シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp) 「母娘親子丼」人妻イラマチオ!過激執拗フェラチオ
無料
エロ
動画

    シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp)

     
     

    「母娘親子丼」人妻イラマチオ!過激執拗フェラチオ

    1. 16:02:06

    母を犯した親方様は私をも! 

    「母娘、親子丼」
     




     貴方の指示で生女体が蠢く!

     

    DXLIVE、会員数・女性登録数業界最大規模!
    大人のためのライブチャット。

     清純派からエロかわ系まで素人の女の子たちと
    リアルタイムで映像を見ながら淫らな
    トークやバーチャルSEXが24時間楽しめます。
    全国版一覧


    DXライブ:北海道地方のパフォーマー

    DXライブ:東北地方のパフォーマー


    人妻イラマチオ!過激執拗フェラチオ〜ついに中出しへ!


    DXライブ:関東地方のパフォーマー

    DXライブ:中部地方のパフォーマー

    DXライブ:関西地方のパフォーマー

    DXライブ:中国地方のパフォーマー

    DXライブ:九州・沖縄地方のパフォーマー

    DXライブ:海外のパフォーマー

    DXライブ:HDチャット攻略マニュアル   


    有名老舗、我が国最大アダルト動画各社
    官能AV動画何でもあり。
    (米国サーバー配信により、当然ですが全て無修正{生}動画です。) 

     

    (  全、サ イ ト 一 覧 )

     


    無修正初心者の方に一番のお勧めは「 カリビアンコム
    」のように古くからある老舗サイトです。ジャンルも豊富で高画質!金額以上の満足感を得られると思います。特定の好みがある方は、下のリンクからお好みのサイトを見つけてください。必ずお気に入りのサイトが見つかるはずです。それぞれ無料サンプル等用意されていますので参考にしてください。

     

    カリビアンコム 
    無修正動画最大手  迷ったらココ!
    安全確実!
    カリビアンコム
    プレミアム

    ペイパービュー方式
    ■一本道

    超高画質大画面 
    高画質ならココ!
    ハイビジョン 配信有り!
    ■米国性動画通信
    アメリカンポルノ
    大御所サイト 
    洋物ならココ!
    ■アキバ本舗
    人気AV女優から
    素人まで
    ■アクアリウムTV
    AV女優から
    マニアック系まで
    ■天然むすめ

    高画質大画面
    素人無修正 動画
    ■エッチな4610
    高画質大画面 素人無修正 動画専門サイト
    ■エッチな0930
    高画質大画面 熟女人妻 無修正動画
    ■パコパコママ
     オリジナル熟女に こだわった 専門サイト
    ■JPNANPA.COM
    ナンパハメ撮り
    無修正動画サイト
    ■マニアックマックス1 
    マニアック系
    専門無修正 動画サイト
    ■奥様は痴女
    M気のある男性に
    絶大な人気を誇る
    熟女系新サイト
    ■くり〜むれもん 
    美少女・制服 

    コスプレ等 マニア系
    ■X-Gallery 

    アニメ・お宝
    ・素人等々 多ジャンル
    ■URAMOVIE.COM
    素人系更新多い
    ■エロイカ
    動画本数が
    豊富な無修正
    動画サイト
    ■H:G:M:O
    有名女優ものから
    インディーズまで
    ■JGIRL PARADISE
    低価格素人画像など
    ■極楽天
    ジャンル多彩な
    高画質無修正動画
    ■エロアニメTV
    高画質無修正
    アニメ動画
    ■エロックスジャパン
    アニメ他全ジャンル
    巨大総合
    アダルトサイト
    ■ネットコミック
    オリジナル成人向け
    コミック

    ■素娘コム
    素人生撮り画像と
    無修正動画
    ■ガールズ21プラス
    素人娘の完全
    オリジナル画像
    ■投稿大魔王
    赤外線カメラを
    使った盗撮サイト
    ■日本人のおしっこEX
    素人娘のおしっこ
    シーンを高画質で
    ■ドラムカン
    マニア系複合サイ
    ■文庫ドラムカン 
    ドラムカンの中の
    人気番組をチョイス
    ■このメス豚がぁぁぁ!
    SM、異物挿入、
    浣腸、 スカトロ、等々
    鬼畜系 マニアックサイ
    ■ムービーガールズ
    可愛い系から
    綺麗系まで
    ■カリフォルニ.COM
    新星無修正
    動画サイト
    ■JPEアンコール
    高画質ムービー
    &写真集
    ■Asian Ange 
    l
    オリジナル動画直
    撮り下ろし
    ■ジャパビューティー 
    新星無修正
    動画サイト
    ■エロスプラネット
    独占入手日本未公開 無修正動画
    ■中出し1000人切り
    生ハメ中出しリアル
    素人専門サイト
    ■素人党 

    20種類近い素人
    動画カテゴリー有り
    ■カリビアンコム陵辱
    陵辱系無修正専用

     
     


    以下、カリビアンコム専用、各ジャンルページです

    ★カリビアンは何故業界No.1なんだ?★

    ★You Tube官能動画集★


    無料AV動画サンプル見放題 
     

     AV動画メイン
    シニアのアダルト・裏ブログ

     大量(生)静止画像
    直リンクサイト・目次ページ



     

    (ASPランカー)

    (新着サイト表示)
     

    Pic Upサイト
    当サイトへ多くのアクセスを送って下さるサイト様です。
    是非訪問してみて下さい。ピックアップサイト(1) 








    ■エッチな0930 高画質大画面 熟女人妻 
    無修正動画

    ■パコパコママ  オリジナル熟女に こだわった 専門サイト

     

     
      

     


    (ASP- ランキンク)






    普通系のOL・主婦からキャバ嬢系迄、



        
      





    芳子は人妻・女房である。
    しかも亭主はと言えば、自分が社長である自社の社員でもあるのだ。
    そんな事は社長である富蔵は百も承知の事ではある。
    富蔵自身芳子を己の生涯のSex奴隷とすること、また芳子自身彼女の人生に
    とってこの上無い喜びともなってしまっていた事。
    すでに社長たる富蔵は部下の女房をものにして2ケ月は経つ。
    今日も昼下がりのホテルの一室で、SF同士互いに、ねんごろなプレイはあった。
    しかし今日は日頃と少し違ってはいた。来るべき時を来させたともいえる。
    富蔵は芳子に自分の子を孕ませるのを最早やぶさかではなかった。
    デイープキッス最中の互いの縫瀬、終に富蔵のスペルマは
    芳子の体内に大量に放出されるのだった。
    そして翌日、富蔵jとの手はず通り、芳子は亭主に言い寄り
    亭主のスペルマも大量に受けていた。



    ***************************************************

    あなたに潮を吹かせることが出来きますか?
    !!!吹かせ方、こちらから>>>


      
    ( みんなのオナニー!「時には屋外で」 )
    亭主持ち2児の母親、34歳人妻さんを寝取ってしましました。
    今や私のSex奴隷と化し彼女も満足です。
    時には屋外でも楽しむようになったこの頃です。
    この日は夕闇迫る人気の無い小川の側の公園で
    ズボンを脱いで先ずは付近の草むらに放尿!
    未だ全部出し切らぬまま直ちに彼女の口中へ
    矛先を咥えさせました。いつもの様に彼女はコクンコクンと飲みます。
    苦痛の余りしかめ面になりながらもです。

    彼女の口を便器代わりにした後は、そのまま生尺八!
    彼女が首を動かす度に股間を締めるブリーフが褌よろしく
    肛門を擦り、いつになく大量の男汁を彼女に飲ませて上げました。
    Sex奴隷として相互に愛し合う男女が互いに飲尿する事。
    これも極普通の事ではありますが!
    門外漢の御仁には目くじらものかも知れませんね?





    パコパコママ(20代〜50代)





      30〜40、50代、人妻リスト女体験







    パコパコママ人妻熟女のメス本能(20代〜50代)






       
    有料サイトですが、各サイト共にサンプル動画があります。
    熟女シリーズ楽しんでみて下さい。

     

    20代 人妻リスト30代 人妻リスト40代 人妻リスト50代 人妻リスト


    Hな0930奥様(詳細)

     38歳、豊満人妻さん。

    現在女子高2年の娘と中学3年の男児2人の子持ち
    の母親でもあります。もう4年来の私との間柄で昨年からは
    女子高生の 娘共々の私への通い妻の間柄です。
    ご亭主は全くこの事に気付いていません

     母親は口マンが大好きで、デップリ太った太股は実に悩殺ですが、
    その豊満な頬を膨らませ私の逸物を喉の奥まで刺されて、
    私の股の間で悶え揺れる豊満な乳房は圧巻です。

    娘さんに出さなかった分、たっぷりと母親の喉の奥にドクドクと放出
    しました。私の物を咥えたままクイッ、クイッと飲み込むペルマを飲みの
    様子がまた素晴らしいものです。

    娘を正常位でたっぷりイカせた後の母親への口マン光景。
    娘さんが写しました。



    「無修正AV、人気ランキング」
      

     

     

    エロスプラネット
     数多くの日本映画界の名監督、名優を輩出した
    日活ロマンポルノの製作者が
    プライベートで撮り続けた「お蔵入り」作品たちが
    今よみがえる。  
     。


     
     エロスプラネットではこの「お蔵入り」作品を一挙48タイトル公開! 
    ふたたび「お蔵入り」になる前にあなたのコレクションにしてください。




     佳子のの頭を股間に挟み込み、フンドシを
    顔の上ではずして、まだ洗っても無い男臭放つ己の股間、
    肉袋と肛門の間に娘の口を当てながら「ほうれ、ちゃんと
    臭いをかげ!これが男の臭いじゃ!」なぞと唸る様に
    言い放ちながら娘の顔をグイグイと太股で
    締め付けているのでした。


    義父は私の顔を股間に!



     親方様は母とは籍こそ入ってはいませんでしたが、もう私たち母子は全部親方様に養われていました。親方様は正妻が居るとは言え母をこよなく愛していました。それは私達母子の為に新築の家を購入してくださったのもそうですが、何より本妻さんよりも多く私達の家に居る方が多い事からも頷けました。

     もう60歳に手の届く親方様でしたが、本妻さんも会社の社長の座を継ぐ息子さん達もその事は十分了解済みの状態でもありました。
    もう全てが一家としては公然としたものでした。
     
     特に男女の行為の事では事さら母とは切っても切れない間柄になっていました。母と親方様は類まれな性の同伴者だったのかもしれません。

     その日、私は土曜日でおあり、必ず親方様は家に来てるとの思いに馳せ、部活もそこそこに体育着の上に制服を羽織ったままで、急いで学校から帰宅しました。案の定、親方様は母と愛の行為をしてる真っ最中でした。




     私には衒いも何もありません。静かに二人の裸体の側に行き、いつもの様に親方様と母の行為を、じいっと見ていました。
    すると、不意に私の方を向いた
    親方様は、母の其処からヌルッと太い逸物を引き抜くと立ち上がり様に私の方に来るのです。そして「ほほう、帰ったか。脱げ」なぞといいながらセラー服を剥ぎ取りました。でも私は下着にはなりません。たまたま体育着のまま来てしまったので丸首の体育着のままなのです。

     すると親方様は「フーム、それも良い、舐めろ。」なぞと云いながら、
    私の首を掴んで私の顔を股の間に挟み込むのです。
    「ウウウ〜。」私は思わず呻きました。汚い臭い。今しがたまで母の其処へ入っていた逸物とネバネバする愛液で汚れた太腿が私の顔をグイグイと挟みこみさらに親方様は私の頭を押さえつけて強く肉袋の奥え私の口と鼻を押し付けるのです。「クククク苦しい、いや〜汚な〜い。」
    私はもがきながらも呻きました。




     


    親方様の肉袋の上と肛門との間に私の口と鼻は押し当てられてグイグイと

    頭を太い腿の筋肉で締め付けられるのを感じながら私はある種の恐怖の様な 不安感にも襲そわれていました。
     母との行為で汗や愛液でベタベタに汚れていて酷い不潔な匂いを発してもいる親方様の肛門と肉袋の間なのです。でも親方様の
    「舐めろ!」と云う命令に
    私は逆らうことはできませんでした。
    太ももで締めつけられる圧迫を頬に感
    じながらも口からありったけ長く舌を伸ばし
    て汚い親方様の肉袋の付け根の箇所を舐めました。



