シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp) 犯される人妻・夫の屈辱!
無料
エロ
動画

    シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp)

     
     

    犯される人妻・夫の屈辱!

    1. 19:51:37

    (3-13) 犯される人妻・夫の屈辱!
     テキストは画像〜下段に続きます。 







    巨大チンポ
    生ハメ画像収集所
    (相互リンク・みんなのオナニー) 
     
     
      芳子は人妻・女房である。
    しかも亭主はと言えば、自分が社長である自社の社員でもあるのだ。
    そんな事は社長である富蔵は百も承知の事ではある。
    富蔵自身芳子を己の生涯のSex奴隷とすること、また芳子自身彼女の人生に
    とってこの上無い喜びともなってしまっていた事。
    すでに社長たる富蔵は部下の女房をものにして2ケ月は経つ。
    今日も昼下がりのホテルの一室で、SF同士互いに、ねんごろなプレイはあった。
    しかし今日は日頃と少し違ってはいた。来るべき時を来させたともいえる。
    富蔵は芳子に自分の子を孕ませるのを最早やぶさかではなかった。
    デイープキッス最中の互いの縫瀬、終に富蔵のスペルマは
    芳子の体内に大量に放出されるのだった。
    そして翌日、富蔵との手はず通り、芳子は亭主に言い寄り
    亭主のスペルマも大量に受けていた。
       


    素人投稿 ギャラリー(毎日更新)
     



     
    素敵な出会いを!

    ひまぱら
    『恋人・メル友・結婚、メールアドレスを
    非公開のままメールのやり取りができる
    完全無料の出会い系サイトです。
    直アド@ゴーゴー
    即決!!直アドシステムで即会える!「サイト内でやり取りするのは面倒
    だ!」だから直接やり取りしてください。あなたの
    『直アド』を入力すると自動地域検索の後、
    お近くの条件の会う
    ライブチャット
    「なでしこ」

    素人女性とリアルタイムなアダルトチャット定期的にAV女優との無料チャットイベントも!
    無料deゴーゴー
    恋がしたいと思ったら、とにかくきっかけをつかまなきゃ!【無料でゴーゴー】はその名のとおり男女ともぜ〜んぶ無料で利用できるお相手マッチングシステム!
    恋のお便り
    元祖出会い系!!【恋のお便り】は携帯と両方で
    使えるから、パソコンからメッセージを送って、携帯で返事を受け取れるので、どこでも気楽に楽しめます。
    e-出会い
    エッチな出会い・セフレを求める男女のための秘密のお相手紹介サービス!!
    人妻の出会い
    アダルト色全開の大人のための不倫妻情報サイトです。現役不倫妻の実体験
    による、詳細なノウハウ
    ポチャットガール
    ぽっちゃり太め
    女性大募集
    ポッチャリ豊満女性
    大好き男性とチャット 
    でき高額在宅収入と
    一石二鳥!

    ☆女性専用
    で〜す!

    無料動画・サンプル見放題 

    アクセス後=最上段(目次バー)〜
    「人気動画ランキング」クリックで、直選択閲覧可能。
    さらに、「このサイトの使い方」クリックでより詳しく分ります。
    (下記は現在配信中のほんの一例・「温泉乱交」のスチル画像です。
     

    最新サンプル・無料無修正動画
    (直リンク一覧)
    カリビアンコム
    エッチな0930
    0930は恥女
    パコパコ ママ
    エッチな素人
    一本道
    投稿大魔王(素人投稿)
    くりーむれもん
    X-gallery
    エロスプラネット(和服人妻)
    Jガールパラダイス
    米国性動画通信
    投稿大魔王(赤外線)
    投稿大魔王(トイレ)
    アクアリュームTV
    天然娘

    あなたに潮を吹かせることが出来きますか?
    !!!吹かせ方、こちらから>>>
     

    【安全】当サイトに掲全てのAV動画スポンサーサイトは
    業界最大手DTIサービス社の管理下で運営されています。

    ▼有料サイト等をご利用の際は、サンプル等を確認して入会するのがコツです。 ご利用の際もカードご利用明細は業界最大手DTIサービス社名等で決済されるので決済後も安心です。(詳細は各サイトの入会案内にて) 初心者の方は下記の「管理人レポート」等が参考になると思います。 *掲載サイトは全て各社の審査をクリアした安全なサイトで管理人も確認済みです。

    (全、サイト一覧)

    無修正初心者の方に一番のお勧めは「 カリビアンコム」のように古くからある老舗サイトです。ジャンルも豊富で高画質!金額以上の満足感を得られると思います。特定の好みがある方は、下のリンクからお好みのサイトを見つけてください。必ずお気に入りのサイトが見つかるはずです。それぞれ無料サンプル等用意されていますので参考にしてください。


    下記のサイトは管理人にて安全確認済みの優良サイトです。悪質なリンク等は一切ございません。利用前には念のため必ずご自身にて入退会方法や契約期間、金額等充分ご確認してから利用されることをお勧めします。一日あたりわずか100円程度、一本当たり数円?数十円で毎日新しい無修正動画やマニアック動画が楽しめます!安全確認と契約内容確認ができたら思いっきり楽しみましょう! 【安心して楽しめる動画系優良サイト一覧】
    カリビアンコム 
    無修正動画最大手  迷ったらココ!
    安全確実!
    カリビアンコム
    プレミアム

