シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp) 裸家族・爺さんと孫娘達!爺さんと生娘達の濃厚Sex!
無料
エロ
動画

    シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp)

     
     

    裸家族・爺さんと孫娘達!爺さんと生娘達の濃厚Sex!

    1. 21:48:38

     裸家族(爺さんと孫娘達!)

    (70歳爺さんと女子高生・女子大生) 

    (官能文書は画像の下段に続きます。)  



    ★AV動画、静止 Images の妄想を越え
            生身官能、男女相互実現★


    新登場アダルト(SNS:ソーシャル、ネットワーク、サービス)
    日本初、オンライン会員制高級交際倶楽部

    (シークレット ラブ)


    本物を見分ける女性の嗅覚はするどい!
    最近、女性入会率が急上昇しています。

    当倶楽部の女性会員様、男性会員様の幸せ
    レビューを見られてのご入会でしょう。
    当倶楽部は成約率=幸せを掴む女性が
    圧倒的に多いと思われます。

    それは当倶楽部の男性会員様のおかげです。

    本物を見分ける女性の嗅覚はするどいです!
    交際倶楽部シークレットラブは本物なのです。

    WEBとリアルが融合し覚醒した新しい時代の倶楽部
    であると自信を持って言えます。

    それは、当倶楽部で毎日成立する
    会員様達を見て確信しました。

    紳士淑女の皆様、今宵も当倶楽部で
    素敵なお相手を見つけてください。





    ★生の女に勝るもの無し!★


    系列サイト(スマコイ・モンロー)






    ★他では見る事のできない★
    無料大量サンプル・無修正アダルト動画
    無修正動画のサンプルをご用意致しました。しかも当サイトで掲載している
    無料サンプルは、サイトに許可を取って提供されており、安全且つ、
    高画質なサンプルををお楽しみ頂けます。画像をクリックするとなんと
    500x430の大画面でサンプル動画が再生されます。
    注:サンプル動画は画質を落としてありますが、提供サイトのメンバーページで
    はDVD以上の超高画質で作品がダウンロード出来ます


    ★(エロ厳選)アダルト無修正動画★

    33.jpg

    0002.jpg



    処女喪失の日



    1.ハードSM拘束ハメ撮り・無修正OK故




    2.靡な肉体(他、老舗、無修正AV数多掲載)





    3.大股を開いてM字開脚





    4.洗ってないアソコ!(女性性器)




    5.(動画)女性器(女陰)満開:無修正、
    女性器コレクション動画(他大量AV)




    6.熟女・人妻フェラチオ、顔面
    ★(可愛いお姉さんとラブホハメ撮り企画…47★




    7.¬譴気鵑凌雄瞥靴





    8.上原亜衣・強制イラマチオ




    9.(女陰)女性器満開
    :生尺八・ハメドリ動画・シニアセックス画像




    10.★S級妻【生ハメ/高画質】
    ※近所で超有名な美人妻がホテヘルでバイト!
    口止め代わりに生ハメ本番!女三人・ハーレムフェラチオ





    11.昭和の官能AV:デイップキッス、
    威きり立つ男根尺八★(他多数)

    ★出会い系で見つけた素人娘。ガチで緊張
    しまくりで素人臭丸出し。
    でもやることはしっかりやりました。





    12.巨漢男の小娘弄び:顔跨ぎかぶさりフェラ
    、巨大男尻圧、睾丸顔摺り口マン射精!(他AV数多)




    13.巨漢男とM女小娘の肉欲官能∨満ボディ
    魅惑的な乳房、濡れ具合抜群のお マンコ。
    △垢戮討魴鵑佑修蹐┐討い觝嚢盖蕕亡興舛訖搬痢
    ぐちょぐちょキツマ ンをいじり感じまくる淫妻の性





    14.★蠢く女性の性器:色々陰核マンコ動画★




    15.父・娘・母―禄ぶっかけ汁化粧2★

    ∋予熟、人妻中出し姦!(その他数多)




    16.お尻自慢★△發辰汎佑上げて下さい…★(他数多AV)
    スケベ妻!チ○コを目の前にすると高揚してむしゃぶりつき
    ザーメンを絞り出す!お尻を突き出しマ○コを開かれ肉厚な
    お尻を振り乱す!挿入され深く突かれ乱れ「おかしくなっちゃう」
    と我を忘れ感じまくる奥様![/b][/size]






    17.楽園から肉欲の世界へと堕ちて
    ★社長と秘書

    手を縛られたまま主人のカラダをアリクイのように舐め まわす。
    縄がおっぱいを揺らすたびにぷるぷる震えるロケットおっぱい。
    いろんなエロい形に姿を変える〜!!緊縛に目覚める淫乱若妻・奈々美・・・
    社長と秘書(生尺八:フエラチオ)





    18.淫乱美女・広瀬奈々美が緊縛に
    目覚める!?

    楽園から肉欲の世界へと堕ちてゆく・・・。
    手を縛られたまま主人のカラダをアリクイのように舐め まわす。
    縄がおっぱいを揺らすたびにぷるぷる震えるロケットおっぱい。
    いろんなエロい形に姿を変える〜!!
    緊縛に目覚める淫乱若妻・奈々美・・・






    19.「翔田千里」四十路美熟女の淫らな姿
    ・若妻悶絶乱交!他






    20.57歳熟母の卑猥な乳房  
      ¬瓦瞭麥惻屮宗璽廚任修離マンコを!





    21.[個人撮影]フレッシュ巨美乳1○歳のおまんこ尻穴丸見え!
    !ピチムチ尻フェチダンス[無修正ダンス




    22.★土建会社社長と現場長に
    土方飯場で犯される人妻 ★

    女性性器舐めずり潮吹き★★土建会社社長と現場長に土方飯場で犯される人妻
    :強制尺八に酔う人妻、官能静止画像頼まれるとイヤと言えない奥様達!房江さ
    んに頼み込むとタワワな胸を披露して二本のチ○ポを・・・真樹子さんも頼まれ
    るとイヤと言えない素敵な奥さん!淫部を凝視され舐められると我を忘れる!W
    フェラでギンギンにすると続けざまに挿入されザーメンまみれに!





    22.★土建会社社長と現場長に
    土方飯場で犯される人妻 ★

    女性性器舐めずり潮吹き★★土建会社社長と現場長に土方飯場で犯される人妻
    :強制尺八に酔う人妻、官能静止画像頼まれるとイヤと言えない奥様達!房江さ
    んに頼み込むとタワワな胸を披露して二本のチ○ポを・・・真樹子さんも頼まれ
    るとイヤと言えない素敵な奥さん!淫部を凝視され舐められると我を忘れる!W
    フェラでギンギンにすると続けざまに挿入されザーメンまみれに!