     すると「ウーン、もっとちゃんと舐めろ、吸え!」なぞと云われながら
    親方様は私の頭の締めを緩めたかと思うと腰を前後に揺するのでした。
    私の口や鼻は親方様の肛門にもつけられました。肛門についた時なぞは
    グイッと下から頭が持ち上げられ、口を肛門に押し当てられるのです。


    それだけではありません。
    「フーム!ベロを入れろ!」なぞと呻きながら
    私の唇や舌を肛門の中に入れ肛門でギュイーっと
    締め付けたりもなさいました。

     「どうじや!これが、男の匂いじゃ!臭いか、耐えるのじゃ。」
    なぞと云いながら、なおも肛門で唇を絞めるつけたり顔の上を股の間に
    しつこく擦りつけたりなさるのです。とっても激しい男臭に襲われながら
    肛門の中では苦いような辛いような痛いような味を私の舌は感じていました。
    きっと親方さまの肛門に付着している排泄物の味なのかもしれません。
    臭い排泄物特有の便の匂いではなくて苦く辛く痛いような味なのです。

    他人の奥様に無料挿入

    ⇒【メルアド交換自由☆】




    かなり長いこと私は親方様の太く逞しい太股に顔を締め付けられ、
    また緩められたりして肛門を舐め吸いしました。さすが苦しさと辛さで
    フッと動きを止めると大きな手が私の頭をしたからもたげてさらに強く
    私の口や鼻は肛門におしつけられました。
    でもいつの間にか私はこのような
    親方様の屈辱的な行為にむしろ強い興奮を覚えてきて、むしろ自分から
    肛門の中へ舌を入れ舐めたり吸ったりしていました。




     佳子を絞めつけていた幸三の腕の力が緩んだと思うや、
    「口を開けるのじゃ」なぞと唸り佳子の口が僅かに開い
    たと見るやそのままグイ〜っと、
    己の肉松茸を佳子の口中に差し込みました。
    案の定「ウウウウウウ〜。」っと佳子の苦しげな呻き声が
    聞こえましたが、男は返ってむせ梅の頭を上下させ
    己の物に磨きをかけている様子でした。終には
    「ウウウウウウ〜!」と呻きを上げると佳子の唇と幸三の
    肉茸の隙間から白濁汁が滴って来ました。
    60歳に近い男にしては実に大量の男汁を放ったもので、
    これも佳子の在り様や舌、喉使いによるのか、
    いやまして男の気分を高める技にあったのかもしれない。
    最早、女体と男体、男の股に顔を挟まれ、顎に滴たらせながらも口中の
    スペルマをクイックイッと飲み込む18歳の女子高生なのだ。


     「ウウウウ〜!」と唸るような響きとともに巨大は太股が私の顔を
    擦って行きました。すると「口を開けろ。」と云う低い声がしました。
    頬の左右が太股に締め付けらえるのがゆるんだと思った時、何とさっきの
    矛先が、あっと云う間に私の唇をこじ開け真上から私の口の中に入って
    きました。喉の置くまで、「クククク〜」私は初めの内はもがきました。
    でもそれもつかの間でまた男の硬い太股の筋肉で頭を挟み込まれ、
    ただ従順に口の中で一層大きくなる男の肉棒を咥えていました。
     こんなことで、私はこの上無いような屈辱を受けていたことになるのかも知れません。でも、それは決して、普通に言われる「屈辱」とはとっても意味の違うことでもありました。少なくとも私にとっては、普通の「屈辱」などと言う
    意味ではありませんでした。

     親方様の性の情は相当高まったようでした。さっき母の其処へ挿入されていた、逸物、その逸物がすでに次の準備をしている様でもありました。
     巨大な男の太股がゆっくり開いて行きました。目の前が外の光りでパッと明るく感じました。 
    すると親方様の巨大な臀部が私の頭を越えて行きましたがやがて太く逞しい男の両腕が私の体をグイッと引き親方様と向き合う様に体全体が回されてしまいました。そしてそのまま大きな掌が私の項を掴んだかと思うと私の顔はあっと言う間もなく親方様の口の真正面にありました。
    親方様の口はゆっくりに開いたり閉じたりしていましたが、その分厚い唇からは唾液がヌルヌルと垂れてもいて、とても汚らしい感じでもありました。でも私はその唾液でぬれる分厚い親方様の唇が美しくも官能的とも感じていました。

     案の定、その唾液の溜まった口は私の顔に近づいて来るのでした。と云うより、親方さまの両腕で私は頭ごと親方様の口へと引き付けられていたのでした。



    生臭い男の息の匂いにふと顔を背けようとすると、私の頭は返って強くおさえ込まれました。そして「目を開けろ。ちゃんとワシの口を見るのじゃ。」などと本当に野獣が吼えるような低い声で親方様は私に命令するのです。

     私は言われるままに目を開き、親方様の口を見つめました。ヌルヌルする唾液を垂らしながら大きく開いた口は私の顔を丸で丸呑みにするような感じでガブリっと襲ってきました。目に飛び込んできたのは分厚い唇の肉が私の目の間で蠢く様でした。

     もう私の口も鼻も親方様の口の中でした。「クククク苦しい。」しばらくは、ほとんど本能的かもしれませんが、私は息を止めていましたが、苦しさのあまり頭を左右に動かして何とか親方様の口の中から這い出ようとしました。しかし親方様の体は上から私の体にのしかかりながら、両手は一層強く私の頭を押さえ込むのです。もう、私はもがくしかありませんでした。そして親方様の口の中で息をするしかありませんでいた。

     私の口も鼻も親方様の唾液でヌルヌルしているのがはっきり分かりました。でも思わず息をしてしまいました。ムっと男の匂いが私の鼻を襲いました。もうどうすることもできません。流れる親方様の唾液を口に流し、ただただ親方様の口の中で呼吸をしていました。
     どれほどだったでしょう。初めあんなに嫌悪を感じた親方様の口の中が何故か心地よく感じていました。ついには親方様の垂らす唾液は私は舌で味わいながら飲み込む感じで、親方様の吐く男臭放つ息も口や鼻で存分に吸い込んでいました。

     しばらく親方様の口中で呼吸をしていると、「ゲブー。」っと親方様はお腹の底から吐気さえ吐き出しました。男臭の中に苦い様な酸っぱい様な本当は気持ちの悪い臭いで私の
    口も鼻を覆われました。でも今やそれさえも大きな親方様のお腹の中と思えて、返って官能の高まりを感じていました。
    ふと親方さまの唇は私の口だけを覆いました。ものすごい吸引力で私の口を吸い上げるのです。私の舌は親方様の口の中えグイグイと引き込まれていました。まるで舌の奥から引き抜かれるように親方様の口の中へです。
    「ジュバッ、ジュバッ、フーム言い味じゃぞ佳子、わしはお前をこのまま喰ってやるからな。目を開けてちゃんと見るのじゃ。」などと云いながら、大きな口をガブガブと開いたり閉じたりしながら、私の頭を好きなように弄んで、西瓜でも食べる様に、首筋から顎へ、頬から耳へ、項からさらに耳をスッポリと喰わえたりしました。

     耳が喰わえられている時は大きな舌が耳の中へ伸ばされ、さらに「グワーグググウー」などと本当に獣に襲われている感でもありました。いつ果てるとも分からない執拗な親方様の舐め摺りが続きました。
     高まる官能と苦しさの中で私はもがきましたが、ふと親方様の手が私の頭を解放しました。「佳子、お前をゆっくりと喰ってやるからな。そして、母さんと二人ともワシの女房になるのじゃ。いずれワシの子を孕ませるからな。」なうのです。


    そしてまた私の頭は押さえ込まれ口も鼻もすっぽりと親方様の口の中に咥えられてしましました。でも分厚い唇はわずかに隙間がありましたので呼吸はできました。大きな舌がまた私の口や鼻の上をゆっくり蠢くのを感じながら、あふれる唾液で、溺れそうになりながら、「パパそう、パパなの。」と口の中でしゃべりました。親方様は私が何か言ったのに気づいたのでしょう、ふと私の口から顔をもたげました。ヌルヌルした唾液がとてもエロチックに大きな口から垂れていました。私はもういちど「パパなの、親方様は私のパパ!」そういいながら夢中で
    親方様の体にしがみついていました。

     「そうじゃ。佳子は今日からワシの娘ではない。ワシの女房じゃ。ほれっ
    立たせるのじゃ。」なのといながら巨大な太股
    を私の顔の上で大きく開くと、
    男の逸物を私の口の中へ入れてきました。
    「ほれ、くわえるのじゃ!」などの
    いいながら。そのまま下腹部で私の顔を覆い大きなお腹がスーッと私の頭上に消えました。喉の奥をグイグイ突く苦しさもありましたが私は素晴らしい男臭に酔いました。どのくらいの時間だったでしょう。黒い茂みが私の鼻や額を刺激し口の中ではだんだん硬くなる男の肉棒が私の口全体を占領していました。時折スポッと私の口から抜き取ると今度は私の頬や額に擦りつけたりするのです。もう私の顔は、親方様の口中から吐き出された唾液と、男の肉棒から流れです性液でグチャグチャになっているのが
    感じました。



     
     親方様とは佳子の母親を妾とした松城幸造、母親は芳江と言った。
    いわば佳子にとって、幸造は妾とはいえ、義理の父親でもあった。
    幸造の逸物を口に咥えるとは勿論、佳子にとっては実に想像すらできなかったのだが、すでに彼女は学校から家に帰って直ぐに母を犯していた幸造が己の股間に佳子の顔を挟み込んで無理やり咥えさせていたのだから、佳子にとっては、もう二度目の逸物咥えではあった。

     だが、2度目の咥えさせ方は1度目とは違っていた。佳子の体を寝かせつけ初めは巨大な太股を大きく開いていきり立つ男の其れをグイッと口に差込そのまま佳子の顔に油ぎった巨大な腹で覆い被さった。そしてしばらくはグロテスクな男の臀部を上下させ佳子の喉を責め続けいた。黒い毛の密集した下腹部が佳子の目を額をさいなんだと言う。

     かくの如きに謂わば、くちマンをやっていたと言えるのだが、しばらくすると佳子の口に逸物を咥えさせたまま男の巨体を未だ17歳の女子高生である佳子の女体の上を跨ぎ越し丁度69の形になるや、佳子の乱れたセーラー服のスカートをめくり上げ、上体を起こしながら、「ウウウ〜。」と唸り声を上げて佳子のパンテイをむしりとるように脱がせてしまった。

     そして佳子の顎を引き逸物の咥えを緩めさせもせず、うら若い女体の太股を両手で掴みかかっていた。っと、「フーム佳子、良い体じゃ。ワシの女房じゃぞ。」なぞと云いながら、佳子の下半身を持ち上げ柔らかい女子高生の股間にガバッとばかりに己の頭を突っ込んで行った。

     「ウウウウウウ〜イイイイ〜。」なぞと幸造の巨大な太股の間から逸物を咥えさせられて声にならなり佳子の呻きがもれていた。それもつかの間だった。歳輪も行かぬ白くふっくらした佳子の太股の間からは「ウウウウ〜ム、ペチャペチャ、ジュジュ〜、クチャクチャ、フームいい味じゃぞ。」なぞと幸造の仕業が現れていた。幸造に左手は佳子の柔らかい尻をもたげ、右手は頭を押さえ付けた滑降で男女の69行為が続いていた。