    ペイパービュー方式
    ■一本道

    超高画質大画面 
    高画質ならココ!
    ハイビジョン 配信有り!
    ■米国性動画通信
    アメリカンポルノ
    大御所サイト 
    洋物ならココ!
    ■アキバ本舗
    人気AV女優から
    素人まで
    ■アクアリウムTV
    AV女優から
    マニアック系まで
    ■天然むすめ

    高画質大画面
    素人無修正 動画
    ■エッチな4610
    高画質大画面 素人無修正 動画専門サイト
    ■エッチな0930
    高画質大画面 熟女人妻 無修正動画
    ■パコパコママ
     オリジナル熟女に こだわった 専門サイト
    ■JPNANPA.COM
    ナンパハメ撮り
    無修正動画サイト
    ■マニアックマックス1 
    マニアック系
    専門無修正 動画サイト
    ■奥様は痴女
    M気のある男性に
    絶大な人気を誇る
    熟女系新サイト
    ■くり〜むれもん
    美少女・制服
    コスプレ等 マニア系
    ■X-Gallery 

    アニメ・お宝
    ・素人等々 多ジャンル
    ■URAMOVIE.COM
    素人系更新多い
    ■エロイカ
    動画本数が
    豊富な無修正
    動画サイト
    ■H:G:M:O
    有名女優ものから
    インディーズまで
    ■JGIRL PARADISE
    低価格素人画像など
    ■極楽天
    ジャンル多彩な
    高画質無修正動画
    ■エロアニメTV
    高画質無修正
    アニメ動画
    ■エロックスジャパン
    アニメ他全ジャンル
    巨大総合
    アダルトサイト
    ■ネットコミック
    オリジナル成人向け
    コミック
    ■のぞきサムライ
    盗撮・ハメ撮り
    ・投稿無修正動画
    ■素娘コム
    素人生撮り画像と
    無修正動画
    ■ガールズ21プラス
    素人娘の完全
    オリジナル画像
    ■投稿大魔王
    赤外線カメラを
    使った盗撮サイト
    ■日本人のおしっこEX
    素人娘のおしっこ
    シーンを高画質で
    ■ドラムカン
    マニア系複合サイ
    ■文庫ドラムカン 
    ドラムカンの中の
    人気番組をチョイス
    ■このメス豚がぁぁぁ!
    SM、異物挿入、
    浣腸、 スカトロ、等々
    鬼畜系 マニアックサイ
    ■ムービーガールズ
    可愛い系から
    綺麗系まで
    ■カリフォルニ.COM
    新星無修正
    動画サイト
    ■JPEアンコール
    高画質ムービー
    &写真集
    ■Asian Ange 
    l
    オリジナル動画直
    撮り下ろし
    ■ジャパビューティー 
    新星無修正
    動画サイト
    ■エロスプラネット
    独占入手日本未公開 無修正動画
    ■中出し1000人切り
    生ハメ中出しリアル
    素人専門サイト
    ■素人党 

    20種類近い素人
    動画カテゴリー有り
    ■カリビアンコム陵辱
    陵辱系無修正専用

     
     


    以下、カリビアンコム専用、各ジャンルページです


     
      アダルト動画 リンク   
     

    夫眼前犯され人妻(6)

    「ウハッハハ〜、若像!ほれ、お前の女房はこの通り、見ての通りじゃ。」
    六十を遠に過ぎた親方様だったが、新婚間もない未だ30に満たない亭主の前で
    27歳の若妻をあしらっていた。3歳と1歳の二児を持つ夫婦ではある。
    今やその若い女房は親方の大きく開いた股間で頭を上から押さえ込まれ
    否応無くフェラをさせられる。だがそのフェラは親方の思いの外彼女からの
    勢いが時間が経つほどに高まって行った事が全てを物語る。

     スックと立ち上がり彼女の顔を股間に挟むとそのまま彼女の頭を押さえつけ
    マラの顔擦りをやる。「ホレッ亭主!覚悟は出来取るな?」「あっ!ハイ〜。」
    親方は彼女を一端前へ離すや何と亭主を仰向けに寝かせ胸の上に跨る。

     「ウハッハハこれからお前の女房に種付けをする。可愛い女房の其処に、ホレ!
    このワシのデカマラが刺さるのじゃ!滑りが悪けりゃギスギスして女房が可愛
    そうじゃろう。先ずは、お前の口で舐めるのじゃ!」なぞと言う。「親方様
    許して下さい。止めて下さい。」哀願する亭主の口に実に問答無用と
    ばかりにグイッとイキリ立つ矛先を咥えさせた。

     「ウウウウウング〜ング〜!」案の定亭主の不甲斐ない嗚咽が親方のグロテスクな
    股間に響く。っとスポッと矛先が抜き取られたと思うや、親方は何とそのまま亭主の
    顔面を尻の谷間に挟んで座るのだ。

    「ンンンウウウウググググ〜。」亭主の苦しげな声が親方の汚い尻の谷間から
    漏れる。屈辱と憐れさと苦痛で発する亭主の呻き声だ。そんな亭主に
    さらに追い討ちをかける様に容赦ない命令が下される。

