シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp) 女性の性器画像「女秘・許されぬ婚姻」
無料
エロ
動画

    シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp)

     
     

    女性の性器画像「女秘・許されぬ婚姻」

    1. 08:38:40

    禁断:許されぬ婚姻:女秘・肉薔薇開華:男女性器の画像無修正span>     


    (小説)官能の谷間(禁断:許されぬ婚姻
    53歳専務取締り役と21歳女子大生=官能地獄)
    Vol-2-.3    




    有名老舗、我が国最大アダルト動画各社
    官能AV動画何でもあり。
    (米国サーバー配信により、当然ですが全て無修正{生}動画です。)
     

    (  全、サ イ ト 一 覧 )

    無修正初心者の方に一番のお勧めは「 カリビアンコム」のように古くからある老舗サイトです。ジャンルも豊富で高画質!金額以上の満足感を得られると思います。特定の好みがある方は、下のリンクからお好みのサイトを見つけてください。必ずお気に入りのサイトが見つかるはずです。それぞれ無料サンプル等用意されていますので参考にしてください。

    カリビアンコム 
    無修正動画最大手  迷ったらココ!
    安全確実!
    カリビアンコム
    プレミアム

    ペイパービュー方式
    ■一本道

    超高画質大画面 
    高画質ならココ!
    ハイビジョン 配信有り!
    ■米国性動画通信
    アメリカンポルノ
    大御所サイト 
    洋物ならココ!
    ■アキバ本舗
    人気AV女優から
    素人まで
    ■アクアリウムTV
    AV女優から
    マニアック系まで
    ■天然むすめ

    高画質大画面
    素人無修正 動画
    ■エッチな4610
    高画質大画面 素人無修正 動画専門サイト
    ■エッチな0930
    高画質大画面 熟女人妻 無修正動画
    ■パコパコママ
     オリジナル熟女に こだわった 専門サイト
    ■JPNANPA.COM
    ナンパハメ撮り
    無修正動画サイト
    ■マニアックマックス1 
    マニアック系
    専門無修正 動画サイト
    ■奥様は痴女
    M気のある男性に
    絶大な人気を誇る
    熟女系新サイト
    ■くり〜むれもん 
    美少女・制服 

    コスプレ等 マニア系
    ■X-Gallery 

    アニメ・お宝
    ・素人等々 多ジャンル
    ■URAMOVIE.COM
    素人系更新多い
    ■エロイカ
    動画本数が
    豊富な無修正
    動画サイト
    ■H:G:M:O
    有名女優ものから
    インディーズまで
    ■JGIRL PARADISE
    低価格素人画像など
    ■極楽天
    ジャンル多彩な
    高画質無修正動画
    ■エロアニメTV
    高画質無修正
    アニメ動画
    ■エロックスジャパン
    アニメ他全ジャンル
    巨大総合
    アダルトサイト
    ■ネットコミック
    オリジナル成人向け
    コミック

    ■のぞきサムライ
    盗撮・ハメ撮り
    ・投稿無修正動画
    ■素娘コム
    素人生撮り画像と
    無修正動画
    ■ガールズ21プラス
    素人娘の完全
    オリジナル画像
    ■投稿大魔王
    赤外線カメラを
    使った盗撮サイト
    ■日本人のおしっこEX
    素人娘のおしっこ
    シーンを高画質で
    ■ドラムカン
    マニア系複合サイ
    ■文庫ドラムカン 
    ドラムカンの中の
    人気番組をチョイス
    ■このメス豚がぁぁぁ!
    SM、異物挿入、
    浣腸、 スカトロ、等々
    鬼畜系 マニアックサイ
    ■ムービーガールズ
    可愛い系から
    綺麗系まで
    ■カリフォルニ.COM
    新星無修正
    動画サイト
    ■JPEアンコール
    高画質ムービー
    &写真集
    ■Asian Ange 
    l
    オリジナル動画直
    撮り下ろし
    ■ジャパビューティー 
    新星無修正
    動画サイト
    ■エロスプラネット
    独占入手日本未公開 無修正動画
    ■中出し1000人切り
    生ハメ中出しリアル
    素人専門サイト
    ■素人党 

    20種類近い素人
    動画カテゴリー有り
    ■カリビアンコム陵辱
    陵辱系無修正専用

     
     


    以下、カリビアンコム専用、各ジャンルページです



    輪姦物語〜ユメノトビラ〜

    高順位・人気リンク集-Pic Up

    アダルト動画 リンク
    素人投稿 ギャラリー
    巨大チンポ生ハメ

    おまんこ写真」
    熟女の秘密画像







    カウントダウンアダルト 熟女・人妻ランキング


    アブノーマル画像
    直リンク  
     


    人妻不倫パラダイス
     





    幼くして父を亡くした娘19歳、Jecligne、
    妻子ある、53歳男Bernarに、己のファザゴンを抱く。
    巨大な男根の虜に成りつつ!
    顔を覆う男の其れに安堵を覚え
    口にくわえスペルマを飲まされる事で彼との同一感を得
    ついには彼の子を宿す事となる。
    以後彼の正妻ともレズ関係を持ちつつ
    フランスはシャンパーニュ
    ワイナリー経営者として
    仕事と官能を両立して暮らしている。

     

     

    官能の谷間(禁断:許されぬ婚姻=53歳専務取締り役と21歳女子大生=官能地獄)

    Vol=No.2

    (温泉浴場での父親の女独占)

     このようにして子作りを終えた、7人の男女は竜泉の案内で温泉浴場へと向かった。
    他の男3人はいよいよ本番のいわば主賓歓迎の晩餐の準備に余念がなかったが、父親を
    浴場に案内した竜泉は男は父親一人女は6人となる浴場を知り目に自分も厨房へ行くのだった。

     浴場は男は美智子の父親一人なのである。初め浴場の広さに「たた物じゃ無いな。
    何だこれりや?水周りも個人住宅とは違がってあたりまえだ。」などと言ってはいたが、
    さすが、女6人を占有する立場となった自分に気付くと、「ほう〜、男、俺、一人か?
    俺がお前達を独り占めか?フーム、そうかあ、まあそれも在るなあ〜!」なそとわめく
    ように言っていたと言う。

     女達は一様に皆、先ずは美智子の父親の体を洗おうと取り掛かっていた。
    ところが、「おい、テメエラ、ここに4人正座して座れ。」っと怒鳴った。
    父親の示したのは庭を背景に自分の方を向いていろとの事だったが、
    初めハッと驚いた様子だった女達もすぐに気付いたのか従順にやったという。
    すると美智子の父親は、俺の娘がテメエラの親父や亭主、爺さんらにやられた事を
    ここでもやり返すと言わんばかりに、端の女の顔を押さえつけると、己の逸物を
    グイッとばかりに咥えさせる。そして幾度かの抜き差しをすると次の女にと続けて
    行く。そして4人目のときは抜き差しを5〜6度やったと思うと、ウウウ〜なぞと
    唸り声をあげた、すると女の口からは紅い唇を伝って黄金の水が溢れ流れて来たの
    だった。口内放尿だった。

     父親は「フーム」等と呻きながらズボッとばかりに4人目の女の口から、矛先を
    抜き取ると、大またを開いたまま矛先を左右に揺らしながら4人の真ん中へ移動し
    女達の頭や顔に向けて、ビュシャブシャと放ち続けるのだた。
    「俺を囲んで真ん中によれ〜。ほれ俺の黄金水でテメエラノ顔を洗え。」、
    女達は頭や顔に容赦なく、かかってくる美智子の父親の小便を両手で顔に擦る様に、
    シャワーで本当に顔を洗う様に男の小便で顔洗いをしたという。

     父親は時折、庭を眺め「ほほう〜!大層ご立派な庭だなあ。」などとつぶやき、
    さらに今自分の小便を顔にかけられ口からブシャブシャとこぼれ流し乳房から白い
    太股へと流れる女達をみながら、「ウハハッハ、それに引き換え汚ったねえ女達
    だなあ、お前達は、小便塗れじゃねえか?」なぞと叫んでいたと言う。

