シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp) 貫く肉棒〜中出しへ!
無料
エロ
動画

    シニア男のアダルトな夜(無料無修正X-video,Hamster,Zippal動画、静止画、大量ランダムUp)

     
     

    貫く肉棒〜中出しへ!

    1. 21:48:28
    (19-16)・貫く肉棒〜中出しへ!  
    「寝取られ人妻-2」
    物語は画像の下段へ続きます。 

    Hey動画♪
    入退会不要!見たい動画だけ買えば良し♪
    有名AV各社・大量ジャンル・大量作品♪
    勝手に選んで安価で買える♪
    全作品・長編サンプル動画付き♪














    エロ厳選
    芳子は人妻・女房である。
    しかも亭主はと言えば、自分が社長である自社の社員でもあるのだ。


    そんな事は社長である富蔵は百も承知の事ではある。
    富蔵自身芳子を己の生涯のSex奴隷とすること、また芳子自身彼女の人生に
    とってこの上無い喜びともなってしまっていた事。
    すでに社長たる富蔵は部下の女房をものにして2ケ月は経つ。
    今日も昼下がりのホテルの一室で、SF同士互いに、ねんごろなプレイはあった。
    しかし今日は日頃と少し違ってはいた。来るべき時を来させたともいえる。
    富蔵は芳子に自分の子を孕ませるのを最早やぶさかではなかった。
    デイープキッス最中の互いの縫瀬、終に富蔵のスペルマは
    芳子の体内に大量に放出されるのだった。
    そして翌日、富蔵との手はず通り、芳子は亭主に言い寄り
    亭主のスペルマも大量に受けていた。





    !女性に 朗報!
    !華やかにリリース!

    ライブチャット比較ナビ
     



    です。
    この文字クリックでサイトが開いたら
    最上段右側の「女の子募集」ボタンをクリック
     
      

    (みんなのオナニー)
    76歳爺さん、40代半ばの人妻さんに自分の逸物を
    咥えてもらって、延々ともう、小一時間は続くでしょう。
    ゆっくりとグロテスクな臀部を揺すりながら
    人妻さんの顔に被さって腰を入れてます。

    この人妻さん三段腹の爺さんの下腹の下で、
    いつ終わるとも知れない被さり責めに肉棒が頬を擦り
    顎に当たり、はてはシュパシュパとお口で吸い舐めして
    大層ご満悦だったそう!

    爺さん終に彼女のお口にドクドクッと発射。
    「ウウウウウ〜飲まないでくれい!」
    っと、ゆっくり身体を起こし彼女の口を大きく
    開かせて、口中に漂う今しがた出した自分のスペルマを
    しげしげと観ながら「ホッホッ、結構濃いなあ〜」なぞと
    呻いてこれまた、ご満悦。
    そのまま彼女の顔を再度、股の間に挟み込み
    布団を掛けて、朝までグッスり寝るのが常だったそうです。 



    亭主持ち2児の母親、34歳人妻さんを寝取ってしましました。
    今や私のSex奴隷と化し彼女も満足です。
    時には屋外でも楽しむようになったこの頃です。
    この日は夕闇迫る人気の無い小川の側の公園で
    ズボンを脱いで先ずは付近の草むらに放尿!
    未だ全部出し切らぬまま直ちに彼女の口中へ
    矛先を咥えさせました。いつもの様に彼女はコクンコクンと飲みます。
    苦痛の余りしかめ面になりながらもです。

    彼女の口を便器代わりにした後は、そのまま生尺八!
    彼女が首を動かす度に股間を締めるブリーフが褌よろしく
    肛門を擦り、いつになく大量の男汁を彼女に飲ませて上げました。
    Sex奴隷として相互に愛し合う男女が互いに飲尿する事。
    これも極普通の事ではありますが!
    門外漢の御仁には目くじらものかも知れませんね?

     

    >************!貫く肉棒〜中出しへ!***********
    50年配とはいえ、大学の剣道指南役でもある大柄な男に抱きすくめられ、抵抗するにも
    できない強い力で抑え込まれてはいたが、首を左右に振り男の口着けから逃れようと京子の
    顔を上から見下ろす。その亭了の顔と目はは男の筋肉とは裏腹に優しい安堵感をあたえて
    いたのだ。京子は強く絞められる男の腕の中で「我が身をこの男にこそ捧げたい。」そんな
    情からだろう。「先生好きイー。」っと思わず口走っていた。

     亭了の口は仰向けに寝た京子の顔の上に生臭い息をかけながら、ゆっくりと降りて来た。
    京子は「ああ、嬉しい、先生私を食べてエー。」なぞとも口走ってさえいたのだ。
    亭了は左右から京子の頭を微動だもできぬほど締め付けながら京子の口をスッポリと己の口
    中に納めていた。強力な亭了の口の吸い込みに京子は耐えていた。舌は亭了の口中に吸い込
    まれ亭了の前歯が噛んだ「痛いでも嬉しい。」京子は官能の世界に入っていった。亭了の舌
    が京子の舌を舐め回しそのまま大きな男の舌が京子の口中へ我が物顔で侵入する感でもあった。
    時に、亭了の口は大きく開いたかと思うと京子の頭をさらに強く押さえ込みガブリとばかりに
    京子の口も鼻も男の口中に咥えるのだった。京子は一時、息を止めたが苦しさには耐えられず
    息は止めたまま頭を振って逃れようとしたが亭了の強い頭への押さえ込みは、それを許さ
    なかった。

     その瞬間、「嬉しい。イイワ。この身を捧げるの。」と感じたと言う。そのまま亭了の口の
    中で呼吸をした。生臭い男の口の中の臭いそのものがさらに京子を昂めたと云う。男が京子の
    頭の押さえを緩めるまで、かなり長い時間、京子は男の口の中で呼吸したと言う。男の唾液は
    京子の口を鼻を責め、その唾液を舌でのけながらの呼吸だった。ただ男の唇は僅かに開いたり
    しまったりするので外の空気は吸えたというが、それでも男が鼻で吸い込んだ大量の息を男は
    そのままグワーっと京子の口と鼻に唾液と共に吐きつける、その苦しさに耐えながらであった。

     京子は自分の太股の間にすでにこの時から熱い肉棒の感触を感じていたという。まだ20歳
    の自分が今、この熱い物に貫かれようとしている。京子の夢は現なのか、すでに亭了の口はまる
    でスイカでも食べるように大きく口を開いたり閉じたりしながら、京子の顔中を食みつつあった。

     時に亭了50代に差し掛かった頃、京子は未だ21歳の頃だった。それ以後も、何と京子に
    結婚話が親戚の中から起こり京子と結婚相手の男がきまった辺りまで月に2度ほどの亭了と
    京子の縫瀬は続いたという。

     京子は23歳で結婚し翌年には長男をもうけ、さらにその翌年には年子で次男をもうけている。
    亭了は京子に結婚話が持ち上がったのを知ると、そこの言わば大人の分別といった所かもしれない、
    潔く自分は身を引いていた。一方京子の方はと言えば亭了とのことは体が覚えていたと後になって
    はいえるのだが、少なくとも、この時は結婚相手となるる若い青年実業家の彼と深い恋に落ちて
    行ったのも確かなようだった。

     しかし京子は結婚当初は彼との夜の営みも、さもありなんと思い我慢できていたという。
    つまり夜の営みでは、すでに当初からヒビが在ったともいえなくもない。それでも優しい
    彼の愛撫にはそれなりに京子も満足はしていたようだったし、彼も京子を大事にし、その愛も
    終始変らず深まってはいたようではあった。


     だが京子にとって極めて遺憾な事が年を経る毎に噴出して行ったのも確かで、それは、この
    青年実業家たる夫の事業が思わしくなく家計への今後への不安が常にあったこと。ただ、ただ
    それだけなら、妻たるもの夫を支え愛する夫婦として人生を渡ろうと京子なりにも思っていた
    ようであった。しかし夫の事業の他にやはり夜の営みで夫は単に優しいと言うだけならともかく
    京子を満足させることはほとんど無く自分のみいって高いびきで後は眠ってしまう。さらに
    決定的だったの母親への心の断ち切れが京子がいるにも関わらず出来てないこと。言わばよく
    いうマザコンの傾向がつよく、とくにこれらは、二人目の子が生まれた後からは一層顕著に
    なっていった様だった。

     時に家が近いこともあって、母親は頻繁に訪問したが、そのたびに子供はおばあちゃん子
    と言われるまでに京子よりも母親(祖母)につく様子をみせたり、何といっても夫自身が母親
    に事業の相談すらする。父親も、時に来訪したが父親よりも母にすがるそぶりをはっきり
    みせつけられてもいたのだった。

     実家の援助もあり何とか京子のやりくりで夫の事業のまずさ加減をつくろってはいたが、
    京子にしてみれば実家に頼る情けなさも手伝い、近くにパートの仕事先を得て、子供が学校
    から帰るまではパートの仕事をやっている。この様な状態がここ数年の暮らしぶりでも
    あったのだ。

     長男が子供が小学校2年になった時、フルタイムで仕事をする母親でもない所もあっった
    為か小学校のPTAの役員に推薦され役を持つこととなった。それが、図らずもまた亭了との
    再開のもとともなった。と云うのもPTA文化部の部長となり、講演会を企画したが、実に偶発
    的だったかもしれない、京子の住む都市に近いとは家、海沿いの市が古来わが国の民俗学的に
    高い価値を持ちそれを明らかにしたのが亭了だった事もあり講演会講師として亭了を招く事と
    なりその計らいを役員部長である京子が引き受けた、と云うより引き受けざるを得なかった。
    それが二人の再開のいわば必然的な出来事でもあったようだ。

     講演会では、教育委員会もバックアップし、周辺地域の市町からも沢山の聴衆が集まり
    いわば大成功だったそうだ。そして、ここが必定的ともいえることかもしれないが、白髪
    混じりのしかも今や妻を亡くした亭了へ京子は惹かれていき、また講演会後の感謝会では
    まったくそのそぶりさえ見せなかったが既に二人は逢引を約束し、別々にではあったが
    数日後の昼にはホテルで、久方ぶりの縫瀬を実現していたのだった。