     「舐めろ!もっと奥までベロを入れろ!吸え!汚いワシの尻の穴をお前の口で綺麗に
    舐め取るのじゃ!」こんな卑しめを己が尻の谷間でもがく亭主に追い討ちを
    かけるように怒鳴りつつ、終に親方は傍らでジッとみていた
    女房をグイっと抱え込んだ。





    「どうじゃ、お前の亭主は奴隷になったな。ウハッハハハ。」
    「はい親方様、夫なぞ、どうぞ、親方様の奴隷にして下さい。」
    「フーム、ホレッ!亭主_!聞いたか!お前の女房の言う事じゃ。」
    亭主は、親方の肛門に口を閉ざされながらも、「ウウウウウウ〜。」
    なぞともがく。親方はニヤニヤ笑いながら若い女房を両腕に抱えると、
    「ホレッ開け!」なぞと怒鳴りながら女房の太股を開き下から其処に己の矛先を当て
    たと思うや、グイッとばかりに女房の体を下に降ろす。

     「ウウウウウウ〜いい滑りじゃのう!フーム、亭主の口で磨いたからのう。
    すんなり奥まで入ったぞ。」などといいながら、ゆっくりと女房の体を上下させる。
    「アアアア〜イイイイ〜オヤカタサマ〜!イイイイイ〜!」
    女房が、親方の両腕の中で背中を仰け反りながら、上を向き淫声を響かせる。
    女房の尻を掴んだ親方は女房の乳房をガブリとばかりに咥える。
    親方と女房の二人の体重を顔に受ける亭主。口は肛門で塞がれかろうじて鼻で息をしながら
    「ングングウウウウウウ〜」なぞと苦し気な呻き声をたてるのがせめてもの抵抗だったようだ。
    実にむごたらしい光景ではあるのだが。

     女房は節くれだった巨木の様な筋肉を盛り上げる親方の腕の中で
    下から突き上げる太く長い男の逸物に、さらに高みへと登って行く。
    親方は自分の腕の中で反り返る女房の体に合わせるかの様に乳房から喉へ顔へと舌舐め擦り
    デイープキッスを容赦なく浴びせる。

     「ベチャベシュ、シュパッ、シュパッ」と女の柔肌を舐め摺る男の分厚い唇から漏れていた。
    巨大な尻の下からは苦しさに呻く亭主の呻きと男女の逸物同士が交接しあう汚らしい
    音を「グチャグチャ、グチャグチャ」と、響かせながらである。

     親方は、亭主をかくも屈辱しながらさらに
    、女房の体を三段重ねの布団の上に仰向けに
    倒して行った。勿論其処はハメたままである。巨大な親方の太股は開く。
    やっと亭主は肛門責めから解き放たれたとも言えた。

     だが、亭主の屈辱は、これからは一層激しかったかもしれない。
    仰向けにされた女房の其処には太い逸物が突き刺さったまま、汚らしい男女の交接汁をヌラヌラ
    と垂らしていたが、それがそのまま、顔を背けようにも背けるころもできない亭主の顔に
    そのまま垂れているのである。さらに、そのまま親方の両股は何と亭主の上半身そグイグイ締め
    付けたかと思うと実に女房に挿入しているその箇所に亭主の口を当てがうのだった。

     「ウハウハウアウウウ〜ククククク〜。」又もや亭主の苦しげな呻きが一際大きく響く。
    汚くグロテスクな親方の股間から顔中をグチャグチャに汚されてである。

     「フーム、綺麗な女じゃ!お前は今日からワシの女房じゃぞ。」
    「ハア〜はい!親方サマ〜。」女房の声を絞ったような淫声が響いた。
    「ホレッ、たっぷりとワシの子だねを入れるからな、ウウウウウ〜!」
    親方は女房の顔を己の顎の下辺りに埋めるようにして枕の上に顎を乗せ、正面に顔を向けて
    目を閉じ気を高める。巨大な親方の臀部が激しく揺れ動く。「グチャグチャ、グチャグチャ!」
    丸太の様な親方の太股がグイッ、グイッ、グイッと筋肉を盛り上げながら亭主の顔を締め付けて
    行く。「ウウウウウウウクククブブブウウ〜。」声にならぬ呻きを亭主は汚い親方の股の間に
    一層大きく響かせていた。親方は射精のその時に尻の盛り上がる筋肉で締め付けた物、それは
    亭主の顎だった。つまり顎を太股と尻で締め付けながら射精のその瞬間に亭主の口と鼻を
    自分と女房の其処でグイッ、グイッ、グイッと締め付けていたのである。

     「ハアハァハァアアアア〜イイイイイィィィ〜!」女房は親方の胸の中で絶頂の声音を上げていた。
    親方より先にイッた様だった。続いて亭主の顎締めと同時に「ウウウウウウ〜。」っと親方の
    満足気な呻きが漏れた。