     ひと通り女達に小便を掛け終わった頃、急に美智子がシャワーの湯を勢いよく
    ほとばしりさせながら近づいてくる。父親の前に正座する哀れな女達の頭から
    本物のシャワーをかけるのだった。
    「私も男性から、やられた後は皆さんにシャワーをかけていただいたの、
    だからね、お父さん、わかるわよね!」などと甲高い声で父親に確認する
    様に叫びながらだったと言う。

     その後、女達は美智子の父親には「有り難うございました。とっても嬉しいです。」
    なぞと答えた、そして一瞬キョトンとする父親の体を彼女達、皆んながシャワーを
    かけ、ソープをかけて洗って上げるのだった。

     美智子と母親はそれをただ、じっと見ていた。美智子にしてみると、自分もその
    女達の男たち全員からやられたのであり、母親もそれを知っていた。いまさら父に
    止め立てするのは、父の逆上と怒りを煽るだけで、決して、竜泉のためにもメンバー
    の為にも返ってよくは無い、と思ったからだった。

     り洗っていたのだが、父親自身は
    美智子の体は自分が洗うと言い張り、ついに我が息子竜泉の子種を身に受けた、自分の
    娘の体を愛と惜しむかの様に丁寧に洗っていたという。


     美智子の母親の方も複数の女達が集まって、その艶やかな豊満女体を洗っていた。
    誰とも泣く「美智子様のお母様、素晴らしい。」「殿方が喜ぶのはもっともと思います。」
    「私たちも虐めてほしい。」なぞと口々に言い、それが父親にも聞こえていた。
    「有り難うね、是非みなさんと以前のように楽しみたいわ、私も。」
    「ええ、お母様、殿方だけでなくて私達女人も!」
    「えっそうね、ただ、やっぱりね、主人と同じでね、美智子が私達両親の
    知らない間に竜泉さんと成ってて、其ればかりか、沢山の男達や、貴方達
    ともでしよう。やっぱり、もう私も憤慨してるの。」
    「美智子様のお母様すみません。お父様もすみません。」
    この女達の謝罪声もまた、まるで連呼のように浴場に木霊していたという。

     そして40年増の病院長の妻が父親の裸体を洗っていた手をハタと止め、
    美智子の父親の大きく開いた股の間で急に、これまた艶やかな女体を父親に
    みせながら、頭を浴場の大理石の床石にこすり付けるようにして顔を床に向けた
    まま言うのだった。

     「美智子様のお父様、お母様本当に申し訳ない事を致してしまいました。
    私達一つの家族の様になりたかったものですから!ただ、美智子様と
    ご両親様の心を踏みにじる事をしてしまいました。重ね重ねお詫びしたい
    気持ちで一杯です。

     どうぞ、竜泉先生は美智子様のお父様の元へ養子縁組を望んでおられます。
    本当に失礼かと思いますが、聞き及びました所、お父様の会社経営が、ちょっと
    難しいとか、美智子様の学費の件の事です。どうぞ、私達は家族でございますので
    存分に私達を利用してください。

     今や竜泉先生のお子様も美智子様の体内に入りました折ですから、もうこの
    家族のご主人様は美智子様のお父様で在られます。またお母様で在られます。
    もう、私達の全てはご尊父様と母上様のものでございます。これまでの事は
    どうぞご勘弁くださて、私達をご利用頂きたく思います。もちろんこの事は
    後でキチンと竜泉先生も他の殿方もお誓い申し上げる手はずになってます。

     今はどうぞ、美智子様と私達の仲立ちになりましたのがSexでございます事から
    先ずは私達のできる事をやらせて頂きたくここにおります。」

     この様な事を長々と話したという。だが、それを聞いていた、美智子の父親は
    解任のほどはともかく既に竜泉の子種を自分の好む作法で娘の腹に付けた事で
    この女の言う事は重々わかってもいたようだった。父親はすぐにその女に命令
    するのだった。「ようし、先ずはワシの逸物と尻の穴を綺麗に洗え。まあ手で洗えばよい。
    それに他の女達はな、その広々した庭が見えるようにな、窓側へ一列に並んでいろ。
    順にこれからお前達の口と其処を犯せるようにな、間を空けておけよ。」なぞと言った。

     女達はすでにどんな事かは解ってたかのように窓際に一列に並び、今得々と
    話した、40女は丁寧に父親の逸物と肛門や太股、臀部を再度洗うのだった。
    ソープが終わり、シャワーが終わったと見るや美智子の父親は突然、その女の前に
    ガバッっと立ち上がると大きく股を開くや身を掲げ、女の頭を掴んで、顔をベロリっ
    と舐め、股を大開に開いたまま何と自分の肛門に女の口を宛がいグイグイと擦り
    つけるのだった。

     「美智子、それに母さん、よ〜く見ておけ、まず手始めにあの男達の女を
    此処で2度目の腹いせをしてやるからな。」なぞと云うと、

    「舌を使え、中まで入れてワシの尻の穴から中の物を吸い
    取るのじゃ。」なぞとどなる。

     ただそれはそれほど長い時間ではなく、すぐに
    女の頭は押さえられたまま、口に向けてかなり怒張した男のそれをズボっと差し込む、
    それも3度〜4度で、すでに目の先は、さっき並ばせた女達の方を向いていた。
    女の顔を跨ぐと、一番前の女の前に立ち、「フーム良い太股じゃのう。」などと
    いいながら、また同じように女の口を肛門に付けさせる。そして今度はその後ろの
    女を手元へ呼んで、その口にブスーッと差し込む、これも短い間で、口から引き
    抜くと肛門を舐めさせ、その後ろの女の口へ咥えさせる。

     ここで読者へ留意を少し喚起したいのは、彼女達がなぜこの様な一見理不尽とも
    見えることを美智子の父親にされたままになっているのか?

     確かに自分の夫や父親、祖父が竜泉初め美智子を結果的にそそのかせて
    両親の知らぬ間に美智子を同様な目に合わせ、それを夫や、父親、祖父達が皆いわば
    罪の意識を持っている。其の償い、すなわち美智子の父親からの復習をうける。
    これも確かにあったようだ。

     だが本質はもっと深いところに在ったともみえる。実は彼女達自身が、このように
    される事を元来好んでいたこと、さらに是非美智子も正式に竜泉の妻としてまた、両親
    も真に自分達の家族として自分達同様に楽しみを分かち合いたい。そんな願望だった
    ようである。

     この後、浴槽に入ると、父親は美智子と妻を両脇に立たせたままで、他の4人には
    両手で二人をかかえ股を広げて他の二人にフェラチオをさせたり、さらに6人の女た
    立位で広い浴槽の中央辺りに向い合わせで輪をつくり、女同士のレズプレイをするなか、
    父親は女達の股にもぐり下から、先ずは女達の花芯舐めとり、女が相手を代えた辺りで
    女達の肛門舐め取りなどをさせている。

     かと思うと、湯から突然ザブ〜っと立ち上がり女達を一人ずつ
    腰を低くかがませ湯に浮かぶ幾つもの白い女達の臀部の谷間にグイグイと挿入
    して回る。また挿入の最中に交接するその箇所を別の女を湯の中にかがませて、
    股の下から舐め吸いさせる。

     さらに浴場の縁に数箇所設けられた、窪みに女達の頭を付けさせ仰向けに
    浴槽に寝せて、その顔の上に実に椅子に座るように座る。父親の肛門を女達の口に
    体重に任せて押し付け肛門筋で唇や鼻を挟む。時折、尻を後ろにさげ壁に背もたれ
    しながら女の口に矛先を咥えさせ、唇を先で擦りつけで屈辱したり、女の舐める
    自分の亀頭上での女のの蠢きをじっと見つめる。ときに唇や舌にベチャベチャっとあえて
    根元を掴んで叩きつけたりして、勢いをつけたり、そしてまた、その逆に全員の女達を
    順番に自分の顔に騎乗させ女の肛門を吸い、花芯を口で啄ばんだりした。