    23★蠢く熟女の性器:ハレンチ熟女・人妻官能

    ★色々陰核マンコ動画★★抱いて貰えないまま撮影が終了
    ★巨根を捻じ込むと思わず「きつい」と言うが
    すぐに「奥に当たってる」と乱れまくり
    顔に大量のザーメンを・・・





    24★人妻熟女シリ−ズ(J-ワイフ、パラダイス特集)
    「舐めて綺麗にして」と求める淫乱妻!挿入されるとさらに乱れまくり欲望のま

    まに・・・(Jワイフパラダイス 素人)



    S03-


    (動画)女性器陰核:女性器外性器:無修正画像
    :サンプル動画花電車
    ★突貫アナル劇場 〜後編〜★

    女性器マン開:男の口指・陰核クリ拾い
    ★(マンコ図鑑/集結)



    ★官能、静止画像★







    女体の神秘(115巻)

    無修正、無料サンプル見放題



    (ASPランカー)

    (新着サイト表示)
     


    (ASP- ランキンク)

     
    おまんこ写真 
    無料公開 掲示板〜無料
    動画見放題

        







    アダルトYou Tube

    エロ本蔵
    掲示板より大量AV(生)動画
    無料自由鑑賞・投稿
     


    アダルトYou Tube

    エロ本蔵
    掲示板より
    大量AV(生)動画

    無料自由鑑賞・投稿
     



    輪姦物語〜ユメノトビラ〜



      裸・家族(父母娘達と娘婿、兄嫁達)
    うちの娘はどうしてすぐ服を着るのかしら。うちの中では裸になりなさいって何度も言ってるのに。
    裸でいた方がいつでもバイブが入って気持ちいいのに。おとうさんも好きですからねぇ、バイブが。
    アナタ様もそう思いませんかしら?今回はうちの家族の仲睦まじい姿を見ていただきたいと思いま
    す。娘のカレのお顔に跨ったりなんかしちゃって、うふふふふふっ。おとうさんと娘も仲良しですの
    よ。アナタ様もいつでも遊びにいらしてくださいね。お洋服はお帰りの際にお返しいたします。ふふ
    っ。お待ちしておりますわ。
    http://click.dtiserv2.com/Click107/1-6-56630







    カウントダウンアダルト 熟女・人妻ランキング

      

    「おまんこ写真」

    おまんこ写真サイトへ!女子○生から人妻、人気AVアイドルまで
    、いろいろなおまんこを無料で大公開です!
    掲示板もあるので写真を貼り付けできます。

      

    普通系のOL・主婦からキャバ嬢系迄、
    プロフ充実!無料ギャラリー限定公開中〜
     

    ************************************************************************************

    (巨大チンポ) 
    0001




    素人投稿 ギャラリー
    (毎日更新)

     
    ( みんなのオナニー!「時には屋外で」 )
    亭主持ち2児の母親、34歳人妻さんを寝取ってしましました。
    今や私のSex奴隷と化し彼女も満足です。
    時には屋外でも楽しむようになったこの頃です。
    この日は夕闇迫る人気の無い小川の側の公園で
    ズボンを脱いで先ずは付近の草むらに放尿!
    未だ全部出し切らぬまま直ちに彼女の口中へ
    矛先を咥えさせました。いつもの様に彼女はコクンコクンと飲みます。
    苦痛の余りしかめ面になりながらもです。

    彼女の口を便器代わりにした後は、そのまま生尺八!
    彼女が首を動かす度に股間を締めるブリーフが褌よろしく
    肛門を擦り、いつになく大量の男汁を彼女に飲ませて上げました。
    Sex奴隷として相互に愛し合う男女が互いに飲尿する事。
    これも極普通の事ではありますが!
    門外漢の御仁には目くじらものかも知れませんね?
      




    普通系のOL・主婦からキャバ嬢系迄、
    プロフ充実!無料ギャラリー限定公開中〜
     

     
    無料動画サンプル見放題
    アクセス後=最上段(目次バー)〜
    「人気動画ランキング」クリックで、直選択閲覧可能。
    さらに、「このサイトの使い方」クリックでより詳しく分ります。
    (下記は現在配信中のほんの一例・「温泉乱交」のスチル画像です。
     

      
      アダルト動画 リンク   

    モンロー
    全国・女性パフォーマー一覧

     

    さらに無料サンプルは下記も!


    (相互リンク・みんなのオナニー:リンク「エロ厳選」へ!)




    芳子は人妻・女房である。
    しかも亭主はと言えば、自分が社長である自社の社員でもあるのだ。
    そんな事は社長である富蔵は百も承知の事ではある。
    富蔵自身芳子を己の生涯のSex奴隷とすること、また芳子自身彼女の人生に
    とってこの上無い喜びともなってしまっていた事。
    すでに社長たる富蔵は部下の女房をものにして2ケ月は経つ。
    今日も昼下がりのホテルの一室で、SF同士互いに、ねんごろなプレイはあった。
    しかし今日は日頃と少し違ってはいた。来るべき時を来させたともいえる。
    富蔵は芳子に自分の子を孕ませるのを最早やぶさかではなかった。
    デイープキッス最中の互いの縫瀬、終に富蔵のスペルマは
    芳子の体内に大量に放出されるのだった。
    そして翌日、富蔵jとの手はず通り、芳子は亭主に言い寄り
    亭主のスペルマも大量に受けていた。



    ***************************************************




    幼くして父を亡くした娘19歳、Jecligne、
    妻子ある、53歳男Bernarに、己のファザゴンを抱く。
    巨大な男根の虜に成りつつ!
    顔を覆う男の其れに安堵を覚え
    口にくわえスペルマを飲まされる事で彼との同一感を得
    ついには彼の子を宿す事となる。
    以後彼の正妻ともレズ関係を持ちつつ
    フランスはシャンパーニュ
    ワイナリー経営者として
    仕事と官能を両立して暮らしている。



    素人投稿 ギャラリー
    人画像毎日更新
     


    アダルト動画リンク♪
     






    これはかなりショッキングな事かもしれませんね。

     何せ男のSex趣向には未だ年輪も行かぬ若い娘を犯したい。
    そんな欲求もかなりあるのも確かなようで、それに
    しても62歳の真一さん、元気かなあ?