     幸造の巨大な男の太股の間からその黒い茂み越しに「ンギウ〜ウウウウウ〜アアアアア〜。」なぞと甲高くも苦しげな、しかし女がイッタ、実に淫声が漏れて来た。幸造の佳子への股間舐め擦りが、その淫声に合わせるかの様にさらに激しくなり、また幸造の右手は筋肉を盛り立たせて佳子の頭を己の股間に
    あてがって上下させていた。間もなくだった、幸造の臀部の上下が間断となり右手の締め付けも間が空く気になったと思うや、下腹部の黒い茂みから「ンンンンンウ〜。」っと佳子の苦しげな呻きが漏れ巨大な男の腹の下から若い女の痛い気な白い頬を伝わってドロドロした
    白濁汁が垂れ流れて来ていた。
    風呂へ行こうか。」幸造は己の股間で己の逸物をしゃぶる佳子に促した。「パパンン〜、ちょっと待って。」佳子が言う。
    「私、お昼まだなの、お腹すいちゃたあ〜、パパの白いお水沢山飲んだけど、でもご飯もね。」
    幸造は、まだ昼を過ぎて佳子が帰宅後に食事もせずに自分の戯れに殉じていたことを、はたと気づいた。
    「ああ、ごめんごめんそうじゃったな。かあさんが、ちゃんと用意してくれとるぞ、さあじゃ、佳子も昼飯を食ってくれ。わしも佳子の好きな、あのメットウな、昨日、もぐって結構持って来とる。
    母さんが昼飯の分を焼いてくれとるぞ。海水にいれたままだから、夜はまた佳子が一人占めで食べてもいいぞ。」

     この様な事をいいつつ幸造は飲ませた自分のスペルマのにじむ佳子の唇を矛先で擦りながらゆっくりと引き抜き、佳子の頭を太股の下にくぐらせて、テーブルの上の茶碗酒を一口ゴクリと飲むのだった。佳子は実に何食わぬ顔で、キッチンへ行きコップの水を飲むなり「母さん有難う。
    じゃお昼たべるから。親方様、いや、パパね、母さん、パパのメットウ有難う。凄く香りがいいよ。」

     「ケイちゃん、よかったわよ。ちょっとドッキリしたけどね。お前には分かるものね。お前を信じてたからね。ウフッ親方様とのことよ。そうそう、さあ、お食べ、親方様、いやパパだったわね。
    とっても大きいのを沢山もってきてくれたのよ。お前に精をつけてあげたいって。」と母は言う。
    佳子本当に空腹には違いなかった。直ぐにメットウ〜を慣れた手つきで器の上でコンコンと叩いていた。そして出てきた実を食べていた。

     そばで見ていた幸造は「フーム、旨そうに喰うなあ。それにしてもワシの子種が口に付いてるだろうにかまわんのか。」と云うと「いやあ〜、ぱぱったら〜。私、本当はね。パパの味も大好きなんだからね。」
    っと言い返しさえして。「まだ此処の中には駄目なんでしょう。赤ちゃんは高校を卒業してから生まれるようにって言う事、母さんからきいてるから。だから、もう〜、親方様あ〜、いや、パパ〜。これからお風呂でも、お布団でも沢山パパのお水飲ませてね。」なぞとまで言うのだった。

     幸造は確かに佳子を孕ませようと思ってはいたが、母親の千代乃に言っていたとり、佳子をはらませるのは高校卒業後としていた。ただ、佳子の股間に千代乃の顔を置き佳子の体を上から抱きすくめて挿入し、放出時は寸前で母親の口に矛先を変えて千代乃の口にする。これは、千代乃とはすでに心得と
    して互いに弁えていた。

     



    メットーとは貝の事ではあるのだが、いわばサザエの如くの巻貝なので通常の意味での女性の其処に例える事はできない。そんな事をわざと知ってか、幸造は「佳子、今度はそうだな、アワビを持ってこようかな。」佳子のアワビには勝てんがな。」なぞと云う。

     「エッ、パパ、アワビなんてあるの。私、食べたことない。」なぞと云う。確かに海が近いからとは云え、メットウが生息する海とは、それなりの海洋だがらサザエやアワビなぞは採れない。と云うより生息していないのだ。しかし東京の築地から逆輸入宜しく、自分の海で捕れないものは取り寄せればよい。それよりも幸造にしてみれば母親の千代乃と若い佳子の其処のうごめきがアワビの其れとかさなって、自分の物を元気付かせるのに役立つ事を思っていた。

     「う〜ん、味はそりゃメットーには勝てぬ。ただ動きがな、佳子や母さんの其れに似ていいのじゃ。
    佳子がそれを喰うのは、こりゃまた格別だなあ。」なぞと云いながら、幸造も佳子の食べきれないメットーを口にし千代乃の注いだビールをのんでしいた。母親の千代乃も「パパは其れぐらいにしてね。夜の方がちゃんと準備してるんだから。本妻さんからも言い付かってますからね。」なぞと云う。 




     そうこうしてる内に佳子の食事がすんだが、「ああ、おいしかった。嬉しいなあ、今日はスッゴク。もうパパを分かったしね。さあ風呂の中でパパのお水をのませてね。」随分大胆な言い方ではあるが、この佳子の大胆さとは、それ自体、すでに佳子は幸造をしり幸造も佳子や千代乃を知っている証左でもあったのだ。

     佳子は自分の食事の後片付けを始め、使った食器をキッチンに運んだ。そしてそれらを洗い始めようとした、その時だった、佳子が席を立つと直ぐに幸造も立ち上がってはいたが何と云うこと、幸造は浴衣の前を大きく広げ佳子の後ろから襲い掛かって行くのだった。 

     女性に背後から突然襲いかかる。幸造は己の官能行為を
    剥き出しに許容し今、佳子にも挑んだのだった。
    母親の千代乃は家で幸造と二人きりのときなぞはよく
    ある事でもあり、千代乃だけなら特に驚きもなくむしろ
    其れを楽しんでいたのだが、今、娘にも同様にそれが
    なされるのを目の当たりにして、しばし困惑はしていた。
    「ああっ、でもいいわあ〜!親方様はこれで佳子へも
    完全だわ。」千代のは一人つぶやいていた。
    しかし佳子にしてみればさすが驚きを隠せない様子で
    「ウワ〜、エッ何〜。」なぞと叫ぶような声を発していた。
    だが自分のスカートがまためくられ臀部の谷間に幸造の逸物
    が入ってくると。

     「アッ、親方様〜。パパ〜。」なぞと自分の身を幸造に
    捧げている満足感を露に示すのだった。
    今しがた終わったお思う営みがまた起こっている。
    こめかみの後ろからは「ウウウウウ〜」
    なぞと幸造の荒々しい息づかいが聞こえ、
    股間には再び熱く太い物が入り再び官能の粋へ
    入っていく佳子でもあった。

    「パパ、いいわよ食事の支度が出来たら私も入ります。
    どうぞ佳子と先にお風呂に。」
    千代乃は、幸造の日頃の事を承知した上で言う。
    「んっ。じゃこのまま先に入って待ってるぞ。」
    幸造はスカートの捲られた佳子の腰を
    グイグイと引き付け己の逸物を抜き差しさせながらも
    平然と言う。実にこの幸造の仕草は
    特別な行為をしていると云う風はまったくなく
    むしろ極普通の生活の一部でもあるかのように。



     佳子の其処へ己が物を当てがいながら後ろ向きに
    佳子を抱きすくめたままでキッチンから
    風呂場へと進んでいく。見方によっては一見、
    滑稽でマンガチックな風景かもしれない。
    しかし千代乃とは極日常としてなされてきたのであり
    、幸造にしてみれば、これもまた
    特に変哲のある行為なぞではなかった。
    しかし佳子にしてみれば全てが驚きでもあり、自分に
    其処に入っていた男の逸物が引き抜かれても体は男
    に抱きすくめられ自由な動きがとれない。
    さらに後ろから行為のままで押される様にして前へ進む。
    やはり驚きだったのかもしれない。
    「えっ、何パパ。」っとすっとんきょうな声を上げた。
    しかし、「さあ一緒に風呂へ入るんじゃぞ。」
    低く唸る様な幸造の声を後頭部に響かされながら
    むしろこれから風呂の中でで自分が幸造に、どんな事を
    されてしまうのか、ちょっとした恐れと期待に、ある種の
    ときめきを覚えつつ、幸造の腕の中に入ったまま
    風呂場へ向かうのだった。


    風呂場とは言っても普通のバスルームなぞではない。
    元来温泉の源泉に近い土地である。さらに幸造は
    千代乃と自分達の人生から家のつくり自体も其れ向きに
    作ってあった。もちろん表向きは通常とかわらない。
    しかし、例えば海側に向いたベランダも全天候向きで
    4畳半ほどの温泉浴槽を設け露天風にし周囲の植え込み
    からは外部の目をさえぎり屋外Sexを十分に堪能できる様
    にするなどしている。

     普段の風呂場も当然温泉を引いてあり1日24時間
    いつでも入れるが、その浴槽がまた一見、岩風呂で外
    をみると海と島影がみえる、謂わば「贅沢な眺め
    の良い露天風呂」と、そのように思われるかもしれない。
    しかし、その気になってみると、浴槽の周囲はマットが
    しかし、浴槽の岩自体、何人もが一度に座れる、
    大きな背もたれ付きの長椅子になっていたり、さらに
    言われないと気づかず終いになるが、窓際には浴槽に
    向かって大きな岩が置いてあるが、これが実はアナル
    Sexや排泄Sexに用いる便器なのだ。

     佳子はそんな家を幸造が自分達、母娘の為に作って
    くれていることは、もう初めから知ってはいた。そして
    いつ、どのように幸造が自分を相手にしてくれうのか、
    母がそれを許すのか、そんな思いも実は、ここ半年以上、
    この家に住んでからの不安と期待ですごしてきてはいたのだった。

     ついにそれが今、実現する。佳子は後ろから幸造の
    物を挟み込まれてグイグイと風呂場に連れていかれる。
    もう全ては、さっきに続いて今も幸造のなすがままに
    なっていた。



     
    幸造の巨大な腕が伸びて佳子の後ろから風呂場の戸を
    開きそのまま岩風呂へ入っていくと、「フーム、じゃ
    母さんがくるまでな。」なぞと言いながら佳子の体の向きを
    自分の方に向けると、そのままグイッと自分の腰の下へ
    頭をさげさせ、傍の風呂椅子に座って佳子の顔を股間に
    押し付けてくるのだった。もう佳子は「嬉しい、素敵」
    そんな感情が先にこそあれ決して嫌とはおもわなかった。
    幸造の手で頭を押さえ込まれ、男の股間に顔を押し付け
    られたまま、太く長い幸造の逸物が佳子の頬、鼻、口を
    容赦なく責める。そしてその周りを太股から肉玉
    下腹部、時折、太股に頭を締め付けられながら、まるで
    丸いボールでも扱うように佳子の頭は幸造の股間で
    もてあそばれるのだった。 



    幸造にしてみれば先輩来、いやつい今しがたにも
    関わらず、佳子をこの様に弄ぶようにあしらう事自体が
    新鮮だった。

     と云うのも佳子の母親である、千代乃の事であるが
    彼女は娘の頃から町きっての美人でもあり、その道でも
    人気の、まともな芸子として羨ましがられる女だった。

     その女を見初めたのだろう、本社から遠く離れている
    とはいえ自社に事務員として採用したのも、幸三の意図
    があったのかもしれない。少なくとも今となっては、
    他からはそう見える。

     結婚して会社はやめたが、夫は自社の男でもあり、幸三に
    してみれば焼きかみが無かったといえば嘘になる。その夫が
    亡くなり途方に暮れていた千代乃をいわば救済する様な形でも
    あった。そのままなら当然知らぬ世間ではない。再び芸子の
    道に入っただろう。

     確かに夫の死は交通事故とはいえ悲惨な事故ではあった。
    快活で仕事達者な上、家族思いでもあり、娘は母の血を引いてか
    音楽を好み幼少よりピアノをたしなみ、金がかかるのを承知で
    千代乃の夫は、娘を私立の音楽大学の付属中学に入れてもいた。