     この浴槽の縁に付けられた窪みこそ、美智子が父親に話した恐怖の窪みでもあった。
    ここで美智子は裁判官と大手ゼネコンの社長には、もしかして、このまま肛門と臀部
    に口と鼻を挟み込まれ窒息するのでは?っと恐怖を感じたと、おしえてくれた、窪みでも
    あったのだ。そのいわく付きの窪みでもあり、その復讐の念もあったのかもしれない。
    だれの妻か、誰の娘かは解らないが、ともかくグイグイと肛門で女達の口を擦り付け
    顎を手でもちあげ女達が苦痛の呻きを己の肛門と睾丸の下部に響かせる。其処までは
    やったという。

     またさらにマット上で69態勢でレズる3組の女達へ、上になった女の其処へバックから
    挿入し背中から覆いかぶさりながら下の女にその、挿入箇所を舐め吸いさせる。
    時に体を起こして、今女の逸物に挿入した男の逸物を引き抜いては下の女の口へ差し込む、
    またその繰り返しでこれには美智子も母親も他の女性とレズりながら参加していたという。

     止まれ、美智子の父親にしてみれば我が娘の蒙ったというより、其れより受けた自分の
    被害への復讐行為?そんな気持ちがかなりあっただろう。また受け入れる女達も、真に家族
    になって欲しいと願う思いから、そして自分や夫、父親、祖父達の罪ほろぼし、そんな気持
    ちも在っただろう。

     しかし、実は両者とも既に息は統合していた結果だったとも言えたようだ。

     あるていど、満足を得た美智子の父親が、「じゃ上がるか〜!」っと言う。
    母親が「そう、美智子!上がりましょう。」と云う。
     
     他の女達はその声で、もう準備は万端とさっさと、だが美智子の両親には気分を壊さぬ
    注意を充分はらっていたそうで、「ではどうぞ、こちらへ!」っと一番年増な病院長の妻
    が更衣室へと両親と美智子を案内したという。

     女達は競うように美智子の両親の体を拭いてやろうとしたが、母は自分で拭くことを
    強調し、父親だけは4人の女に体の隅々まで拭いてもらい、満足気な顔をしていたという。
    「お父様、下着はこれで。」っと料理長の19歳の孫娘が差し出した、その下着とは
    1尺程のサラシ布に腰紐が付いただけの物だった。
    「エッ、何だこりゃ?ふんどしにもならないぞ?」っと怪訝に答える父親に他の女が
    「はい、お父様が思い立った時には、いつでも私達を襲えますように!」なぞと云う。
    腰紐を締めると、前に布が枚垂れ下がる布めくりながら、
    「な〜るほど、前を開けば直ぐか、これは便利だな。」なぞと云うと、いきなり
    側にいた料理長の娘に襲いかかり頭を押さえ込んで「ウーン舐めろ。」なぞと呻く。
    女は直ぐに要望に答えて、風呂から上がったばかりの男の逸物を口に咥えた。
    男は女の頭からその布をかぶせると再び股を開いて、「ホレッ、ウーン気を高める
    口満だな〜。」なぞと言っていた。ただこの時は美智子の父親も謂わば、実験を
    すると言う感じで、他の女が差し出す、真新しい浴衣を直ぐうけとり「フーム。」
    なぞと言って女の頭を股間から解放し、浴衣を着込んだという。

     女達はそれぞれに女らしい柄の浴衣だったが、美智子の浴衣は白地に薄い花模様
    が付き襟がピンクの縁取りがされてると言う、ちょっと特別の物で、父親と母親は
    薄い茶色で一見して特に豪華に見える浴衣ではあった。これは竜泉と他の男たちも
    念頭にいれて特に準備したもので、他の男達も何ら変哲のない旅館の普通の浴衣で
    あるのに対して、美智子と両親には別扱いをしていたのだった。

     竜泉と他のメンバーには、今日の美智子と両親との初顔合わせとは実に竜泉と
    美智子の実質的な結婚に入る日であり、また他のメンバーも自分達の師範である
    竜泉が美智子たる自分の妻と初めて自分達の前に現れる日となる、あるいは、
    それが壊れてしまい、両親と美智子の心情如何によっては自分達は、社会的に
    は決して認められないだろう性犯罪者になりかねない、そんな日でもあったのだ。


    (晩餐にて)
     年増の女に案内されて、行くと既に整然と膳と料理が並んでいた。
    さっきの10畳間に一段高い2畳幅の床の間のある部屋なのだが、
    さすが、豪華なテーブルに料理が並び、外を見ると和風庭園がさっき
    浴場から見たのとはまた変わってライトアップした綺麗さをみせている。

     父親はちょっと面食らった様子でもあったが、後は竜泉が
    「さっ、ご尊父様はこちらへどうぞ、お席を。」なぞと案内する。
    「おい、リュウ、もういいよ、そのご尊父様、ってのは。」
    「あっ!では、お父さん。」
    「あっ、それでいい。おれより5歳も年上だが、もう仕方ない。
    お父さんでいい。おれの孫の種付けも済んだしな〜。」
    「お父さん、有り難うございます。」
    二人の会話は皆んなの安堵をさそってもいたという。

     膳の後世話は自分達が男達から引き受けたと言わんばかりに
    さっそく女達は酌に回り席についた。っとその女達の席とは
    かねて打ち合わせてあったようで、それは決して自分の夫や祖父の
    側ではなく別の男の隣に席を設けていたのだ。ただこれも常の事で
    初めての美智子たちには驚きでも他の者たちは特に気にもならない事ではあった。
    また竜泉の席は昼食のときと違い、母親側で一段下がった所となっていた。

     美智子の父親が自分に継がれたビールのコップを手にしたその時、皆は実に
    唱和するように、「美智子さんおめでとうございます。本日より宜しくお願い
    致します。」などど竜泉ともども言い、深々と両手をついて父親のほうに
    礼をするのだった。

    「もういいよ、りゅう。じゃ頂くよ。」父親が言う。
    「どうぞどうぞ。」竜泉が答える。
    ふと、善の上に並ぶ料理を見て父親がつぶやいた。
    「オオオオ〜、これは喰える。魚でも俺好みだあ〜!」
    「ハッ、お父さん、心得たありますが、お口に合うかどうか、定かでは
    ありません。一流ホテルの長等となってますが、恥ずかしい限りでございます。
    どうぞお許しください。」年配の料理長がいう。
    すでに美智子の父はその娘と孫娘の腹に(といっても胃袋だが)自分の子種を
    大量に飲ませている。もうお相子となってはいたのだが。

    「お父さん良かったね。」と美智子がいい、母親も「ほんとお父さんって難しいから。」
    と付け加える。確かに生臭嫌いな者も料理のやり方次第では、かなりの魚類も美味く
    できるもので、さすが料理の長だけあり、もはや父親の食できない、あるいは食しても
    我慢して食せざるを得ないと言うような食の楽しみを台無しにしてしまう魚類、
    鰻や青み魚、イクラ、キャビア、ウニ等の危険食材はなく、後は焼きを中心とした
    意外と単純な料理となっていた。ただこの単純さが大事で、その後のこの一家の
    行く末にも、この料理長のはたした役割は大きかった。要するに単純に単純なのではない。
    しらなければできないしろものだった。

     止まれ、食ははずみ酒もかなり回って来る頃、竜泉だけは、ほどほどに調節していたが
    美智子の父親には、娘を失った父親であり、強いて言えば、「タダタダ酔いつぶれたい。」
    そんな感情で、調節なぞ土台ある訳もなく、娘の風代わりな門出と、かねて経験
    した複数Sexとは大違いの満足度も脳裏を満たしていたようだった。