     「フームいい気分じゃ。」親方はやっと太股の締めを緩め亭主の顔が開放されたかに見えた。
    だが続いて太股をグイッグイッとさらに締めながら「ホレッ舐め取れ、汚れた物は全部お前の
    口で綺麗にするのじゃ!」なぞと言う。もちろん太股の間に顔を挟まれて苦しむ亭主にである。
    またこの間、女房の頭を押さえ込み今度はゆっくりと彼女の顔を再び舐め擦りする。分厚い舌を
    ヌルヌルと彼女の口へ、鼻へ、額に、時に耳をスッポリと咥えて、耳の中まで舌を差込み
    あえて「ゲブ〜。」なぞと胃袋からのゲップをしながらだそうで、この時は彼女は体の全身が
    痺れるような快感を再び感じたとも言う。さらにまたくちや鼻をスッポリと咥えての「ゲップ」
    やはり彼女の体は息苦しさとは裏腹に強い快感を得たと言う。全てこれらは、親方は中出し後、
    亭主の顔を太股で挟み表に滴る男汁を亭主に舐めとりさせながらの行為である。

     ひとつには、亭主への屈辱感を高める事もあったが、せっかく中に出した子だねが良く女房の
    膣内で根付く様、そんな事からでもあったという。

     かなり長い間、女房への顔舐め、デーップキッスを続けたが、それは未だ続いた。ただ最後は
    女房の体を起こし亭主胸を椅子代わりに座り、女房の其処から引き抜き際に垂れる男汁を亭主に
    飲ませ舐めとりさせながらであった。

     「さあ、亭主に中の物を飲ませてやろう。」なぞ
    と言いながら女房の体を抱き亭主の胸を椅子
    代わりとして座ると、そでにその間に引き抜かれた箇所からヌルヌルと白濁汁が垂れる。それを
    亭主に「ホレ、溢すな!全部舐め取って飲み込むのじゃ!」などと怒鳴る。女房は女房で、
    「あなた、私の其処も綺麗に舐めてね!」なぞと言う。この間に親方はやはり女房の顔舐め擦りを
    しながらだった。

     

    素人投稿 ギャラリー(毎日更新)
     
     ( みんなのオナニー!「時には屋外で」
    亭主持ち2児の母親、34歳人妻さんを寝取ってしましました。
    今や私のSex奴隷と化し彼女も満足です。
    時には屋外でも楽しむようになったこの頃です。
    この日は夕闇迫る人気の無い小川の側の公園で
    ズボンを脱いで先ずは付近の草むらに放尿!
    未だ全部出し切らぬまま直ちに彼女の口中へ矛先を
    咥えさせました。いつもの様に彼女はコクンコクンと飲みます。
    苦痛の余りしかめ面になりながらもです。

     彼女の口を便器代わりにした後は、そのまま生尺八!
    彼女が首を動かす度に股間を締めるブリーフが褌よろしく
    肛門を擦り、いつになく大量の男汁を彼女に飲ませて上げました。
    Sex奴隷として相互に愛し合う男女が互いに飲尿する事。
    これも極普通の事ではありますが!
    門外漢の御仁には目くじらものかも知れませんね?
     



    ハードコアー9
    上の女性の其処から引き抜いた逸物を
    そのまま下の女性の口の中へ!

    人妻GOGO
    ♂1×♀2抜き咥え!-1



     

    エンターテーメント検索 STAGE-D サーチ
    エンターテーメント(18禁含)検索STAGE-Dサーチ     

    性奴美人妻
    (前編)


    -------------------------------(孕ませられる我が妻杏子)--------------------

     会頭は妻の杏子と私の両方を己の性奴としてしまったとは言える。
    ただ、単なる性奴に留まらず、会頭は私の妻に自分の子を生ませるとのこと。

     妻が私の子ではなく会頭の子を産むと言う事について、私は大きな困惑があり
    衝撃的な苦痛でもあった。だが、性奴とはご主人様の性の奴隷であるのだから
    ご主人様の所望であれば従わざるをえない。また会頭は性そのものについては
    非常な奴隷としての要求を私と妻に強いてはいたが、生活の面では全く逆で
    むしろ私達夫婦の豊かで穏やかな人生を願い、また支援と保障をしていたとも
    言える。生まれた子は会頭の子種から生まれてはいても、私自身の子として
    育て、また将来的にも会頭は私達を支え子供には決して自分が父親であるとは
    知らせない事、あくまで私が父親であり、私達夫婦の人生に傷は絶対に着けない
    どころか、むしろ幸せな人生を願ってはいた。

     だが、やはり私にしてみれば、自分の妻が自分以外の男の子種をやどして
    孕ませられる、その事自体に強烈な悔しさ・屈辱・悲しさ・不甲斐なさ、そんな
    事を感じていた事は確かでもあった。

     とまれ、すでに妻の杏子は一昨日依頼、会頭の館に捕らわれている。
    今晩も一人、自分で作った夕食をとり悶々する頭を抱えぼんやりとリビングから
    寝室へと続く廊下を眺めていた。「あの寝室で自分と妻はいつも互いに愛し合
    合っていた。だが今は一体どうなってるんだ。目の前ならまだしも閉ざされている
    会頭の家までは車でも2時間以上はかかる距離だ。杏子は自分の手の届く所に
    いない。」薄暗い廊下の奥から妻が呼んでいるよな気もする。