     魔がさしたとでも言うべきか、慣れの不用意か、会社のもようし
    物で酒を飲み、休み明けの仕事の為と社のトラックで家への帰路に
    着いていた。会社から家までは海岸の岩場に向けて高さが優に
    100メートルを越す断崖絶壁の崖がうねうね曲がった坂道が
    続く、海側に向けて1メートル弱の鉄骨コンクリートの欄干
    はあるのだが、当時、舗装はされてなかった。普通ならまず
    事故なぞもないのだが、トラックでのほろ酔い運転で、スピード
    の感覚が鈍っていたのだろう、その欄干をへし折りトラックは
    100メートルの断崖を恐らく弾むように転がっただろう。
    もう崖下ではメチャクチャになり、鉄くずの様にグチャグチャ
    になった運転台から千代乃の夫は、ほぼ即死状態で引き出された
    と云う。飲酒運転は危険と云うが確かに千代乃の夫にしてみれば
    まだ高校生の愛娘を残して正気なら先ず取らないだろう事を
    何ら思いや考えなぞもなく犯してしまう。多分、自分の飲酒の
    恐ろしさなぞも全く気づかなかっただろう。実に悲惨といえば
    悲惨な事故ではあった。  

     幸三にしてみても、その当初は千代乃を自分の妾にできるとか
    自分の情欲の伴侶にとか、全く思っていた節もなかった。ただ
    夫の葬儀が済み、家の柱を失った千代乃の家を夫の勤務する社の
    社長として、まともに心配していたのも事実だった。
    娘の学費とて無理なのは誰が見てもわかる事で、第一生活の為の
    家計すら危ぶまれるのも確かだった。
    よって幸三は、ともかくの感情からか社の会計等とは無関係に
    いわば自分の懐財布から千代乃、母娘を支援する形をとって
    いた様である。

     しかし、支援とはいえ、元来、官能好きでは特異な幸三の事
    しかも芳江の若い頃より見そめていたのも確かで、その千代乃
    夫はもう居ないのである。ただ千代乃には娘がいたが、「えーい。
    ままよ。」こんな心情で千代乃を物にしたと言う。そして千代乃
    母娘の為に娘の通学にも比較的便利で、松林で囲まれている
    とはいえ、南東に海が広がり組合からの源泉引きも容易な、
    この場所へ二人住まいには全く似つかわしく無い、広く大きな
    家を新築してあげていた。この家を見る誰もが、決してこの家は
    母娘二人だけの家ではない事と知り得るそんな家でもあった。

     幸三にしてみてば、周囲のそんな目はむしろ楽しむにこそ
    なれ臆する気分なぞは露ほどももたず、ついには本妻も長男も
    十分に認めるようになっているのである。

     今や幸三は千代乃と結ばれただけではなく、いわばここ2年
    来暖めて来た、千代乃の娘をも手篭めにしてしまっているのである。
    もちろん娘、佳子が音大に行きたければ当然その望みは適える。
    もし己の官能の情を佳子が拒否するならば、無理強いは決して
    しない。そのつもりではいた様だ。だが当の佳子自身、むしろ
    そんな幸三を知ってか知らずか、従前より幸三が千代乃の元へ
    来て泊まって行った後では必ずと言っていいほど、母、千代乃
    が幸三と交わる事への羨望を母に継げ自分も幸三が欲しいという。
    その佳子の心情はいや増して高まりこそすれ嫌悪なぞとは無縁
    だったという。

     今、佳子は大きく開いた幸三の股間で、またもや幸三の逸物
    を己の唇や舌でたくましくしているのだ。岩風呂の上辺で、
    佳子がのぼせぬ様、股を開いて佳子の口に己が逸物を咥えさせ
    ながら幸三はグイッと佳子の頭を自分の左太股に押さえつけ
    上からしげしげと見下ろしていた。佳子は時折目を瞑ったり
    開けたりしながらも矛先をチロチロと舐め、これが幸三の物に
    小さな佳子の舌の蠢きとして実に燃えた耐える刺激の一つに
    なっていたのはに違いない。デップリ太った自分の腹の下、
    さらに下腹部の黒い茂みの中に佳子の顔がうずまり、我ながら
    グロテスクとも思える逸物の、その先を舐め擦るりし時に
    ジュジューと吸い上げる佳子。実にまだ18に成ったばかりの
    女子高生なのである。


    男は裸になると


    娘の頭を股間に挟み込み、フンドシを娘の
    顔の上ではずして、まだ洗っても無い男臭放つ己の股間、
    肉袋と肛門の間に娘の口を当てながら「ほうれ、ちゃんと
    臭いをかげ!これが男の臭いじゃ!」なぞと唸る様に
    言い放ちながら娘の顔をグイグイと太股で締め付けて
    いるのでした。
     


    義父は私の顔を股間に!





    ふっと!男の太股絞め


    が緩んだと思うや、男は「口を開けろ」なぞとうなるり
    娘の口が僅かに開いたと見るやそのままグイ〜っと、
    己の肉松茸を娘の口中に差し込みました。
    案の定「ウウウウウウ〜。」っと娘の苦しげな呻き声が
    聞こえましたが、男は返ってむせ梅の頭を上下させ
    己の物に磨きをかけている様子でした。終に男が
    「ウウウウウウ〜!」と呻きを上げると娘の唇と男の
    肉茸の隙間から白濁汁が滴って来ました。
    60歳に近い男にしては実に大量のスペルマを放っていました。
    これも娘の在り様や舌、喉使いによる?いやあ、男の気分を
    高める技にあったのかもしれません。
    娘は男の股に顔を挟まれ、顎に滴たらせながらも口中の
    スペルマをクイックイッと飲み込んでいるのです。



    母親の芳江もそうだったが、娘の佳子も謂わばマゾイストの
    傾向が強いことを今更ながら思い知る幸三ではあった。また
    そんな二人の女を自分の男のサデイステックな行為でなるべく
    適えてやりたい、喜びで充足してやりたい。そのように思う
    幸三でもあった。

     しかし、幸三とて逆に男のマゾイステイックな性癖が無くもない。
    また芳江や佳子とて逆の性癖が無いともいえない。事実、母親の芳江は
    これまでも幸三の顔に跨り己の女の逸物を幸三に舐め吸いさせ男の
    舌技でイク事もしばしばだったのだから。

     幸三は佳子の又を開きながらいった。「佳子、のぼせるからな、
    さあ、ワシが佳子を洗ってやるぞ。」佳子は幸三の股間に顔を埋め
    ながらも「ハイ、パパ、私を洗ってくれるの、パパが。」などと云う。
    「そうじゃ、さあ上がるんだぞ。」せかされるように佳子は岩風呂
    から上がると、もう幸三は待ってましたとでも言う様に佳子の体を
    捕らえ、柔らかく餅肌の佳子の太股に手をかけるや、「ウウウさあ、
    開くんだぞ。」なぞと言いながら佳子の又を開きにかかるのだった。
    佳子は「イヤー、パパ、恥ずかしい。」なぞとわめいてはいたが
    幸三の強い腕の筋力に屈するように白くふっくらした又を大きく
    開くのだった。

     幸三は幸三でそうなるものと知っていたかのように佳子の又が開いた
    と見るや何と自分の顔を上に向け佳子の股間に口を付けて来るのでった。
    「ハア〜、イヤ〜。ンンンン〜」佳子の声が漏れたが幸三の口は止む
    どころか、さらに佳子の股間に舌を伸ばして中へ侵入させていた。
    時折「シュパッ、シュパッジュジュジュ〜。」なぞと舐め擦りの音を
    響かせ節くれ立った両手で佳子の女形良い腰を臀部から押さえ込み
    ながら佳子の其処の舐め擦りを続けるのだった。

    幸三は柔らかい未だ18歳の女子高生の太股を臀部を無造作に口を
    開きながら丸で、その柔らかい肉を喰っているかのように時に男の舌を
    唇からはみ出させガブガブと甘噛みしつ若い女の局所をも、これまた
    無造作に舐め擦りをしているのだった。エロチックと言えば実にそう
    なのかもしれない。しかし幸三にして見れば、もはやこのような自分の
    行為を佳子が十分受け入れる事を承知で、またその事が佳子と自分との
    結びつきが強くなったのを覚えつつ、さらに佳子を舌だけで頂点へと
    誘ってもいた。

     「パパ〜!イイイイ〜イイイイウウウ〜。」幾度もの佳子の淫声が
    岩風呂の風呂場にこだました。「ンンン、よ〜しワシが佳子を洗って
    やるからな。」幸三は佳子の足を掴みながらも壁際にしつらえてある
    洗面用具の棚に手をのばし、ボデイーシャンプーを取ると、佳子の又に
    首をつっこんだまま佳子から手をはなして自分の頭に顔にとシャンプー
    を振り掛けるのだった。

     「ウウウウウウ〜。」幸三の呻きとともに幸三の顔が何と佳子の
    股間に再び潜り込んで行った。顔にはシャンプーがタップリチ付け
    られた状態でである。そして顔を佳子の其処に潜り込ませるように
    しながらも左右に蠢かせて佳子の局所から太股へ肛門までも自分の
    顔を擦りつけているのだった。やわらかい佳子の臀部や太股の肌が
    時折幸三のシャンプーまみれの顔に押されはみ出る様は、まるで
    動く肉束子かと思わせるものだったが、案の定、幸三は、これまた
    タップリとシャンプーの効いた頭を髪の毛を佳子の其処へ擦りつけ
    て行くのだった。

     「フームパパ束子じゃな。」なぞとシャンプーまみれの顔で口を
    開く幸三だったが、佳子は「パパ苦しくない〜。でも嬉しい。」
    なぞと言いながら、幸三のなすがままに己の太股から女の其処、
    さらに肛門までも丹念に現れる佳子でもあった。

     丁度、幸三が頭で佳子の股間を洗っているときだった。
    風呂場のドアが開いて「あら、ケイちゃん素敵。パパに洗って
    もらってるのね。よかったわ。」などと言いながら、母親の芳江
    が入って来たのだった。「台所、全部終わったからね。いつでも
    お食事できるわよ。」なぞと付け加える様に言いながら、佳子が
    幸三に顔や頭で股間を洗われている姿を横目でみながら、平然と
    自分はシャワーを全身に浴びるのだった。


    そしてシャワーで身体を流した芳江は何と「パパ、いつもの様に
    私もね。」などと言いながら佳子の前に後ろ向きで裸体を押し付けて
    来るのだ。もう芳江にしてみれば、幸三の頭部での股間洗いは常の
    事で、それが幸三の高まりを、また自分自身の高まりを得るのに
    欠かせない事と弁えてさえいたのだ。ただ今は佳子がいる、これは
    いつもとは大違いな事でさすが我が娘と正面から向かい合うのは
    抵抗があったのだろう、佳子には後ろ向きに臀部を幸三の顔の前に
    そんな態様に自然になっていたようだった。これはしかし、幸三
    にとっては、それなりに気を高めたようで、後でみると芳江は
    幸三のそんなマゾ性質を弁えていたのかもしれないのだ。

     案の定、二つの女の柔肉を手前から前えと頭をうごめかす幸三
    だったのだ。そしてそのまま芳江の肛門も局所も股間も構造の顔や
    頭で現れていったが、「フーム。」っと呻く幸三の呻き声と共に
    佳子に続いて、芳江の其処をもシャンプー塗れに擦った幸三の顔が
    額から芳江の股間から出てきたと思うとそのまま幸三の屈強な身体が
    二人の女の股間から這い出てくるのだった。

     「フーム親子共々物にしてやろう。」なぞと呻くように言いながら
    さらにシャンプーを自分の体全体にふりかける幸三だったが、すかさず
    屈強な両手を広げたかと思うと二人の女を立ったままギュイーっと
    抱きしめるのだった。もちろんこれも身体を肌で洗う事を念頭に
    置いた幸三の行為で、ヌルヌルする二人の女の肌の刺激を全身に
    感じながら、今は自分の思い通りになった事に思いしる幸三でも
    あり、また芳江でもあった


     


    「芳江どうじゃ。」幸三は二人の女を抱きながら母親の芳江に言うと、
    「パパいいワ〜、ねっ、佳子。」などと娘に促すようにさえ言うのだった。
    娘の佳子も母に応える為か、または幸三に甘えるためか、もっと幸三の
    刺激をもとめてか、「パパとっても〜、ママと一緒にね。お風呂の中でも。」
    などとさえ言う。

