬱制服射精

    (時には屋外で)

    亭主持ち2児の母親、34歳人妻さんを寝取ってしまいました。

    今や私のSex奴隷と化して彼女も満足です。

    時には屋外でも楽しむようになったこの頃です。

    この日は夕闇迫る人気の無い小川の側の公園で

    ズボンを脱いで草むらに放尿の後、未だ残尿する矛先を

    彼女の口に咥えさせ直ちに尺八!

    彼女はいつもの様に今だ残る私の尿をコクンコクンと飲み

    続いて激しく首を動かす。その度に股間を締めるブリーフが

    私の肛門を擦り、いつになく大量の男汁を

    彼女に飲ませて上げることが出来ました。



    寝盗られた人妻
     定年間近、資産家の大学教授、亭了と亭主持ち、2児の母親である
    人妻、京子!あまく切なくも過激なハードボイルド官能!
     「アアア〜イイイイイ〜クククイイイ!」京子の泣き叫ぶような淫声が漏れ続いた。
    亭了の物は京子の其処にきつくきつく、締め付けられたたという。亭了は右手の木刀を
    一突きグイッとついて敵への留めを刺し終えると、そのまま京子の腕を後ろ手につかんで
    京子を責めつづけた。京子の喜悦の絞めはさらに強くなり、いよいよ亭了も京子の中に
    放出し京子に自分の子を孕ませる事をやぶさかとは、思わなく・・・・・・
    「官能告白・物語・一覧」

     



    拘束SMプレイ




    | サンプル動画一覧  | アダルトサイト比較ナビ  | ライブチャット比較ナビ | ADULT COLLECTION |
     
     
    「貴方は耐えられるか?ハードSM・無修正動画&大量画像」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    こんな巨根を! (2012/10/11)
    無修正:パック1AV用演技ではない素人本来の姿の女の子★開かれた熟女の生女性器、肉欲マン欲、マン開女性器、溢れる男汁 (2015/04/10)
    禁断(秘)盗撮 10名のオンナたちが盗撮魔の餌食に! (2012/09/04)
     
       
     
     
     

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     
     
     
     

    トラックバック

     
     
     
     

    DTIブログって?

    1.  
     
     
    日本人女性器:外性器図鑑? 完全保存版
    日本人女性器:外性器図鑑? 完全保存版
    ホームへ
    ホーム
    ⊇陰:外性器図鑑:新たなエロス:女性の性器器画像
    ⊇陰:外性器図鑑:新たなエロス:女性の性器器画像

    copyright © 2006
    Powered By DTIブログ
    allrights reserved


    エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

    - calender -
    02 | 2017/03 | 04
    Su Mo Tu We Th Fr Sa
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    - entries -
    - comments -
    - track_backs -
    - archive -
    - category -
    - links -
    - search -
    close