     「先生、京子は先生が好き。」亭了は自分の太股の間に体を丸めて顔を亭了の逸物にあて
    頬ずりしながら言う京子の言葉に十数年前の様に、自ずと太股は柔らかい京子の体を締め
    つけながら京子の逸物への愛撫に酔っていた。多くの者から先生と呼ばれる自分。夫と子
    どもを持つ堅気の人妻たる京子。その人妻を体ごと今自分の股間に挟みこんで己の逸物を
    口に咥えさせ色香発する黒髪をなぜながら時に上から押さえ込んで、自分の逸物への女の
    口内の刺激を得ている。

     かつて21歳の娘をそうしていたのも決して良い事ではなかったのだろう。そして今は
    夫に愛され、二人の子供を持つ人妻である女とである。だが、この様な一見悪徳ともなる
    自分の行為が返って自らの逸物をビンビンに振るい立たせ、また京子へは大きな喜びを与え
    ていたのも事実だった。




     亭了はもう十数年前にもなってしまったが、あの日、初めて京子を抱いた時の事が脳裏を
    走っていた。すでに、亭了は若い生娘、京子を女にした後だったが、激しく亭了を求めて
    くる京子とその激しさを存分に受け入れる自分との事だった。

     「先生、私、先生と一緒でなければいやあ〜。先生の奴隷になりたいの。いやあ、
    先生、私を食べて、私、先生に食べられて、先生のお腹の中で溶けて先生の体に溶け込み
    たいの。」

     若い娘にその様にまで言わしめている自分。その自分に若い女体を捧げている京子。
    亭了は十数年前の事を彷彿と思い出していたし、また京子も十数年の時間と空間を
    飛び越えた今の彼女の行為だったと言い得る事ではあった。

     京子は亭了の剣道の素振りで股間まで濡らしていた汗を股間から逸物まで綺麗に舐め
    取り、また矛先から発散する男臭もなくなるほど丁寧に汚れを吸い取ってくれていた。

     亭了は、今やビンビンとそそりたつ己の逸物を京子の口に入れつつも「さあ、京子
    入るぞ。京子を動物の様に後ろから犯したいが、どうじゃな。」なぞと云うと京子は
    「先生、どうぞう、嬉しいです。」と返答した。亭了は傍に置いた素振りの木刀を右手
    で取りながら京子の口から今や硬くなった己の逸物を引き抜いた。京子は引き抜き際にも
    惜しむかの様に吸い込みを継続していた為か「ジュジュジュー」っと実にエロチックな
    音を辺りに響かせてもいた。

    0012






























      !!!ちょっと過激ですが!!!!

     

    最新サンプル動画(直リンク一覧)

    下記サイトはトップページから
    サンプル動画を無料で見れます。
     
         


     


     ただ、いくらエロチックな音が辺りに響いたとはいえ、ここは広い亭了の海に面した
    広い庭で左前方20mほどに能舞台があるとは家、その左に母屋が続いても、人っ子
    一人いない空間でもあった。しかし今、亭了は街の能が開催されれば立錐の余地ないほど
    人でうずまる庭で、母屋も役員らでいっぱいになって、庭をながめる、そんな庭で、
    二人の子持ちの人妻と一つになる。そんな言わば誰も見てはいないのだが大勢の者に
    自分達の在ってはならぬ悪事を見せ付ける冒険かあるいは悪徳か、その様な気分が沸々
    と湧き上がってきているのも確かで、「言わばこれも屋外Sexの醍醐味かも知れない。」
    なぞと自問する亭了でもあった。

     木刀を右手に持ったまま左手で京子の腰を押さえ込み、「さあ、前にまがるのじゃ。」
    と云うなり京子はベンチに手を突き亭了の物を受け入れる態勢を作っていた。亭了は
    自分の逸物には一切手をふれずとも京子の二つに盛り上がる白くふっくらした肉山の間に
    京子のせなかから滑らす様に矛先を滑らせ肛門を通過した辺りでグイッと腰を軽く入れた。
    もうそれだけで矛先は京子の其処へ当たっていた。すでに京子の其処は亭了の物を受け
    入れんとするかのようにしっとりと濡れほそっいたが、其処は男たるもの、亭了は右手に
    持つ木刀で敵に留めを刺す思いでもあろう。地面をブスーっとばかりに木刀の先で突き刺し
    たかと思うと、腰グイッと前へつまり京子の臀部に押し付けていた。



     言わば、かなりサデイステックな行為ではあったが、ゆっくりと徐々に刺すよりも
    すでに濡れている京子の其処でもあり一気に刺す事で左手の力もほとんど入れずに
    亭了の逸物は京子の其処へ奥まで刺さり込んでいた。そして、次に木刀を後ろに押しつつ
    左手で京子の腰を引き、グイグイと逸物研ぎの行為に移っていった。

     「アアア〜イイイイイ〜クククイイイ!」京子の泣き叫ぶような淫声が漏れ続いた。
    亭了の物は京子の其処にきつくきつく、締め付けられたたという。亭了は右手の木刀を
    一突きグイッとついて敵への留めを刺し終えると、そのまま京子の腕を後ろ手につかんで
    京子を責めつづけた。京子の喜悦の絞めはさらに強くなり、いよいよ亭了も京子の中に
    放出し京子に自分の子を孕ませる事をやぶさかとは、思わなくなっていた。



     「京子、やはりワシの子を孕ませるぞ、いいな。」「先生どうぞ〜嬉しい。」
    そんな二人の話の内に木刀で敵を倒した今、勝ち誇った気分の亭了は正面から京子の顔を
    見ながらの種付けが、どうしても欲しかた。自分の種が入るその時の京子の顔をみたかった。
    勢い亭了は京子をうながして矛先を一旦引き抜いた、タラタラとエロチックな二人が混じった
    愛液が京子の其処からも亭了の矛先からも滴っていた。

     京子の女体をベンチに仰向けにするやいなや太股を両手でひらくなり、いやましてイキリ
    立つ60男のそれは、ブスッとばかりに正面から再び京子をつきさしていた。
    「アッ、イイイイイ〜!もっと〜!」京子の哀れにも嬉しげな淫声が一層強く響いた。

     先の事なぞわからん、ともかくワシの京子は一つじゃ。ひとつになってワシらの子を
    「孕む、これがワシと京子じゃ。」グイグイと亭了はさらに激しく京子を責めていった。
    「ウウウウウウウ〜。」60過ぎの男にしては激し過ぎると思うぐらいの腰の波打ちだった
    が其処は日頃、剣道で鍛え抜いた体でもあったのだろう。終始、その勢いは増しこそすれ
    衰えなぞはみせず、最後の呻きも実にエロチックな響きを放つ亭了でもあった。
    最後のグイッ、グイッ、グイッと3度ほどの強い突きの後、徐々に亭了の腰の蠢きが
    緩やかになり、京子の首をそらしての甲高い喜悦の淫声は二人の種付けが済んだ事を
    物語っていた。

     しかし返す返す思うのは京子にしてみれば自分を愛する夫がいて、母と慕う二人の
    子供がいる人妻である。また亭了はもうすでに60を過ぎた、人生の分別を弁える
    男のはずである。そんな二人の男女が夫婦間でしかなされない種付けの行為を、かくも
    あざやかに、しかも屋外でこれ見よがしにやっていたのである。


    「先生、私、嬉しい。」
    「京子、よく耐えてくれたなあ。有難うよ。」
    亭了は自分の逸物を京子の其処からゆっくりと引き抜いた。
    自らの白濁汁が京子の其処から滴るのを白日の下で確かめ
    ながら今更ながら京子と自分との結びつきを感じながら。
    亭了は腰からだらしなく垂れ下がっていた褌をたぐりよせ
    京子の股間を拭きとってやった。すると京子はすかさず、
    「あっ、先生いいんです。私こそ舐めとらせてください。」
    と云うなり、身を起こし再び亭了の物を口に含んでシュパシュパと
    小気味良く舐めとるのだった。

     「ウウウッ、有難うよ。」亭了は終末の感触を京子の唇や舌から
    感じ取りながら静かに腰の褌をたぐりよせ京子の顔や口元を
    拭きとっていた。

     「今度あそこの舞台の上でやろうか。」亭了は褌で京子の
    顔を持ち上げながら能舞台の方を見やった。
    「嬉しいは、先生。きっとね。」そんな会話をしながら
    二人とも浴衣をはおり、亭了は傍から木刀をとると、
    さあ、じゃ家へ入ろうか。」などど云いながら右に木刀を
    持ち、左に京子の手を握り締めながら二人は能舞台を右に
    みて母屋の玄関へ向かった。

     玄関を入ると廊下を挟んで左側が広い応接室になっていて
    二人はそのまま応接室にはいると、京子は「まっ海が綺麗。」
    と今更のように云う。確かに応接間からは今しがた二人が
    楽しんでいた庭から、塀越しに入り組んだ入り江に打ち付ける
    白い波頭が鮮やかにみえるのだった。

     とっすぐに京子は「先生、嬉しい。」なぞと云いながら
    そのまま亭了の前に座り込み、今しがた自分の顔が包まれていた
    亭了の股間に再び顔をもぐらせてくるのだった。
    そしsて、「今日は夜7時くらいまで主人の実家に子供を迎えに
    行けばいいの。だから先生、ゆっくり夕方まで先生と一緒にいたい。」

     亭了にしてみれば、もう京子を自分からはなしたくはない。
    それは正直な心だが、亭主持ちで二人の子供の母親である京子ではある。
    京子が帰宅するのも止む無き事とはしていた。

     「じゃあ、ワシが傍まで、車で送っていくから、今日は夕刻まで
    いられるな。フーン良かった。」なぞと云いながら既に己の褌を口で
    書き分け逸物さえも口に含んでいる京子の頭の後ろをを両手で押さえ
    股を広げてまたゆっくりと京子の口マンをたのしむのだった。