     この後、互いにシャワーで身体を流すと、幸三は母と娘の二人の女を両脇に
    抱え込む様にしてゆっくりと浴槽に進み、先ずは二人の女を湯に沈めた。
    その後で女達の顔を自分の越しに押し付けながら、自分も浴槽につかった。
    いつもはこの行為も母親の芳江とのみの行為だったが、今や娘も加わっている。
    おそから早かれいずれは、こうなるものと思う幸三ではあったが、これは
    最も気を置いた娘の佳子自身も、かなり以前から母と幸三の行為に羨望し
    それとなく母には幸三の居ないときに話していた事でもあり、母、芳江も
    十分納得し、幸三にも心得はできていた事でもあった。

     だから幸三も佳子も奇抜が悪いとか突然と云う事ではなかったのだが
    それでも、今、行為の後とは言え母、娘共どもの風呂への入浴に
    ついに実現したような夢がかなったかのような、何かとてつもない大きな
    事を成し終えてついに成功の広場にかいほうされたような気概になっていた。

     しばらく浴槽で落ち着いて目を伏せて両手の柔らかい女体を楽しんでいた
    幸三だったが、その手は間もなく二人の女の首筋を捕まえ顔を自分の方に
    向かせていた。女達は幸三の腕の動きと掌の動きに身を任せている風で
    そのまま幸三の口が彼女達の口にゆっくりとだが確実に吸い付き、離れては
    また吸い付く、実に浴槽の湯が小波になって二人の女の頭から流れる
    黒髪をハの字型に開いてその中心では女の二つの顔が幸三の口に執拗に
    舐め続かれていた。




     「うっ、あったまったな。どうれ、のぼせない内に、また立たせて
    もらうぞ。」
     幸三は二人の女にそう告げると、ザブッとばかりに湯波を上げて
    男の巨体を湯から上げたと思うと、そのまま二人の女の頭を押させつけ
    ながら己の逸物に引き寄せていた。
    「ン、舐めるのじゃ。うーん。」
    幸三は己の股間に二つの女の口が付くように女達の顔を押さえ込んでいた。
    女達は従順にそれに従うようにぴチャぴチャと音をたてながら、
    幸三の男の逸物から股間辺りと実にムシャブルように舐め始めていた。

     「んん、さあ、のぼせない様にな、こっちでじゃ。」幸三は女達の首を
    股間に挟んだまま浴槽の上にしつらえてある椅子に座った。
    女達の艶めく女体が浴槽から露になると、幸三の前に膝ま着き
    佳子なぞは、「パパスゴイ。いっぱい私パパの物たべたい。」なぞとさえ言う。
    幸三の大きく開いた太股の間で湯浴みの湯をふっくらした白い臀部に
    付けながら4本の、これまたふっくらした女の太股が見て取れる。
    幸三はそんな女体を見下ろしながら、己が物の両側を、母と娘の二人
    の女の口で舐めとをさせているのだった。あながち、ハーモニカと尺八
    の母娘共演とでも言った所だろうか。しかしこれは単なる話ではない。
    事実としての事柄ではある。

     世の中「広い様で狭い。」と云うが「狭い様で広い」のかもしれない。
    要は知らないものは、どこまでも、いつまでも知らず終いなのだるが、
    知る者にとっては、「特にどうと云う事もない日常の生活」なのだろう。

    母親、千代乃が顔を真正面に向けて幸三の物を実に尺八よろしく
    シュパッシュパッ、ジュジュー」っと音を出しながら唇を開け閉めしながら
    幸三の物を吸う。そんな時娘の佳子は黒い茂みの中は口を潜らせて
    陰毛を唇で引っ張りそうにしながらも股間の舐め吸いを続ける。
    幸三は実に其処に感じ行ったのだろう。
    「ウウウウ〜。」なぞと呻き声をたてながらも自分の股の間の二人の女を
    上から見下ろしていた。既に幸三の子を孕み、ふっくらと膨らむ千代乃の
    腹部が幸三の太股の間で揺れていた。それを見る幸三の目は千代乃は、
    やはり正妻と共に自分の妻である事に満足した目でもあった。

     幸三は股間の茂みを舐め吸いする佳子の頭を上から押さえながら、
    「佳子、母さんの腹が見えるか。」なぞと云う。佳子はそれに応えようと
    幸三の股間から唇を浮かせながら、「ウン、見える。だんだんまあるくなってる。」

    「佳子の腹も今年の秋ほどには母さんの様にしてやろうのう。」
    佳子の答えは振るっていた。
    「パパ嬉しい、それまでたくさん私を虐めて。」

     佳子にしてみれば母のもとへ幸三が来るようになって当初は2年前に亡くなった
    とは言え、母が幸三と共に在り様に亡き父への母の裏切りの様な心情からか
    一種の母への憎しみのような気持ちもかなり強くあったのは確かだった。  



    しかし幸三の佳子に対する優しさと、佳子の為には何でもしてくれる幸三、
    その第一が佳子の私立音楽大学の付属高校への学費に始まり、母と佳子の
    為に家を新築してくれた事その為に、これまでの狭い部屋で無理やりに弾いていた
    ピアノの練習ものびのびと誰に気兼ねなく練習できるようになったこと。
    そんな事が幸三の母へのまた佳子自身への思いが強いのを感じるようになって行った。

     また佳子自身にしてみても、幸三のそのような事とは別に、幸三の男としての
    身体と仕草や心に何かとてつもなく大きな力で引き寄せられる心情があったのだった。
    亡くなった父が幸三と一つになった母を知ったら、嫌だろうか。
    いや喜びいっぱいの母を知ったら嫌な父ではない。また自分も幸三は実の父では
    なく女の自分に対しての男なのだ。そして幸三が好きだ。

     これまで幸三が家にいても母との行為は知ってはいても、つい今日の今日まで
    それを見たことはなかった。でも本当は見たかったし、自分自身も男としての幸三に
    犯されたい。こんな官能的な欲望が佳子には強く芽生えてもいたのだ。
    それがついに今日、現実のものとして叶った。多分、幸三もその様な佳子を
    かなり以前から察していたのも確かであり、今日の事は既に母とも十分に納得した
    上で、言わば計画的になされてもいたのだった。

     今や、風呂の淵で股を開き二人の女を股間に挟んでいる幸三だったが、
    ふと、「ウウウウウ、千代乃、小便じゃ。さあ上がってやろう。」なぞと唸った。
    「佳子、良い事を見せてやろう。」なぞと云うと、もう幸三の片方の巨大な
    太股は佳子の頭を跨いでいた。千代乃も「佳ちゃん、嬉しいことなの、ちゃんと
    見ててね。」なぞといいながら湯から上がり今や仁王立ちに立つ幸三の
    股間に顔を近づけると白い千代乃の両腕は幸三の凛々しく聳える巨大な
    太股にあてがわれた。そして、いきり立つ幸三の逸物の先をまた口に含んだ。




     この日の晩飯はいわば、佳子と幸三の3人だけとは言え「結婚披露宴」と
    互いに称していて、幸三の仕込みとはいえ、かなりぜいを尽くした晩飯とはなっていた。
    ただ、この夕餉は幸三の佳子に対する喰を通した官能の夕餉でもあったのだ。
    湯上りに佳子はもう、セーラー服は着なかった。幸三が望んでたのは分かっていたが
    なぜか今あえて学校の服装をするのはためらっていた。むしろ浴衣のまま幸三が
    求めるならが身を「捧げよう。」そんな気分でもあり、また制服はまた幸三の
    別の刺激を求め、自分も改まった方が良いように思っていたのかもしれない。

     湯上りの浴衣のままリビングに行き、何気なくテレビを見始める佳子ではあった。
    幸三も今晩は昼とはまた違って、佳子といるのはなれているとはいえ、もはや
    佳子の体を知った自分でもあり、佳子も決して昨日の佳子ではないのは分かっていた。
    やはり今晩の夕餉は母親、千代乃も知っての通り、やはり特別のものにしたかった。

     事前に仕込んでいたとは言え未だ気になる事もあったが、ともかく千代乃と
    一緒に夕餉を作ってやらいたかった。勿論、佳子との事のためである。
    自分で獲った伊勢海老も猟師からもらった魚介類も今日は自分のてで料理する。
    千代乃は手伝いに過ぎない。と云うより千代乃にも佳子にも自分の料理を
    食べさせたかったのだ。これは幸三の好みでもあり魚料理だけではあったが、
    生涯、家族への自分の料理として貫かれてもいた。

     幸三と母親、千代乃が夕餉の支度をしてる間、佳子は休み明けに向けての
    学校の準備をしていたという。テレビを見ながらも、自分の音楽大学進学の
    事は気になり、母とは以前より話していたとはいえ、かなりその頃は深刻な
    様子だったようである。また今となっては幸三とのSexを得た後でもあり、
    何か途方も無い自分を感じていたようである。

     


    この日は幸三が「佳子との結婚式」とかねて言ったように幸三自身にとっても
    佳子との一線を越えた一つのけじめの日だったようで、それは佳子もかねてからの期待がついに現実のものになった記念すべき日だったともいえる。

     その日は夕食の後、二人の女が夕食の後片付けをすると、幸三は先に布団に入りその記念すべき結婚式をさらに母娘ともども色濃いものにしようと、股間のフンドシをさらに強く絞め己が肛門と逸物の感覚を研ぎ澄ませていたと言う。

     夕食の後片付けの終えた二人と女は、母の導きで娘もともども幸三が好む
    赤い腰巻で下半身を覆い桜色の浴衣一枚になって幸三の寝る布団に両側から入ったという。

     幸三は裸の両腕に二人の女の浴衣越に柔らかい女体の感触を得ると、そのまま両腕を上にあげ女達の頭をほとんど同時にグイッと自分の顔にもって来た。すでに女達はうつむき加減のままとは言え幸三のなすすべに一種の期待を持っていたが幸三はその期待を裏切ることはなかったようだ。

     「舐めるのじゃ。」幸三の促す声に応えるかのように女達は幸三の首筋から顎をただただ幸三が自分達の頭を押さえつけるのに従いながら舐め続けていた。幸三の手が女達の頭をはなれ項から肩へ背中から腰えと這い動いたかと思うと再び頭を押さえつけられ幸三の顎から顔中を舐め擦りさせられるのだった。

     と二人の女達の手は幸三につかまれ既にまたしても固くなり始めている幸三の其処へ押し当てられると、「ウウウ〜、掴めなぜるのじゃ。」なとどいいフンドシの上から其処を撫ぜ回しをさせられたりもしていた。

     「フーム芳江、舐めてもらおう。」なぞと云うと幸三は母親、芳江の上半身を己の下半身の方に押しやり、しばらくの間、フンドシの上から芳江の口で刺激させていたが、その間、ゆっくりと佳子の体も下に押しやり股間を舐め擦りさえていた。「ウウウウウ〜。」幸三は呻きを響かせると、それまで絞めていたフンドシを芳江の舐める口元で引きグイッと上に広げると何と芳江の頭もろともフンドシの中に閉じ込め芳江の項辺りに斜めに絞めながらもグイグイと絞め上げるのだった。そして「う〜ん、芳江。そのまま舐めろ。フームそうじゃ。」なぞと言いながら褌の上から両手で芳江の頭を押さえ込んでいた。 

    さらに幸三は「佳子、お前は上じゃ。さあワシの顔にまたがるのじゃ。」なぞと佳子に言い佳子の体を促して自分の顔の上に佳子を跨らせるのだった。佳子は今日の午後から、そしてお風呂での行為に、むしろいや増す自分の官能を感じながら、もう幸三の促しには自分から従いたい気分だったと言う。幸三の顔を自分の其処にあてそのまま幸三の顔を跨ぎながら座った。幸三は、もうかなてから、そうだったかのように、ゆっくりと舌を這わせ唇を蠢かせながら佳子の其処を舐め吸いするのだった。その間も母親、芳江の頭を己の其処に褌で閉じ込めて固くなった逸物をいや増して高ぶらせながらである。この後の二人の女のもろ射しを念頭に置きながらだったと云う。

    佳子の其処を舐め吸いする感触は幸三の舌に独特だったと言う。
    18歳という若くいわば幼いとさえいえる其処を60がらみの男が
    食んでいるという、己の男としての気分が一層高ぶらせていたのかも
    しれない。右手で母親の頭をグイグイと褌で締め上げ、片や口では
    その娘の其処をついばみ舐め擦る。