     っと突然、ルルルルルルルルウル〜、ルルルルルルル〜、電話がなった。
    「何だ、いったい誰からだ?」などと思いつつも受話器をとった。
    「アアアア〜、あなたぁ〜、夜のお食事終わった〜?」
    妻の杏子からだ。「あっ、終わったよ。今どうしてるんだ?」
    「ンンンン〜今、会頭様が入ってるの〜凄く感じる〜。太くて長いの〜!」
    何と言う事だ妻は会頭と一つになってる最中なのだ。そんな状態であえて
    夫である自分に電話をして来ている。
    「杏子、そりゃ無いだろう?俺は悔しいよ。見せつけだよ〜!」
    「ンンゥ〜ン、今会頭さんと変わる〜。」
    私が何か言おうとするとすでに受話器は会頭に取られていた様だった。
    「オッオオオ〜、亭主!聞こえるか?」電話の声は会頭に変わっていた。
    「あっ、会頭さん、聞こえます。」私が返事すると、
    「フーム杏子の奴め、良く絞まるのう。いい気分じゃぞ。いやあな?
    さっきまで股を広げて杏子の頭を押さえ込んでな股締めをしてたのじゃが、
    良くペロペロとな、ワシの物を舐め擦りしてくれたぞ。お陰でビンビンじゃ!
    今は正常位でやっとる。それにしても白くてムッチリした太股じゃなあ!
    ホレッ、ビシャッとな。」なぞと云いながら妻の太股を平手で
    打ちつける音も聞こえた。

    「ンンイイイイ〜イタイ〜、会頭様〜感じるゥ〜嬉しい。」
    「フーム、ホレッもっと腰を入れるからな。グイグイとな、
    ホレッ、ホレッ、ホレッ、ウハッハハ亭主、益々絞まるぞ!
    タップリと今日も出せる様じゃ。まっ早くワシの子を孕ませてやろうのう。
    孕むまでは、お前の女房はワシが預かるからな!ウハッハハハ〜。」
    「アアアアァあなた〜、今会頭様が私を食べてるの!項から額をね。
    ライオンが大きな口を開けて食べてる感じよ〜!ウウウウ嬉しいい〜!」
    私は悔しげに呻くのがやっとだった。
    電話は突然切れた。多分会頭の腰の蠢きが速くなり、妻の身体は
    会頭の身体に覆われ抱かれている事は確かだった。

     如何に性の快楽の為とは云え、やはり悔しい!妬みも募る。
    特に自分では抵抗し切れない破目に置かれての女房の寝取られは
    独特な従順さを強要され奈落の其処へ突き落とされる思いだ。

     とはいえ、自分の人生をかけた我が社の景気は俄然強固となり
    それが元で一層、私と妻(杏子)の築く家庭は、例え会頭が間に入
    っているにせよ。安定してる事も確かだ。この日は悔し涙を堪え
    つつ自慰を結構し膝小僧を抱いての一人寝で翌朝を迎えた。

     

    --------------------(私の目の前で犯される我が妻)-----------------------------


     翌日は土曜日だった、会社は昼迄に退勤できる。そそくさと
    朝食を取る。いつも杏子が作るような朝食を昨晩のものそのままだが。
    バスと電車を乗り継いで約1時間の通勤時間。
    送り出す杏子はいない。悶々とした通勤時間だった。

     会社に着き、仕事を始める。さすが会社の業績は以前とは格段と
    異なって高い。それは私にとっても嬉しい事ではあった。
    ちょっとした励みと勇み足で昨日の整理をしていた。

     上司がソソクサと側に来る。
    「ンン凄いなあ、業績の伸びだよ。」なぞと言う。
    彼は自分と杏子、会頭の事なぞ知るはずもない。
    「私はそうですね。」なぞと応えていると、
    「南米に続いて、中東の企画も昨日から動いてるぞ。頑張ってくれよ。」
    なぞと言う。「はあ、そうですね。」私は軽く応えて流した。
    確かに会頭の手腕は、並ではない。多分、彼ほど具体的に社運を運ぶ力量
    を持つ男は、まず居ないだろう。

     そんな事を思いつつ社内コンピュータ上で営業の進行状況を観ていた。
    っと突然、デスクの上のインターホンがなる。即座に出ると社長だった。
    「今日、会頭が私を家に呼んで食事をしたいとの事で10時には向えの車
    をよこす。」との事だった。私は承諾の旨を社長に伝えると、「在り難い!」
    なぞと応える。まあそれも分る、会頭と私が在っての我が社の存続とはって
    いる今社長としても当然の心だろう。

     ただ私は妻が寝取られた。それは常識的には考えられない屈辱であり
    まず通常ありえない社員と幹部社員となっているのも確かだった。
    言わば、私だけができる、私だからこそできる。いや、もし私と同様な性癖の
    男ならできるだろう。ただ、こんな私の様な男は世の中にそう多くはないだろう。
    と言う事は我が社も、「ついてたなあ!」なぞと思いながら、会頭の指示通り、
    本社裏側のプレイベート駐車場へ向っていた。

       今日から明日の日曜日を挟んで、どうなるか自分にも分らない。
    まあ良い。会頭にまかせる。いずれにせよ、自分も杏子も会頭の奴隷なのだから。
    そんな思いでいた。