     さすがに、ついさっき射精したばかりで立ちが悪い。だが不思議と
    京子の口に入れた、その感触は、いつでも新鮮なのだ。亭了は何故なのかが
    わからない、確かに勃起はしない。しかしつい今しがた迄、京子の女体の感触を
    得たばかりなのに、「この世に生まれて初めて女の口に己の物をあてがう。」
    その様な感慨を得るのだ。おそらく慣れと云う事象に無縁なのが亭了の
    官能の世界なのかもしれない。また其れゆえに何時果てるともない喜悦を
    常時維持していたのかもしれない。 今また京子の口から引き抜こうと
    すると京子は丁寧に亭了の物に舌を這わせ、唇をつぼめて亭了の体内から
    排泄された液をも吸いとって飲んでくれる。

     「じゃ、お昼にしようか。」京子の口から引き抜きながら亭了が言うと
    「ええ、先生、おいしい物、もって来たの。」と言いながら京子は亭了の
    物を口から出すと、男のグロテスクな臀部の後ろにぶら下がる褌を巻くし
    上げて、あたかも自分の責務ででもあるかのように亭了の逸物を包みデップリ
    太った腹部から前へと垂らして整えてやるのだった。

     亭了も歳は食ってるとは言え、妻を亡くしてからと云うもの身の回りや
    部屋の掃除、日々の食事は決して手抜きなぞせず、男としては几帳面と
    能鑑賞の仲間達も誰もが認めるもので、食事の用意も京子を待たずに
    自分からするのだった。しかし、今日は違っていた。

     「あっ、嫌、先生、ごめんなさい。先生、またっ、嫌です。
    座っていて、今日は私が全部。」

     京子は言いかけながら、キッチンに向かうと亭了は一瞬、アッケに取られた
    風でもあったが、さすが手持ち無沙汰でもあったのか、それとも自然にか
    冷蔵庫の中から大好きな冷蔵茶を出しながら、「あっ、そうか、有難う。」
    とだけ口ごもりながらも云いのけると、京子の立ち振舞いを見ながら
    リビングのソファーに向かうのだった。

     京子の着替えの浴衣は亭了の所にも置いてある、今はさっき亭了に乱された
    下半身が自分のスペルマに汚され、皺のよった浴衣を着てキッチンに立つ京子。
    亭了は今更ながら、自分が犯した、人妻女が自分の目の前で立ち振舞う様子を
    後ろから眺めながら、一種の幸せな気分に酔いしれてもいた。
     
     しばらくすると、「先生、もう京子は慣れました。先生のところのキッチンね。
    お茶も冷たくしてね。ハイ。」なぞといいながら、京子が持参したその物を
    大きな皿にもり、さらに一昨日、亭了と一緒に買い揃えた食材を調理して、
    テーブルの上に並べるのだった。

     だが、亭了は京子が持って来たと言うその物を大きな皿の上にみてギョッと
    驚いた。何とそれは・・・・・・・・・



    パンである事はすぐわかったが、そのパンが裸の女の身体をしているのだ。
    しかも腕を背中に回して直立の姿で仰向けに寝ている女体なのである。
    胸の膨らみも腰のくびれも太股の太り具合も実に女体そのもので、髪の毛も
    膨らみ加減ではあっても直ぐ髪の毛と分かるほど整ったヘアスタイルになっている。
    唖然として見ている亭了にうっすらと笑みをたたえながら京子は言うのだった。

     「先生パンよ。私が焼いたの、私ベッカリーにアルバイトしてた事があったでしょう。
    だから知ってはいたの、でも実際、形にするの難しかったけど、できたの。
    昨日ね、夫と子供に焼いて上げてる隙にね焼いたの。どうかしら。」

     亭了は、「ハア〜、パンだね。」と答えたが皿の上の女体パンを凝視し
    目が釘付けになったように驚きと困惑で顔がこわばっている様だった。
    それを知っての上で京子は言い続けるのだった。

     「これ私の身体なの、ねえ先生、私を食べて、私、先生に食べられたいの。」
    そこまで言うといきなり京子は亭了の腰にしがみついて哀願するように
    言い続けるのだった。「私の身体は先生の物なの、いや、先生の物に成りたいの。
    だからいいでしょう。私を食べて。パンなら大丈夫でしょう。」
    亭了は困惑しつつも、そんな京子が一層愛らしく思えてか、知らず知らず
    腕に力が入りまたしても己の股間に京子の頭を押し付けるのだった。
    前をはだけて京子の顔を己の逸物に当てると京子はもう心得ていた様に、
    亭了の矛先を口に含み舌転がしをするのだった。

     「京子、じゃお前を食べるぞ、ワシの歯で噛み付かれても痛くないかな。」
    なぞと言いながら皿の上に横たわる京子の裸体を片手で取り上げしげしげと
    眺めていた。ふと口をつぼめながら亭了の物を口から出すすと、
    「きっと痛いです。でも先生に食べられるんですから耐えます。
    我慢できます。どうぞ、私を食べてください。」
    「じゃ頭から食べるよ。」と言うなり亭了はガブリと京子の肩の辺までを
    口にいれて噛み砕いた。旨い。ふっくらとした焼き上がりに咥え、実際の肉の
    歯ごたえさえもあった。京子は亭了が好きだと言う本物の豚肉に味付けして
    焼いた肉をパンに入れ込んでさえいた。

     ムシャムシャと京子の頭から肩の辺までを口の中で噛み砕く亭了の口を
    京子は亭了の股間から見上げていたが、急に身体をちじめたかと思うと、
    亭了の股間に潜り込み何と顔を上に向けるのだった。亭了は口の咀嚼を
    続けながらも思わず両方の太股を開かざる得なかった。京子はそうなる事を
    知っていたのか、もう素早く口を亭了の肛門に当てていた。亭了にしてみると
    あまりの突然の事で呆気に取られた節もあったが、官能の呼び覚ましとでも
    言うのだろう、そのまま股を広げると口に咥える女体とは別の腕が京子の
    頭を押さえつけグイグイと京子の顔を己の肛門に押し付け、京子の柔らかい
    顔の肌肉が己の太股や段部に与える刺激を味わっているのだった。
    やがて亭了は己の肛門の中にチロチロする刺激とシュパッシュパッと悶える
    ような京子の舌の蠢きと吸い込みに口の咀嚼を続けながら高まる官能の
    世界に入って行くのだった。


    亭了が締め付けるたびに佳子は「ウウウウー」なぞと呻きながら口からは
    ハーハーと息を吐く。佳子の吐く息と吸い込む息が亭了の肛門の周囲に
    時に生暖かくまた涼しくぶつかる。





    素人ハメ撮り動画集

    AV女優ギャラリーアダルトサイト比較ナビライブチャット比較ナビフェチパラダイス自動更新マガジン管理人体験記ページサイト紹介ページグラビアアイドル写真集チャットガール紹介ムービーライブチャットレディ募集比較ページ無修正アダルト動画
    大量に一覧されています。
    最下段(おまけ)が楽しいです!
    エロのデパ地価
    (生)無修正
    アダルト動画
    案内所


     何たる事だろう。自分の逸物を舐め吸いするのもそうだが、
    また人の身体の内で最も穢れた汚い箇所となる肛門を今、自分は舐め吸いさえ
    させている。元来、この様な事はまともな夫婦の間でさえ、おフェラはともかく
    肛門舐めまではしないだろう。しかし自分は今、やっている。やはり京子は
    自分にとってはもはや愛しい京子を遥かに越え、俗に言う夫婦の間柄さえ越える
    程の二人の存在なのだと、亭了自身、気づかざるを得なかった。

     京子には京子を母と頼るまだ小学生の二人の男の子がいる。また、京子は
    も絶対嫌とはいえ、本人は京子を愛してると言う亭主もいるのである。
    しかし亭了は、それなりに思ってはいるが、最早自分でも如何んともしがたい
    京子との一体感があった。
     
     子供や亭主んは気の毒だ、だが今、亭了は尚も腕に力を入れ京子の口を
    己の肛門に押しつける。「ウウウウウウ、ククク苦しい。でも嬉しい、
    先生嬉しい。」亭了が手の力を抜くと、上ずった声で京子は言う。

     「うっ京子、京子も食事にしよう。」亭了は股間に感ずる京子の刺激に
    一層、己の物を固くしてはいたが、そのままビンビンと上向きにしたまま
    京子の頭を股間からもちあげ、京子の身体を跨ぐ形で京子を再び前に抱き
    深いキッスをしてあげるのだった。

     「えっ、先生直ぐ用意しますね。」京子は亭了の腕からはなれると、
    着てきた着物の襦袢だけをはおり帯をしめると、もう慣れ親しんだと言う
    雰囲気でキッチンに立ち亭了の好物の飲み物である抹茶牛をビールジョッキに
    作っていた。亭了の一人でやる食事は元来は和食とは言っても、意外に昼食は
    パンとサラダ、肉物、飲み物となるのも京子は十分心得てもいた。

     「先生、ハイ。」京子は抹茶牛乳をテーブルの上に出すと、「先生、もっと
    京子を食べて。」と大きな皿にまた2体盛られている女体形のパンを亭了に
    すすめるのだった。亭了はすでに一体は腹の中に入ったが、まだ飲み物があれば
    肉料理があったとしても、この大きさなら後一体は食べれるな。なぞと
    逸物をギンギンにしたままで思えてもいた。


    ング、ムシャムシャと京子を口にし咀嚼し続けながら、なおも自分の逸物
    を固くする亭了だったが、「京子も空腹はだめじゃぞ。腹が減っては戦はできん。
    かなら。ちゃんと京子も食べてくれ。」亭了は京子へ食事を促すが、もちろん
    京子は京子で、「これ美味しい、パンに合うの。」などといいながら、亭了が
    朝作った煮漬物と自分で持ってきた別のパンを食べているのだった。