     佳子は「キャーウウウウウウ〜!」なぞと幸三の舌が自分の中で
    動くたびに大きく叫んだという。そしてまもなく幸三の顔に倒れかかると
    幸三も股に挟む母親、芳江を開放したという。

     そして「佳子、生まれた所へ行くか。」と佳子に尋ねるのだった。
    「生まれた所へ行く」と聞いても佳子には何の事がわからなかった。
    しかし、幸三が、「さっ芳江、娘を挟んでやろう。」と母親に言うと、
    母親はかねてから幸三と申し合わせていたのだそうで、幸三の股間から
    ハアハアと息せききった顔をあげると、「パパそうね。嬉しいは。」
    なぞといい、佳子に向かって、「ケイちゃんパパの言う通りにしてね。
    きっと素敵よ。」なぞと言いながら幸三の方に登って来る。
    幸三は幸三で芳江の下半身の方に身をずらすと、何と佳子の体を
    しっかりと掴んで「さあ、母さんの股の間に顔を埋めるんじゃ。」
    などと佳子に言う。初め何の事かわからずウロたえていると、
    すかさず幸三は佳子の上半身を倒して頭を芳江の臀部に押し付けるの
    だった。「さあ、佳子、佳子が生まれた所をみるんじゃぞ。」なぞと
    言うと母親はゆっくりと、そのふっくらした太股を開いて佳子の頭を
    自分の臀部にあて、幸三はさらに佳子の頭をグイッと芳江の肛門に
    押し付けた。こうする事で母親、芳江の女の其処を佳子が下から
    眺め幸三の物が其処に入るのをしっかりと娘の佳子に見せ付ける
    ためでもあった。 


     「あっパパ生まれた所って、わかったあ〜。嬉しい。」
    佳子は思いもよらない事に驚くどころか返って幸三の仕打ちに
    素晴らしさを感じたという。

     そして幸三はおもむろに佳子の体を太い丸太の様な太股で跨ぐ
    と、さっきまで母親に舐め吸いさせていた自分の逸物を今度は
    娘の佳子の口にあてがうと、佳子はそれをスッポリと咥えたという。

     「うっ、佳子、これから母さんに入れるからな。佳子は下から
    わしの物を舐め吸いするのじゃ。いいな。」そう言ったかたお思うと
    幸三は腰を上づかせて佳子の口から逸物を抜き取るとそのまま
    勢い付いた矛先を母親の其処にあてがい、芳江の身体に覆い被
    さっていったと云う。そして佳子の体を太股の凛々しい筋肉に
    任せてグイグイと締め上げながら母親の中へのピストンがなされ
    否応なく佳子の顔は幸三の逸物から肉袋に圧っされたが、その
    佳子の顔や口への感触は自分の体を締め付ける幸三の太股からの
    感触と相まって、えも言われぬ嬉しさだったと云う。

     もちろんこれは通常なら屈辱であり第一不潔この上ない感でも
    ある。実際、幸三が抜き差しする母親の其処からは、グチャグチャ
    と汚らしい不快な音をたてながらヌルヌルと男女の液の混じり液が
    容赦なく佳子の顔に口に滴ったと云う。ただこんな屈辱感や不快感が
    佳子には返って素晴らしい素敵な官能の境地だったと言う。
    無論、今もその境地は佳子には変わりはない。




     「パパ私も嬉しい。ア〜ほんとになったのね。」芳江が言うと
    「ウームそうじゃ。ワシが言った通りじゃろう。佳子も幸せじゃぞ。」
    幸三は母親、芳江の顔を舐め擦りしながら巨大な太股で佳子の身体を
    挟んで自分と母親、芳江の挿入部に否応なく恵子の顔を押し付けながら
    しゃべるのだった。

     「ウウウウ〜、パパククク苦しい〜。」幸三が佳子の身体を太股で
    グイッと上に上げると、さすがに佳子も苦しいのだろう。一瞬もがいて
    いたが、むしろ佳子の方から口を一層強く挿入部に当てがってきて
    いたと言う。これにはさすがの幸三も驚いたが合点が行った事を悟り
    佳子共々嬉しかったと言う。芳江も佳子の苦しげな声が自分の股間に
    響いたのは分かったが直ぐに自分の身体に圧し掛かる幸三の蠢きとは別に
    己の其処へ一層強く当たる娘、佳子の唇や舌の動きに安堵と幸せ感を深めた
    のだった。



     しばらくの、蠢きが続いて終に幸三は達した。大量のスペルマを
    芳江の体内に放出し、逸物はまだ芳江の体内に入れたままだが腰から
    上は芳江の身体を離れてゆっくりと起き上がった。そして自分と芳江の
    接合部の下で佳子がピチャピチャと滴る男女の混じり液を舐め吸いして
    いるのを見届けながら、「佳子、抜くぞ。ワシの男汁が母さんの其処から
    流れ出るからな。飲むのじゃぞ。」そう言うなりゆっくりと芳江の身体を
    両腕で抱え上げ佳子の顔を挟む逞しい自分の太股の上に芳江の臀部を
    ずらして来るのだった。ついで「ウウウウフーム」なぞと呻きながら
    芳江のそこから己が逸物を引き抜いたのだが、この時はさすが、
    股下に顔を埋めさせられている佳子も、たまらなかった様で
    「ウワ〜ンンンンン〜。」などと声にもならない様な叫びを上げたと
    言う。さすがに母親の其処から引き抜かれると共にドッっと流れ
    滴る幸三のスペルマと、今や柔らかくなっているとは言え太く長い
    幸三のそれがベタベタと顔を押し付け、一瞬自分でも訳が分からなく
    なるような衝撃だったと言う。

     「佳子、大丈夫だぞ。何も心配はいらん、さあ、お前の口で舐め
    取るのじゃ。」なぞと言いながら芳江を抱えたまま僅かに体重をかけ
    まいと佳子jを跨ぐ自分の太股を上づかせて太股の筋肉をさらにギュッと
    張り出した幸三だったの言う。それも後で、佳子の官能のたかまりと
    なったらしく、「もう夢中で幸三の逸物からしたらるスペルマを舐め
    顔をベチャベチャに汚されながらも母親の其処から滴るスペルマを
    吸いながら飲み込んだと言う。 

     「どうじゃ佳子、フームいい気分じゃ。綺麗に舐めとるのじゃぞ。」
    幸三の呻くような声を頭の上に聞きながら佳子は終わっても太い肉棒を
    また母親の其処を舐め続けていた。っと男の巨大な下腹部が佳子の
    目の上を動いたかと思うとアッと云うまもなく佳子の顔は柔らかい
    物に押し付けられていた。「ウウウウウ、ククク苦しい。」思わず
    呻く佳子だったが、それこそ幸三が佳子の頭を股に挟みながら顔を
    母親の其処におしつけていた仕業だった。
     「ウーンちょっとは我慢せい。佳子が生まれて来たところじゃぞ。」
    柔らかくなったとは云え、なお太く長い逸物を佳子の髪の毛の中に埋め
    グイグイと腰を蠢かせて佳子の顔を嫌が上にも母親の其処を埋めたと云う。
    佳子は巨木の様な幸三の太股に上体を挟み込まれ頭がおしつけられる実に
    残虐ともいえる行為を受けていた訳だ。しかし不思議と佳子はむしろ、
    また喜びを感じていたと云うう。

     「ウームどうじゃ、芳江」
     「いいわ〜、パパ。」
     
    「ンッ、ほれっ、ウウウウ〜。」
     「アアア〜またまたよ〜イイイ〜」
    佳子の顔を母親の其処へ腰で押し付けながら母親としゃべり合い
    時にベチャベチャと幸三が母親の顔を舐め擦りする音を聞きながらも、
    返って佳子は嬉しかった。さっき幸三が出した男汁は未だ母の
    其処から滴っていたが、其れも全部舐め取って。
     「フーム、佳子も生まれ変わった事ジャロウ。ホレッ。」
    などと呻きながら幸三は股をゆっくりと広げて佳子を股締めから
    開放すると、佳子の体の向きを軽々の股間で返し
    「さっまた舐めるのじゃ。」などと言いながら、佳子の頭を両手で
    押さえ込み顔をグイグイと自分の肉玉から肉棒へ、また下腹部の茂みへと
    押し付けるのだった。

     「どれ、身体を流して晩飯をつくるか。」
    幸三は言いながら佳子の顔を下腹部に押し付けながら、母親の身体を跨ぎ
    佳子を引きずるようにして岩風呂へ向かった。
    母親の芳江は汚れたシーツをたたみ、洗濯物置き場に置きながら
    すぐ後を追い3人はそろってまた岩風呂へつかったとと云う。
    母親の芳江は右側の佳子は左側の何と幸三の男の乳房に口を付け
    吸いながらで、この時幸三の手は二人の女の其処を湯の中で
    あらって上げていたと云う。

     そしてこの時に佳子は母親にもはっきり聞こえるようにだろう
    幸三の胸越に、「パパ私、パパのお嫁さんになるの。もう大学は
    行かない。」と云ったそうだが、これは佳子にしてみれば大きな
    一大決心だったようで、それまでの幼い頃から積み上げてきた
    ピアノの練習も全て放棄するかのようでもあった。ただ、その
    ピアノの事では、これまた、「幸三の為に演歌なら弾く」そんな
    気持ちだったようで、それは、これまでも時折、幸三が来た時は
    幸三にせがまれて弾いていたという。ただそれを云わば幸三の為
    だけにとなるのは、やはり佳子の決心の現れだったようで、それは
    今も続いているのだ。

     この岩風呂でも幸三の巧みな指使いで二人の女は湯の中で
    風呂場に淫声を響かせ、ぐったりと幸三にもたれかかるまで
    イッたと云う。

    風呂から上がると、二人の女は幸三の体を隅々までバスタオルで
    拭き取り、その後、自分達の体を拭く、これはいわばお定まりだった
    ようだ。
     
     幸三の身に着けているのは褌1本に浴衣掛け、ただ、魚のさばきは
    普段猟師仲間とも船出するほどの猟師の腕も達者で、手馴れたもの、
    芳江の丁寧な煮魚料理はそれなりに良いのだが、幸三の魚料理は、そこらの
    板前も舌をまくほど達者でもあった。鼻歌交じりにも、すぐさま、3人分にも
    あまるほどの刺身を盛っていく幸三ではあった。 

     幸三はそんな佳子の様子を察してか、
    「佳子もう一杯くれ」
    っとジョッキを佳子の方に差し出すと、
    「素敵パパ、はい飲んでね。」
    なぞとドクドクと勺をする佳子でもあった。
    幸三はグイグイッと改めてそれを飲むなり
    左腕を佳子の体に回わしてグイッと自分の方に佳子を引き寄せるのだった。
    そして、右手では箸をもち皿の上に盛られた刺身を無造作に挟むなり
    バクリとばかりに口に入れた。

     変態Sexと言われば、これまた変態なのかもしれない。しかし佳子は
    そんな幸三にしびれる、うら若い18歳の乙女だった。
    幸三の左腕は佳子の背中から臀部を抱きかかえられ、佳子の頭はすでに
    幸三の右手の中で顔は、モグモグと刺身を噛む幸三の分厚い唇に押し当て
    られていたのだ。

     期せづして、母親の芳江はまた、静か三味線を弾き始めていた。
    その三味の音に合わせるかのように、幸三の口は佳子の口を開かせ、
    何と佳子の口の中に自分の口中で咀嚼した唾液交じりの刺身を
    口移しで自分の舌で佳子の口中へ押し込む幸三でもあった。

     そんな幸三の行為に佳子は全てが新しい事だからと、初めての行為に
    甘んじて受け入れ口を開き幸三の口移しの刺身を自分の口で咀嚼して
    飲み込んだという。それも、ゆっくりと3度、4度とさらに口から滴る
    酒もいつ終わるとも判らぬ気分で飲み込んだという。

     「芳江、有難うよ。良い響きじゃぞ。さあ、お前もじゃ。今晩は
    ゆっくり食べて飲んで女の絶頂を芳江も段度でも味わうのじゃぞ。」
    幸三は佳子の口唇を食む様にしながらも母親の芳江にうながした。
    芳江も「ええ、パパ嬉しいわ!」などと言いながら勺を受けていたが、
    「パパ、私も」っとねだるように言いながら幸三の体に寄り添ってきた。
    幸三は無論、そうなるのは承知の上の事だったのだろう、また口に刺身を
    頬張りゆっくりと咀嚼しながら、何と佳子の顔を自分の股間で
    固くなっている逸物に押し付けながら芳江の首を掴んでその口に
    口移で芳江の唇を喰らったと言う。 

    Hな0930奥様(内容)

    72歳の爺さんが34歳、
    3人の子持ちの
    人妻さんを 寝取って
    しまいました。
    しかし元気ですね〜!