      黒塗りの大型外車が裏駐車場の車庫に入って来た。目立たない様に車が完全に
    駐車場に入ってから後部座席に乗り込む。さすがに会頭が普段使っている特別
    仕立ての高級外車だけあって、実に乗り心地がよい。車内が後ろに広い。ただ
    広いだけではない。後部座席の前は普段は広く開いている。横からは、別の
    座席が出せるようになっていて、5人一緒の複数プレイでさえ車内でやれて
    いdるのだ。普段のままで妻は、後部座席に太股を開いて座る会頭の股間に
    顔を埋めたままで男根を吸いながら、食事をしまた、自分も会頭の顔を挟んで
    逸物舐め擦りを会頭にさせながら等の楽しみを味わいつつ4時間程のSexドライブ
    をしながら別荘に行くのも確かに造作ない事がわかる。

     ほどなくして、普段「館」と呼んでいる会頭の私邸に車が入る。
    これまでも幾度が来ているが、流石に広々とした邸内だ。
    正面玄関前で私は、車を降りる。運転手はそのまま車庫に向けて行く。
    彼は会頭か、本妻である奥様から及びがない限り別棟に細君と共にいる。

     妻と初めて来た時も驚いたのだが、ここは会頭の私邸であり当然
    会頭の妻がいるのである。しかし今や私達は奥様と呼んで会頭の私邸
    に呼ばれたときは彼女をも交えての私の行為も普通になってはいる。

     玄関を入ると、和服姿の奥様が、優しくにこやかに私を迎えてくれる。
    「さあ、どうぞ、主人も奥さんもお待ちしてますよ。」
    私は案内されるままにリビングリームへ入る。
    やはり広い。前面が天井までのガラス張りなので屋外に居るかんすらする。
    夏の日の昼盛り外はかなり厚いのだが、空調の効いたリビングは屋外に
    居る様な錯覚を覚えるのに実に清清しい。

     「おおっ!亭主、来たか、待ってたぞ。」左奥の窓越しに石灯籠と
    池への滝を背景に巨大な会頭の丸裸の上半身が見える。屈強な左腕の
    中には私の妻が抱かれたままだ。二人は自慢の和風ソファーに背もたれを
    倒したままでテーブルの方を向き抱き合い飲食をしながら肉欲を楽しんで
    いるのだった。背もたれを倒したまま、と言う事は何時でも横になり二人は
    重なり合える事でもあり、すでに私が来る前にそうやっていたのは当然
    だろう。

     「さあ、脱いで!先ずは一杯やれッ!」会頭が言う。
    奥様が私をテーブルに誘い、生ビールをジョッキに注ぐ。
    私は「頂きます。」なぞと言いながらビールを飲んだ。冷たい、良く冷えてる。
    自分の家に来た時の会頭もこんな気分なのか?なぞと思いもした。
    妻がそんな私を見て、「あなた、有り難う、そしてご苦労様!」なぞと言う。
    その時会頭もガブリっとジョッキのビールを口にした。「ハッ!」っと思う
    私を前に会頭の左腕は妻の頭を引き寄せ妻の口に自分の口をあてがっていた。
    「ウウウウウ〜!」妻が鼻から息を吐く呻きが聞こえた。会頭は口移しで
    妻にビールを飲ませているのだった。妻の口の中に舌を這わせ、ゆっくりと
    毀れないように飲ませている。いつも我が家でもそうだが、時間をかけ
    ゆっくりとデイーップキッスをしながらの口移しなのだ。

     「さあ、お前も早く着がえろ。」会頭が言う。すると本妻さんが、さあ、
    どうぞ、これに着がえて下さい。っと我が家でも私が着る作務衣を手渡す。
    私は本妻さんがいるてまえ、躊躇していた。すると本妻さんが言う。
    「貴方方は私達夫婦の奴隷ですからね、私もご主人の身体を楽しませて
    頂くは!さあ、はやく着が代えてください。」なぞと言う。
    私は3人の目の前で上着を脱ぎズボンをぬぎ下着を脱ぐ。
    難と本妻さんは私が脱いだものを全部、上着はハンガーに下着は
    予め用意してあった、かごへと持っていく。そして丸裸になった私の方を
    向くなり駆け寄るようにして私の前に座り、何と私の股間に顔を付けて
    来るではないか。「アアッ若い男のここって良いワア!」なぞといいながら
    私の決して立ってなぞいない逸物に頬ずるをするのだ。
    私の妻は会頭の抱かれながらも「ワー!」なぞと呻く様にして見ているのだ。
    「ウハッハハ、そうじゃな若い物を頂くといいぞ、あとでな。
    ほれじゃ下の畳を引っ張ってくれ!」なぞと言う。
    本妻さんは「良いわねえ、じゃまた後でね!なぞと云いながら壁のスイッチの
    様な物を操作した。

     すると同だろう。今会頭と妻が座っているソファーの下から、ほぼ同じ幅の
    畳式のソファーが出てくるのだ。なんとこれで畳にすれば先の方に3畳、後の
    方に3畳の広さのベッドができたのだ。だが、丁度真ん中辺に段差があった。
    実はこの段差こそ、会頭の趣味の大きな特徴だったとも言える。
    この下の方に私の顔を敷き、私の顔に自分の逸物や肛門を擦りつけながら、
    妻を物にする。私の自宅では上下とも布団だったが、ここではそれが
    誂えで造られてあったのだ。そしてこれは後に私の自宅のベッドも
    そうなってしまったのではあるが。