     未だ18歳の女子高3年生を、しかも祖父母の見てる
    眼の前で羽交い絞めにして顔にデーップキッスの連続、
    その後は、おま○んこナメナメ、そして自分の物を尺八
    させて、硬くなったところでブスーッと一刺し!中出しでうものねエ〜!
    彼女は生理日をちゃんと計算してて受け入れ
    てますからね孕むことは無かったですね。女子高生の
    彼女も大喜び。



     60歳過ぎとは言え射精はかなり多いようで、この
    女子高生さん、初めは飲み干すのに大変だったようですね。
    やはり初めはドロッとして、しかも男の精液独特の生臭さ
    がありますからね!でも毎日はともっかく、3日に1回、
    少なくとも1週間に1回は飲ませてるでしょう?

    他人の奥様に無料挿入

    ⇒【メルアド交換自由☆】



     もうあれから1年以上たちますから、彼女もだいぶ飲ん
    だ事になりますね。やhり子宮に発射は危ないですからね。
    お口なら幾らでも大丈夫ですものね。

     それにしても、若い娘さんを60過ぎの爺さんがねえ〜!
    でもさもありなん、めでたし目出度し。

     以前からこのコミュいらしてる方は何の話か十分
    ご存知ですよね!奇想天外夢のような話、いやあ!
    事実の事で〜す。
    「女子高生レイプ」な〜んて言ってもね。実は両者
    両過程十分に認知の上でのことですから、本当のレイプ
    ではありません。犯したののでもありません。そりゃ、
    果てる事もない爺さんからのデイーップキッス、それに
    生刺し中出しはあったけど、「レイプとか犯す」では
    ありませんね。そう簡単にそんな機会ってないですよね。

     でもこのコミュニテーではそんな類まれな許された
    ハードコアSexの展開を家族上げて実現もしてますよね。
    コミュニテイーってそんな事も可能になるんですよね。

     でも大抵はほとんど無理ですね。そんな話って!
    ただ、通常だれでもの世界はイメージ画像ならできます。
    また40枚以上、「特に女子高生レイプ」となずけて、
    機密サイトの方にUPしてみました。




    カリビアンコム
    人気・無修正動画ランキング
    春菜は留吉の言うなりに男の逸物を口にし舐め摺りを継続していた。
    年甲斐も無くかなり濃いスペルマを春菜の体内に留める留吉ではあった。
     
    *************************************************************************************** 
     爺さんと孫娘達!

    (70歳爺さんと女子高生・女子大生) 


     八月三日。夏の日の夜。岩風呂での入浴を終え、
    夕食が終わると、予ねて、妻の常子(65歳)と孫娘
    の雪子は留蔵と春菜の事を心得て、この夜はあえて庭に
    面するこの部屋へは来なかった。

     春菜の希望で部屋の明かりは煌々と照っている。
    だが、部屋に面する庭園もあえてライトアップされていた
    ためはっきりと美しく見える。

     夜とは言え、綺麗な純和風庭園を前にして、明るい中
    見る者がいたら、おおっぴらに自分と留蔵爺さんの事を
    見てもらいたい。これが春菜の望みでもあった。
    春菜は、両親がそうであるように、日常の生活では
    常時素っ裸でいること。これは普通の感覚になっている
    そんな娘でもあった。特異と言えば実に特異と言えようが
    事実だから仕方がない。寧ろ不自然とか特異と思う側の
    者こそ己の頭脳の切り替えをすれば良いだけのことでは
    ある。

     春菜自身の願い。これまた特異だったかも知れない。
     留蔵の孫娘の雪子と雪子の祖母で
    あり留蔵の妻である常子、この二人の女性に自分が留蔵
    の物になって行く所をしっかり見て欲しい。そんな願い
    を強く持つ春菜でもあったのだ。

     元来、留蔵の家は旧来の資産家で、広大な家屋敷だ
    ったが、留蔵も妻の常子も裏千家の茶道師範でもあり、
    2階建てで、和風旅館の様な広大な家ではあったが、 
    その一階は12畳二間と床の間の10畳間の3部屋は
    襖を開ければ全てつながり、全て留蔵自慢の純和風庭園
    に面していた。これも茶会の席で、お弟子さんや客が
    大勢に一斉参加してもつつがない様作ってあった。

     妻の常子は東南端の床の間と縁側に続く10畳間に
    激しい動きにも耐えられるようにと分厚いマットレス
    2枚に敷き布団も2枚ずつ二組敷いてくれていた。
    そして、孫娘の雪子と一緒に、留蔵と春菜の営みを
    程よく離れて見学する事となっていた。勿論、春菜や
    留蔵に介添えが要る際はその役も果たそうとして!

     留蔵が風呂から上がり褌一丁に浴衣掛けで部屋に入ると
    すでに春菜は浴衣一枚で布団に入り夏蒲団を掛け姿勢を
    真っ直ぐに延ばして仰向けに寝ている。常子と雪子も
    その側で留蔵を待っていた形だった。

     「フーム綺麗だね!春菜さんは。」留蔵はそんな事を
    いいながら、浴衣の前を広げ、どっかとばかりに春菜の
    寝る蒲団の横に胡坐をかいた。
     
     改めて春菜の寝姿を見る留蔵。
    確かに留蔵にしてみれば、春菜は留蔵の家に来た、その
    日に孫娘と従前からの思いを達して後は、何の屈託も無く
    丸裸で留蔵と妻の常子の前に現れている。実に一糸纏わぬ
    19の娘の丸裸である。当初、留蔵も常子も深刻な当惑を
    抱き、そんな事とは露知らずにいた自分達の事と言うより
    誰でもそうだろうが、どうしたら良いものかと悩み、とも
    かく未だ19歳の小娘、春菜を自分達の元へ送り出した
    両親へ事の次第を連絡したと言う。だが春菜の両親答えが
    また常人には唖然とするもので、春菜の両親もまた、ほと
    んど家に居るときは丸裸でいるそうで、春菜自身も幼い頃
    から家では裸生活が常で特に驚かないで欲しいとの事。
    ただ自分でも充分心得てはいるが、周りが寒いようなら、
    何かを羽織るように、また台所に立つときはエプロンは
    させて下さい。との事だった。

     あれから既に2週間は経つ。
    留蔵はことさら春菜の裸姿が珍しいと言う事もまた裸に
    よって今更特別な事もないだろうと思われる。

     所が今、ほのかな桃色の肩の浴衣を夏布団に偲ばせる
    春菜の側に胡坐をかいて座る留蔵は年甲斐もなく胸がなり
    常の自分とは違っているのに気付いた。すでに口の中には
    生唾が湧き出、目の瞬きもゆっくりと、目を瞑って寝る
    春菜の顔に釘付けになっている。それもそうかも知れない。
    70近くにもなるが、これまでの女とは自分の女房しか
    知らない。それが、事もあろうに未だ19歳の艶かしい
    生娘が自分にその身を捧げると言うのであるから。