     「フム、京子、見てくれほら。」亭了は京子を口中で咀嚼しながらも自分でも
    持て余し気味の様にビンビン反り返る己の逸物を掌を今更の様に大きく広げて
    支えてみた。ついさっき京子を貫いて、あれほどの男汁を出したとはいえ、今
    またこれほど迄に血管を浮きだ出たせている。ゆっくりと京子の肉を口で咀嚼し
    ゴクンと飲み込んだ頃「すごい、先生、嬉しい。」なぞといいながら、また京子
    の顔が浴衣を広げ太股の間に入って来て、下に大きく広がる亭了の太股の肉幅を
    黒くながい京子の黒髪が覆った。すでに亭了の逸物にはまた再び京子の舌が這い
    回るのだった。

     京子の体内に放出し引き抜いた後に浴衣の裾で拭き取っただけの物で、決して
    清潔とはいえず、すでに男臭さえはなっている逸物なのである。京子はまでで
    自分の舌で綺麗にしてあげるとでも言うように舐め擦りをし、時に口中に含む。
    亭了もいたたまれず、左手で京子の頭を上から押さえつけ動きを止めると右手の
    指で己の逸物を頬張る京子の唇を摘み続ける。京子形のパンと肉を口中で味わい
    飲み込みながら亭了は実に深い癒しのひと時を得てもいた。

     返す返す亭了は思うのだった。子持ちの人妻である女を己の身体の最も
    不潔な肛門を舐め擦させる、そして今また夫婦の間でしかなされないだろう
    ような男の逸物を女の口に咥えさせるなどと云う事を今またやっている自分
    なのだと。



     京子の口の中でまた大きくなりかけている己が逸物ではあったが、亭了は
    京子を促すように言った。
     「さあ、京子じゃまたいっしょに風呂へ入ろうか。」
     「んん、そう、嬉しいまた先生と一緒にね。」

    京子は最後の舐め擦りを惜しむかの様に亭了の股の下に顔を埋めて亭了の
    洗う前の逸物の肉袋を丁寧に舐め擦りするのだった。
    定量は静かに京子の肩を持ち顔に己の逸物を擦る様にして京子の身体を上に
    持ち上げて前にたたせるとすぐさま京子の腕をとった。
     「さあ、じゃ、風呂でゆっくりな、まだ時間はある、綺麗にあらってやるぞ。」
    なぞといいながら京子の手を引くようにして風呂場へむかうのだった。

     風呂場とは言っても、亭了の住むその場所は温泉の源泉が走る土地柄で
    近所もそうだが、ほとんどが天然温泉を自宅に引いている。亭了の風呂も
    当然天然温泉ではあったが、風呂場はなるべく自然の持ち味を生かす岩風呂に
    設計してあった。ただ日本の温泉の岩風呂には、ちょっと似つかわしくはないの
    だが、敷石の上に分厚く広いマットを敷いていた。これは京子と付き合うようになって
    岩風呂の敷石そのままでは身体を横たえての京子との行為には無理があった為
    自然とそうなったとも言える。

     風呂場へは、洗面所を隔てて二重ドアになっていたが、京子を促しながら
    岩風呂の敷石で京子を座らせると。
     「じゃ今日も先ずは、京子をワシが洗ってやるぞ。」
    なぞといい、京子の艶かしい肌に湯加減を試した後のシャワーを丁寧に
    浴びせる亭了だった。
    「アッ、ウウウン。」
    京子は亭了の節くれだった掌の動きに合わせるかのように声をだしていたが
    直ぐに、亭了は自分にもシャワーをかけると、ボデイーシャンプーを己の腹に
    胸に股間にと塗りつけ、そのまま何と京子の身体をまるで飲み込む様にして
    抱きすくめるのだった。

     「京子、嬉しいぞ、何べんでも京子は新鮮じゃ。」なぞといいながら
    京子の身体を上に下に右に左にと動かしながら、いわば身体で身体を洗う、
    これで再び己も京子も高まりを得るのを知っての事であった。





     亭了は京子の身体を洗う時は前回辺りから時に注意深くなっていた。
    なぜか行為の時とも違った感触を覚え、京子が壊れるような気分になるのだった。
    太く節くれだった自分の指が京子の柔肌を掴む度に、その心地良い感触を
    感じてはいるのだが、ことされその感触を感じれば感じるほど、なぜか
    壊れ物にでも触れるような気分がしていまうのだった。

     石鹸のヌメリがそうさせるのか、ともかく亭了はそれがまた好きにもなっていた。
    京子を自分の体で抱きすくめながらも、手はゆっくりと丁寧に京子の柔肌を撫ぜていく。
    己の逸物は京子の身体の至る所に触れ、まるで太いバナナか茄子の様な風にも思えて、
    それが無造作に京子の身体に絡みつくのにも亭了は、たとえ凛々しくはならなくとも
    嬉しかった。京子もそれを知ってか、そんな亭了の逸物を手に取ったまま亭了の
    なすかままに身体を洗われてはいたのである。

     亭了は京子の其処には、抜き差しとは打って変って丁寧に手首を回し指をそろえて
    撫ぜる。柔らかい感触がことさらなのだ。京子も男のアヌスまで指を揃えてこする。
    自分の唇で舐め吸いしたのとは打って変わって京子も、優しく丁寧に亭了のアヌスから
    逸物までを洗った。

     一通り互いに立位で身体を洗うと、亭了は京子にそして自分にとシャワーをかけ
    また京子を抱くようにしながら互いの全身をながした。そして
    「さあ、入ろうか。」と言うなり、京子の身体を片手で促すように浴槽の方に
    引きながら、自分から先に湯に入り京子を促す。

     亭了に引かれる様に浴槽に入った京子に片手を方にかけたまま亭了は
    正面の窓の外にに広がる海を眺めながら、今更ながら京子と一緒の入浴に
    我を忘れる思いでもあった。
    「先生、やっぱり窓の外が綺麗、先生の岩風呂、本当に素敵。」なぞと云う。
    亭了も京子の肩を抱きながら、京子に褒められたような気がして、嬉しくもなった。
    「う〜ん。いつも見てる風景なんだけど、やっぱり京子と一緒だと何にも勝るな。」
    亭了が言った、「何にも勝る。」とは言い得て妙だった。
    個人の温泉岩風呂とは言え、昔からあった其れを数年前に広くし、どうせならと
    一流ホテルの贅沢な家族風呂よろしくかなり懲って作っていた。広さも10人ほど
    入ってもまだ十分の余裕があるほとの広さだった。実に、そんな浴場が今や独身の亭了
    には持て余すのが自然で、いわば勿体無いともいえた。勿論、亭了はそんな言わば
    贅沢な浴場での入浴を好きだから作った事でもあり決して、満足が得られなかった、
    と云う事でもなかったのだが、京子と一緒になって初めて、浴場の広さや風景と
    天然温泉が、全く一人身の入浴とは違う事を感じていたのだ。

     「京子に気に入ってくれてありがたい。嬉しいぞ、ワシは。」
    「ン〜ん、先生、とっても素敵なお風呂。温泉なんて行かなくたって
    先生の所でもう十分ね。」京子は本当にこの岩風呂が気に入っている
    らしかった。ただ亭了にしてみれば、もう全ては京子の為であり、特に
    風呂の細工や自分の家屋敷の事もいわばどうでもよい事のようだった。
    「ん、アア、全部、京子のためだよ。ワシは京子と一緒が一番じゃからな。
    子供の事はともかく亭主の事はもう、忘れてほしいなあ。」


    亭了は、ゆっくりと京子の項に腕を回していた。京子も当然の様に窓外を
    みながらも亭了に我が身を捧げる。亭了の腕はやがて京子の顔を己の口に
    つけ、今更のように顎を唇を鼻を頬をと京子の顔中をネットリとした唾液を
    垂らしながら舐め回していた。亭了の口の動きに合わせるかの様に
    京子の口からは「ング〜、ウ〜ん、イイ〜」っと漏れる。亭了は
    片手を京子の太股の間に入れ顔と同時に愛撫し続けてもいたのだ。

     だが、亭了はこうして京子と共に居るのも言わば余りに当然の事でもあり
    もう既に遠い昔から京子と一つになっている自分ではないのか、などとも
    感じてはいた、確かに5年前ほどに妻に先立たれてはいる、またその妻を
    愛してもいた。その妻さへ自分と京子の間柄を喜びさえすれ決して妬んだり
    はしない。妻には若い頃からの事もありそのように信じる亭了でもあった。
     
     ともかく京子とは最早自分は一つの体でありそれ以外の事なぞは決して
    思いもよらない亭了でもあった。ただこの一つの身体とは京子の方も
    実にそうだったのだ。最早、京子も亭了から離れるなぞとは夢にも思えない
    その様な京子でもあった。

     京子の柔らかい股間から湯の中で指を滑らせながら片手を引くと、京子の
    顔をまた大きく口を開いてバックリと口中へ咥え舌舐め擦るりをする亭了だった。



     「先生、あの肩にお湯を当てるの。」京子は亭了の口が自分の口から
    離れた時につぶやいた。
     「ああ、そうじゃな。きもちがいいだろう。」亭了はそう言いながら、
    ゆっくりと京子の身体を開放した。京子はそのまま打たせ湯と自分で名付けた
    湯が湧き出るように流れ落ちる岩作りの湯栓の下へ潜って言った。
    滾々と湯煙を立たせて流れ落ちる湯が京子の白い肌を打つ。

     「先生、やっぱり気持ちいい。私これ大好き。」後ろで束ねた長い京子の
    黒髪が湯の波紋に従って波打つ。目を細めてそれを眺める亭了は、もう幾度も
    同じ光景をみてはいるのだが、なぜか今、初めてみる思いとともに、己の其処の
    立ち具合を感じてもいた。

     「うん、能舞台をやる時にね。泊まり客にも喜んでもらってるけどね。
    せいぜい年に多くて4回ほど。前のを直す時はワシ一人の為にね。
    こんなの無駄とは思ったけどね。でも京子に気に入ってもらってるから、
    無駄じゃなかった。まったくね、この家自体、旅館みたいに大きくてね。
    でもみな京子の為だからワシも嬉しい。」