     「フーム芳江、好きじゃぞ、いい女ゴじゃ。さあ来い。」
    幸三は芳江の浴衣を開き又を開かせながら抱きかかえるの
    だった。佳子の頭を足で自分の股間に押し込みながら。
    「うっ、佳子、舐めとるのじゃぞ。」などと言いながら、芳江の其処へ
    下からブスリとばかりに突き刺し、佳子にはその箇所を舐めさせるのだった。
    しかも、選手交代よろしくある程度、女が高まると母親と娘の
    場所を入れ替えて繰り返されるのだった、口では刺身を食いながら
    時に口移しで女に食わせながらである。
    読者には想像できるだろうか。なかなか文章だけでは想像し難い場面も
    あるが再度詳細してみよう。



     芳江と佳子も、晩の料理にと芳江が下ごしらえしていたものを
    準備する。
    幸三の料理が先に終わるのが常だったようで、幸三は二人の女が膳が整のわせる
    間テレビを見ながら先に食前酒と称してビールを飲み始める、それが
    幸三とともにする夕食の常だったようでもある。

     食卓が整い3人が向かい合うように座卓にすわると、決まって幸三の方から
    二人の女に勺をする、これも常だったが、この佳子にとって初めての酒では
    幸三もそれなりに気を使い、初めて酒を飲む佳子に促して少しは飲ませたたという。

     初めの乾杯の音頭とりも幸三がしたという。言わば佳子と幸三との
    結びつきを印す酒でもあったのだ。乾杯が済むと、芳江は、幸三に勺をし、
    かつて手馴れた三味線をとりだす。そして幸三の好きな三味の音を堪能させる。
    これは芳江自身の喜びでもあったようだが幸三も芳江の爪弾く三味の音色に
    酒も程よく手伝い、終に佳子と芳江と自分が結びつく様相を深くしたという。

     幸三が芳江と佳子のところに来るのは「自分とそして二人の女の色欲を満たす為。」
    そうも言えたかもしれない。しかし、この事は3人にとっては、いわば
    人生では他に代えることのできない大事な事柄でもあった。

     ゆっくりとしたペースで決して酒量は多すぎず、むしろ料理に舌鼓を打つ。
    これが3人の夕食だった。ただ佳子をものにした初めてのこの日は僅かに幸三の
    酒量も多くなりかけたが、もう、佳子の今後にとって言わば最も大事な懸案、
    つまり高校を卒業した後の身の振りようがあった。その事への話題もあったようだ。
    しかし、その事と、今日の午後佳子が体育着で帰宅してから、さっき風呂から上がる
    迄には既に佳子の中で決まっていたようで、
    「パパ、お魚おいしい。」
    「んん、ワシは得意じゃぞ、これからも佳子の喜ぶ刺身をいっぱい作るからな。
    佳子は大学へは行かんのか。」
    「そう、もうパパの方が絶対、いいから。いつもパパと一緒なの。ピアノは弾くけど
    それもパパの為にね。いっしょに歌ってね。」
    なぞと云う。実にsexとは此処までも一人の女の意志を決定づけるものかとも思えるが
    今だ若い女子高校生だからとはいえ、幸三と云う強い後ろ盾があれば、何ら不自然な
    事でもなかったのだろう。それは3人の、これ以後の行き方によく現れてもいた。 

     つまり胡坐をかいたまま母親の又を開かせ男は下腹に女の股間を押し付け
    ながら男の逸物を下から女を突き上げる様に刺す。
    女は臀部を大きな男の掌で押さえ付けられながら両足で畳を踏み
    高まって行く。臀部をあるいは背中を上下させ女の其処が己の
    物を高めるよう男の掌は程よく蠢く。

     さらに特筆すべきはもう一人の女である娘は男の身体の前の膳の下に潜り
    胡坐をかいて大きく開く巨大な男の太股の間に頭を埋め実に母親と
    交接しているその箇所を、口や舌で舐め擦りをしている。

     この様な構図なのである。そして女達は、時折、入れ替わるのだが
    そのつど、男のジョッキに酒を注ぎ足す。これは幸三の望みでもあった
    そうだが、そうとは云え、実は幸三はあまり酒は飲まなかったという。
    それも返って酒は己の物を狂わせるからで、これは当然なのだが、それでも
    女達には少しずつの勺をさせ、また女達を抱きかえるたびに、その口に
    自分の口で咀嚼した刺身を喰わせたと云う。

     

    ********************************************************************&nbs
    ★蠢く女性の性器:色々陰核マンコ動画★


    ★無修正アトランダム官能静止画像★













    ★カリビアンは何故業界No.1なんだ?★

    20130929_3a05726fd14f47735a4ffrH2HVsVhtMt.jpg





    ★スポンサー静止画像(女陰挿入中出しの宴)★
    (エロ厳選)アダルト無修正動画へ

    官能AV無修正動画

    他では見る事のできない


    無料大量サンプル・無修正アダルト動画
    のサンプルをご用意致しました。しかも当サイトで掲載している
    無料サンプルは、サイトに許可を取って提供されており、安全且つ、
    高画質なサンプルををお楽しみ頂けます。画像をクリックするとなんと
    500x430の大画面でサンプル動画が再生されます。
     注:サンプル動画は画質を落としてありますが、提供サイトのメンバーペ
    ージではDVD以上の超高画質で作品がダウンロード出来ます!


    ★私の乱れる姿 、見て頂けますか?
    熟女人妻専科
    (エロ厳選内:パコパコママ)

    ・人妻なでしこ調教 〜段違いの
    色気をまき散らす熟女〜

    ★以下・スポンサーサイト:官能静止画像★


    DX Live

    世界では未だ紛争による武力制圧等で女達の自由は許されていない。
    ここ平和な日本でも女達の貞操は世間の目を気にしなければいけない現実がある。
    人目を忍ぶ女達は今日もギンギンになった肉棒を想像し、
    オナニーをしに夜な夜なDXライブへ集まっているのである。



















    当「シニア男のアダルト夜ブログ編、
    全ページ中、人気ページ・ランキング」



    *********************************************************************

    素人達のエロの世界・制服射精・(ドラムカン)
    f002.jpg
    201412-15-40.jpg
    f006.jpg
    000124080.jpg




    ★(アトランダム)剥きだし女性器陰核静止画像)★













    食事がほぼ終わりかけると、幸三はあえてめざとく桂子の
    柔らかい臀部を下からすくい上げるようにして顔を自分の口に付ける。
    そしてまたもや分厚い唇で桂子の顔をバクバクと食べるように
    して舌を這わせる。

    芳江は、察してだろう、そそくさと膳の片付けを始めると
    幸三はそのまま桂子の顔をブチャブチャと舐めすりしながら
    抱え込んで、寝室に向うのだった。

    もう桂子には昨日までの気がまえた気持ちは消えうせていた。
    いったい母と幸三が自分をいつ受け入れてくれるのかと
    ただただ待っていたとも言える。
    今は違う幸三自身が母とは別に自分を抱え込んでいる。
    この現実!桂子は夢の中にいるようだったと言う。

    すでに幸三から激しい行為を受けていたとは言え、いま
    改めて母と幸三が寝る布団へと運ばれる自分!
    布団に倒され、アッと言うまもなく丸裸にされる桂子。
    「ハッ、またパパが来る。」と思った通り
    幸三の逞しい巨大な男体が未だ18歳の桂子の女体に
    覆いかぶさってきた。
    体全体が幸三の巨体に押さえ困れたまま頭も動かせない。
    「さあ目を開けてワシの顔をよく見るのじゃ。」幸三が呻く。
    桂子は構造の大きな掌で頭を押さえ込まれながら
    ふと目を開けると自分の顔の上方、1尺の辺りで
    幸三の巨大な口が分厚い唇からヌルヌルと唾液を
    這わせている。時に大きな舌がベロリッと這う。
    「あっ!」っと思った瞬間、桂子の口も鼻も、巨大な
    幸三の口の中へと咥えられていた。

    さっき抱きかかえられてから続く幸三の顔面舐め擦り
    ではあったのだが、今また母の寝る布団の中で幸三の
    口の中で呼吸ができるとは桂子には新鮮ではあった。
    苦しい、ムンムンする男の口の中の息。
    幸三は鼻で吸った息を口から吐き出す。
    その吐き出した幸三の息を桂子が吸う。
    そんな按配でもあった。ただ幸三は時折きつく締めた
    唇を緩め唇の間から外の空気も口内にいれてはいた。
    それにしてもやはり苦しかったと言う。さらに幸三は
    自分の胃袋からさっき食して胃袋で溶けている
    溶解物をゲップで桂子の口や鼻に吐き出す。
    もの凄い臭気が桂子を苦しめたことは確かだった。


    ******************  

    奪われた母と娘

     北ヨーロッパの、とある港街。
    手広く貿易会社を営む50年配の社長が支社の
    倉庫会社の荷役扶から彼の美しい妻と娘の両方を
    奪い取ってしまう。

     トンでもない事実。と言うのも、その荷役扶は
    荷役作業中の事故で両足を膝から下を切断すると言う、
    大怪我をして勤務解雇にされている。途端に生活に困窮
    してしまう家族。そんな時に彼の妻44歳と未だ19歳
    の娘を奪い取ってしまったのである。

     北欧の港町での嘘の様な本当の話し。
    亭主を父親を捨てても官能に飲み込まれる二人の女。
    女にとってSexとは此処まで虜にしてしまうのか。





    肘掛椅子に座って女のフェラをさせるのを好むPaul Bergres、手広く貿易会社を営む
    社長だ。ついに支社の荷役扶の妻を彼から根とってしまった。
    今日もゆったりと肘掛椅子に座りながら、Malene44歳の彼女にフェラをさせ
    彼女の舌を先ずは楽しんでいる。



    彼女を裸にするとベッドに仰向けにさせ、顔に跨り顔面フェラを楽しむ。
    所謂口万迄やり69態様から彼女の其処をたのしむ。
    彼女にとっても、またとない官能だった。



    娘のMlienne19歳も、同様に肘掛椅子に身を沈め、存分にフェラをさせる。
    ときおり彼女の頭を押さえ込み野どの奥まで差し込む。
    先端の刺激が彼を高まらせるが、彼女自身も締め付けられるのを好むのだった。












    Fc-2ブログ版シニアのアダルト官能
    大量ロマンポルノ全ページ一覧・アーカイブへ

    emad030jp-10.jpg





    ★他では見る事のできない★

    無料大量サンプル・無修正アダルト動画
    500x430の大画面でサンプル動画が再生されます。
    注:サンプル動画は画質を落としてありますが、提供サイトのメンバーページではDVD以上の超高画質で作品がダウンロード出来ます

    ★(エロ厳選)アダルト無修正動画★

    33.jpg


    (尺八)フェラチオ:ヤクザに寝取られた人妻醜態!
    男の股間執拗舐め摺り掃除、マンコかき出し!

    一月ほど前から妻、千代乃の様子はおかしかった。以前の妻と親分との間柄か
    ら、親分と何か出来ている感が薄々には分かっていた。だがこの1週間前、突然
    家を出て以来返って来ない、そして今日家に帰ると、この様なビデオが封書に入
    っていた。親分からの手紙が同封されて。「健治よろしく成りたくなければ、女
    房を取り返しに来い。千代乃は見ての通りワシのものになっとるがな!」

    健治とは親分に逆らって簀巻きにされた男ではある。俺は親分と俺の女房、千代
    乃の性奴にされかねないのは分かっていた。だが俺は親分の元へ行くしかなかっ
    た。もし行かなけらば健治よろしく、手下が俺を狙い、俺の命が危うくなるしか
    なかったから!