      っと美智子の父は突然立ち上がり、浴衣の前をはだけて仁王立ちになった。
    畳3畳幅の上段に設えられた座敷テーブルの前に行く。酔いの回ったせいか
    フラフアはしているが、いきなり下腹に下がる一枚褌を翻し、逸物を衆目の眼前に
    さらけ出すの出した。酔っているとは言えさすが40代の若さと性欲の強さだろう、
    すでにビンビンに反り返っている。

     「よう、りゅう!ここ居る男らだけじゃ無いだろう、美智子を手篭めにして汚ったねえ
    テメエラの子種を飲ませ、糞を喰わせ、小便までぶっかけあああ〜!他に大勢いるだろう。
    そいつら全部集めろ女共々にな!その中にゃ俺にや雲の上のやつだが、○○ゼネコンの
    社長もいるはずだ。なんぼ雲の上のヤツでもな他人の娘を手篭めにしたとなりゃ雲の下だ。
    下なのだ、いやあな、雲なんざ関係ねえ、どぶ板の下だ。名前はわかっとる。なあ、リュウ
    落とし前はつけたるぞ〜。まあ、その前にさっきテメラ男共の居ない風呂の中でなテメラの
    女に復讐はしたがな、改めて今テメエラ、男のいる前でやる。」

     なぞと怒鳴りあげるようにいう。さすが、男親の娘の奪われた怨念のしつこさは
    エゴイステイックな男ほど強いようだ。言い終わるか終わらぬうちに座敷テーブルを背に
    左に並ぶ列に一段降りると裁判官の娘だったが、無造作に女の顔の前で股を大きく開き
    一枚褌をあげたかと思うや、グイッとばかりに肛門に女の顔をつけて「ホレッ〜ウ
    ウウウウから」等と呻きながら女の頭をグイグイと股締めにし、さらに女の顔股から
    引っ張り出だすと今度はそのまま口の中へズボーっと怒り立つ逸物を逸物を差し込む。

     「ちゃんと見てろ、テメラ皆、俺の娘にやったんだからな。なっリョウ。」などと
    呻きながらやる、所が居並ぶ席順からすると次にいるのは男なのだ、皆一瞬どうなるか
    と固唾を呑む思いだったという。

     すると何と、初め裁判官の娘の口に入れたままで、「あああ、料理長殿さすが今日の
    料理は美味かったなあ!」などと料理長を殿付けで呼ぶと、「さあ、料理長殿、あんたの
    物を俺の口に入れてくれ。」などと云う。これには料理長もドギッとしたがさすが、年の功
    また竜泉から聞き及んでいたこともあり、「ああ、ありがたいご尊父殿。ただ、私はまだ
    洗ってませんで、汚いです。」
    「いや、汚くて結構。わしの口で綺麗にしてやる。娘もそうしたようにだよ。娘も好き者
    だからな。親に似て!」などと云う。
    料理長は男色の好みも心得てか、すっくと父親の前に仁王立ち立つと褌をハラリと下げる。
    結構な体格で年寄りとは言え太股の筋肉も父親を満足させるものだったようだ。
    裁判官の娘の口に自分の物を咥えさせたまままで、自分は料理長の大きな腰を引き寄せた。
    もう料理長も心得たもので其の箇所を父親の口にビシャビシャと叩きつける。
    「ウウウウウウ〜、臭いウウウウウ。」なぞと呻いたが、口を大きく開けてグワッと開けて
    料理長の未だ固くはない一物を口に咥えるのだった。

     結局美智子の父親はこの様にして順番に女も男もやっていったそうである。そして最後は
    何と「リュウまた皆んなの前で美智子に俺の見てる前で今日2回目の種付けをするんじゃ。」
    なぞとどなる。「お父さん承知しました。」と答えると。「母さんも仲間に入れてじゃ。」
    などと云う。一瞬手と惑う竜泉だったが美智子の父親のやり方に従うと、美智子は四つんばい
    で竜泉の物を後ろから受ける。父親は娘の口へスペルマを飲ませる。母親は美智子の背中を
    跨いで竜泉に女の花芯を舐め吸いさせながら女汁を飲ませる。こんなやり方だった。

     さっそくこの態様でまた竜泉の美智子への種付けが全員の前で披露される事となった。
    「お父さん嬉しい。お父さんのと、お父様のと一緒に美智子が受けるのね〜!」なぞと
    早くもやる前から絶叫したという。四つんばいになる美智子の背後から巨大は竜泉の
    物が再びの子種を付ける事と心得てかすでにギロギロに聳えてグイッと今や我が妻と
    なった美智子の逸物へ挿入されて行った。っと父親はすかさず我が娘の顎を持ち上げ
    ズボッとばかりに逸物を咥えさせ、ついで母親は美智子の方の辺りに跨ると、もう
    竜泉の目は歳に似合わず、ギロギロと輝き豊満で女体美その物の美智子の母親の太股
    へ自分の顔を埋めシュパッ、シュパッっと舐め摺りしたという。

     「四連結官能結合」などと云う者もいるが勝手にいわせて置けばよい、見るものが
    いつまでも飽きることなく見てるだけで男女とも勢いが付いてきてしまったとも言う。
    初めにイッタのは父親で、母親の豊満な尻と父親の毛むくじゃらの下腹に頭と顔を
    挟み込まれながら、「みちこ〜!」っと吼えるような声をあげグイグイと頭を締め付け
    られながら美智子の口は父親のスペルマで満たされたという。父親はそれを直ぐには
    引き抜かず、美智子が飲み込むのにあわせてゆっくりの美智子の唇に亀頭を滑らせ
    舐めとりさせながら抜くのだった。そして竜泉が下を舐める自分の妻の乳房を背後から
    ゆっくりも見上げ、背中から肩を舐めあげて行く。竜泉から花芯をなめられながら
    大腿や臀部を巨大な手で撫ぜられ、「イイイイイイイウウウウウウウウウ〜!」っと
    けたたましい淫声が部屋中に響くと、母親の尻の下からは娘の声が父親の股を通して
    同じようにけたたましく聞こえて来たと言う。

     っと、わずかに遅れ気味で「ウウウウウウウウ〜。」っと最早遠慮の無い竜泉の
    呻きが起こり巨大な臀部が妻・美智子の臀部にベチャッ、ベチャッっとぶつかる音を
    立てた。ほぼ3人が同時にイッタ様で、また2回目の竜泉からの種付けが美智子の
    体内になされたという。これで美智子は胃袋に父の子種を子宮に竜泉の子種を飲み
    込んだ事いなるが、勿論、胃袋の方は溶けて消化されるに決まってるが、その事を
    美智子の父親は「自分の物が娘に溶けて、孫には事さらに栄養になる。」などと
    満足気に言っていたとも言う。

     以上で美智子と両親が初めて一緒の婿殿宅での晩餐は終焉になったが、この後
    美智子の父親以外の男達は浴場に行ったが、ひとり残った男、つまり美智子の父親は
    6人の女の尻を魚に男達が戻るまで酒を飲んだという。つまり、女達に尻を突き出させ、
    て自分を囲ませ、その谷間に口や舌を這わせて舐め摺り、味わいながら、時に女の口に
    自分の物を咥えさせ女にも酒を勧めながらであった。



    官能の谷間(禁断:許されぬ婚姻=53歳専務取締り役と21歳女子大生=官能地獄)

    Vol=No.3

     (両親の元・初発の夜の乱交プレイ)

     手酌で飲んで女の股間汁を舐める、女の口から口移しで飲む。
    父親はそれなりに其処の元気も取り直していたようだ、グイッと
    近くの女の首を押さえ込み顔を股の下に敷くと一枚褌を捲くり上げて
    その女の口にブスッっと咥えさせ、女からの口移しで酒を飲み、さらに
    別の女の股間汁を舐め吸いしていた。

     読者に、ここで酒の事で留意する。さすが、Sexを柱とする家族の結び着ではある。
    医者も居れば料理人も居てのSexなのだ。飲む酒は味は、結構美味いのだが、酒として
    の効果はかなり抜かれていて寧ろ茶から採ったカフェインを多く含ませていたという。