     そんな事を言いながら再び京子の身体に近づく亭了だったが、これも
    いつも通りjとはいえ、京子は京子で亭了の求めに応じる。
    「先生、私、先生のものになりたいの。このお湯が私を満たすでしょう。
    そんな風に先生の身体の中に入りたい。先生に食べられたいの。」

     「ん、そうじゃな。じゃ、のぼせないうちに京子を食べよう。さっ、
    上がろうか。」そう言うと京子の手を引くように二人で風呂から出る
    のだった。着替え室に入ると早くも京子は亭了の身体を拭いてやり、

    「冷蔵庫の中に先生の冷茶を置きました。飲んでてね。」
    そう言いながら自分の体も拭きながら、先に亭了を寝室に送る。
    京子が出るとリビングのソファーに腰をかけながら冷茶を飲んでいる
    亭了だったが、「うううん、さあ。」と京子を手招きする。
    これもいつも通りと言えばそうなのだが、
    京子の身体を右腕で覆う様に
    抱え込んで自分の大きく開いた股間に京子の頭をあてがう。
    京子はもういわばお定まりでもあるかのようにまた、亭了の
    其処を口に入れしゃぶり始めると、亭了は京子の浴衣の襟足に手をかけ
    襟から肩へまた腹へと掌をゆっくりと動かしながら京子の柔肌を
    浴衣の上から撫ぜるのだった。

     「さあ、京子も飲もう。」亭了は口に冷茶を含み、京子の頭を上に
    向けた。己の逸物を京子の頬に擦り上げ京子の口を自分の口につけると
    もう、京子は口を開け亭了の口移しを待っているのだ。亭了は口に含んだ
    冷茶を自分の口内で温めそのまま京子の口内へと流し込む。京子は
    クイックイッとそれを飲み込む。亭了の口腔は大きい、京子はすぐには
    全部を飲み込めないでいると、亭了は口をつぐみ京子が飲み込むまで
    京子の唇を分厚い自分の唇で優しく擦ってあげたりしていた。

     「さっ、じゃや布団へ入ろうか。」京子は亭了の促すような言葉と
    身体の動きに従って、リビングに隣接する部屋へ入った。この部屋も
    他のほとんどの部屋がそうであるように和室だったが畳10畳に板の間が
    あり、すでに京子との為に亭了が敷いた布団も、ゆったりした広さの
    中で二人がどんな姿態をとろうとかまわない広さだった。またそれに
    加え廊下を挟んで直接、さっきまで湯浴みしていた風呂場にもまた
    トイレにも直接行ける位置にあった。

     亭了はかけ布団をはぐなり、京子の身体を横に倒すようにしながら
    自分も布団に倒れ込んだ。京子はこれがまたとても嬉しかったらしく
    倒れ込むなり直ぐに亭了の顔に自分の口を近づけてきていた。実に
    京子のその顔は満面の笑みで嬉しさがまた込み上げて来るのを、亭了も
    はっきりと見てとっていた。

     しばらく二人は激しいデーップキッスをまた繰り返したが、段々と
    京子の顔と唇は、亭了の胸から下腹部へ亭了の浴衣を剥ぎ取りながら
    すべるように降りていった。いつも亭了が好むように白い太股を亭了の
    顔の方に向け頭を亭了の股間にちかづけると、すでに再び元気付く
    亭了の逸物を口にくわえるのだった。

     またひんやりした心地よい京子の口内を亭了は感じると、無性に
    京子の頭を押さえ込みたくなった。京子の口の動きに合わせてでは
    あるが、亭了はゆっくりと京子の黒髪に指を入れ頭を押さえ込んでいた。

     時にスッポリと口にくわえすすり吸う感触、さらには今や大きくなった
    亭了の肉袋を舐め吸いする小さな京子の舌の感触、はたまた横に吸い付きながら
    蠢く京子のくちびる。時に亭了はグイッと京子の髪の毛の上から両手で
    押し付け京子の蠢く自由を奪う。

    (直アドゴーゴー)

     だが、亭了はこの様になればなるほど、思うことは深刻でもあった。
    もう幾度となくそんな思いはしているのだが、またしても京子を愛すると
    自認する亭主がいる。その亭主には実に悪い気がする。しかし最早、
    京子はその亭主のものではなく、紛れも無く自分のものとなっている。
    しかし、二人の子供には、どうすることもできない悪さを働く自分を
    認めざるを得ない気分でもあった。ただそんな思いがすればするほど
    返って己の其処が京子の口を受けてさらに硬くなるのも確かなのだ。

     ゆっくりと京子の髪の毛を何故ながら京子の口に己を其処を舐め吸い
    させる。いわゆる尺八官能は、いつまでもつづくのだった。


     亭了は言わば京子の亭主や子供の事を思えば、今日今しがたやり
    おえた屋外での行為でさえ、当然いわば悪徳の至りだったかもしれない。
    だが、木刀を地面に刺しグイグイと京子の後ろを犯す自分の姿を
    思い返すたびにも其処が固くなってしまう。さらに今現在も高い枕から
    自分の下腹部をみると、紛れも無く京子は自分の股間で紅色の唇を蠢かせ
    小さな赤い舌をその中にチロチロと出し入れしシュパシュパと吸い込みさえ
    しながら、自分の股間から、袋をそして今やそそり立つ自分の肉棒を
    舐め吸いしているのである。通常なら愛する夫婦のみに許される行為
    なのかも知れない。


    エッチな奥さん
    「他人の妻の恥部・性行為」
    それは見てはならない世の
    タブー。だからこそ!
    人妻・熟女無修正の最高峰



     実にこの光景自体、京子の体内へ突き刺した自分の物もさることながら
    それにもいやます、亭主や子供たちへの悪徳とも感じ行ってはいた。
    しかし今やどうする事もできない。と云うより返ってそんな悪徳の感情が
    自分の逸物を反り返させ次の京子への喜びに移行する。そんあ矛盾を
    感じながら、なおも「うううう〜、京子、良いぞう!」なぞと呻きながら
    丸太のような太股の筋肉をさらに強張らせて京子の頭を股締めにして
    両手はさらに強く京子の頭を押さえ込んだりしているのだ。
    逸物を固くする。もやは京子の子供たちはともかく亭主からは完全に
    その女房を寝取ってしまった自分を見つける亭了ではあった。

     「う〜ん!京子、上にすわってくれ。」そう言いながら亭了は
    京子の身体を挟み込んでいた太股の筋肉を緩めた。太股から解き放たれ
    逸物への押さえ込みから解き放たれた京子はハアハア〜と息せき切った
    様子だったが亭了の両腕にその身体を任せるように亭了の下半身を
    跨ぎながら騎乗して行った。男の逸物が女の其処の全部に擦りつけられ
    やがてスッポリの女の体内に侵入して行った。

     「アッイイイイ〜!センセイ〜!食べて、私を食べて〜!」
    初め亭了の下腹部にしっかり騎乗した京子だったが、男の逸物を
    体内深く喰え込むと、そのまま前のめりに倒れるように男の胸に
    倒れこんでくるのだった。男をそれを知り目に女の柔らかい臀部から
    腰を持ちグイグイと上下に揺すりつづけるのだった。

    「先生食べて、京子を食べて。」
    また京子の「食べて」が始まったな。と亭了は思った。
    だがいつもとはいえ執拗ではある。

     「京子、先生のお腹の中で溶かされて先生の養分になってね
    先生の身体になりたいの。京子の身体を先生に捧げたいの。」

     「フームわしも京子を食べてしまいたが、そしたら京子は
    ワシの養分になるなるだけじゃなくて、ワシの糞になちゃうぞ。」
    亭了はスペルマを発射して柔らかくなったとは言え尚も太く長い
    己の逸物を京子の体内に入れたまま応える。
    京子は亭了の言葉を聴くやいなやまた、ギューっと亭了の逸物を
    絞めつけながら言うのだった。
     「いいの、先生、私先生の排泄物になりたい。」
    「ウウウ〜。」
    亭了は京子の身体にのしかかる様にして京子の頭を押さえ込み
    再度ゆっくりと京子の口を鼻を顎から頬、込み噛みから耳をスッポリ
    口中へ入れて甘噛みしながら耳たぶを舐め舌を這わせ、さらに
    額から鼻筋へとまるで肉食獣が草食獣を喰う様に大きな口を
    開け閉めし唾液をダラダラと吐き出しながら、またもや京子の口と
    鼻をガブリとばかりに己の口中に入れるのだった。

     「ククク〜苦しい。」京子の苦しげに上ずる声が亭了の口中で
    呻いた。亭了はわずかに唇の両端を空けてはやったが、京子の吸い込む
    息は亭了が腹から吐き出す息を吸うのを余儀なくされていた。

     しかし京子の亭了の物を閉める締め付けは衰えるどころか返って
    強くなってもいた。亭了も今しがた発射したにも関わらず、またして
    も固くなり始めている。つい今しがた終えたばかりなのに
    亭了の男としての強さには恐れいる。

    どのぐらいの時間が経ったのだろう。
    亭了の口から吐き出す唾液で京子の顔はベタベタになっていたが
    亭了の腰の蠢きは、またもうや激しくなっていた。

     「ウウウウ〜。」っと唸る亭了の呻きと一緒に男の巨大な腰が女の白肌
    の上に浮き上がったかと思うと「ヌルッ」とばかりに勢いよく女の体内
    から引き抜かれた。実に巨大な男の逸物ではある。はヌルヌルと男女の
    液を垂らしながら。

     と思うと巨大な太股が白い肌を跨いで今や男の口中の唾液でベタベタ
    に汚れた女の顔面を叩きつけるようにベチャベチャと打ちつけられるのだった。
    「ドクドクドク」っと男の男汁がまたしても発射された。
    度重なる発射でさすが白濁汁とは言えず、無色透明の
    それではあったが、ベタベタと京子の顔を汚した事に変りはなく
    さらに男の巨大な下腹部が京子の顔を覆った。