     歳の若さでいえば、自分の孫娘は未だ18で、今眼前で
    自分の仕草をみている。しかし幾ら若い女とは言え、入浴
    時に後ろ姿をチラッと見るぐらいは若い女体を感じるが、
    さすが正面から顔をみると両親を亡くした自分の孫娘の顔
    であり、とても男欲なぞ沸いては来なくなる。

     だが春菜は全く違う。他人の娘の19生娘なのであるから。
    そして、いくら数日前に裸姿を見せつけられているとは言え、
    また年は取っても男は男である。その男の前に裸を見せつける
    女とは、いずれはこの様になっても致し方はない。なぞと
    思いはする。しかしやはり現実になると困惑する。まして
    同年代の孫娘が、また自分の妻が見ているのであう。焦りに
    も似た心境にもなる留蔵ではあったようだ。

     だがやはり留蔵も爺さんとは言え、男ではあった。
    今や胡坐をかく自分の膝の前に、その身を自分に捧げんとして
    目を瞑る19歳の生娘なのである。孫娘や妻にあえて自分の男
    の性をみせてもやろう!ついに男の欲望に火が着くのだった。

    「春菜ちゃん良いかい?」留蔵が春菜に言う。
    「お爺ちゃん〜お願い〜!」春菜が答える。
     

     留蔵は春菜の上体部の脇に巨大な太股を折って胡坐をかいて
    いたのだが、そのまま右腕を伸ばして春菜の左頬を鷲づかみ
    にして、ほとんど同時に春菜の顔に覆い被さる様に
    左手で右頬を掴みながら顔を春菜の顔の真上に持って行って
    いた。

    「ううう、春菜ちゃん綺麗だぞ!」留蔵はゆっくりと春菜の
    唇を奪った。小さな春菜の唇は留蔵の口中に入り終に留蔵の
    分厚い舌の餌食になって行く。

     ふと留蔵は春菜の口から離れると、もう右腕は春菜を覆う
    蒲団にかかっていた。そのまま薄い夏蒲団がガバッと剥がされ
    右手に飛ぶ。ついで春菜の浴衣の腰紐が無造作に引き抜かれた。

     改めて見える19の生娘の裸体!留蔵の巨大な胡坐越しに
    露となった艶かしい女体が、ライトアップされた庭の石灯籠
    と松の木や楓、ツツジ等の植え込みの写る池の水に生えるのだ。
    これほどまでに日本庭園に溶け込む裸の女体!
    ライトアップされた夜の庭を留蔵は好んでみていた。そして
    春菜の裸体を見た時に「もしや?」と奇抜な思いが脳裏をかすめ
    たが、今現実になってしまった。普段は孫娘と年老いた女房との
    3人暮らし。思いもよらない事だったが春菜の裸体を見た時に
    起こった奇抜な思い!70近い自分が人生で初めて見る光景
    ではあった。

     留蔵は春菜の顔の上1尺辺りに自分の顔を運んで上から改めて、
    しげしげと春菜の顔を凝視しながら呻くように言っていた。春菜の
    白くほんのりと薄紅をさした様なみずみずしい若肌の頬は
    留蔵の両手のゴワゴワと節くれ立つ巨大なな掌で押さえ込まれ
    ている。

    「お爺ちゃん、春菜の身体、お爺ちゃんに捧げたいです〜!
    どうぞ、春菜を食べて下さい。父も母も承知の事ですから。」
    白い肌にくっきりと浮かぶ小さな真紅の雪子の唇が小さく
    動きながら留吉に哀願する様に言う。

     「ウウウウ〜!」留蔵はついに春菜を捕らえてしまっていた。
    野獣のような唸り声を春菜の顔面に浴びせると口に溜まった
    唾液を飲み込みもせず、そのままガッと巨大な口の開くのに
    任せて春菜の顔にかぶりついたからたまらない。春菜の顔は
    留蔵の吐き出す大量の唾液で汚されて行くのだった。

     一瞬さすが春菜も不意にに襲う男臭放つ生臭く汚らしい
    唾液に襲われ、いわば本能的な逃げだろう。顔を左右に蠢かし
    留蔵の口を逃れようともがいていた。

     しかし留蔵の屈強な両手は、春菜のささやかな抵抗も許さない。
    むしろそんな春菜の逃げの蠢きに殊更グイッと締め付けが強まり
    次の瞬間、何と実に猛獣が獲物を喰らう様にガブガブとむさぼり
    喰う様に、顎から頬、そして口も鼻も額も耳も、所構わず、春菜
    の顔は留蔵の巨大な口に咥えられてしまうのだった。

     実に官能的な光景であり出来事ではあった。ただこれは春菜
    自身そう望んだ」事でもあり、本当に留蔵が自分を食べたければ
    そのまま食べられて留蔵の巨大な腹の中に餌食として飲み込ま
    れたいと願ってさえいたという。

     留蔵の巨大な口は春菜の口も鼻もスッポリと咥え込んでいる。
    ゆっくりと蠢く分厚い男の唇の間から時折、白い巨大な前歯が
    春菜の顔の皮膚を噛む。流れる男の唾液は止め処もなく滴り、
    最早、春菜の頬は左右ともヌメヌメする唾液で光っていた。

     留蔵は春菜の口からまた1尺ほど一旦口を離す。しかし
    口は大きく開いたまま唾液を滴らせていた。
    「ゲブッううううううう〜!」再び春菜の口と鼻は留蔵の
    口に咥えられる。

     「ウウウウウフフウフフンンンン、クククク苦しい〜!」
    春菜の悶え苦しく呻きに、ゆっくりと留蔵の口が離れると
    留蔵は言う。「春菜ちゃん、耐えるのじゃ。春菜ちゃんは
    ワシの物じゃからのう!ゲブッウウウ〜!」なぞと呻く。

     「お爺ちゃん、お爺ちゃんにさっき食べられたお魚達が、
    お爺ちゃんの、お腹から出て来たの。おじいちゃんのお腹の中で
    溶けてたの。凄く臭くて春菜、苦しかった。でもお魚さん達
    羨ましいなあ。本当にお爺ちゃんのお腹の中で溶けられるん
    だもの。春菜も溶けたい〜。」