     会頭は私を下の布団に仰向けに寝るように言う。
    何時ものこととはいえ悔しい、屈辱の極みでもある。
    まして今日は本妻さんが見てる前でもある。

     だが、その本妻さん自身が執拗に催促することでもあり
    私は、作務衣のまま仰向けに寝る。
    会頭は待ちかねていたように、妻の顔をガブリッと咥えていた。
    「ウウウ〜イイイイ〜!」妻の呻きが聞こえると、すでに会頭は妻を抱きあげ、
    私の方へその巨大な裸体を近づけてきた。
    私の顔の上で妻を前にだきながら、仁王立ちになる会頭。
    そのデップリ太った男の巨大太股は全てを潰してしまう感さえした。
    案の定、その太股が左右に大きく開いたかと思うと、何とその巨大なで汚らわしい
    馬の臀部を思わせる尻が私の眼前に降りてくるではないか。
    「ウワ〜!」っと思った瞬間には私の顔は会頭の股間の谷間に押し困れグイグイと
    擦りつけられていたのだ。私の口が丁度会頭の肛門にあたると、「ホレッ、舐めろ。
    吸え!ベロを入れてワシの汚い尻の穴をお前の口で綺麗に掃除するのじゃ。」
    なぞと云いながらグイグイと私の唇を肛門で締め付けてきた。しかも私の妻を
    前に抱きかかえ自分の男根をビンビンと妻の臀部に擦りながらである。

     「臭い、汚い。苦しい!」私は悔しさと同時に絶望感を抱かされていた。
    「ホレっ!ちゃんと掃除せい!」さらに会頭は私の口を肛門でギィッ、ギュイッと
    締め付けてくる。私は汚さを耐えながら舌を会頭の肛門に延ばした。
    肛門に密生する毛が舌を切るように感じる。鼻には実におぞましい、糞便の臭いが
    責めてくる。さらに舌の先は苦いような辛いような感触が感じられる。
    しかし躊躇すると、「ちゃんと舐めんか?」っと罵声とともに押しつぶされそうな
    会頭の体重かけが顔面を襲う。私は言わば必死で汚い会頭の肛門を舐め吸いしていた。

    「フーム良い気持ちジャワい、ようし、ホレッ立てるぞ。杏子。」
    上目使いで会頭の巨大なフグリの方を見ると、すでにギンギンにイキリ
    立つ肉棒が青筋を立てていた。

     フッと会頭の巨大な臀部が私の顔を離れまた跨ったと思うと、今度は
    私の胸を両又でグイッと締め上げながら妻の身体に覆い被さるように
    腹ばいになるのだった。

     いきおい私の顔には会頭の今やギロギロに固く長くなった男根が
    ベタッ、ベタッっと叩きつけるようにヌルヌルした男の前液を垂らしながら
    ぶつかってくるのだった。そして、其の逸物を立てる様にして妻のクリトリス
    へのの刺激を始めるのだた。

     私の顔は妻と会頭の実に交接部へ一層強く押し当てられたまま
    会頭の太ももの力任せに委ねられ激しく押し付けられたままで。
    時折、汚く実にけがらわしい会頭の密生した下腹部の陰毛が私の
    顎の方に行きましたが、その時は固くゴツゴツした太い肉棒が
    股間越しに入る光に青筋を光らせ、ヌルヌルと、これまた汚らわしい
    交接液を垂らすのです。私の額から鼻・口・顎を押し付けながらです。
    「グチャグチョグチョグチュ」卑猥な男女の交接音に私の耳は奪われました。
    その間もヌルヌルと口や鼻には容赦なく妻と会頭の男女の液が垂れ滴るままです。


     そんな私の苦しみをよそに妻は
    「イイイイ〜、ウウウウウ〜、イク〜。ご主人サマ〜。
    ウフャウファウウウ〜。」
    なぞと、凄まじいばかりの淫声を響かせていました。
    そして時折、それは「ウウウウウ、ムウムム〜。」なぞと篭り音となり、
    していることで、会頭が妻の口や鼻を唾液を吐きながら覆い
    べチャべチャと舐め擦りしてる様子が分りました。

     激しい会頭の腰の上下の動きがはたと止んだかと思うと、突然
    フグリ玉を私の顔に押し付けながら、ガバっと下腹部で私の顔に
    圧し掛かってくるのです。物凄い下腹部での圧っし様でしたが
    妻の柔らかい逸物の襞は私の鼻先に擦られ固い会頭の肉棒は
    さらに激しく私の顔面を擦り続けていました。

     息苦しさと不潔感で言わば本能的に私は逃れようともがいていました。
    しかし会頭の太ももは私の体をさらにグイグイと妻の逸物へ私の顔をあて
    さらに妻の太ももを巨大な身体で圧しているので、もう全く私の顔は
    横を向くことさえできませんでした。

     それを知り目に、会頭は、私の体を挟み込む太ももにさらに力を込めグイグイ
    締め付けながら、「ウウウウウ、杏子、綺麗じゃぞ、さすがに別嬪じゃ、
    フーム言い気分じゃわい。どうれ今日もたっぷりとワシの子種を出してやろうのう。」
    なぞと云いながら、腰の動きを一層速めていくです。