     勢い終わった亭了は力が尽きた己が体力と一種の無我の男体か
    そのまま男の下腹部で己の体重を京子の顔にかけてくるのだった。
    「ウウウウウウ〜。」か細い京子の呻きが浅黒い男の下腹部の下から
    聞こえていたが時折、白い物も混じる男の下の茂みをペチャペチャと
    音をたてながら吸い舐めする京子でもあった。


    亭了は己が物からの放出の喜悦と心地よい筋肉のつかれからか
    うとうとと寝てしまった。股間にはおびただしい己が男汁と唾液で
    汚した京子の顔を置いたままである。

     どのぐらい寝たのだろう、亭了はまたしも下腹部に感じる京子の
    顔や舌の蠢きでフッっと我に返った。何と云う京子の気遣いだろう、
    側に置いてあったとは言え、京子は亭了の丸太の様な太股の間から
    手を伸ばし、さらに足と両腕を工夫したのだろう。亭了の身体は
    しっかりとタオルケットと毛布で包まれていた。

     初夏とは言え寝てしまった身体は裸ではよくない。
    それを京子は補ってくれていたのだ。
    勿論、唯でさえ男の巨大な太股の肉幅で上半身を抑えられさらに
    顔はベタベタと唾液や男汁のまじった液がネチネチと蠢く
    男の肉棒とムシャムシャする茂みに重い体重で圧っしられながらである。

     「京子、毛布有難うよ。温かいぞ。良く寝ちゃったよ。」
     「エエ、京子も寝ちゃった。」
     「苦しくないか。」亭了は胸を起こし毛布の中で、己の身体の下方、
    腰の辺りを見ながら言った。己のが逸物が京子の顔面を圧っし、さらに
    京子の鼻や口に己の臍の下辺にヌルヌルした感触を感じながらである。
     
     「先生、嬉しいの。とっても。暗くてね先生のお腹に入ってるみたいで。」
    なぞと言いながら京子が応えた。チロチロと小さな舌を亭了の茂みに這わせんがら。
    京子の口や舌での股間への刺激は一睡した後の亭了をまた固くさせてしまっていた。
    再び亭了はゆっくりと腰を蠢かせて京子の顔面に己が逸物を擦すり付けていった。

     「やはり京子は自分の妻だ。亭主がいくら愛してるなぞと言った所で
    京子自身、元来この自分を選んでいる。やはりセックスの好みが京子とは
    一致してるのがそもそもの原因かもしれない。京子の子供達には何としても
    済まない。だが自分にもその事は分からない。今後の事は不確かだ。」
    そんな事が脳裏をかすめて行くがいや増して腰の動きが速やまり己の
    矛先が京子の口や鼻にぶつかる刺激に自然と太股で京子の胸を締め付け
    ていた。柔らかい女の肌が太股の肉に心地よく感じる。逸物はさらに
    固くなっていた。

     「さっ、京子、ワシにも京子を食べさせてくれ。言いながら毛布を
    背中で払いのけガバッと京子の身体を露にしながらその白くふっくら
    した女の太股を開く亭了だった。

     「あっ、先生。」京子の声も届かぬように亭了は京子の股間に
    頭から潜り込み顔をグイッと押し上げた。これまで幾度も己の物が
    入った京子に肉花弁が亭了の眼前に見えると、そのまま大きく口を開いて
    パックリと口中に入れすかさず舌を挿入する。

     「センセイ〜、ウウウウウ。」京子の呻きが小さいが小刻みに震えながら
    部屋に響いた。亭了はそのまま舌を回し時に吸い上げ、口を蠢かせて京子の中へ
    中への口を入れていた。60に近い男のすることか。いや思慮分別とはむしろ逆である。
    亭了の舌はさらに奥深くへ回転し時に舌の疲れを癒しながら京子の流す愛液を
    すすりながら、舐め擦りが続いた。「京子、クリちゃんが綺麗だよ。」
    なおも亭了はクリトリスを啄ばんでいたが、ゆっくりと自分も股を起こして
    逸物を挿入させる運びになっていた。

     口をゆっくりと京子の股間から離したときすでに亭了の物が筋を立てて固く
    長く聳えていた。「京子、また入るぞ。」言うやいなやガバッと白い女体を
    巨大な男の身体が覆い、またしても亭了の物は京子を貫いていた。
    京子の頭は亭了の掌で押さえ込まれ、さっきから汚された京子の顔は亭了の
    口で再び舐め擦りされていた。
    白く無防備な女の裸体にまた上から被さり


    また再び女の頭は男に押さえ込まれ
    ベロベロと舐め擦りされるのだった。
    亭了にしてみれば、さっき舐め擦りした自分の唾液や放出した自らのスペルマで
    汚れによごれた京子の顔ではあったが、それは単純な汚れなぞではなく、むしろ
    その汚さに耐えた京子への嬉しさで神々しいほどに自分を燃え立たせるものでも
    あった。いまや執拗に自分の出したスペルマや唾液で塗れた京子の顔を舐め擦り
    しながら、またしても腰の波打ちを速める亭了ではあった。

     もう幾度目の京子の体内への放出だろう。今日最後の放出直前に京子は
    「イイイイイイイ〜、ウウウウウウアアアアアハアハアアイイイイイ〜。」
    っと素晴らしい響きを部屋に響かせていた。その声につれて亭了も再度の
    放出を迎えるのだった。

     ここで前もって断っておきますが、亭了は京子の体内に出す事は、自分の
    子供を孕ませたいとの願いからだったようです。しかしついぞ、京子は妊娠を
    する事はなく、それは現在でもそうです。亭了の男としての男汁が駄目だったのか
    はたまた京子の身体に子をもうけることが不能だったのか。多分前者と思われ
    ますが、結局、避妊のままです。しかしこれが結果的には、京子と間での
    セックス三昧に興じられまた、京子の成長した子供達からも円満解決に至る
    事でもありました。なまじ妊娠していたら、亭了も京子も大きな悲劇を迎えた
    かもしれません。

    グイッグイッと腰を入れ尻をゆっくりうごかして太い太股の筋肉を
    グッともりあげて京子の中へは今日、最後の放出をした亭了だった。
    もはや白濁はなく透明かもしれない、しかし凛々しく固くなる逸物は
    京子を十分にイカせていたようだ。「アッ、先生イイイイ〜!」
    京子の呻き発する口元をそっと口で覆いゆっくりと舐め上げる亭了だった。

     「有難うよ。京子、ずっといたいがやはり京子は帰らんとな。」
     「そう、もう、帰るなんて嫌なんだけど。いやっ、帰るところは此処
    先生のもとへなんだけど・・・・しかたないのね!」
    「さっじゃ風呂を浴びて綺麗にして帰ろう。」
    「いや、先生、京子の身体は綺麗よ。先生のものが沢山ついてるの綺麗なの。
    でも流さないと、主人の所であやしまれるものね。じゃ入ろう。」
    こんな会話をしつつ風呂へ行く二人だったが、布団を出るとすかさず裸体を
    花柄の浴衣に包んですかさず、いつもの様になれた手つきで京子は汚れた、
    シーツやタオルケットを布団から剥がして洗濯機の中へ運ぶ京子でもあった。
    もう、亭了nもとでは完全といって良いほど亭了の妻なのであった。
    セックスを堪能する言う成れば好き物同士の夫婦とは言えたかもしれない。

     洗濯をしてる間、二人はまた岩風呂への入浴となったが互いに互いの
    身体を洗い洗われしながら温泉につかり、ゆっくり目を閉じて京子を
    抱きながらいつも思うことを口に吐く亭了でもあった。

     「京子の亭主からワシは京子を奪う。だが京子の可愛い二人の子供は?
    子供には罪はない。もし京子が連れてくるなら一緒においで。」

     京子は亭了の胸にすがりようにして言うのだった。
    「そう、主人はもう嫌、絶対私の身体はさわらせない。でも子供も、
    連れてこれるかはわからない、向こうの両親も離さないでしょうし・・・」
    亭了はグイッと湯の中でまた京子を抱きしめ深い接吻をするのだった。
    「先生、飲ませて、先生の唾を。大好きなの。先生と一緒にいられない時は
    先生の物を京子の身体に入れて置きたいの。」
    亭了は京子の頭をグイッと押さえ込み京子の口をくわえると溢れる唾液を
    京子の口中へ吐くのだった。それを京子は当然の様にゴクンゴクンと飲みさえ
    していた。これは唾液だけにかぎらず、風呂から上がると亭了は京子の
    顔を自分の股間にあてがいフェラをさせたと思うと、何と京子の口の中へ
    勢いよくブシャーっと放尿さえしていた。京子はそれを飲めるだけ飲むと
    口から溢れる出る亭了の尿を顔に流しふっくらした白い胸に流し、下腹部
    からムッチリした太股へと流れ全身で浴びる形となってはいた。

     京子も亭了もセックスにおいて、人がよく言うマニアックの部類に
    分類される者なのかもしれない。無論そう人が言えばの事だが。
    ただ京子の亭主はむしろただ「愛してるよ。」と云うだけで行為は
    いわゆる正常位がほとんどで、それも幾分、京子の不満をかき立てて
    いたのかもしれない。

     その後の身体洗いも最早、ソープなぞは使わず、ただシャワーを浴びるだけで
    亭了の尿がむしろ身体に付着したままになってるのを喜ぶ京子でもあった。

    時刻はまだ昼の12時を過ぎたばかりであった。
    二人はそのまま岩風呂の浴槽へと入って行く。もはやゆったりと
    互いが一つになったように二人の身体は湯に溶け込んでいく。



    「京子、嬉しいぞ。」
    「私も先生。このままズーっといたい。」
    「そうじゃな、ワシもじゃ、だがまだ昼を過ぎたばかりだよ。
     今日も、夕方5時頃に車で出ればいいだろう。」
    「ええ、今日も子供達は実家の方で夕食も済ませてくるから。
     私、主人の分と夜食ぐらい用意できればいいの。もしかしたら
    主人も実家に行ってるかもしれないから、ともかく義母は主人を
    離したがらないし。」
     