    「フームそうじゃな。」なぞと相槌を打つように言った留蔵は
    再びガブリっと春菜の顔を口中に咥え分厚い舌をベロベロと
    蠢かす。もう春菜の顔は口や鼻は無論、顎から頬、項から両耳
    も、額から髪の毛までも、ベチャベチャと音を立てながら留蔵の
    吐き出す生臭い唾液によごされていた。しばしば胃袋から吐き戻す
    ゲップの溶液も容赦しなかった。

     春菜は留蔵の執拗な顔の舐め擦りには確かに恐怖にも似た
    苦しさを感じてもいたとは言う。

     特に留蔵の口から吐き出される唾液には、その匂いその物が
    生臭く、口に滴ると、さらに苦いような口が焼ける様な感じ
    さえし、もっと酷いのは留蔵が春菜の口を自分の口で覆った
    ままゲップをしたときで、これは留蔵の胃袋からの胃液のような
    苦く辛い責めに咥えときに、夕食で留蔵が食した魚などの
    消化物がその吐き出す液に混じって口中に出される。

     顔全体を這うヌルヌルした、非常な汚らしさ、惨たらし
    さも感じてはいた。だが一方、春菜はそんな言わば屈辱的な
    留蔵の顔の舐め擦りにも耐えていたし、むしろ耐える事、
    それ自体嬉しく自分自身のとてつもない高まりを得ていた
    とも言う。

     舌舐め擦りをする留蔵の口が春菜の顔を、ようやく離れると
    それまで、馬乗りになって跨いでいた、太い片方の太股を春菜
    の身体から離して再度、春菜の右に胡坐をかく。
    そして、おもむろに春菜の浴衣の帯に手をかけると、
    シュッっと結び目を引き、淡い黄色の浴衣帯が春菜の身体
    から引き抜かれた。留蔵の手は浴衣の丁度腰の辺りをゆっ
    くりと開き、ほぼ春菜の裸体姿が露になる。
    留蔵の左手は直ぐに春菜の胸に右手は春菜の太股の下、
    膝頭辺りを押さえ込んだ。
    花模様のほのかにピンクから朱色にそまるグラデーションの
    美しい春菜の浴衣は無造作に左右開かれていた。

     若い19歳の女体を白日の下にさらし、改めて、しげしげ
    と眺める70男の留蔵ではあった。「フーム。綺麗じゃのう
    春菜ちゃんの身体は!」また口から溢れ出ようとする
    唾液をベロベロと舌舐め擦ずりしながら留蔵は己も浴衣を脱ぎ
    褌を無造作に脱ぎ取って呟く。

     「お爺ちゃん春菜を食べて。」
    「ンン、食べちゃったら春菜ちゃんが居なくなるぞ!
    そりゃ嫌じゃなあ!」

     なぞと云いながら、留蔵は春菜の首と太股を押さえ込む手に
    一層、力が入る。なんと身を屈めて春菜の白くふっくらと膨らむ
    豊かな乳房をガブリッとばかりに口中に咥えるのだった。
    留蔵の口中で春菜の乳房は瞬く間に唾液責めに合う。
    時折、留蔵の甘噛みも加わって。
    「あっ、痛い、お爺ちゃん、イイイイイ嬉しい。食べてェ〜!」
    春菜が叫ぶ、その声に合わせるかの様に留蔵はもう一方の乳房を
    咥えて口中で弄ぶ。

     「ウウウウ〜!」留蔵の野獣のような呻きが起こると、再び
    春菜の顔が唾液を垂らす分厚い留蔵の厚い唇に閉ざされる。
    そして徐々にその唇は、春菜の顎から喉へ両方の肩へ、再び
    乳房へ、柔らかい腹部へと舐め擦り這っていく。グチャグチャと
    汚らわしい音を立てながら。
     
     やがて留蔵の唇は春菜のふっくらした美しくもエロチックな
    両方の太股へと這う。口は上下の歯を見せながら、大きく開い
    たと思うとガブリとばかりに春菜の太股にかぶり付く。
    「イイイイィィ〜イターィ!」春菜の声を押し殺した呻きが
    響いた。春菜の首と両膝は留蔵の屈強な両腕に押さえ込まれ
    身動きさえできない。

     留蔵の巨大な口は相変わらず唾を垂らしながらも終に春菜の
    花芯を捕らえていた。
    「ウウウー、ペチャペチャ、シュパッ、シュパッ、ゥウゥ〜!」
    「アアァ〜!お爺いちゃ〜ん!イイイイイ〜!」
    その時、留蔵の大きな身体がゆっくりと動いた。
    左の巨大な太股がガバッと上に上がったかと思うと何と
    その膝が春菜を跨いで春菜の左側に行く、っと右の巨大な太股
    も春菜の右胸を押さえ込む。

     ふと、花芯を離れた留蔵の口は、ゆっくりとだが、決して春菜の
    肌を離れることなく、徐々に柔らかい両太股の表も裏も喰いつづけ
    やがて膝から脹脛、ついには足首から足の指まで、実に喰う様に
    舐め擦りしていた。その巨大な口は、さらには再び乳房を食んだと
    思うと、春菜の腕がとられ、肩から腕へ、手首から掌、そして指
    全部も留蔵の口の中へ入っていくのだった。留蔵は所謂、全身舐め
    擦りをしたのだ。もう春菜の身体は全身細部に至るまで留蔵の口中に
    入り、ベタベタと留蔵の唾液で汚され臭い男臭を放つまでになって
    いたと言う。

    モンロー
    全国・女性パフォーマー一覧

     

     「ウウウウウウ〜!」春菜の呻きが留蔵の実に白い毛の交じる
    密生した陰毛の中に響いていた。留蔵はまたもや春菜の頭を押せ込み
    己の股間に押し付けている。巨大な留蔵の臀部が宙に浮く様に上に
    上がったと思うや、逸物の先端は早くも春菜の口に当てがわれている。
    すると春菜は、ほとんど申し合わせでもしていたように留蔵の逸物をスッと
    口中に咥え込むのだった。留蔵はそのまま張るなの股間に
    一層の深さまで巨大な顔を埋めて舌を延ばし激しく春菜を
    舌で責めつつ己の股間では春菜の口を責めるのだった。

    「シュパッ、シュパッ、ジュルジュルズズウゥ〜、ゴクリゴクリ」
    19の生娘、春菜の女体が70男の節くれだった腕で掴まれまたもや
    口に飲み込まれて行く。留蔵の喉がグイッ、グイッと蠢いていた。