     これは、大量に飲んでも所謂、俗に言う所の「大酒飲み」の輩でさえもまず酔わない。
    言うなら酒としては効き目がないとも言える代物ではあった。しかしこれが男であれ
    女であれSexの場では極めて有効で、風呂に入っても悪酔いがしない。さらに男の
    其処なぞは、ことさら元気づく物でもあったのだ。実はこの酒は竜泉の医学的知識と
    料理長によって用意されていたものでもある。

     止まれ、美智子の父親が遊戯してるまに4人の男達は浴場から上がって来た。
    皆新たな浴衣に着替え顔は上記させてはいるが、さっぱりした様子でもどってきた。
    「お父さん、如何ですか。」
    「ああ、結構楽しませてもらってるぞ。」
    「それは良かったです。それで、お父さん、まだ時刻は8時前です。
    お父さん、お母さん、それに美智子さんと私は見学だけ、と云う事で
    他の者達の乱交をご覧になりませんか?」

    「何?乱交?」

    「はい、乱交と言っても身内同士ですから、安全確実です。
    ただ見ようによっては官能の極みも多分あるかもしれません。」

    「ほう、まあ俺も10年ほど前までは母さんとやってたからなあ!
    久しぶりに、まずは見せてもらおうか。」

    「はい、是非、家族の主として、そうして下さい。」
    竜泉が言うともう、次の間の襖が開いて行った。

     既に準備されていたのだが襖で仕切られて、見えなかった18畳の
    間には夜具びっしりと敷き詰められ、周囲の畳が僅かにしか見えないほどだった。
    襖が開くと竜泉が口を切った。「じゃあ皆さん、そちらでやりましょう。」
    その言葉に誰言うとなく、3人の女が膳を回り、敷き詰めた布団の部屋へ
    向うのだった。ただ料理長の19歳の孫娘だけは席を動かない。
    美智子の父親が怪訝そうに尋ねると

    「はいしばらくは此処で、お父様にお酌を!」
    なぞと応える。父親は少し面食らった気分でいると、もう3人の女達は
    部屋の中で2〜3枚の布団を開けて座っった。っと、女たちがもう座ろうと
    している時にすでに3人の男達は、沈黙はしているが、動きは実に女達に
    正に飛び掛る様な仕草で覆い被さって行くのだった。

     ある者は浴衣を脱ぎなら、ある者は浴衣の後ろを腰まで捲くり上げ、またある者は
    前を広げながら等々である。

     素っ裸で女の顔を股間に引き寄せ、グイグイと顔に己のそれを押し付けていると、
    そのままバッタリの女の頭を股間に挟み込んだまま布団に倒れる、女は男の逞しい
    太股の間に体を挟まれ大の字に寝る男の其処を舐め挙げる。

     浴衣を腰まで巻くし上げ女の体を襲った男はそのまま女を布団に倒し、
    女の顔に己のそれを擦りつけながらグロテスクな腰をグイグイと揺り動かす。
    女はスポッと男の其れを口に咥える。

     前を広げて女に迫った男は女の股の間に自分の顔を仰向けの態勢でもぐり
    込ませ、女の股を自分の顔面に騎乗させると、シュパシュパと女の其処を
    舐め吸いする。女は背中を曲げ開いた男の浴衣の下半身をベチャベチャと音を
    立てながら舐め回す。

     っと一人の男が、女の体を寝ながら抱きかかえたまま引きずり、別の女が
    男の逸物を咥えている、その男の臀部に近づくのだ。そして抱きかかえた
    女と一緒に男の臀部を舐める。さらに男に騎乗された女の太股から体全体を
    舐めまわして行く、その女とは自分の娘の体だったのだ。

     こんな様態をじっと見ていた美智子の父親は、ほとんど無意識の状態で
    左に座って自分に酌をしていた、料理長の孫娘をグイッと抱き寄せシュバジュバ
    っと激しい音をたてながらデイーップキッスをしてしまっていた。

     また母親は母親で「貴方、もう我慢できない。私も入ります。」なぞと言って
    18畳間の方へ行った。竜泉は竜泉で、ほぼ期待通り家族になれると一応の安堵
    の念を抱いたという。「お父様嬉しい。」と呻く様に訴える美智子に竜泉は
    大きな口で美智子の顔を覆い自分の股間で猛り狂う其れを美智子の柔らかい下腹部
    に当てていたと言う。

     「ウウウウ〜俺も仲間に入るぞ!」けたたましく吼えながら、孫娘の体を引きずり
    10畳間の布団に倒れる父親の顔の前には、今しがた入ったばかりの妻の太股があり
    胸から上はすでにデップリした男の臀部に股がわれているのだった。

     っと、他の男達も妻の体にゆったりとだが近づいてくる。ウッっと呻く父親の体は
    何と他の女達が顔を胸を腰を足を逸物を女特有の上ずった声を発しながら舐め回すの
    だった。

     そして気付くと自分の顔の前には巨大な男の大きく開いた太股の間に女の其処を
    深く引き付けられ太い肉棒を抜き差しされている女、「お父様嬉しいウウウウウウ〜!」
    分厚い竜泉の唇の間から、呻き声ではあるが、はっきり聞き取れた。
    「美智子か?」そう美智子がいるではないか?

     しかも今や美智子の顔も竜泉の口を離れ向きを竜泉に背を向けて、
    顔面には既に数本の男の肉棒がペチャペチャと打ち着けられ続けているのだ。
    「あっ美智子が?」っと父親が思った時にはすでに遅く、美智子の口にズポッと入った
    男のそれは大量のスペルマを美智子の口の中に発射していた。
    「ンンググググ〜!」っと苦しむ我が娘、美智子。さらにその男は妻の体を捕らえ
    妻の臀部の下に自分の顔を潜ぐり込ませていた。美智子の口には、また別の肉棒が?
    美智子の口からは、ブシャブシャと、さっきの男の白濁汁が溢れ出てシーツを汚している。

     時にゴクリっと飲み込んでもいるが、飲み切れないのだろう、続く男の物に押されて
    さらに溢れ出てシーツに垂れる。そこにまた男の男汁が発射される。父親として憤怒の念が
    込み上げる瞬間だったようだ。所がその憤怒は父親自身の物も固くさせ、何と
    今父親の物を咥えている女の口に物凄い勢いで発射していたと言う。何人もの女体を
    グイグイと抱き締め、太股で締め付けつつである。

     美智子は嬉しかった。3人の男性のスペルマを飲み込みながらも、其処は常に
    竜泉に刺激を受け最後にはまた、既に子種を託した竜泉のスペルマが今また
    自分の体内に注がれて来るのだった。

     母親は母親で次々と3人の男の顔面に騎乗し存分に己が花芯を男達の口で
    啄ばみさせ、溢れる女水を男達に飲ませた。すでに柔らかくなったとは言え、
    代わる代わる男の逸物を咥え逞しい男達の股間挟みと舐め摺りをする。
    最後には再度、我が娘に挿入最中の竜泉の顔に跨り存分に母親としての
    女水を年上の息子となった竜泉に飲ませたと言う。




    Sex故に「乱交Sex」と称されるのだろうが、この場面もその後に
    充分当てはまる展開だったようだ。もっともこれは、竜泉と美智子の実質を伴う
    正しい結婚式でもあったのだ。美智子の両親と美智子の心情が決定打ではあったの
    だが、竜泉自身、美智子の様な女に、これまでに逢ってなかった。料理長の孫娘が
    一番近かったが、美智子ほど自ら小説にまで書いて打ってでる女ではなかった。

     竜泉はそんな美智子と「一つになる。」それがこの日両親に会う眼目であり、
    また、自分を家族に受け入れてくれる美智子の父であり母であるとも思っていたのだ。
    何としても両親の満足を得て欲しかったし、それさえ得られれば完全な結婚となる。
    故に今夕の展開は確実に結婚式以外の何物でもなかったのだ。