     グチョグチュグチョグチョと実に卑猥な男女の交接音が私の耳を刺激し、それに応じて
    ヌルヌルと交接汁がヌルヌルと一層激しく私の口元に滴って来るのです。もちろん
    そのままでは私の顔全体が不快な液で汚されます。私はもう必死で啜り舌を伸ばして
    舐め摺りました。一瞬ググウググググ〜っと私の顎骨が会頭の太ももの固い筋肉で
    締め付けられました。

     「イイイイイイ〜クククク〜。」妻の淫声が響きました。
    っとその瞬間「ウウウウウウウッフーム。」なぞと会頭の呻きが
    妻の上体の方から響いてきました。もちろんお定まりのグイッグイッグイッっと緩んだ
    巨大な太ももの肉を揺らせて腰を蠢かせながら!っと私の顔はベタベタとべた付く
    男女の交接する秘肉に顔面がグワーっと圧っし込まれました。会頭がそれまで
    膝と腕で己の身体を持ち上げていたのが、射精の気分が良い事に合わせて
    力を抜いたのです。

    「ンンンググウググ、ククククク苦しい〜!」私は其れまでもベタベタとヌメル
    男女の秘肉に顔を覆われ、妻と会頭の出す強烈な汚らわしい男女の生臭い臭いで
    咽返るのに耐えていたものです。そこに、さらに耐えられないほどの重さで
    それこそガバーっと言う感じで私の顔は押しつぶされるのです。
    苦しい、グチャグチャと男女の淫汁に塗れて密生する妻と会頭の陰毛と会頭の
    睾丸の間の隙間から、辛うじて呼吸ができるものの、巨大な会頭の臀部と腰や
    太股のの重さが直接私の顔に圧し掛かってくるのですから当然と言えば当然です。

     なんと言う屈辱、そんな私を知り目に会頭は
    「フーム杏子、良い気分じゃ。タップリと出したからな。」なぞと云いながら
    またペチャペチャズズーなどと妻の顔へのディーップキッスをしているのです。
    妻は妻で「イイイウウウウlッゥ〜嬉しい、会頭様、私、早く会頭様のお子を
    産みたいです。」なぞと応え、会頭は会頭で、
    「フウムさすが、杏子は綺麗な美人女ゴじゃ、ワシの子を産むに相応しい、
    ところで亭主は、どうじゃもっとフンジバッテよいか?」
    なぞと言う。すると妻は「夫は奴隷です。どうぞ、会頭様の屈辱を沢山与えて
    下さい。」なぞと応えるのだ。

    そして会頭はさらに一際つよく股間で私の顔を締め付けたと思うと、妻の身体を
    持ち上げゆっくりと起き上がる。私が「アアアアっ!」と思っていると案の定
    私の旨に汚らわしい巨大な臀部を載せさらに私を動けなくしたままで
    妻を抱き上げる。私の顔は実に妻の其処とと会頭の其処の接合部の真下にあり
    丁度口を其処に付けながら妻の体を上からの仕掛けてくるのだ。

     そして「亭主、女房の言ってるのが聞こえたな。ほれ抜く、ちゃんの舐め取る
    じゃあ!なぞと云いながらスーッと妻の其処から己の矛先を引き抜く。
    実に堰を切ったようにブワーッと生臭くも汚らしい一旦妻の膣内に出された
    会頭のスペルマが私の口に流れ滴るのだ。


    ---------------------------(続く)---------------------------------------------

     

     





     

    | サンプル動画一覧  | アダルトサイト比較ナビ  | ライブチャット比較ナビ | ADULT COLLECTION |
     
     
    「犯される人妻・夫の屈辱!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    またいで見せつけながら (2007/05/15)
    フェラチオ〜ハメドリ:無修正官能静止画像:シニア官能アダルト (2013/10/03)
    中出し後・滴る男汁:男性、女性の性器写真(無修正) (2013/07/18)
     
       
     
     
     

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     
     
     
     

    トラックバック

    ヘルス - 大阪十三の隠れ家「癒し家」 メンズエステ・ハンドマッサージ

    大阪十三のメンズエステ『癒し家』-厳選されたエステティシャンによるリラックスマッサージをお楽しみください
    1. 2011/07/23(土) 23:50:40 |
    2. ヘルス - 大阪十三の隠れ家「癒し家」 メンズエステ・ハンドマッサージ
    http://iyashiya.getenjoyment.net/?w=%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B9
    | サンプル動画一覧  | アダルトサイト比較ナビ  | ライブチャット比較ナビ | ADULT COLLECTION |
    トラックバックURLはこちら
    http://shige.dtiblog.com/tb.php/342-83000048
     
     
     
     

    DTIブログって?

    1.  
     
     
    口から再び挿入!ハードコア-8
    口から再び挿入!ハードコア-8
    ホームへ
    ホーム
    黒の恋人!ハードコア-10
    黒の恋人!ハードコア-10

    copyright © 2006
    Powered By DTIブログ
    allrights reserved


    エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

    - calender -
    03 | 2017/04 | 05
    Su Mo Tu We Th Fr Sa
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    - entries -
    - comments -
    - track_backs -
    - archive -
    - category -
    - links -
    - search -
    close