     ふとその時、留蔵は股間を開き春菜の股間から頭を持ち上げた
    とみるや、ウウウウなぞと呻きながら、スックと立ち上がった。
    そして、「春菜ちゃんさあ、見るのじゃ!」なぞと言って春菜の
    顔が自分の其処を見れるように春菜の身体を跨ぎ直して、春菜の
    顔の真上に己の逸物をふりかざす。なんとも凛々しい姿ではある。

     留蔵の身体はさすがに春菜が惚れこむ老年の男体と言って
    良いものの様だった。70男とは言え若い頃から
    相撲を主として空手や合気道、剣道をやりこなし、今でも
    若い者に指導する、その身体は節くれだった手指まで実に
    男を感じさせ若い春菜を魅了していたのかもしれない。

     片方の太股でさえ春菜の胴体よりも太い、尻は大の大人二人分
    ほどの巨大尻で、特に腹は実に相撲とりの体格そのもの、ただし、
    太股や尻、また肩の筋肉は正に格闘家のそれだった。
    こんな男に勝てる女なぞいる訳がない。もしその両腕で本気に
    絞められたなら、この世の終わりになる。そんな恐ろしいほどに
    逞しい男体であったのだ。さらに男の肝心な所も並外れに巨大で
    日本人としては珍しくイキリ立つと、ほぼ1尺に近いほど迄に
    なり、太さも並みの日本人男の2倍はあるだろうと思われるほど
    図太い逸物でもあった。

     春菜は留蔵の口が自らの花芯を離れ、全身の小さな震えを感
    じつつも真上を見上げる。凛々しく聳える憧れの雪子のお爺ちゃん。
    「大きなお腹っ!太い太股っ!凄い、嬉しい。」春菜は改めて思った。

     すると、留蔵は天井を向きつつ静かに目を瞑り、春菜の頭を
    ゆっくりと両手で押さえ込み己の股間へと押し付けていた。

     「ククククー」春菜の狂おしい呻きが巨木の様な太い太股に響く。
    留蔵はそんな春菜の苦しげな呻きを耳にしながらも両手の力を緩めない。
    いやましてゆっくりと春菜の頭を股間へと圧しつけていった。
    己の逸物の先端が齢に似合わず19の娘の喉深くを占有し
    その刺激を感じてか、太く凛々しく固まりながらだった。

     「春菜ちゃん、耐えるのじゃ。鼻で息をするのじゃ。ベロを回
    してな。」爺さんの呻くような声が春菜の頭上に獣のように響いた。
    春菜は嬉しかった。云われるままにデップリ太った油光のする留蔵の
    下腹部でムシャムシャ密生する白い陰毛の隙間に留まり息をするのだ
    った。ムッと来る爺さん男臭いが否応なく春菜の鼻腔を襲う。
    「凄い、素敵〜」その男臭そのものも生娘、春菜をますます虜にして
    いった。

     ふと其れまで顔に押し付けられていた逞しい肉棒が春菜の顔を
    離れる。見上げると、何と巨大な臀部が春菜の顔を押しつぶそう
    といる感だった。そしてその馬の尻を思わせるような巨大な尻は
    本当に春菜の顔を押しつぶしに掛かって来た。

     「ウック苦しい〜!」春菜の口も鼻も留蔵の尻の谷間に押し込
    まれていた。

    「春菜ちゃん、舐めてくれ。舌を中まで入れてな!」
    春菜は自分の口が留蔵の肛門に塞がれているのを知った。
    そして留蔵が言うままに素直に小さな舌を延ばした。
    「ウッ、良いぞ。爺さんの汚い尻の穴を舐め取ってくれ!」
    春菜は今自分の舌が這ってる所は留蔵の肛門であり、そこが
    便のの排泄される人間の身体では最も汚い所とは勿論知っていた。
    でも春菜は従順だったと言うより、留蔵の言葉以上に積極的だった
    かも知れない。シュパッ、シュパッ、シュパッと音を響かせ、
    さらに舌を深くまで延ばした。その延ばした小さな舌も留蔵は
    ギュイッと締め付ける。舌が引き抜かれる様な恐怖感にも襲われる。
    だが、その怖さの反面嬉しさで満足する春菜でもあった。
    鼻に感じるのはやはり肛門の排泄物の様な汚い匂いだった。
    しかし肛門で締め付けられる舌に感じるのは、苦い様な辛いような
    強い刺激だったと言う。

     突然グワッと巨大な留蔵の臀部が春菜の顔面に再び聳える。
    そのまま留蔵の身体が離れると、何とまた、あの巨大な口に
    春菜の顔はガップリと咥えられるのだ。ゆっくりだが執拗に
    舐め擦る巨大な留蔵の舌!唾液が一層ベチャベチャに垂れてくる。

     そして顔から口が離れると、「ウウウウ〜!」っと呻きが
    起こり、また巨大な臀部が春菜の顔の上に来る。今度は留蔵
    は和風トイレの姿勢で春菜の顔を臀部に敷いているのだ。
    自分の口から吐いた唾液で春菜の顔がヌルヌル滑るのを良い事に、
    留蔵の臀部が春菜の顔を撫ぜ回すのだった。

     上下に左右に円を描く様に。時折、春菜の口は肛門にまた
    挟み込まれたりもする。春菜は臭さと汚さと苦しさに耐えた。
    耐える事自体嬉しかったのだ。

     間もなく留蔵の腕が春菜の胴体を抱え春菜の下半身が宙に
    浮く。自ずと白いふくよかな春菜の太股が開いてしまった。
    その開く間にすかさず留蔵の顔が入る。また春菜の花芯が留蔵の
    口の中へ、さらに玉門迄も留蔵の舌が這い回る。
    「アアアア、イイイイイイ!」春菜の声が留蔵の今や太股に閉じ
    られた巨大な股間から漏れ聞こえていた。留蔵の舌舐め擦りは終
    には春菜の肛門まで侵入に遠慮なく舐め吸いされる。

     「ウウウウウウ〜!」留蔵は唸った。口から垂れる唾液を舐め
    とろうともせず、すでに留蔵の唾液で汚されているとはいえ、19
    の柔肌の下腹部からふくよかな胸へ、そして再び顔へと垂れて行く。

     
     
     

     70爺さんとはい云え、さすが若い頃からの体格作り、今も合気道や
    空手、剣道の他に、こよなく好む相撲を常時の生活とするだけある。
    とりわけ食事の大食いは、もう妻も孫娘も殊更、気にもかけないが、
    大人3人分は常の食事とくるから確かに常人ではないのである。

     ただ、留蔵の身体は外見の逞しくも凛々しい体格だけではなく、
    掛かりつけの内科医師も言う如く未だに40代の体力と来るから、
    さも在りなんかもしれない。