     上辺だけの結婚式なぞとは全く異質なSexを共同・共有・協調し合う多人数家族の
    誕生とも言い得たろう。ちなみに今夕には参加してなかったが、後に開催される、茶の湯に
    始まる「乱交Sex結婚式」は今夕が前編とすれば後編とも言えたが、その開催は
    この後2週間後ほどになされている。

     ちなにみ、家族となったメンバーは下記の如く。

    1.美智子の父(48歳)零細工務店、店主、妻(44歳)
    2.竜泉(美智子と結婚する53歳)有名出版社専務兼社長、その妻美智子(21歳)
    3.裁判官判事(58歳)妻(55歳)娘(28歳)
    4.有名ホテル料理長(64歳)(娘42歳)(孫娘19歳)
    5.病院長医師(54歳)竜泉の部下でもある。妻(48歳)
    5.有名大手ゼネコン会頭(68歳)、(妻65歳)
    6.有名大学経済学部教授(56歳)、娘(25歳)
    7.某国立大学医学部名誉教授(63歳)、妻(61歳)娘(33歳)
    8.国家公務員上級職(某省)幹部(58歳)、妻(56歳)、
    9.小学校校長(56歳)、妻(53歳)
    10.高等学校校長(58歳)、妻(56歳)娘(28歳)
    11.有名映画俳優(67歳)、妻(65歳)
    12.有名作家(72歳)、妻68歳、娘(33歳)
    13.有名私鉄会長(69歳)、妻(65歳)
    14.某一流銀行トップ幹部(63歳)妻(60歳)

     美智子は既に茶会に続いて、なされた乱交会を竜泉と共に
    これらの全メンバーと行っているのである。

     その際すでに、男メンバー全員のスペルマを飲まされているし、
    頭から小便を掛けられる所謂、黄金シャワーを受けている。
    一般にはこの上無い屈辱となるだろう。
    もし、美智子の両親が受容せず、また美智子もそれらを反故とすれば
    彼らは婦女暴行を犯した罪人とも成りかねないのだ。

     また一見して解るのは女性の絶対数は確かに多いが、老年の女性も数名いる。
    過激に男を燃やすと言われる所謂、若い女性は少ない。こんな中で竜泉は53歳とは言え、
    若干21歳の美智子と結婚するのである。全メンバー達は嫌が上にも成婚となり
    自分達の家族となることを望んだとしても何ら不思議は無いとも言える。

     男は、その全員が社会的重責にあり、著名な人物である。ひとり、美智子の
    父親だけが、言わばどこにでもいる、零細工務店の店主なのである。しかし
    そんな美智子の父親こそ、既に領主であり「主その人」となる者だった。

     最早、美智子の父親の経営する工務店は2千数百万の負債を抱えているとか、
    注文が少なく水道と大工を別々にしてしのぐとか、美智子の大学の学費が払えない。
    なぞと云う事は何ら問題にもならない事ではあった。

     実に結果を先に記すと、潔く養子縁組となった竜泉は、それまで竜泉名義だった
    全ての財産は美智子の父親へと変更されているし、工務店その物も大手ゼネコンから
    一級建築士数名、有能な経営アシスタント数名が採用され、家族である大手ゼネコン会頭
    自ら美智子の父親の有能な手腕となり、大型建築、土木工事等が可能となったのは
    当然だが、上記大手ゼネコンの子会社なぞと云うものではなく、むしろ美智子の父親の
    工務店の方が表となり、上記ゼネコンは裏となるようなものとなって行くのだった。
    言わば上記企業はSexを通して、竜泉を媒体としながらも実質、美智子の父親を太く
    頑丈に支えて行く事となっているのである。Sexとは、かくも鮮やかに、家族や家庭を
    変える礎ともなる例と言えよう。

    (屈辱の美智子)
     美智子が既に全会員の男から屈辱を受けていた事は前にもしるしたが、詳細する。
    竜泉との紅白の印を得た後、美智子自身、「竜泉と一つになる。」と云う事が彼女
    自身実行に移している。竜泉の誘いで家族となることを承知し、会員の女性とも
    深い関係を持っているが、今は男性達との事を記す。

     美智子と竜泉との成婚を願い、美智子の両親には未だ知らされてないが、いわば
    プロフォーグとも言えそうなSexの場面だった。

     総勢が集まり、皆其々に乱交に入って行ったが、主人公は美智子への歓迎Sexではあった。
    昼食の後、浴場に集まった全メンバーは男も女も皆、美智子を抱き深い接吻をした。
    身体洗浄は偶然居合わせる近くの男女同士で誰彼構わず、互いの逸物を洗いあう。
    但し美智子と竜泉は特別で他の者はタッチしない。

     竜泉がおもむろに美智子を浴場マットに仰向けに寝せ頭には、少し高めの浴場枕
    当てがうと、例の様に美智子の胸に巨大な太股を開いて跨ぎ込む。
    直ぐに美智子の口には竜泉の逸物がグイッと押し入る。
    既に多人数の女を抱き逸物を柔らかい女の体に摩擦し、女へのデイープキッス等で
    すでに凛々しくなっていた竜泉の逸物は美智子の口の中で更に固さをましていた。
    グイッと美智子の口から引き抜く矛先からはヌルヌルと前液を垂らしつつ
    二つの巨大リンゴのような睾丸ごと黒い陰毛が密生する上にこれ見よがしに現れる。

     そしてそのまま白くふっくらした若い娘の股間にブスリッとばかりに挿入された。
    その挿入とほぼ同時に数人の男達が「ウウウ〜ム。」なぞと呻き声を響かせながら、
    仁王立ちのままゆっくりと美智子の上半身から頭の方に近づいて来るのだった。
    己の逸物を手でしごきながらである。そう、所謂、多数男からのスペルマシャワーが
    美智子になされるのだった。

     すでに美智子がマットに寝た辺りから、美智子を囲むように男達はそれぞれ自分の
    其処を近くの女達の口にいれたり、手でしごかせたり、股間を舐め摺りさせたり
    していたのだが、いよいよ出せるとなった男から、女達を跨ぎ越して美智子の方へ
    寄って来ているのである。

     美智子の股間は竜泉のものが入り心地よく波打っている。両手は竜泉に押さえ込まれ
    身動きができない。しかしこの竜泉に押さえられている事自体で美智子は大きな安心の
    境地にいた事も確かなのであった。

     一人の巨大な男が竜泉と美智子の顔の間に割り込むように美智子の体を跨ぐと
    股を大きく開き「ウウウウウ〜。」っと一声、自分の手で扱く己の矛先を美智子の
    顔に向けた。ット案の定、ドビュッ、ドビュー、ドビューっと男の汚い白濁汁を
    美智子の顔に向けて発射した。

     「ウウウウ〜、ウワアア〜ウウウウウウ〜、お父様〜!」美智子の謂わば承知の上
    とはいえ、実際の不潔感とどうにもならない、体に竜泉に助けを呼ぶように叫んだと言う。
    「美智子耐えるんだ。大丈夫だよ。たくさん貰って、後でワシが全部舐めてあげるからね。」
    なぞと言いながら竜泉は美智子の股間の抜き差しを継続する。
     
     何と出し終わった男が美智子の胸に最後の雫をビシャビシャと垂れそそいでる間に、他の
    数人の男がほぼ同時に美智子の左からも右からも頭の方からも近づき、次々と男の汚い
    男汁を遠慮も糸瓜もないというほどに、美智子の顔の左からも右からも髪の毛の受けからも
    ドビュードビューっと続け様に放出して行くのだった。勿論飛び散る男のスペルマは
    美智子の顔を狙っても全てが顔だけに当たる事はなく口を顎を胸を乳房までも汚していった。
    ネットリした男の汁が太い白糸を美智子の髪の毛から、口から胸へと引かれて行く。