    ★無料官能アダルトFc-2★
    ★静止画像連続表示(アルバムへ)★

    a019.jpga020.jpgbcfb33e0.jpgcap_e_0_136sw-157.jpg

    cap_e_1_136sw-157.jpgf.jpg12_20131209203843b80.jpg
    17_20131209203843210.jpg

    73358.jpg121227-04s.jpg20110701054956260.jpg
    k141_20131209203643b66.jpg

    k142_2013120920364224c.jpgk143_20131209203641adb.jpg0qKF1p2y.jpg
    1_20131209203640cb3.jpg

    6_20131209203639d7d.jpgk136.jpgk137.jpg



    ★男の肛門を舐め摺る女達、静止画像¬






    ★シニア官能アダルト無修正ブログページ★
    14/07/31激可愛ロリの驚愕
    14/07/30「フーム舐めても
    14/07/30衝撃イラマチオ静
    14/07/28巨乳セールスレ
    14/07/28デブ男の官能Se
    14/07/26エッチな0930
    14/07/26KIRARI 5
    14/07/25東欧ハンガリー美
    14/07/22もしも、こんな&
    14/07/21ラフォーレ ガー
    14/07/21ぶっかけ熟女 9
    14/07/21KIRARI 7
    14/07/21ラフォーレ ガー
    14/07/16★巨漢老人達と若
    14/07/16裏切り女房:妻と
    14/07/16(閲覧注意)連続
    14/07/16巨漢男の執拗フェ
    14/07/16シニア男の生娘あ
    14/07/16レズ女3人を犯す
    14/07/16女2人を犯す、巨
    14/07/16官能、褌・デブ専
    14/07/16巨根2本爺さん肉
    14/07/16口擦りフェラ連続
    14/07/16生画像倉庫(過激
    14/07/16連続顔面・口内射
    14/07/16〆浴露天風呂温
    14/07/15アナル天使 vo
    14/07/15★レズ娘2人をも
    14/07/15巨漢老人のロリコ
    14/07/12若妻の浮気 りか
    14/07/12普通なお姉さんに
    14/07/11:フ温泉宿で大乱
    14/07/11普通なお姉さんに
    14/07/11★全裸de登校日
    14/07/09出演後悔系なお姉
    14/07/0915.大量生画像
    14/07/09手コギフェラM
    14/07/08大画面官能静止
    14/07/08★和風セックスプ
    14/07/07S級女優の悩殺フ
    14/07/07Sexバラエティ
    14/07/07驚愕の爆ボディ生
    14/07/07オナニーすけべ顔
    14/07/07フェラチ専科:巨
    14/07/05通い妻 〜主人が
    14/07/05裸家族・爺さんと
    14/07/04巷で噂のアナルキ
    14/07/04口摺り、顔摺リ睾
    14/07/03★2人の女を犯す
    14/07/03★人妻マン舐め、
    14/07/03人妻3p、上口下
    14/07/03寝取られた若妻、
    14/07/03旦那の目の前で犯
    14/07/03旦那の目の前で犯
    14/07/03本能と欲望の濃密
    14/07/03巨漢男の迫力ロリ
    14/07/03顔面騎乗:女の尻
    14/07/03巨乳家政婦 〜潮
    14/07/03★オマンコ図鑑★
    14/07/03ロリ娘2人をもの
    14/07/02ザーメン
    14/07/02マンコ図鑑 栄倉
    14/07/02DX-Liveチ
    14/07/01成宮ルリ 〜マン


     
    14/06/30素人さん初の風俗
    14/06/30最高に淫らな絶品
    14/06/30男性器、女性器の
    14/06/29エッチな4610
    14/06/28人妻斬り 西山
    14/06/28もしも、こんな&
    14/06/27★迫力生姦3Pフ
    14/06/27アナル中出し8
    14/06/26爺さんSex大好
    14/06/24エロさに限界なし
    14/06/24コレクション V
    14/06/24★閲覧注意★女体
    14/06/23★白人二人女、黒
    14/06/22混浴温泉・夫婦交
    14/06/22爺さんが同時に犯
    14/06/21爺さんと孫娘:屋
    14/06/20(生)尺八フェラ
    14/06/19夫の目の前で犯さ
    14/06/19性具人妻、寝取ら
    14/06/19★覆面男達の人妻
    14/06/19若い娘をものにす
    14/06/19老人と生娘、濃厚
    14/06/19寝獲られ人妻中出
    14/06/19巨漢爺さんと若い
    14/06/19デカマラ連続顔面
    14/06/19フェラ尺八専科!
    14/06/19肛門舐め擦り、ヤ
    14/06/18スカイエンジェル
    14/06/17ベビーオイルぬる
    14/06/17盗撮・女性専用ア
    14/06/17レズミッション〜
    14/06/17股挟み尺八(フェ
    14/06/16人妻もて遊び種付
    14/06/15ご主人様のフェラ
    14/06/12男性、女性の性器
    14/06/12男性、女性の性器
    14/06/11口内射精スペルマ
    14/06/10ディーップキッス
    14/06/10好色妻の飽くなき
    14/06/10S Model
    14/06/09出会って〇秒で合
    14/06/09極上セレブ婦人
    14/06/09ぶっかけ熟女 V
    14/06/09麻倉憂が貴方のお
    14/06/09S Model
    14/06/09神聖なピアノの前
    14/06/08巨漢老人とロリ娘
    14/06/07女は男を犯すのよ
    14/06/07陰唇にザーメンを
    14/06/07(女陰)女性器満
    14/06/07尺八フェラエッ
    14/06/07尺八フェラ[個
    14/06/07尺八フェラ]続
    14/06/07無料・無修正サン
    14/06/06・(動画)仁王立
    14/06/05ロリ好き親父の執
    14/06/05赤褌ムキ出しフェ
    14/06/05★女陰と男根の戯
    14/06/05男の汚い肛門、股
    14/06/05後手拘束/むき出
    14/06/05洗ってないマソコ
    14/06/05[個人撮影]超絶
    14/06/05金髪美女の極乳が
    14/06/05超どMで被凌辱願
    14/06/05S Model
    14/06/05Desire 2
    14/06/05北條紗雪 モデル
    14/06/05俺のドギー発育中
    14/06/05お願いされたら断
    14/06/05レッドホットフェ
    14/06/05フェラで口の中は
    14/06/05人妻寝取られ現場
    14/06/02DTI無修正動画
     
     
    14/11/23Top Page
    14/11/23カリビアン:マン
    14/11/23T-3・破壊、大
    14/11/23マンコ図鑑 百合
    14/11/21既存官能ページ1
    14/11/19T4-人妻:ヤク
    14/11/19マンコ図鑑 宮澤
    14/11/19T-2・巨大股間
    14/11/19犯される人妻・男
    14/11/19国際線勤務 金髪
    14/11/18激カワアナルメイ
    14/11/18マンコ図鑑:三女
    14/11/17ロリ趣味男の男汁
    14/11/17動画集め(尺八フ
    14/11/17フェラチオ股間舐
    14/11/17帝王の肉欲態様-
    14/11/15★昭和ノスタルジ
    14/11/15巨大男マラ性欲交
    14/11/15昭和田舎の思い出
    14/11/14キモ親父達のロリ
     
    14/10/13交尾大量画像、男
    14/10/12過激フェラチオ専
    14/10/12★巨大尻家政婦、
    14/10/11人妻斬り 箕輪
    14/10/11個人撮影★女子大
    14/10/09「素人覗き見」
    14/10/09顔面、赤フンドシ
    14/10/09無料ロマンポルノ
    14/10/08★「家政婦をもの
    14/10/08★狙った獲物は逃
    14/10/08無料無修正(個人
    14/10/08★義父と嫁の異常
    14/10/08露出温泉,人妻不
    14/10/08五十路熟女〜浴衣
    14/10/08秘密の性癖の人妻
    14/10/07女性器無修正・濃
    14/10/07★爺さんと2人の
    14/10/06★シニア官能se
    14/10/06★不倫セックス:
    14/10/06無料無修正動画★
     
    14/11/14正常位で生挿入★
    14/11/13裸のシェアハウス
    14/11/13Tフロント食い込
    14/11/13真夜中の陵辱ナー
    14/11/12巨漢男のフェラ女
    14/11/12擬似挿入だけどエ
    14/11/12老舗DTI大量集
    14/11/12おっぱい倶楽部_
    14/11/11鬼才沖本監督
    14/11/11シニアデブ男と生
    14/11/10エッチな4610
    14/11/09無料無修正官能動
    14/11/08吉野公桂、ハリウ
    14/11/08無料無修正動画:
    14/11/06女性の性器(マン
    14/11/06フェラチオ専科:
    14/11/05巨漢デブ女のM男
    14/11/05高画質DVD精細
    14/11/04教師に犯される女
    14/11/04女性器解放:マン
     
     

    | サンプル動画一覧  | アダルトサイト比較ナビ  | ライブチャット比較ナビ | ADULT COLLECTION |
     
     
    「「母娘親子丼」人妻イラマチオ!過激執拗フェラチオ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    老人と若い娘のSex!★スケベ奥様で、毛深いオマンコをグショグショに (2015/07/27)
    女性の性器動画(特集)(2)暑い夏も吹っ飛ぶほどの脅威の妖艶熟女映像★3人のオナニー( 隆・万里・清司 ) (2015/12/15)
    五十路熟女の肉★2★皿受け大量精液、ごっくン、スペルマ(男汁)シャワー     (2015/10/23)
     
       
     
     
     

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     
     
     
     

    トラックバック

    佐賀県 - ペニーオークション

    あなたが欲しかったあの商品を手に入れる最大のチャンス!
    1. 2011/12/14(水) 02:25:36 |
    2. 佐賀県 - ペニーオークション
    http://iyashiya.getenjoyment.net/one/?w=%e4%bd%90%e8%b3%80%e7%9c%8c

    栃木県 - オークションワン

    1発落札も夢じゃない!驚愕の1円落札者続出オークション!
    1. 2011/10/28(金) 16:08:14 |
    2. 栃木県 - オークションワン
    http://iyashiya.getenjoyment.net/one/?w=%e6%a0%83%e6%9c%a8%e7%9c%8c

    愛知ギャルフリマ

    愛知ギャル専門フリマサイト登場♪
    1. 2011/06/22(水) 17:22:29 |
    2. 愛知ギャルフリマ
    http://frema.onlinewebshop.net/?w=%e6%84%9b%e7%9f%a5

    東京ギャルフリマ

    東京ギャル専門フリマサイト登場♪
    1. 2011/06/16(木) 04:36:01 |
    2. 東京ギャルフリマ
    http://frema.onlinewebshop.net/?w=%e6%9d%b1%e4%ba%ac

    メガリス

    初めてでも大丈夫!絶大なメガリス効果で女性を驚かせよう!!
    1. 2010/10/10(日) 15:37:13 |
    2. メガリス
    http://strowcrue.net/dp/?s=%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%aa%e3%82%b9
    | サンプル動画一覧  | アダルトサイト比較ナビ  | ライブチャット比較ナビ | ADULT COLLECTION |
    トラックバックURLはこちら
    http://shige.dtiblog.com/tb.php/415-91a4c036
     
     
     
     

    DTIブログって?

    1.  
     
     
    カリビアンAV界の女王・上原亜衣★隣の奥さんのあそこに生で奥まで突っ込みました
    カリビアンAV界の女王・上原亜衣★隣の奥さんのあそこに生で奥まで突っ込みました
    ホームへ
    ホーム
    女2人をモノにする!女2口ザーメン舐めマラ摺り!★汗臭い男の匂いで濡れちゃいます★
    女2人をモノにする!女2口ザーメン舐めマラ摺り!★汗臭い男の匂いで濡れちゃいます★

    copyright © 2006
    Powered By DTIブログ
    allrights reserved


    エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

    - calender -
    02 | 2017/03 | 04
    Su Mo Tu We Th Fr Sa
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    - entries -
    - comments -
    - track_backs -
    - archive -
    - category -
    - links -
    - search -
    close