     19の生娘、春菜の女体は既にムンムンと男臭を激しく放っていた。
    さらに留蔵は春菜の乳房をガブリっと頬張り口中で舌舐め擦りしながら
    吸い込む、実に本当に巨大な男の口に喰われてしまう感なのではある。

     そして再び留蔵の汚らわしい唇はゆっくりと、開閉しながら唾液を
    垂らしつつ春菜の顎を頬を這う。ふと、巨大な尻がグワッと持ち上がる。
    春菜の柔らかくも、ふくよかな太股が左右に開けられたと思うと、馬尻
    を思わせる留蔵の巨大な尻の間からは血管を浮き立たせてイキ立つ太く
    長い逸物が跳ね上がるように2度、3度ビンビンと揺れたかと思うと
    何ら手を添えることも無くそのまま、柔らかくも白い薄桃色の春菜の
    股間を裂きグイッと差し込まれて行くのだった。

     「あああああァアアアッァ、イイイイイイ〜!」春菜の痛気な呻きが
    狂おしく響いた。「うっ、春菜ちゃん大丈夫だよ。さあ力を抜いて、
    爺さんに任せるのじゃ!」留蔵が唸るように言う声も春菜には宙を舞う
    様な心地よさで聞こえたと言う。もちろん、これら全ての光景を孫娘の
    雪子も妻の常子も見ているのである。

     やがて、留蔵の巨大な腹が下になり太い両腕は春菜の両肩の脇に
    置かれる。もはや春菜の顔は留蔵の節くれだった巨大な掌の中で全く
    動くこともできなくなる。巨大な男の太股と臀部がユッサユッサと上下
    前後に動めく。それにつれて、大きな男の口は、またもや春菜の口も
    鼻も塞ぐ。春菜は留蔵の口の中で呼吸をせざるを得ない。ただ、留蔵は
    行為の最中でも、妻との時もそうだったらしいが、息を吸い込む時は
    口で吸い、吐くときは鼻から吐きだす。こんな言わば呼吸のテクを使って
    いたという。お陰で春菜の呼吸は唾液で濡れた唇の隙間とはいえ、
    一応新鮮な空気で呼吸ができたという。ただ、強烈な男の技に自らが
    女の高揚を遂げて発する淫声は留蔵の口室を響かせたが、外には篭る
    苦しげな音に聞こえていたという。

     やがて馬尻の臀部は徐々にその動きを速め終には部屋中が揺れるほど
    の激しい動きとなった。もう留蔵の口は大きく開き春菜の顔全体を咥えて
    いるようにさえ見え、春菜の喜びの声は留蔵の唇を震わせ唾液を跳ねる
    勢いで口外へけたたましく響いたという。そして留蔵の其処からは大量
    のスペルマが19の生娘の膣内に勢い良く注ぎ込まれたのだった。

     「ウウウウウウ〜。」出し終えた、留蔵は、またしもゆくりと春菜の
    顔をしばらくの間舐め吸った。そしてゆっくりと、己の柔らかく成った
    逸物を春菜の体内から引き抜く。妻の常子は夫の尻が揺さぶり動く頃、
    すでに真っ白な絹の布を春菜と夫の交接する、その真下に敷いていた。
    その絹の布の上にヌルヌルと男の白濁十がたれたが、それは時折、真っ赤
    な赤帯も流れていた。この絹の布こそ、後に春菜の両親に捧げる、春菜が
    女にされた証左の布ともなったのだ。

    ********************************(続)**********************************

     70爺さんとはい云え、さすが若い頃からの体格作り、今も合気道や
    空手、剣道の他に、こよなく好む相撲を常時の生活とするだけある。
    とりわけ食事の大食いは、もう妻も孫娘も殊更、気にもかけないが、
    大人3人分は常の食事とくるから確かに常人ではないのである。

     ただ、留蔵の身体は外見の逞しくも凛々しい体格だけではなく、
    掛かりつけの内科医師も言う如く未だに40代の体力と来るから、
    さも在りなんかもしれない。

     19の生娘、春菜の女体は既にムンムンと男臭を激しく放っていた。
    さらに留蔵は春菜の乳房をガブリっと頬張り口中で舌舐め擦りしながら
    吸い込む、実に本当に巨大な男の口に喰われてしまう感なのではある。

     そして再び留蔵の汚らわしい唇はゆっくりと、開閉しながら唾液を
    垂らしつつ春菜の顎を頬を這う。ふと、巨大な尻がグワッと持ち上がる。
    春菜の柔らかくも、ふくよかな太股が左右に開けられたと思うと、馬尻
    を思わせる留蔵の巨大な尻の間からは血管を浮き立たせてイキ立つ太く
    長い逸物が跳ね上がるように2度、3度ビンビンと揺れたかと思うと
    何ら手を添えることも無くそのまま、柔らかくも白い薄桃色の春菜の
    股間を裂きグイッと差し込まれて行くのだった。

     「あああああァアアアッァ、イイイイイイ〜!」春菜のいたい気な呻きが
    狂おしく響いた。「うっ、春菜ちゃん大丈夫だよ。さあ力を抜いて、
    爺さんに任せるのじゃ!」留蔵が唸るように言う声も春菜には宙を舞う!
    心地よさで聞こえたと言う。もちろん、これら全ての光景を孫娘の
    雪子も妻の常子も見ているのである。

     やがて、留蔵の巨大な腹が下になり太い両腕は春菜の両肩の脇に
    置かれる。もはや春菜の顔は留蔵の節くれだった巨大な掌の中で全く
    動くこともできなくなる。巨大な男の太股と臀部がユッサユッサと上下
    前後に動めく。それにつれて、大きな男の口は、またもや春菜の口も
    鼻も塞ぐ。春菜は留蔵の口の中で呼吸をせざるを得ない。ただ、留蔵は
    行為の最中でも、妻との時もそうだったらしいが、息を吸い込む時は
    口で吸い、吐くときは鼻から吐きだす。こんな言わば呼吸のテクを使って
    いたという。お陰で春菜の呼吸は唾液で濡れた唇の隙間とはいえ、
    一応新鮮な空気で呼吸ができたという。ただ、強烈な男の技に自らが
    女の高揚を遂げて発する淫声は留蔵の口室を響かせたが、外には篭る
    苦しげな音に聞こえていたという。