     「ウーム。」などと終わった男が、おもむろに美智子から離れると、また別の男が
    近づき、乱射する。このようにして、結局は12人の男のスペルマを美智子は浴びたのだった。
    年配男も多くそのスペルマは薄いのではなぞと、侮ってはならない。彼らはこの日が知らされた
    日からは全く出していない。また食事も肉魚をふんだんに食べ野菜も大量に取るという、気遣い
    ぶりで、それが奏してかどの男のスペルマも一様に濃く美智子を満足させたという。

     特に最後のゼネコンの会頭らもう70に近い爺さんだったが、すでに男のスペルマでドロドロに
    汚され、ビカビカな光を発する美智子の顔を大股で跨ぐと、巨大な尻をグイッと美智子の顔に押し付け
    て来た、そして枕をグッと取り去りそのまま自分の臀部の谷間で美智子の口を挟み込んだ。
    美智子は一瞬グッと迫る肛門の臭いに蒸せりを覚えた。っとゼネコン会頭の巨大な臀部は、さらに
    美智子の顔を押し付けながら口から鼻を肛門の中へと埋め込んで行く。男の肛門に密生する毛が
    美智子の唇や鼻にザラザラと擦り付けられながら唇はスッポリと肛門の中で締め付けられる。
    窒息しそうな息苦しさをこらえつつ大きく鼻で息をすると、巨大な肉袋の下から垂れる男汁の臭い
    と肛門の臭いが強い屈辱感をもって美智子を責める。、

     「嬉しい。」っと一瞬の閃きが脳裏をかすめた。そのまま肛門に舌を入れたと云う。
    キュイッ、キュイッっと70爺さんの肛門はが美智子の舌を締め付け引っ張る。洗ってあるとは言え
    やはり人の排泄物を出す箇所故かなり汚い臭いは容赦なく美智子の鼻を襲った。
    しかし、これは、まだまだ始まったばかりで、肛門から美智子の舌を排泄した、このゼネコン会長は
    今度は、何と和風便所で糞をする格好で美智子の顔を巨大な尻で左右に
    前後に左周り右回りと圧っし
    擦りをしたという。特に谷間が美智子の口や鼻に当たる度に肛門が開き
    ギュイーっと押し付け締め付け
    なぞと幾度も繰り返され、急にふっと尻が美智子の顔から浮き上がったかと思うや、次の瞬間には
    巨大な肉袋が口と鼻を覆い美智子の横顔は左右からのデップリ太った男の
    筋肉質の太股の中に消えて
    いた。フッと太股が開くと、突然口の中へ無理やり太いものが侵入する。あっと云う間もなく喉の奥
    に差し込まれ、そのまま直接ドビュッ、ドビュッと放出したと云う。初発の発射は思わずゴクリと飲み
    込んだが、次からはとても飲めるものではなく口に溢れ、唇からあふれながれた。
    同時にこれまでに
    汚された男達のスペルマの臭いにまじり強い精臭が美智子で美智子の鼻腔が襲われたという。

     すっかり出し終えてまんぞく気なゼネコン会頭はゆっくりと美智子の口から太い己の逸物を引き
    抜くと亀頭から滴る己の男汁を美智子の小さく紅い唇に擦りあてて汁切をするのだった。またこの
    様子は後ろで美智子を挿入する竜泉の目にも巨大でグロテスクなゼネコン
    会頭の大股の間に見て
    取っていた。何と云う屈辱、哀れな美智子の様子とも見てとれた。

     男が美智子の顔を跨ぎ越して浴槽淵に据えられた椅子に座ると、また他の男達と同様に付近に
    いる別の女性を抱きながら時に飲み物をガブガブと飲む。

     竜泉はなおも美智子への挿入を続けていたが、最後のゼネコン会頭が終わって、その身を美智子に
    覆い被せ、美智子の花芯を中心にピストンする。上半身は美智子を抱きすくめ、口は美智子の顔を這う。
    さっきまで多くの男達に汚されたスペルマ塗れの美智子の顔をぺろぺろと舐め取りするのだった。
    つづいて、「男の水じゃ喉の潤いはないね。」そう云うと、女達が用意してくれている、氷入りの
    オレンジジュースをストローから飲ませてやる。美智子はコクン、コクンと飲み男汁で汚された、喉を
    洗い喉の渇きを癒す。っと竜泉の腰の動きが早くなり「ユハハッハハヒイイイ〜。」っと美智子が
    絶頂に上る頃、竜泉は美智子の体内で今にも放出しようとする己の逸物おwグイッと引き抜く。
    美智子の処女は奪ったとは言え、中へ出すのは美智子の両親が自分達を認める迄はできない。
    美智子の白くふっくらした両足はマットの上に伸び、それを跨ぎながら美智子の腹部に馬乗りに
    なった竜泉はそのまま陰毛の密生する下腹部から弓なりに猛り張る太く長い逸物をビンビンと
    振るわせていた。竜泉の巨大な臀部がグッと美智子の顔の方に迫った。っと矛先は当然の様に
    美智子の唇を開かせ口中へと突き刺さって行くのだった。

     美智子の顔の上で油光を発し浴場の湯を無数の細かい泡として光らせる竜泉の臀部!
    そのグロテスクな臀部は、そのまま美智子の顔を覆い3度、4度、さらに美智子の
    顔の上で上下する。

     「ウウウウウウウウウ〜!」竜泉の満足気な呻く。顔を正面に向け両腕の筋肉を盛り上げ、
    さらに太股の筋肉が美智子の白い女体を締め付ける。「ンンンン〜!」一瞬、美智子の
    苦しげな呻きが竜泉の密生した陰毛から響く。

    「クイッ、クイッ、クイ〜!」相当の量のスペルマと思われたが、竜泉は美智子の飲み込む感触を
    口中に差し込む己の物に感じていた。そして美智子が飲み込む度に腰を上下させ、矛先で美智子の
    喉の飲み込み運動を助けていた。「クイー。」っと最後の飲み込みを矛先に感じた竜泉は、ゆっくり
    と美智子の口から引き抜く。美智子は竜泉の矛先から滴り垂れる男の液をさらに舌と唇で舐めとり
    竜泉が自分の口に出した男汁は一滴残らず飲み込む美智子だった。

     全部飲み終わった頃、竜泉はまたオレンジジュースのストローを美智子の口にあてがう。
    美智子はやはり、美味そうにそれを飲んだ。それを見た竜泉は自分の
    子種は美智子の胃袋で死滅し
    美智子の身体に吸収されて行く事に思いを走らせていたと言う。美智子の両親が許しを得た時の
    下からの放出を思い抱いて。

     事はこれで終わるものではなかった。竜泉がマットの上で美智子を起こし、抱き締めながら
    多数の男達に汚された、その顔を丹念に舐めあげてあげた。そして「美智子、じゃ黄金水だぞ。」
    なぞと云う。スックと仁王立ちに美智子の顔の前に立った竜泉が美智子の顔の上方、額の方から
    下へ向けて、勢い良く己の逸物から噴出する小便を掛ける。っとそれが合図でもあったのだろう
    次々と上記の男メンバー達は自分の物を掴みながら美智子の体に近づき、ブシャーっとかける。
    美智子はあたまから、顔から、胸に腹に背中に、結局は13名
    の男たちの小便を全身に掛けられるのだった。

     男達は大量の飲み物をそれまでに飲んでいたのでかれらの膀胱はこの瞬間のために相当に
    尿が溜まっていたのだろう、一人が終わるまでも相当ながく垂れ続けていたのだ。もう
    美智子の座るマットは男たちの小便でビシャビシャとなり、美智子の体自体がムンムンと
    男達の不潔は排尿臭いで覆われて行く。口を固く閉じてはいても呼吸の間際に少しでも口を
    開くとビューっと口に注がれる数人の男の混合小便!実に人間便器とはこの事か?と思える
    ものだった。