     「ウ〜ん、ご亭主は身体が弱いからよけいかな。孫さんも可愛いだろうしね。」

    窓外の昼最中の海の風景を見ながら、そんな会話が浴槽の中で続いていた。
    時に京子は亭了の節くれ立つ大きな掌で乳房を掴まれ、ゆったりと太股を
    つかまれたりしながら、己の顔を亭了のの胸に寄せたり愛撫したりしながらである。

     「ウン、義母も義父も子供の事は凄く可愛がってくれるの。でも主人の弟の
    子供もいっしょだと、ちょっと二人とも引くのよ。何か従兄弟同士って駄目
    なのかしら。」
     「ウン、京子には二人の子供がいるんだからな。ご亭主からはワシは京子を
    奪ったが、京子の子供には罪がない。それはワシにも分かる。だがどうも
    しようがないなあ〜。」そう言いかけながら、またもや亭了はグイッと京子の
    下半身を巨大な己の太股で挟み込み、片腕を京子の背中に回し項を引き寄せると
    またもや京子の口と鼻をガブリとばかりに自分の口で閉ざすのだった。
    岩風呂の湯は激しく波打ち艶めく女体がみるみる屈強な男の身体で覆われていった。

     湯の中での京子の顔への亭了の愛撫は、ゆっくりとした動きではあったが
    執拗だったようだった。だが京子はその激しくもゆっくりした執拗な亭了の
    口での愛撫が事のほか大好きでもあったという。湯が流れる滝壺のような音
    を聞きながら、温まる身体で亭了の口の中に自分が呼吸する。身体は全部
    亭了の逞しい筋肉で押さえ込まれる。この感触は我が身が溶ける感でもあり
    亭了に己を捧げる満足感でもあったようだ。

     「先生、私を食べて〜!」
    亭了の大きな唇に口を閉ざされながら、実に自分が喰われるような
    雰囲気の中で、哀願するような響きを亭了の喉深くに響かせる京子でもあった。
    はたせるかな、亭了のスペルマが蓄えられているかは、分からない。
    しかし太く長い其処が、またしても湯の中とは言え硬く張り出す亭了でも
    あった。さすがに片手を使ったそうだが、京子の太股を股に挟んだままで
    挿入したと言う、口からはダラダラと、男の唾液が京子の顔に垂れるにまかせて。

     「今日は平日でもある。京子を愛していると言う亭主は、今時分まさか自分の
    妻が他の男の物を入れられているなぞとは思いもよらず仕事をしているだろう。
    また二人の幼い子供も時分の母親が手篭めにされているなぞは想像すら無く、
    唯、祖父母の家で過ごしているのだろう。しかしどんなに京子を愛してる亭主
    とは言え、また母をしたう子供とは言え、今や京子は紛れもなく自分の女でしか
    ないのだ。」そんな思いを脳をかすめながら、亭了はまたしても京子のふっくら
    した太股を自分の巨大な太股でググウグ〜っと締め付けると、京子の篭った呻き
    声は最早遠慮のない響きを岩風呂の中に響かせた。っとほぼ同時に亭了の太股
    から足の先迄がさらにきつく京子を締めながら、湯の中とは言え、またしも京子の
    体内に発射するのだった。


    亭了は京子の柔らかい太股から臀部を掌でゆっくりと自分の腰へ押し付けながら
    撫ぜあげていった。京子の中で出し終わったそれは柔らかくなっととは言え
    相変わらず太く京子が淫世の中で締め付けていた。亭了の口が優しく京子の
    頬を舐め擦っていく。京子の登り詰めは、京子の主人とは全く違う高さに
    登らせていたと言う。

     もう亭了は老齢に達する年齢とはいえ京子に自分の子を孕ませるんは
    承知のことで京子も十分心得ての事ではあった。二人はどちらからともなく
    体を互いに愛撫しつつも、お昼の食事に向かうのにやぶさかではなかったようだ。
    風呂をでると、京子は亭了の体を拭き、すぐに昼食の準備にかかるのだった。

     もう慣れてしまった亭了のキッチンでのこと、「先生じゃちょっと待っていてね。」
    なぞと云うなり、ソファーに座ってくつろぐ亭了をしり目に、いわば喜び勇む雰囲気で
    京子は昼食を作るのだった。京子にしてみれば自分の体の形をした手作りのパンを
    亭了に食べてもらうことも、自分のつくった料理を食べてもらうことも全部、
    非常な喜びだったという。帰宅すれば子供の為はともかく、亭主の夕食をつくるのは
    もう嫌々ながらの気分だと自分でもいっていたが、実にもう京子は亭主には
    愛想をつかしていたともいえよう。

    ちょっと遅めの昼食だったが、亭了はこの日も京子の作る昼食をとった。
    あまり多くはないとは言え必ず京子は亭了の為に肉料理を添えていた。
    買い物は独身男宜しく亭了がするが、その分、亭了は自分の好きな食材を
    選んできていて、京子はそれを亭了好みに調理する。これが日課だった。


     「先生、私の女体を食べてね。」
     「ええ、ああ京子の焼いてきてくれたパンだね。」
     「そう、本当は私そのものが良いんだけど・・・」
     「そしたら、京子がいなくなっちゃうから駄目だよ。」
     「いやあ、先生の体の中にいるのよ。」
     「だめだめ、ちゃんと目の前にいて一緒でなきゃあな。」
     「ウッフフウフ。」京子は笑った。笑らいながらも、
     「主人の料理作るために帰るなんて、いやだな。子供はいいんだけでね。」
     「う〜ん、子供はなあ・・・」
     「何せ私を愛してるって言っても夜のやることでは女性みたいに擦り寄って
     きてね、私に甘えるようなそぶりばかりなの。すっごく気持ち悪くなる。
     そして二言めには義母の事になるの。もうウンザリ、体が悪いから仕事も
     出来なくて家計も大変なのに、いつも義母がいるから大丈夫なんて云うの。」
     「フーム、でも京子はお陰でワシの元へこれる。嬉しいぞ。ワシわ。」
    そんな会話をしつつ二人は昼食をすますと、亭了ともども後片付けをし、お茶を
    飲みながら、亭了は言うのだった。
     
    「まだ能舞台はやったことないな。今日は図らずも庭でまあ、屋外をやったがな。」
    なぞというと、「ええ、能舞台って。お能をするんでしょう。」
    「うん、そうだが年に1度か2度街の人にかしてね。結構沢山人があるまるよ。
    これから二人で舞台の上でやろう。他人に見せ付けているようで気分も高まるぞ。
    その後風呂に入って5時頃に帰ればいいだろう。」
    亭了はそういうと、もう席を立って浴衣を脱ぎ褌1本になるや、そばに置いた
    木刀をまた握ってきた。
     「ワっ先生。素敵。たくましいわ。」
     「ウ〜ん、ちょっと残虐趣味かも知らんが、また京子を犯すぞ。」
    そう言うなり、浴衣姿で座る京子の襟首を掴むとサッサと能舞台の方に
    引きずる様に京子を連れて行くのだった。戸は全部閉まってるとは言え能舞台である。

     「んん、京子舐めるのじゃ。」舞台の真ん中に京子を引きずるように連れて来ると、
    京子の頭を自分の股間に押し付けて唸った。木刀を右手にドドドドっと
    床を突き京子の頭を褌の上から押し当てていた。
     
     「先生、ククク苦しい。」亭了は自分の激しさに気づくように京子の
    頭に掛けた腕の力をゆるめた。「嫌、先生、もっと苦しめて。」
     もう亭了には分かっていた。案の定の京子の欲求でもあることが。
    亭了は又を広げると京子の顔を上に向け丁度、自分の肛門と
    フグリの間に京子の口と鼻を押し付けて京子の頭の又締めに入った。
     「ウイウウウウ〜ドウ〜。」なぞと唸りながら木刀を敵に向けて
    切りつけるように空を切り、それに合わせるかのように京子の
    顔を己の肛門からフグリに掛けてグイッ、グイッと又で締め上げる。
    褌の布越しなので京子の呼吸はできた、しかし亭了が空を切る木刀の
    音がする度にグイッと亭了の太股の筋肉が京子の顔を締め付ける。
    この苦しさは非常なものだった様だが京子が返って自分の欲望を
    高めていたという。

    先祖から伝わる能舞台の上で、今自分は他人の妻を犯している。
    自分が締め付ける股の間で絶えるような息遣いの人妻。
    何たる残虐な事か、しかし亭了には返って自分デも神聖な気分だったようだ。
    如何に個人の舞台とは言え、年に2〜3度でもいざ開催ともなれば
    時には多くの群集が見つめる舞台である。

     亭了は午前中に庭で今日京子を犯したのに続いてまたも多くの人の目に
    触れっさせるような自らの行為に返って高ぶっていたのだ。

     歳とは言え、やはり亭了の性欲は人並みを越えて異常と言えば異常、
    強いといえば強い。しかし京子にはそんな亭了がこの上ない人であり
    もはや亭了のいない京子は存在そのものが無かったほどでもあった。

    京子にすれば、若いとは言え、軟弱で家計を支えるのも危うい亭主、
    さらににマザゴンで気味悪ささえかもし出す自分の亭主は、もはや
    京子を愛しているとは言え、またそれが亭主からは嘘ではないとしても
    京子には薄い情の男としか思えなかったのだろう。
    初老とは言え資産家で、その身体がまた逞しい。
    そんな亭了の太い腿の筋肉に顔を絞められ激しい木刀の
    動きに怯えながら褌の中で息をする自分が亭了には
    最も相応しい女となる自分を感じていた。