     やがて馬尻の臀部は徐々にその動きを速め終には部屋中が揺れるほど
    の激しい動きとなった。もう留蔵の口は大きく開き春菜の顔全体を咥えて
    いるようにさえ見え、春菜の喜びの声は留蔵の唇を震わせ唾液を跳ねる
    勢いで口外へけたたましく響いたという。そして留蔵の其処からは大量
    のスペルマが19の生娘の膣内に勢い良く注ぎ込まれたのだった。

     「ウウウウウウ〜。」出し終えた、留蔵は、またしもゆくりと春菜の
    顔をしばらくの間舐め吸った。そしてゆっくりと、己の柔らかく成った
    逸物を春菜の体内から引き抜く。妻の常子は夫の尻が揺さぶり動く頃、
    すでに真っ白な絹の布を春菜と夫の交接する、その真下に敷いていた。
    その絹の布の上にヌルヌルと男の白濁十がたれたが、それは時折、真っ赤
    な赤帯も流れていた。この絹の布こそ、後に春菜の両親に捧げる、春菜が
    女にされた証左の布ともなったのだ。

    ********************************(続)**********************************

     

    次回「激烈な官能地獄」予告
    ・春菜の父親、修一47歳は顔を仰向けに寝る妻の美咲38歳、の
    ふくよかな尻の谷間にあてがわれ、美咲の頭は19歳の我が娘、春菜
    の太股に挟まれている。

     70爺さんの留蔵は何ら遠慮する風もなく、亭主の顔に
    己の巨大な肉棒を擦り付着させると其のままグイッとばかりに
    三咲の膣内に生刺しする。

     三咲の女体に覆い被さる70男の留蔵の巨体。その顔は何と19歳の
    己が夫婦の娘、春菜の股間を覆い、そのまま19の蕾を無造作にガブリ
    ガブリっと喰んで行くのだ。

     (春菜の父65歳と麻美・18歳) 

     春菜の父、雄一は生尺、股間に麻美を挟んでフグリ玉からしゃぶら
    せる、勿論ハメ撮り等、タックサンですが、最後の数枚は
    凄い官能かもですね。

     セーラー服を着たまま縄で縛り上げられた女子高生麻美を
    男は股を広げて頭を押さえつけて強制尺八させてますね。
    その後、男は両方の太股を上に上げて?何を?
    そう、男は自分の肛門を強制舐め擦りさえているですね。
    そして、その後また太股で女子高生の上体を挟み込んで
    尺八しゃぶりさせてます。終にはベッドの上で、お口
    ○ンコ宜しくピストンです。

     これは、はっきり言って女性は苦しい。口に咥えさせ
    られたまま男が昂揚すると体重をそのまま女性の顔面に
    かけて、上からグイグイ圧し掛かかられる。
    もっともその苦しさが好きって、女性もかなり
    いますけどね!

     最後は縛った女子高生を上から覆いかぶさっての
    中出しで終わったようです。

     ただ、この画像は機密サイトの方にです。
    入場にはパスワードが要求されますが、機密コミュの
    左メニュー「ブックマーク」から機密DTIサイト案内に
    書いてます。管理人へ支援・協力頂ける方!
    下記一読の上、宜しくで〜す。
     

     

     

     

    機密大量(生)画像館

    と機密サイト、案内ページ

















    和風


    無修正熟女・パコパコママ





     

    Hな0930奥様
     





    (当ログ、「シニア男のアダルトな夜」最近ページ目次)

    女陰・女性の性器    
    無料、無修正、女
    ★うごめく熟女の
    熟女人妻AVシリ
    熟女lの女性器見
    女性の性器陰核・
    女股開き女性器、
    カリビアン「マン
    五十路熟女:女陰
    熟女の女性器、陰
    熟女の女性器・陰
    熟女の女性器・陰
    H0930 シリ
    ゾクゾクする!熟
    熟女の性器・シニ
    人妻をヤル年上の
    ★爺さんの眼の前
    ★昭和の官能AV
    美人秘書の悲劇〜
    うごめく熟女の女



    ★S級妻【生
    (女陰)女性器満
    上原亜衣・強制イ
    ¬譴気鵑凌雄瞥
    熟女・人妻フェラ
    (動画)女性器(
    洗ってないアソコ
    大股を開いてM字
    淫靡な肉体(他、
    ハードSM拘束ハ
    「かわいい女の子
    感度バツグンでヨ
    熟女/人妻専科(
    ★突貫アナル劇場
    超絶熟女のチンポ
    お恵み下さい:巨
    巨漢男と生娘:フ
    蠢く熟女の女性器
    厳選、天然娘!★
    未亡人レイプ★寝


    (トップページへ)



     

    | サンプル動画一覧  | アダルトサイト比較ナビ  | ライブチャット比較ナビ | ADULT COLLECTION |
     
     
    「裸家族・爺さんと孫娘達!爺さんと生娘達の濃厚Sex!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    シニア男の過激Sex!二人のシニア男と若い娘(ロリータ) (2014/05/16)
    ★オマンコ図鑑★巨漢シニア男のロリあそび:濃厚キッス、執拗フェラ、肛門舐めとり手コギフェラ、巣股ブッカケ (2014/07/03)
    ロマンポルノ「おじさんの子種がもれちゃう!」 (2014/04/29)
     
       
     
     
     

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     
     
     
     

    トラックバック

    滋賀県 - オークションワン

    1発落札も夢じゃない!驚愕の1円落札者続出オークション!
    1. 2011/10/26(水) 03:25:52 |
    2. 滋賀県 - オークションワン
    http://iyashiya.getenjoyment.net/one/?w=%e6%bb%8b%e8%b3%80%e7%9c%8c
    | サンプル動画一覧  | アダルトサイト比較ナビ  | ライブチャット比較ナビ | ADULT COLLECTION |
    トラックバックURLはこちら
    http://shige.dtiblog.com/tb.php/406-dd3596fc
     
     
     
     

    DTIブログって?

    1.  
     
     
    【生ハメ/高画質】※寝取られ願望!★旦那の歪んだ性癖の餌食妻★★アナ舐め手漕ぎフェラ
    【生ハメ/高画質】※寝取られ願望!★旦那の歪んだ性癖の餌食妻★★アナ舐め手漕ぎフェラ
    ホームへ
    ホーム
    父兄に襲われた美人教師★★熟女人妻、女性器開き、陰核オープン
    父兄に襲われた美人教師★★熟女人妻、女性器開き、陰核オープン

    copyright © 2006
    Powered By DTIブログ
    allrights reserved


    エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

    - calender -
    10 | 2017/11 | 12
    Su Mo Tu We Th Fr Sa
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    - entries -
    - comments -
    - track_backs -
    - archive -
    - category -
    - links -
    - search -
    close