     ただ、単なる人間便器とことなるのは、この後全部の男達の美智子への放尿が終わると
    誰からともなく美智子の体を抱き、美智子の顔を舐め、デイーップキッスをして回る。
    時に美智子の背中を胸を腹を太股を足を、足の裏さえも男達は自分達の小便で汚された美智子
    の体を丹念に舐め回して行くのだ。

     特に最後には、竜泉自身が再び男達の小便と唾液で塗れた美智子の女体を抱きすくめ、
    さらに続けてベロベロと胸を肩を顔を髪の毛の中さえも舐め摺りするのだった。

      以上、美智子の処女喪失直後の全茶会メンバーへの竜泉からの美智子の、
    言わば「お披露目会」
    の折の事を書いた。しかしこの結果を垣間つまんで美智子から聞いた美智子の
    父親が怒るのも当然だろう。
    だいたい、そもそもが32歳も年上の男との結婚申し出自体が憤りである事に加えて、
    言わば自分の愛娘が分別も当然あるだろう年配男達に輪姦されているのだから。
     
     とまれ、この「お披露目会」の事は、後に正式な結婚茶会の折も美智子の父親から、噴出され
    初顔合わせ時に居なかった男たち面々に、言うなれば美智子の父親へ、
    自分と家族の命を張った?
    乃至、自分達の人生を美智子と美智子の両親に投げ出して身を挺した?
    っと決断をさせる事とは
    なっていた様である。






    他人の奥様に無料挿入

    ⇒【メルアド交換自由☆】



















    完全秘密厳守。会員制SMパートナー探し

























































     






    alt="紅音ほたる カリビアンコムオリジナル動画" width="200" height="300" border="1"

    align="left" hspace="20" vspace="10" />
    カリビアンコム
    [無修正サンプル動画]

    紅音ほたる

    おパイレーツオブカリビアンコム 前編


    サンプル動画
<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ダウンロードwidth="34" height="34" border="0" align="absmiddle" /> サンプル動画はこちら!


    カリビアンコムがまたまたデッカイことをやらかします!
    title="超大作独占オリジナル無修正『おパイレーツオブカリビアンコム』の配信です!
    いま大人気のAVクィーン、紅音ほたるを主演にむかえ、共演に、片瀬くるみと藤井彩と
    いう超豪華鼻血もの!">超大作独占オリジナル無修正『おパイレーツオブカリビアンコム』の配信で

    す!
    いま大人気のAVクィーン、紅音ほたるを主演にむかえ、共演に、片瀬くるみと藤井彩という超豪華

    鼻血もの!
    しかも、前編、後編、特別編(カリビアンコムプレミアムより配信)、という、ゴージャスな3

    部構成!

    巨乳好きの海賊が間違えて貧乳女を抱き、それで呪われ、8102(パイレーツ)
    人の巨乳女を抱かないといけなくなるところからストーリーは始まります。
    8101人の巨乳女を抱いた海賊は、伝説の美巨乳地図を発見し、最後の1人に相応しい美巨乳女(

    紅音ほたる
    )を探す旅に出ることに!ヌキどころはなんと言っても伝説の潮噴き女優による超過激フェラ抜き!
    !こんなかわいいエロ娘に上目使いで奉仕されたら200%の勃起度で我慢汁の量がいつもの倍はた

    れ流れることまちがいなしです。

    伝説の美巨乳が体をくねらせながら感じる姿、黄金のマ○コから大量の淫汁を垂れ流し、喘ぎ声の連

    発!紅音ほたる
    、藤井彩、片瀬くるみの壮絶な超豪華バトルも見逃せない!!
    2007年のゴールデンウィーク

    はカリビアンコムの
    超大作独占オリジナル無修正『おパイレーツオブカリビアンコム』でヌキまくれ!!


    >続きはこちら!

     

























    他人の奥様に無料挿入

    ⇒【メルアド交換自由☆】



     


    .巨大男と女達

    大量素人画像

    素人投稿
    ギャラリー




     

     

    アダルト動画 リンク

    素人投稿 ギャラリー
    巨大チンポ生ハメ

    おまんこ写真」
    熟女の秘密画像


    官能AV無料、動画Blog
    (各タイトル共、全編・/無量・自由視聴可能) 
    下欄の他、予告なく新編動画が増え続けています。

    TOP ページ


    5組男女本番乱交


    美形人妻ハーモニ


    悩殺の淫乱癖〜A


    美獣たちの淫猥な


    寝取られ人妻(1


    尺八から精魂込め


    人妻不倫旅行-2


    人妻と騎乗位で!


    百貨店で働く熟女


    新婚初夜「楽しま


    人妻官能・口マン


    Little R


    中出しされる人妻


    騎乗位本番ディー


    お婆ちゃんの童貞


    AV面接で速交尾


    肛門舐め〜バック


    官能AV動画専用


    虐め学園


    官能AV動画集(各タイトル共、全編無量・自由視聴可能)

    TOP ページ


    5組男女本番乱交


    美形人妻ハーモニ


    悩殺の淫乱癖〜A


    美獣たちの淫猥な


    寝取られ人妻(1


    尺八から精魂込め


    人妻不倫旅行-2


    人妻と騎乗位で!


    百貨店で働く熟女


    新婚初夜「楽しま


    人妻官能・口マン


    Little R


    中出しされる人妻


    騎乗位本番ディー


    お婆ちゃんの童貞


    AV面接で速交尾


    肛門舐め〜バック


    官能AV動画専用


    虐め学園


    官能AV動画集(各タイトル共、全編無量・自由視聴可能)

    TOP ページ


    5組男女本番乱交


    美形人妻ハーモニ


    悩殺の淫乱癖〜A


    美獣たちの淫猥な


    寝取られ人妻(1


    尺八から精魂込め


    人妻不倫旅行-2


    人妻と騎乗位で!


    百貨店で働く熟女


    新婚初夜「楽しま


    人妻官能・口マン


    Little R


    中出しされる人妻


    騎乗位本番ディー


    お婆ちゃんの童貞


    AV面接で速交尾


    肛門舐め〜バック


    官能AV動画専用


    虐め学園



    • seo

    | サンプル動画一覧  | アダルトサイト比較ナビ  | ライブチャット比較ナビ | ADULT COLLECTION |
     
     
    「女性の性器画像「女秘・許されぬ婚姻」」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    口マン責め、男性、女性の性器写真(無修正) (2013/03/29)
    跨いで入る (2007/05/15)
    豊満臀部から顔面騎乗-1 (2007/06/26)
     
       
     
     
     

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     
     
     
     

    トラックバック

    大阪十三のエステティシャン「癒し家」 メンズエステ・ハンドマッサージ

    厳選されたエステティシャンによるリラックスマッサージをお楽しみください
    1. 2011/07/19(火) 12:56:46 |
    2. 大阪十三のエステティシャン『癒し屋』
    http://iyashiya.getenjoyment.net/?w=%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3

    生脱ぎギャルフリマ

    生脱ぎギャルフリマサイト登場♪
    1. 2011/06/16(木) 11:35:11 |
    2. 生脱ぎギャルフリマ
    http://frema.onlinewebshop.net/?w=%e7%94%9f%e8%84%b1%e3%81%8e
    | サンプル動画一覧  | アダルトサイト比較ナビ  | ライブチャット比較ナビ | ADULT COLLECTION |
    トラックバックURLはこちら
    http://shige.dtiblog.com/tb.php/403-ceac018e
     
     
     
     

    DTIブログって?

    1.  
     
     
    14.生特選ロマンポルノ
    14.生特選ロマンポルノ
    ホームへ
    ホーム
    P.8-女の放尿場!
    P.8-女の放尿場!

    copyright © 2006
    Powered By DTIブログ
    allrights reserved


    エログ

    フルHD無修正動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

    - calender -
    01 | 2017/02 | 03
    Su Mo Tu We Th Fr Sa
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    - entries -
    - comments -
    - track_backs -
    - archive -
    - category -
    - links -
    - search -
    close