    ★男の肛門を舐め摺る女達、
    他アトランダム静止画像¬















    ★シニア官能アダルト無修正ブログページ★

    14/07/31激可愛ロリの驚愕
    14/07/30「フーム舐めても
    14/07/30衝撃イラマチオ静
    14/07/28巨乳セールスレ
    14/07/28デブ男の官能Se
    14/07/26エッチな0930
    14/07/26KIRARI 5
    14/07/25東欧ハンガリー美
    14/07/22もしも、こんな&
    14/07/21ラフォーレ ガー
    14/07/21ぶっかけ熟女 9
    14/07/21KIRARI 7
    14/07/21ラフォーレ ガー
    14/07/16★巨漢老人達と若
    14/07/16裏切り女房:妻と
    14/07/16(閲覧注意)連続
    14/07/16巨漢男の執拗フェ
    14/07/16シニア男の生娘あ
    14/07/16レズ女3人を犯す
    14/07/16女2人を犯す、巨
    14/07/16官能、褌・デブ専
    14/07/16巨根2本爺さん肉
    14/07/16口擦りフェラ連続
    14/07/16生画像倉庫(過激
    14/07/16連続顔面・口内射
    14/07/16〆浴露天風呂温
    14/07/15アナル天使 vo
    14/07/15★レズ娘2人をも
    14/07/15巨漢老人のロリコ
    14/07/12若妻の浮気 りか
    14/07/12普通なお姉さんに
    14/07/11:フ温泉宿で大乱
    14/07/11普通なお姉さんに
    14/07/11★全裸de登校日
    14/07/09出演後悔系なお姉
    14/07/0915.大量生画像
    14/07/09手コギフェラM
    14/07/08大画面官能静止
    14/07/08★和風セックスプ
    14/07/07S級女優の悩殺フ
    14/07/07Sexバラエティ
    14/07/07驚愕の爆ボディ生
    14/07/07オナニーすけべ顔
    14/07/07フェラチ専科:巨
    14/07/05通い妻 〜主人が
    14/07/05裸家族・爺さんと
    14/07/04巷で噂のアナルキ
    14/07/04口摺り、顔摺リ睾
    14/07/03★2人の女を犯す
    14/07/03★人妻マン舐め、
    14/07/03人妻3p、上口下
    14/07/03寝取られた若妻、
    14/07/03旦那の目の前で犯
    14/07/03旦那の目の前で犯
    14/07/03本能と欲望の濃密
    14/07/03巨漢男の迫力ロリ
    14/07/03顔面騎乗:女の尻
    14/07/03巨乳家政婦 〜潮
    14/07/03★オマンコ図鑑★
    14/07/03ロリ娘2人をもの
    14/07/02ザーメン
    14/07/02マンコ図鑑 栄倉
    14/07/02DX-Liveチ
    14/07/01成宮ルリ 〜マン


     
    14/06/30素人さん初の風俗
    14/06/30最高に淫らな絶品
    14/06/30男性器、女性器の
    14/06/29エッチな4610
    14/06/28人妻斬り 西山
    14/06/28もしも、こんな&
    14/06/27★迫力生姦3Pフ
    14/06/27アナル中出し8
    14/06/26爺さんSex大好
    14/06/24エロさに限界なし
    14/06/24コレクション V
    14/06/24★閲覧注意★女体
    14/06/23★白人二人女、黒
    14/06/22混浴温泉・夫婦交
    14/06/22爺さんが同時に犯
    14/06/21爺さんと孫娘:屋
    14/06/20(生)尺八フェラ
    14/06/19夫の目の前で犯さ
    14/06/19性具人妻、寝取ら
    14/06/19★覆面男達の人妻
    14/06/19若い娘をものにす
    14/06/19老人と生娘、濃厚
    14/06/19寝獲られ人妻中出
    14/06/19巨漢爺さんと若い
    14/06/19デカマラ連続顔面
    14/06/19フェラ尺八専科!
    14/06/19肛門舐め擦り、ヤ
    14/06/18スカイエンジェル
    14/06/17ベビーオイルぬる
    14/06/17盗撮・女性専用ア
    14/06/17レズミッション〜
    14/06/17股挟み尺八(フェ
    14/06/16人妻もて遊び種付
    14/06/15ご主人様のフェラ
    14/06/12男性、女性の性器
    14/06/12男性、女性の性器
    14/06/11口内射精スペルマ
    14/06/10ディーップキッス
    14/06/10好色妻の飽くなき
    14/06/10S Model
    14/06/09出会って〇秒で合
    14/06/09極上セレブ婦人
    14/06/09ぶっかけ熟女 V
    14/06/09麻倉憂が貴方のお
    14/06/09S Model
    14/06/09神聖なピアノの前
    14/06/08巨漢老人とロリ娘
    14/06/07女は男を犯すのよ
    14/06/07陰唇にザーメンを
    14/06/07(女陰)女性器満
    14/06/07尺八フェラエッ
    14/06/07尺八フェラ[個
    14/06/07尺八フェラ]続
    14/06/07無料・無修正サン
    14/06/06・(動画)仁王立
    14/06/05ロリ好き親父の執
    14/06/05赤褌ムキ出しフェ
    14/06/05★女陰と男根の戯
    14/06/05男の汚い肛門、股
    14/06/05後手拘束/むき出
    14/06/05洗ってないマソコ
    14/06/05[個人撮影]超絶
    14/06/05金髪美女の極乳が
    14/06/05超どMで被凌辱願
    14/06/05S Model
    14/06/05Desire 2
    14/06/05北條紗雪 モデル
    14/06/05俺のドギー発育中
    14/06/05お願いされたら断
    14/06/05レッドホットフェ
    14/06/05フェラで口の中は
    14/06/05人妻寝取られ現場
    14/06/02DTI無修正動画
     
     
    14/11/23Top Page
    14/11/23カリビアン:マン
    14/11/23T-3・破壊、大
    14/11/23マンコ図鑑 百合
    14/11/21既存官能ページ1
    14/11/19T4-人妻:ヤク
    14/11/19マンコ図鑑 宮澤
    14/11/19T-2・巨大股間
    14/11/19犯される人妻・男
    14/11/19国際線勤務 金髪
    14/11/18激カワアナルメイ
    14/11/18マンコ図鑑:三女
    14/11/17ロリ趣味男の男汁
    14/11/17動画集め(尺八フ
    14/11/17フェラチオ股間舐
    14/11/17帝王の肉欲態様-
    14/11/15★昭和ノスタルジ
    14/11/15巨大男マラ性欲交
    14/11/15昭和田舎の思い出
    14/11/14キモ親父達のロリ
     
    14/10/13交尾大量画像、男
    14/10/12過激フェラチオ専
    14/10/12★巨大尻家政婦、
    14/10/11人妻斬り 箕輪
    14/10/11個人撮影★女子大
    14/10/09「素人覗き見」
    14/10/09顔面、赤フンドシ
    14/10/09無料ロマンポルノ
    14/10/08★「家政婦をもの
    14/10/08★狙った獲物は逃
    14/10/08無料無修正(個人
    14/10/08★義父と嫁の異常
    14/10/08露出温泉,人妻不
    14/10/08五十路熟女〜浴衣
    14/10/08秘密の性癖の人妻
    14/10/07女性器無修正・濃
    14/10/07★爺さんと2人の
    14/10/06★シニア官能se
    14/10/06★不倫セックス:
    14/10/06無料無修正動画★
     
    14/11/14正常位で生挿入★
    14/11/13裸のシェアハウス
    14/11/13Tフロント食い込
    14/11/13真夜中の陵辱ナー
    14/11/12巨漢男のフェラ女
    14/11/12擬似挿入だけどエ
    14/11/12老舗DTI大量集
    14/11/12おっぱい倶楽部_
    14/11/11鬼才沖本監督
    14/11/11シニアデブ男と生
    14/11/10エッチな4610
    14/11/09無料無修正官能動
    14/11/08吉野公桂、ハリウ
    14/11/08無料無修正動画:
    14/11/06女性の性器(マン
    14/11/06フェラチオ専科:
    14/11/05巨漢デブ女のM男
    14/11/05高画質DVD精細
    14/11/04教師に犯される女
    14/11/04女性器解放:マン
     

     

     




    ★シニア官能アダルトBlog
    無修正動画、官能静止画、ロマンポルノ、裏サイトへ★













    ★Fc-2ブログ版シニアのアダルト官能大量ロマンポルノ
    ・アーカイブ登録全ページ集)★


    ロマンポルノ集


    ★無料アダルト官能静止画像(Fc-2,アルバムへ)★

    a019.jpg
    a020.jpgbcfb33e0.jpgcap_e_0_136sw-157.jpg

    cap_e_1_136sw-157.jpg
    f.jpg12_20131209203843b80.jpg17_20131209203843210.jpg

    73358.jpg
    k143_20131209203641adb.jpg0qKF1p2y.jpg1_20131209203640cb3.jpg


    k141_20131209203643b66.jpgk142_2013120920364224c.jpgk136.jpgk137.jpg

    20110701054956260.jpg
    121227-04s.jpg6_20131209203639d7d.jpg


    貴方の指示でリアルタイム相互交信生動画・DXライブ★

    | サンプル動画一覧  | アダルトサイト比較ナビ  | ライブチャット比較ナビ | ADULT COLLECTION |
    トラックバック (-)     コメント 0
     
     
    「貫く肉棒〜中出しへ!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    顔面騎乗・特選(19-12) (2007/04/27)
    男の肛門を舐め取る人妻達!女性の性器写真(生) (2012/12/16)
    生画像倉庫-13 (2007/06/20)
     
       
     
     
     

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     
     
     
     

    DTIブログって?

    1.  
     
     
    寝取られ人妻・性奴編
    寝取られ人妻・性奴編
    ホームへ
    ホーム
    執拗生尺八
    執拗生尺八

    copyright © 2006
    Powered By DTIブログ
    allrights reserved

    利用規約

    このブログを通報

    Report Abuse


    エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

    - calender -
    10 | 2017/11 | 12
    Su Mo Tu We Th Fr Sa
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    - entries -
    - comments -
    - track_backs -
    - archive -
    - category -
    - links -
    - search -
    close